老後資金の必要額を独身、夫婦2人の場合で把握しよう!貯蓄以外で用意する方法も紹介

どうも。1000万円以上を資産運用に回しているタクスズキです。

今回は、老後に必要なお金を試算して、「いくら準備しておくべきか」「そのために何をすればいいか?」を書いていきます。

老後が不安な方は参考にしてみてください。

老後に必要なお金(さまざまなシミュレーションあり)

なお、老後の必要額ですが、夫婦2人の場合をまず試算して、一人暮らし(おひとりさま)の分はそれを2で割ったものと考えることにします。

というわけで、まずは2人暮らしの場合を考えていきます。

東京都の65歳以上の世帯の消費支出から算出

なお、毎月の必要額は、東京都の統計から算出していきます。(東京都の全世帯の消費支出を世帯主の年齢階層別にみたものがある)

参照:1世帯当たり年平均1か月間の – 東京都の統計

65歳以上の世帯の消費支出は26万7774円だそうで、これを夫婦2人の毎月の生活費とします。(ザックリ、26万円。あと65歳で定年とする)

夫婦2人の老後でかかるお金

では、「何歳まで生きるか」で場合分けして考えていきます。

まず、人生100年時代と言われているように、100歳まで生きる場合のシミュレーション。

35 x 12 x 260,000 = 1億920万円(とんでもない額w)

続いて、80歳まで生きる場合。(平均くらい)

15 x 12 x 260,000 = 4680万円

こんな感じで、80歳まで生きる場合でも5000万円近くかかるんですね。

退職後(老後)にもらえるお金

ただ、これだけの額をすべて用意する必要はありません。退職金、年金などがありますから、それらで補填できるのです。

では、それぞれでもらえる額も計算してみます。

まず、退職金ですが、厚生労働省が統計を出しているので、このデータを使います。

参照:退職給付(一時金・年金)の支給実態

大卒で35年勤務した場合の退職金は2517万円

これによると、大卒で35年勤務した場合の退職金は2517万円。

また、年金は夫婦2人で22万円という計算があったので、そちらをデータとして使います。

平成30年度の新規受給モデル、夫婦で22万1200円

参照:気になる年金受給額。平均いくらもらえる? [年金] All About

80歳まで生きるとして、これが15年間もらえるとすると、

15 x 12 x 220,000 = 3960万円

つまり、(2517 + 3960)- 4680 = 1797万円

になるので、余裕で生活できるわけですね。(もちろん、続きあり)

【注意】計算してきたモデルは超レアケース

ただ、計算した事例は、かなりのレアケースです。

こういった恵まれた家計は、今後なくなっていくでしょうね。以下のような話があるわけですし。

あと、35年1社で勤めるとかもありえない時代になるので、これだけの退職金ももらえないでしょう。

年金の受け取りが70歳になるかも

あと、年金も上記の例のようにもらえるとは思わない方がいいですね。

マジで長生きしないと損な時代になってます。

年金は「いくらかは」ちゃんともらえる

あと、「20代は年金もらえない」という誤解がありますが、いくらかはちゃんともらえます。(上の世代と比べたら、少ないけど)

というわけで、こちらも知っておきましょう。

今の内から老後資金を用意しておく必要がある

こういった状況なので、自分で老後資金を用意しておく必要があるんですね。

なお、上のツイート通り、退職金が1000万円になって、年金受け取りが70歳になったら、以下のような収支になります。(80歳までの計算)

(1000万円 + 10 x 12 x 220,000)- 4680万円 = -1040万円(1人暮らしなら、-520万円)

つまり、1000万円以上足りず、自分で用意しておかないといけないんですね。

貯金だけで老後資金を用意するのは難しい

では、どうやってこれだけのまとまったお金を用意するか。

ほとんどの人にとって真っ先に思い浮かぶのが、貯金だと思います。

しかし、貯金には「インフレになった場合、その価値が目減りする」というリスクがあるのです。

なので、貯金だけに頼るのは危険です。

貯金だけでなく、長期の分散投資を知ろう

あと、貯金だと、お金が増えていかないんですよね。もう、ゼロ金利時代になっちゃってますから。

なので、上で紹介したような老後資金を現金だけで準備する自信のない人は、他の方法を活用する必要があるのです。

そして、その方法というのが、長期の積立分散投資です。

複利の力で毎月少額で億万長者へ

この「長期・積立・分散投資」であれば、時間をかけて億万長者になることも可能なのです。

その辺のすごさは、このツイートや

以下の記事を参考にしてみてください。(複利のすごさなどについて学べます)

>>評判通り?ウェルスナビの実績を公開してみる。まずは10万円と毎月積み立てでスタート(今は積立10万円)

>>【100円から始められる】SBI証券でバランス型投資信託の1万円積立を申し込んだ!その方法まとめ

>>【おすすめ】インデックス投資の始め方とタイミング、実際の利回りなどをまとめてみる

投資は100円から楽天ポイントで始められます

あと、これも知っておきましょう。

>>業界初!楽天スーパーポイントで投資信託を100円から買えるようになったので、その方法、ポイントを賢く貯めるを紹介

>>楽天証券のサイト(口座開設無料です)

こちらの記事もおすすめ(節税メリットがあり、運用益が非課税の投資)

>>【実績】資産運用の初心者としておすすめされてる投資信託(銘柄)が本当にいいのか検証してみる

>>【100円から】「つみたてNISA」のメリット、申し込み方法などまとめ!現行NISAより長期運用に向いてます

>>【実績あり】SBI証券で個人型確定拠出年金(iDeCo)を申し込む作業とかかる時間、注文した投資信託まとめ

>>まだデフレなので、確定拠出年金は「元本確保型の定期預金」にして節税メリットを享受するという手段もアリ

老後もやれる仕事を見つけよう

あと、定年後、つまり65歳を超えてもやれる仕事を見つけておくといいですよね。

>>老後も稼げる副業や仕事を見つけよう。年金受給が75歳になりそうだから

引退をなくせば、労働収入も得られますから、今のうちに天職みたいなものを見つけておくといいですね。

天職を見つける際は、以下の診断が役立つのでどうぞ。

おすすめ>>【無料】仕事での強みと適職がわかる「グッドポイント診断」がかなり参考になった

【いま人気】楽天ポイントで100円から始める「ほったらかし投資」

【今だけお得】無料でビットコインをもらう

AIに運用を任せて、ほったらかしで資産を増やしてます

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ