【比較】SBI証券と楽天証券、初心者にはどちらがおすすめ?←投資信託、株を買ってる人間が答えてみる

どうも。1000万円以上を資産運用に回しているタクスズキです。

今回は、僕が資産運用で使っている証券会社、「SBI証券」と「楽天証券」を比較してみます。

どっちがいいの?と思ってる方は参考にしてください。

【まずは結論】SBI証券の方がおすすめ

投資信託、株などを買った上で、以下の理由で「SBI証券」の方がおすすめと判断しました。

・サイトが使いやすい
・ポートフォリオ、総資産も見やすい

SBI銀行との連携で投資が簡単、スピーディー
・株を買うときの判断材料(PERなど)も見やすい

S株Now!(テーマごとに個別で株を買える)など、楽天にはない機能がある

SBI証券は無料で口座開設できるので、投資を始めたい方は今から申し込んでおくといいですよ。

>>SBI証券のサイト

以下のようなお得情報も無料でみれますので。

SBI証券でできること

あと、SBI証券では、「株を買う」「投資信託を100円から積立」以外にもいろんなことができます。

>>【100円から始められる】SBI証券でバランス型投資信託の1万円積立を申し込んだ!その方法まとめ

>>SBI証券で個人型確定拠出年金(iDeCo)を申し込む作業とかかる時間、注文した投資信託まとめ

>>【100円から】「つみたてNISA」のメリット、申し込み方法などまとめ!現行NISAより長期運用に向いてます

なので、つみたてNISAで運用益非課税で老後資金を作りたい方、確定拠出年金で節税メリットを得たい方にもおすすめです。

無料で口座開設>>SBI証券のサイト

SBI証券と楽天の比較ポイント

というわけで、以降では比較をしていきます。

サイトの使いやすさ

どちらにも同等の機能があるんですが、やはりSBIの方がデザインがシンプルで使いやすいです。

楽天はごちゃっとしていて、ぼくは苦手。

資産をまとめて見れるトータルリターンのページも違いがあって、SBIの方が気にいってます。

スクリーンショット 2017 11 19 11 22 02
カブの保有銘柄(一部)

スクリーンショット 2017 11 19 11 22 28
投資信託の保有銘柄(一部)

以下は、楽天証券の資産を見れる画面。

スクリーンショット 2017 11 19 11 30 27

SBIのように、%で利回りが表示されないんですよね。

こういった細かいところが、全体の満足度にもつながってくるわけです。

見れる情報(楽天は無料で日経を読める)

あと、SBIは四季報など参考になる情報を無料でみれます

スクリーンショット 2017 11 19 11 18 57
(業績、自己資本比率、PERなどがわかります)

あと、会社の概要もチェックできます。

スクリーンショット 2017 11 19 11 18 45

クォンツリサーチ社分析では、株(個別銘柄)が割安か?などを確認でき

スクリーンショット 2017 11 19 11 18 25

モーニングスター企業評価レポートでは、他の投資家の判断(買いかどうか)がわかります

スクリーンショット 2017 11 19 11 19 24

楽天でも、「他の投資家の判断」「企業を買うべきか検討する際の参考数値(PERなど)」がわかるんですが、

SBIの方が充実していて、情報も見やすいのです。

楽天証券では、無料で日経新聞が読める(日経テレコン)

ただ、SBI証券にはない、楽天証券の強みがあります。

それは、日経テレコンによって日経新聞が無料で読めるようになることです。

名称未設定  1

なので、サイトは若干使いにくいけど、日経新聞が読めるなら使ってみようかなという人には楽天証券もアリです。

無料で口座開設>>楽天証券のサイト

SBI証券は、有望銘柄を探す機能が優れている

株でいうと、SBI証券には割安な有望銘柄を探せる「スクリーニング機能」があります

これもかなり便利なので、株を買う際はどうぞ。

>>投資サービスでおすすめされた株(個別銘柄)の実績を検証(おすすめの優待、本、サイトもまとめ)

投資信託の取扱量は同じくらい

あと、僕の投資のメインである投資信託の扱い量は2つとも同じくらいです。

まあ、「扱い量」を見るのは意味がないのですがw

利益の出る「ちゃんとした商品があるか」を見ないといけないわけで

>>【実績】資産運用の初心者としておすすめされてる投資信託(銘柄)が本当にいいのか検証してみる

両方に有料商品がそろっている

では、どれが「ちゃんとした商品」かというと、僕が投資している以下の商品です。

・eMAXISバランス(8資産均等型)
・日経225インデックスファンド

・ニッセイ外国株式インデックスファンド
・ニッセイTOPIXインデックスファンド

・三井住友TAM-世界経済インデックスファンド
・グローバル株式インデックス・オープン

これらはSBI、楽天どちらにもあります。

>>おすすめされてた積立可能なインデックスファンドを購入!実績と利回りも公開していきます

あと、国内、海外の優良ETFもそろってます。

>>【ETF】TOPIX連動型上場投資信託はおすすめなのか、信託報酬などを比較して検証してみた(運用実績あり)

>>【投資】おすすめされていた「SPDR ダウ工業株平均ETF(米国株)」:運用実績を元に感想書いてくぞ!

SBI、楽天それぞれにしかない投資信託

僕が買っている優良投資信託の中で、「SBI資産設計オープン(資産成長型)」はSBI証券だけ、

「楽天資産形成ファンド」は楽天証券にしかありません

なので、この2つを買いたい方は両方で口座開設しておきましょう。

>>SBI証券のサイト

>>楽天証券のサイト

あと、「大和のiFreeシリーズ」と「たわらノーロード」といった優良投資信託も両方にあります。

一応、取り扱い本数も紹介

SBI証券は、取扱投信本数2,578本。ノーロード投信本数1,223本。

楽天証券でもノーロードが1000本以上あります。

関連記事:【評判】ひふみ投信の利回りは?デメリットは?いくらで買える?などに答えてみる

各種手数料

これもあまり差がないですね。

信託報酬は一律ですし、気にするべきは株(現物)の売買手数料ですが、どちらも「約定代金10万円までの取引手数料は0円」です。

ただし、楽天証券であれば、「いちにち定額コース」をSBI証券では、「アクティブプラン」を選んでおく必要があります。

なお、松井証券も同じ条件で売買手数料が無料です。

>>【運用実績】松井証券「投信工房」の評価!メリット・デメリットや、リバランス、NISA口座などについても書いておく

NISA口座なら手数料無料

SBIの場合、NISA口座での取引であれば、株の売買手数料などは「アクティブプラン」でなくても無料になります

対象商品・取引

成人NISA口座での国内株式(現物株式・ETF・ETN・REITを含みます)

※単元未満株取引(S株)は対象外となります

あと、海外ETFの売買手数料も無料になります

※海外ETFの売却手数料は対象外となります。

※通常の外国株式取引(海外ETFを除く)には、通常時の委託手数料が適用されます。

こちらも覚えておきましょう。

ポイントをどう活用できるか

ポイント活用に関しては、楽天証券に分があります。

楽天市場、楽天トラベルなどでたまったポイントを「1ポイント=1円」で投資に回せるんですよ。

>>業界初!楽天スーパーポイントで投資信託を100円から買えるようになったので、その方法を紹介

SBI証券の場合、SBIポイントは「1ポイント=0.85円(条件によって異なる)」なんですよね。

>>【朗報】最大25,000ポイントもらえるお得なキャンペーンをSBIソーシャルレンディングで実施中!(12/20まで)

SBIポイントにより手数料を安くできる

ただし、SBIだとポイントによって投資信託の手数料が割引になります。

>>【SBI証券】投資信託を保有してるだけでポイントが貯まる「投信マイレージ」がいい感じ!実質的に手数料を減らせます!

こちらも理解しておきましょう。

関連記事

>>楽天銀行のメリットまとめ「①ATM、振込手数料が無料、②ポイント貯まる、③預金金利が高い」

>>【比較】クレジットカードのポイントを資産運用に回せるサービスまとめ(自動積立あり)

ロボアドバイザーはSBIに分がある

ロボアドだと、SBIは「ウェルスナビ」「THEO」と提携していて、楽天証券では独自のロボアド「楽ラップ」があります。

実績(運用成績)を比較すると、前者の方が上なので、この分野ではSBIの方が優秀です。

>>評判通り?ウェルスナビの実績を公開してみる。まずは100万円と毎月積み立てでスタート

>>【実績公開】ロボアドバイザー投資とは?どれがおすすめ?比較して評価してみた(THEO、ウェルスナビ、投信工房、楽ラップ)

他の証券会社は別にいらないかな

SBI、楽天以外だと、カブドットコム、松井証券、マネックスがありますが、紹介してきた2つ以外はぶっちゃけいらないですね。

それくらいこの2つは優れています。

なので、証券会社は「SBI証券」と「楽天証券」をどうぞ。

関連記事

>>【評判】資産運用の管理ツール「マイトレード」が便利そう!ネット証券をまたいで資産割合を見たいので登録した

>>【株の始め方】「ミニ株」より少ない資金で国内株式を注文できる「単元未満株」の買い方 @SBIネット証券

>>自動で定期購入できる!積立FXのメリット・デメリットまとめ(運用実績、評価あり)

>>【お得】SBI証券でNISA、つみたてNISAを申し込むと抽選で2000円プレゼントキャンペーン実施中

仮想通貨の記事

>>仮想通貨でおすすめの投資方法を紹介!リスクを抑えて稼ぐには「ビットコイン積立」が便利

>>【千円からOK】Zaifでの仮想通貨(ビットコイン)積立は意外とおすすめ!運用実績、手数料まとめ

>>Zaifの口座開設方法!必要な本人確認書類、かかる日数(時間)などまとめ

>>【仮想通貨】ビットコインの購入方法!初心者におすすめの取引所や手数料の比較表も載せとく

>>【仮想通貨】アルトコイン、トークンの種類と買い方(取引所)を紹介(16銘柄を購入中)

ほったらかし投資でお金を増やすなら


>>1番実績の出ているサービスを知る

+161%の好成績!ビットコイン積立ができる取引所

ぼくは積み立てで利益を出しています。仮想通貨の買い時がわからない人にオススメの投資方法です。 (+161%は、2017年11月22時点の成績)

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ