SBI証券でETF自動積立!カンタンな設定方法や分配利回り5%以上のすごい銘柄も紹介

どうも。2000万円以上を資産運用に回してるタクスズキです。

今回は、SBI証券の独自機能「米国ETFの自動積立(定期買付)」について紹介します。(米国株式でも可能)

これまで成長を続けてきて、ベテラン投資家からも人気の銘柄で資産を増やしたい方は参考にしてください。

スクリーンショット 2018 11 15 15 50 44

ETF、米国株のすごい実績について

ETFの説明については以下の記事をどうぞ。

>>評判通り?ウェルスナビの実績を公開してみる。毎月の積立は20万円

米国株、米国ETFの実績については以下の記事をどうぞ。

>>【ダウとの比較あり】指数「S&P500」に連動する投資信託の構成銘柄やチャートを確認し購入!

普通の人でも過去30年間で資産が12倍に

ETFについては、こちらの実績も理解しておきましょう。

ダウ平均株価は、常に好調な企業が入るように定期的に構成銘柄を入れ替えている

>>【投資】おすすめされていた「SPDR ダウ工業株平均ETF(米国株)」:運用実績を元に感想書いてくぞ!

【設定方法】米国株、ETFの積立まで

積立は、SBI証券の専用ページから行なっています。

以下の「米国株式」か「海外ETF」をクリック。

スクリーンショット 2018 11 15 15 13 13

それか画面右側の「海外株式」をクリック。

スクリーンショット 2018 11 15 15 13 29

すると、海外の株やETFが買えるページが表示されるので、「取引>定期買い付け」をクリック。

ここで個別株やETFを検索して、注文していきます。

スクリーンショット 2018 11 15 15 14 19

「1万円」のように金額指定、もしくは「1株」のように株指定で注文します

個別銘柄はアマゾンなどが人気

買う銘柄はランキングを参考にしてもいいかもしれません。

個別銘柄の上位はアマゾン、アルファベット(グーグル)など。

スクリーンショット 2018 11 15 15 15 36

ETFだと、ウェルスナビでも買ってるVTIや高配当株式ETF(VYM)が人気

スクリーンショット 2018 11 15 15 17 04

1株から買える(1万円くらい)

ちなみに、ETFの最低買い付け単位は1株です。

スクリーンショット 2018 11 15 15 18 17

金額指定の場合は、1.1万円くらいから購入できます

積立は「一般か特定か」「日にち指定か曜日指定か」

ETFで自動積立する際は、「口座」と「積立のスケジュール」を選びます。

スクリーンショット 2018 11 15 15 18 31
「口座」は基本的に「特定預かり」でOK。

買い付け日の選択は好みでどうぞ。

「毎月1日に積立」「1日と15日に積立」「毎週月曜日に積立(月4回)」と設定していけます。

必要資金のシミュレーションも可能

購入の前にどれくらいの資金が必要か、シミュレーションもできます。

スクリーンショット 2018 11 15 15 18 59

基本的に円貨決済でいいと思います。(事前にドルを買っておくのはめんどうなので)

外貨(ドル)決済でのシミュレーションも可能で、その後、確認画面に移動して実際に積立設定をしていきます。

ETFのメリット:運用コストが激安

なお、ETFのメリットは運用コストが安いことです。

VTIだと年間0.04%しかかかりません

スクリーンショット 2018 11 15 15 38 50

あと、分配金ももらえて、キャピタルゲインを得られる可能性も高いです。

最近の暴落で短期では下がってますが、10年でみるとしっかり上がっているので。

スクリーンショット 2018 11 15 15 44 13

ウェルスナビで買ってない高配当銘柄を買おうかな

なお、ぼくが自動積立で狙っているのは、分配金がたくさんもらえるPFFです。

スクリーンショット 2018 11 15 15 39 46

分配金利回りが5.6%とかなり高く、コストを引いても5%ほど配当がもらえるのです。

33歳には投資収入だけで食べていきたいと思ってるので、こういったインカム重視の商品はかなり熱いなと。

PFFでは「よくある高配当の投資信託」と違って、値動きでも損しづらいです(値動きが地味)

ETFの買い付け時は手数料に注意

なお、運用コストは安いものの、ETFでは売買時に最低でも500円ほどの手数料がかかってしまいます。

約定代金の0.45%(税込0.486%)

最低手数料:5ドル(税込5.4ドル)

上限手数料:20ドル(税込21.6ドル)

なので、手数料負けしないためにもこのデータは知っておきましょう。

NISA口座なら売買(買い付け)手数料ゼロ!!!

ただ、NISA預かりの買付なら買付手数料が0円です。

スクリーンショット 2018 11 15 15 50 36

なので、NISA口座を使える方はこういったメリットを生かしてETFを自動積立するといいですね。

>>【初心者向けのNISA】株、投資信託、ETFのおすすめ銘柄!楽天、SBIでの注意点もまとめ(ジュニア版あり)

ETFの自動積立はかなり楽

このようにして、海外の有望株やETFを自動で積立購入していけます。

過去に海外の銘柄を手動で買おうとして痛感しましたが、海外の株やETFを買う場合、時間が限られますし、注文方法もめんどくさいです。

※買おうとして挫折してしまいましたw

手間をかけないのも資産を増やすために必要

しかし、SBI証券であればそういった手間がなく、カンタンにほしい商品を積立していけます

なので、これまで投資家の資産を増やしてきた銘柄で、自分の資産を増やしたい方はSBI証券を使ってみてください。

SBI証券で口座を作れば、お得な情報を無料でチェックできるようになるので。

まずは資料請求だけでもOKです

投資で必要な口座開設は無料です

>>SBI証券のサイト(お得なiDeCo、NISAも申し込めます)

【おすすめ米国株】高配当銘柄、ETFまとめ

あと、SBI証券で積立できる人気の高配当銘柄、ETFも紹介しておきます(もちろん一括購入でもOK)

・AT&T:6.26%

・アルトリア グループ(MO):配当利回り5.4146%

・コカコーラ:利回り3.11%

ETFについては以下の記事をどうぞ。

>>【米国、海外のおすすめETF】国内銘柄「TOPIX連動型」は2018年どうなの?証券会社はどこがいい?

>>米国ETFのおすすめ:国内ランキング、配当利回り、ポートフォリオ(株、債券)まとめ

SBI証券で他にやれる「おすすめ投資」

また、SBI証券であれば、お得なNISA、iDeCoもやれるので、口座を作っておくといいですよ。

>>【初心者向け】つみたてNISAの儲けをブログで公開!メリット、おすすめか?、申し込み方法などもまとめ

>>【実績あり】SBI証券で個人型確定拠出年金(iDeCo)を申し込む作業とかかる時間、注文した投資信託まとめ

>>まだデフレなので、確定拠出年金は「元本確保型の定期預金」にして節税メリットを享受するという手段もアリ

投資で必要な口座開設は無料です

>>SBI証券のサイト(お得なiDeCo、NISAも申し込めます)

ソフトバンクのIPOで爆駅を狙える

>>【100万円儲かった人も】ソフトバンクのIPO(新規上場)株をSBI証券でゲット!短期で利益を狙います

>>【100円から始められる】SBI証券でバランス型投資信託の1万円積立を申し込んだ!その方法まとめ

>>【100円から】SBI証券口座からFX積立!資金の振替〜積立購入までの方法を紹介

100円からインデックスファンド積立投資で利益を

>>【実績】資産運用の初心者としておすすめされてる投資信託(銘柄)が本当にいいのか検証してみる

>>【実績&平均利回り】おすすめされてたインデックスファンドを積立購入!

>>【おすすめ】インデックス投資の始め方とタイミング、実際の利回りなどをまとめてみる

つみたてNISAや利益が非課税の投資もぜひ

>>つみたてNISAのおすすめ商品(銘柄)まとめ:楽天でインデックスファンド積立しましょう

>>【インカムゲイン】投資信託が出している安定的な収益を知る方法→「損益の状況」の「配当等収益金」を見る

>>【比較】つみたてNISAは楽天証券とSBI証券どちらがおすすめ?「夏から楽天ポイントでの積立開始!」などを考慮し判断

【いま人気】楽天ポイントで100円から始める「ほったらかし投資」

【今だけお得】無料でビットコインをもらう

AIに運用を任せて、ほったらかしで資産を増やしてます

運営者をフォローして最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ