>1,000円もらう方法やオススメ投資を知る>

楽天証券でポイント投資!株・海外ETFを買う方法(注文時に注意点、デメリットあり)

どうも。4900万円を資産運用に回してるタクスズキです。

楽天証券」で楽天スーパーポイントを使って、株やETFを買えるようになったので、買ってみました。

この記事では、その操作方法、注意点などをまとめていきます。(2000円くらいで買えます。米国株ETFも少額OK

貯めた楽天スーパーポイントを投資に回して資産を増やしたい人は参考にしてください。

ネオモバで米国etf購入
(人気の米国株ETFもポイントを使って1000円くらいで買えます

ポイント株式投資の基本ルール

楽天ポイントを使って購入できるのは、国内の株(個別銘柄)とETF。(現物取引のみ)

IPOでは、ポイントを使えません。

また、楽天証券では個別銘柄を1株単位で買えません。

100株単位での取引となり、まとまったポイントが必要であることも忘れないように。

ETFなら、2000円くらいで買えるのでぼくはETFを買いました

ポイントで株を買うための設定

というわけで、まずポイントで株を買うための設定をします。(数クリックでOKで簡単です)

まず、ポイントコースを、楽天スーパーポイントコースに設定します。(やり方は以下の記事でどうぞ)

>>ポイントで投資信託を100円から買える!その方法、楽天証券での口座開設の流れを紹介

※マイページ右上の「設定・変更」>「ポイント設定・SPU」から作業していきます

スクリーンショット 2019 10 28 12 49 58

※ポイント利用前は、15664ポイントありました

コース変更後に必要な設定

楽天スーパーポイントコースに変更したら、以下のページ下にある「株の部分」の設定をします。

スクリーンショット 2019 10 28 12 50 14

「国内株式 現物買い付け」のところで「ポイントを利用しない」になっているので、ここを変更していきます。

楽天ポイント株投資で設定

「設定を変更する」ボタンをクリックした後、「利用する」にチェックを入れ、利用方法を決めます。

ポイント株投資の利用について

「すべての利用可能ポイントを使う」で設定しておくと、持ってるポイントをすべて株投資で使えます

それと違って、上限を設定しておくと、その分しか株の購入には回りません。

※買い物や投資信託の購入でもポイントを使いたい人は、上限を決めておくといいですね

>>Tポイントをもらえてお得!安いおすすめ株を簡単に買えるサイトまとめ(アプリあり)

【注意】直接ポイントで買えるわけではない(現金が必要)

このように設定していくうちに注意点に気づきました。

それが「株の注文時に楽天ポイントをすぐ使えるのでなく、注文時は現金が必要」ということ。

楽天ポイントで株を購入

注文時は手数料含めた現金が必要で、その後の約定時にポイントを使って株を手に入れることになるのです。

最終的には「ポイントで株を買える」のですが、注文時は現金が必要なので、他のポイント投資のように「現金ゼロでOK」にはなってません

※これは盲点でしたが、大事なので覚えておきましょう

>購入時にポイントをすぐ使えて現金ゼロでOKの投資
ネオモバでtポイント投資

設定後、株・ETFを注文する方法

では株をポイントで買う方法の説明に戻ります。(ポイント設定が完了すると、以下のように表示されます)

スクリーンショット 2019 10 28 12 51 25

この後は買いたい銘柄を選んで、注文するためにクリックしていけばOK。

ぼくは「Iシェアーズ ・コアJリート(1476)」を買うことにしました。(2300円くらいで買えます)

楽天ポイントでリート購入

年4回も配当がもらえて、配当利回りは3%ほど。

楽天ポイントで配当生活

購入の際は、右の「現物買い」をクリックし、買う値段を決めていきます。

楽天ポイントで株を買う方法

指値、成行で株を買う方法

なお、板などを使った株の取引方法は過去に書いてるので、そちらをチェックしてください

>>【株の始め方】10円で国内株式を注文できる「単元未満株」の買い方 @SBIネット証券

>>【朗報】10円からのTポイント投資スタート!SBIネオモバイル証券でお得なキャンペーンも実施中

購入前の買い付け余力
(ポイント購入の前の買い付け余力。ちゃんとポイントだけで買えたか検証するために載せておきます)

まずは新規購入の注文だけでOK

細かいところだと、新規注文時に決済注文もできますが、一旦はしなくてOKです。

楽天でセット注文

そして、さっきも書いたように注文時は現金が必要で、暗証番号を入れて確認画面を開きます。

楽天証券での注文確認

これでOKなら注文し、履歴の注文の条件が表示されるようになります。

楽天証券の注文履歴

※「楽天証券」では、1万円以下で買えるETFをチェックできます

1万円以下のETF
(こういった銘柄をTポイントだけで買えるサイト

【追記】現金はあとで戻ってくる

注文した翌日にわかったことをまとめます。(ざっくり、以下の通り)

・購入した銘柄の代金分、ポイントと現金が減っている(大丈夫ですので、ご心配なく)

・実際に購入分として減るのはポイントだけ(3日後くらいに現金が証券口座に入金される)

楽天証券のポイント株で払戻

なので、現金が入金されるまで数日待ちましょう。

>>アメリカ株のおすすめ証券会社!SBI、楽天、マネックスの米国ドル為替手数料も比較

>>少額で海外ETFやハイリターン銘柄を買う方法

購入履歴の推移(証拠スクショ)

ちなみに、証拠として買い付け余力のスクショを残しておきます。

株購入後の買い付け余力

ETF購入後のポイント残高はこちら。

株購入後の楽天ポイント

楽天ポイントの利用履歴には以下のように表示されてます。

株での楽天ポイント履歴

保有商品には、しっかり反映されてました。

楽天証券での保有商品

というわけで、購入分の現金が戻ってきたら、また追記します。

>>Tポイントをもらえてお得!SBIで安いおすすめ株を簡単に買える!(アプリあり)

>SBI証券を使ってるとTポイントがもらえます

ランキングや株主優待からも購入できる

ちなみに、ETFでなく個別銘柄だと、ランキングなどを使って選んでいけます。

スクリーンショット 2019 10 28 11 02 14

以下、国内株式の人気TOP5。(15,000円くらいで買える「みずほ」高配当で狙い目)

楽天証券の株ランキング

4000円でゲットできる株主優待も

楽天証券」では他に売買代金のランキングからも選べます

株の人気ランキング

4000円くらいで手に入る株主優待や、直近で権利が手に入るものもチェックできます

4000円で株主優待

スクリーナーで条件を絞って検索できる

あと、配当利回りなどで条件を絞って、銘柄を検索できます。

楽天証券の株スクリーナー

初期設定では、NISA口座オススメの銘柄などもチェックできますね。

高配当銘柄(株)

PER、ROEなどでも絞り込めるので、こだわりの条件がある人は使ってみてください。

ポイント投資を始める

>>楽天証券のサイト

>>【楽天証券】口座開設の作業で迷ったときに読む記事

ポイント株投資の注意点・デメリット

あと、以下のように理解しておくべきこともあるので、ぜひ。

・個別銘柄は、国内株だけ(米国株などは対象外)

単元未満株のように1株ずつ買えない(ETFは1枚ずつ買えるけど)

では、これらを説明していきます。

個別銘柄は、国内株だけ

楽天ポイントで購入できるのは、任天堂など日本株だけですので、Appleのような海外株は購入できません

また、毎月配当がもらえるDIAなどの海外ETFも対象外です。

>>毎月配当(分配金)をもらえるソーシャルレンディングの利回り(成績)まとめ

少額OKで毎月の分配金がほしい人におすすめの投資

>>クラウドバンクで分配金を毎月もらって儲かってます

>>1円からOKの資産運用!安定収入を得られる「ファンズ」は初心者や副業にもおすすめ

>>損する?ファンズのデメリット(リスク)、失敗の危険性まとめ

単元未満株のように1株ずつ買えない

任天堂のような日本株は100株単位でしか買えません。

ネオモバイル証券だと1株単位でOKで、10円とかでも買えるんですが、楽天だとまとまった資金が必要です。

なので、少額で株を持ってみたい人ネオモバイル証券をどうぞ。

10円からTポイントで株を買う

>>ネオモバイル証券での利益も公開

楽天のポイント投資はETFがおすすめ

こういったルールなので、楽天ポイント投資では1株ずつ買えるETFがおすすめです。

リートのように2000円くらいの銘柄や、中国の主要企業に分散投資できる620円くらいの銘柄もありますので。

※その際は、スクリーニングツールで「東証ETF」を選ぶといいです

というわけで、こんな感じで楽天ポイントを使って株を買えます。

ポイント投資を始める

>>楽天証券のサイト

楽天証券での運用をブログで公開中

>>楽天証券での運用をブログで公開!分散投資のやり方や損(失敗)しないためのコツを紹介

>>【評判あり】楽天証券のメリット、デメリット!使いにくい?アプリで投資信託は買える?

>>100円投資のメリット・デメリット(SBI、楽天証券の投資信託で可能)

SBI証券と楽天証券の使い分けなど

>>【初心者向け】投資信託の選び方と賢い買い方(SBI、楽天証券がおすすめ)

>>【運用実績】楽天証券のロボアド「楽ラップ」の評判は?!手数料や積立などの機能、口コミと共に評価してみた

>>【比較】SBI証券と楽天証券、初心者にはどちらがおすすめ?←投資信託、株を買ってる人間が答えてみる

>>【比較】つみたてNISAは楽天証券とSBI証券どちらがおすすめ?「夏から楽天ポイントでの積立開始!」などを考慮し判断

ネット証券での株の買い方

>>ネット証券での株の買い方(注文方法)、口座開設のやり方や審査、キャンペーンまとめ

>>【3000万投資し比較】ネット証券のおすすめは?僕の感想と評価、2chでの悪い評判まとめ

>>【比較】株の初心者におすすめのネット証券会社一覧!手数料や口座開設方法まとめ

>>【朗報】Tポイント投資がスタート!取引でTポイント付与、資産運用がドンドン気軽になるね

海外ETFの積立、デメリット、つみたてNISAについて

>>株初心者におすすめの銘柄と入門本、証券会社まとめ!資金はいくらから?にも回答

>>【現金不要】元手ゼロで不動産投資、FX、仮想通貨を始める方法(Tポイント、楽天ポイントでREITを買おう)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です