投資の勉強はあまり意味ないけど、いくらか必要だからその方法とおすすめ本まとめとく

どうも。1000万円以上を資産運用に回しているタクスズキです。

今回は、投資の勉強をしたい人向けにすべきことを書いておきます。

結論としては、「勉強よりも実践の方がずっと大事で学びになるので、サクッと始めた方がいいですよ」です。

それではどうぞ。

>>【元手ゼロ】「マネーハッチ」はクレカのポイントを積立投資に回せる!リスク、手数料などと共に評価してみる

基礎知識さえ知ってればOK

投資では基礎知識を身につけたら、あとは実践に移った方がいいです。

ぼくはこのブログを立ち上げた当初、本ばかり読み、まったく投資に手をつけませんでした。

そして、そのまま更新も止まり、放置してしまい、また再開するかと思った時には学んだことを忘れてしまっていました

勉強したらすぐ実践しよう

そして、ある時、これはダメだなと思い、「はじめての人のための3000円投資生活」という本を読んで、

まず少額で投資(資産運用)を始めることにしたのでした。(おすすめ本です)

>>【100円から始められる】SBI証券でバランス型投資信託の1万円積立を申し込んだ!その方法まとめ

実際に身銭を切ってみることで、「損しないように」と学ぶ意欲も高まり、それ以外の投資法にも目を向けるようになりました

>>評判通り?ウェルスナビの実績を公開してみる。まずは10万円と毎月積み立てでスタート(今は積立10万円)

20代の中ではトップクラスで学んでる自信がある

結果、今では1000万円以上を資産運用に回し、積立投信、ロボアド以外の投資も学び、実践するようになりました。

>>【1000円からOK】Zaifでの仮想通貨積立(ビットコイン、XEM、ETH)は意外とおすすめ!運用実績、手数料まとめ

そして実践する中で、いろんな知識・知恵をつけ、今では20代の中でトップクラスの知識・知恵をつけている自負があります。

実践からしか学べないことはたくさんある(Wiki人間にならないように)

ちなみに、本格的に投資を始めたこの1年、めちゃくちゃ本を読んだわけではありません。

実践する中で、「昔読んだ本に書いてあったことはこういうことか」と学んでいった感じです。

>>「クラウドバンク」のセミナーで知った「利回り、実績、貸し倒れ」 @融資型クラウドファンディング

実際に投資して知恵と知識をつける

そして、こうした体験をして、「勉強はあくまで知識をつけるもので、知恵をつけるものではないんだな」と気付きました。

(知識は、Wikipediaに書いてあるような調べレバわかる情報)

参照:【310万円投資中】クラウドバンクの「怪しい」という評判は本当か?リスクや運用実績をまとめてみる

投資の勉強方法

というわけで、ぼくが経験から編み出したオススメの勉強方法は以下の通り。

・学びたい分野(株、積立投信、仮想通貨、FX)の基礎を本などで学ぶ

儲かる仕組みや、リスクを把握したら、少額で投資を始める

少額で理解を深めたら、投資額を増やしていく

これをやれば、投資に関する知識と知恵がついていきますので、投資を始めたい方はこれを実践してみてください。

>>【初心者向け】投資とは何か?その定義や、やり方、失敗しないための知識をまとめとく

投資する際に必要な基礎知識まとめ

では、少額投資する前に知っておきたい知識を紹介しておきます。

まず知っておきたいこと「最初のプラン、資産配分が成績を決める」

投資(資産運用)の成績は、最初に決めたプラン(毎月いくら積み立てるか、など)と資産配分で成績のほとんどが決まってしまいます

なので、まずは将来に必要なお金を試算し、毎月どれくらいのお金を投資に回していけばいいか把握しましょう。

>>「運用で増えるお金」と「資産の組み合わせ」を提案してくれるロボアド『ウェルスナビ』の無料診断を受けてみた(実績あり)

資産配分を決める際に使いたいツール

また、株式、債券、不動産などの各資産の比率をどれくらいにすればいいかも把握しておく必要があります。

>>「20代の投資信託や確定拠出年金、つみたてNISAの ポートフォリオはどうすればいい?」に答えてみる

なお、こういった資産の比率を考える際は、「ウェルスナビ」の無料診断が役立つので使っておくといいです。

>>「運用で増えるお金」と「資産の組み合わせ」を提案してくれるロボアド『ウェルスナビ』の無料診断を受けてみた(実績あり)

基礎知識1「長期分散投資でリスクを下げる」

あと、本業をしつつ、副業で投資をしたいなら、「基本的にほったらかしでやる」ということは意識しておきましょう

複数のセミナーに行きましたが、

都度「デイトレ、株の値動きを追うサラリーマン生活に疲れて、ほったらかし投資の世界にきました」という話を聞きました

それだけ、毎日チャートを見なければいけない投資をするのはきついのです。

>>おすすめされてた積立可能なインデックスファンドを購入!実績と利回りも公開していきます

短期売買はリスクが高い

また、こうした短期で利益を出そうとする投資はリスクが高く、利益を得る可能性もある反面、短期で損しやすいのです。

なので、こういったギャンブルのような投資はせず、

リスクを下げるために、ぼくは「長期・積立・分散投資」のすごさを知るべきと思っています。

>>「人間の脳は長期分散投資に向いてないからロボに任せる」@ロボアドバイザー「ウェルスナビ」のセミナー

関連記事(数十年かけて億り人へ)

>>【100円から】「つみたてNISA」のメリット、申し込み方法などまとめ!現行NISAより長期運用に向いてます

>>【実績あり】SBI証券で個人型確定拠出年金(iDeCo)を申し込む作業とかかる時間、注文した投資信託まとめ

一括購入やめよう、積立でコツコツ(ドルコスト平均法)

なお、長期・積立・分散投資をする際に役立つのが「ドルコスト平均法」です。

>>投資信託を買う際の注意点「一括でなく積立で」「値段を気にせずドルコスト平均法で買っていく」

これを使うことで、リスクを抑えて投資できます

逆に、人間の裁量で買う一括購入はリターンも大きくなりやすい反面、損するリスクも上がるのでおすすめしません

基礎知識2「リスクとリターンの関係性」

あと、これも。

投資の世界では「リスク」の意味が一般的なものと違うので、把握しておきましょう。

>>投資ではリターンよりもリスクを重視する!許容できる最大損失額と投資額の目安を知ろう

>>積み立て投資で大事なのは標準偏差や相関係数に鈍感になること

基礎知識3「短期で儲けようとしてはいけない」

すでに触れてますが、短期で利益を得ようとする投資はハイリスク・ハイリターンです。

初心者が出を出すと、大変なことになるので、ぼくはオススメしません。

1年の運用で、リスクを抑えて時間をかけて資産を増やしていくのがベストとわかりました。

ほったらかしOKのおすすめ投資>>ロボアド「ウェルスナビ」

基礎知識4「まず少額から始める」

投資は始めないと理解が深まりません。

実践がいちばんの勉強になりますので、まず少額(余剰資金)で始めましょう

>>業界初!楽天スーパーポイントで投資信託を100円から買えるようになったので、その方法、ポイントを賢く貯めるを紹介

おすすめ>>楽天証券のサイト(無料で口座開設できます)

基礎知識5「本業があるなら、ほったらかし投資をする」

日々の値動きに振り回されると、本業にも支障をきたすので、チャートを見ないほったらかし投資をしましょう。

>>【副業で&放置OK】ほったらかし投資術まとめ(元本保証はなし)

>>【保存版】+16.6%と好成績!仮想通貨以外のおすすめ投資法まとめ(ほったらかしでOK)

というわけで、こういったことを理解したら、あとは実際の投資(運用)で理解を深めていけばOK

おすすめのほったらかし投資

>>評判通り?ウェルスナビの実績を公開してみる。まずは10万円と毎月積み立てでスタート(今は積立10万円)

>>【実績】資産運用の初心者としておすすめされてる投資信託(銘柄)が本当にいいのか検証してみる

>>【おすすめ】インデックス投資の始め方とタイミング、実際の利回りなどをまとめてみる

投資について理解するのにおすすめの本

何十冊も本を読みましたが、オススメは以下の8冊です。

・積立投資のすべて ──誰にでも始めやすい富裕の王道を徹底研究

・「最新版 投資信託はこの9本から選びなさい」

・長期投資のワナ ~ほったらかし投資では儲かりっこない

・金融機関がぜったい教えたくない 年利15%でふやす資産運用術

・難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

・初歩から値下がり対策まで 損しない投資信託

・超簡単 お金の運用術

・個人型確定拠出年金iDeCoで選ぶべきこの7本! 50歳でも30歳でも3000万円つくれる35の法則

アプリも活用してみる

アプリから学ぶことはないんですが、資産管理アプリとしては「マイトレード」が優秀ですね。(無料で使えます)

>>【評判、口コミ】投資管理ツール「マイトレード」が便利!ネット証券をまたいで資産運用の状況を見たいので登録した

実際に投資を始める

というわけで、リスクの低い投資から少額で始めてみるといいです。

>>【比較】SBI証券と楽天証券、初心者にはどちらがおすすめ?←投資信託、株を買ってる人間が答えてみる

>>【実績公開】ロボアドバイザー投資とは?どれがおすすめ?比較して評価してみた(THEO、ウェルスナビ、投信工房、楽ラップ)

投資に慣れたらこちらもどうぞ

>>【評判】ひふみ投信の利回りは?デメリットは?いくらで買える?などに答えてみる

>>積立できるアクティブファンドのおすすめやメリット・デメリット、成績などまとめとく

>>【感想】トライオートETF(自動売買)のデメリットも知った上でおすすめかを検証!(運用実績あり)

勉強会、セミナー、交流会に行くのはあり

勉強しすぎる必要なないと書いてきましたが、セミナーとかはアリですね。

実際、何個か参加しましたが、投資サービスの理解度が深まります

参照:「クラウドクレジット」のセミナーで遅延、貸し倒れリスクについて理解した!実績やユーザーの評判も追記

参照:オーナーズブックは怪しいの?口コミや評判を見た上でセミナーに参加したら意外なことがわかったよ

おすすめです。

専門の大学に行く必要もないし、資格も不要

あと、投資するために特別な専門学校とかいく必要もなし、出た大学、学部とかも関係ないです。

僕は工学部出身ですが、普通に投資してますから。

あと、資格をとれば投資で有利になるとかもないので、気にする必要なし

それより大事なのは、基礎を学んでまず始めることです。

投資は早く始めるほど有利

というわけで、こういった鉄則も認識しつつ、投資について理解を深めてください。

最初は楽天ポイントで投資信託を買ってみるのが気軽でいいですね。

無料で口座開設>>楽天証券のサイト

【いま人気】楽天ポイントで100円から始める「ほったらかし投資」

【無料】天職を見つけたい社会人向け

AIに運用を任せて、ほったらかしで資産を増やしてます

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ