>1,000円もらう方法やオススメ投資を知る>

SBI証券でアメリカ株の手数料がゲキ安になったので、実際に買ってみました!買い方と注意点まとめ

どうも。3,500万円ほどを資産運用に回してるタクスズキです。

この記事で書いた通り、SBI証券で米国株を買う際のコストが安くなったので、買ってみました。

というわけで、今回は米国株の買い方を書いていきます。(1株から数千円ほどで買えます)

高配当株のコーラ
(コカ・コーラを1株買いました。高配当で人気の銘柄)

>>SBI証券で米国株価・チャート・板(気配値)をリアルタイムで見る方法(有料)

米国株の買い方(カンタンです)

ぼくが「SBI証券」で購入したのはコカ・コーラです。(1株5000円くらいで買えます)

スクリーンショット 2019 07 22 16 07 05

円貨決済で指値で注文しました。(本当は外貨決済の方がいいです。その理由はあとで書きます)

スクリーンショット 2019 07 22 16 15 05
(特別な理由がない限り、「特定預かり」へのチェックでOK)

注文の際の見積もりはこんな感じ。

スクリーンショット 2019 07 22 16 15 29

手数料に注目するとわかるように、以前かかっていた「最低500円ほどの手数料」がなく、25円しかかかってません。

スクリーンショット 2019 09 12 11 58 31

このように、かなり手数料が安くなり、少額でも買いやすくなったわけですね。

無料の資料請求だけでもOK

>>SBI証券の口座の作り方を紹介!数分で終わります

外貨決済の方がいい理由

ぼくは円貨決済で買いましたが、ベストは外貨決済です。

その理由は、為替で有利なレートで買えるからです。

以下の記事で書いたように、外貨決済なら、その時の「米ドル/円」のレートで直接アメリカ株を買えます。

>>SBI証券で外貨決済するために、SBIネット銀行でドルを買った(定期預金):即時振替の方法も紹介

>>株の買い方・スマホでの売り方や、種類(指値・成行のやり方)、売買単位、NISAについてまとめ

>>米国株・ETFで配当生活中!SBIやマネックスでの買い方、手数料、長期投資のおすすめ銘柄まとめ

ぼくが購入した時のレートは、1ドル107.95円でした

ドル円のレート

しかし、円貨決済ではSBI側で指定したレートで購入することになるのです。

スクリーンショット 2019 07 22 16 15 29

この通り、ぼくは1ドル108.25円で買ってしまったわけですね。(外貨決済なら、もっと安く買えたということ)

なので、SBI証券でアメリカ株を購入するなら、外貨決済を使いましょう。

>>SBI証券で外貨決済するために、SBIネット銀行でドルを買った(定期預金):即時振替の方法も紹介

注文は必ず指値で!

あと、指値で注文することもお忘れなく。

成行注文すると、このように現在のレートとはかけ離れた金額で買うことになるので。

スクリーンショット 2019 07 22 16 14 41

>>【まずは無料の資料請求だけでもOK】SBI証券の口座の作り方を紹介!

>>おすすめ銘柄は?配当ありの米国株・ETFの買い方!証券会社は自動積立できるSBIを

外貨が外国株を買うための口座に反映されるのは翌日

あと、これも覚えておきましょう。

外貨建ての投資信託を買う際は、リアルタイムですぐに外貨(ドル)が振り返されましたが、米国株を買う場合はそうでないのです。

sbiの買い付け余力

上の画像のように、翌日にドルが米国株を買うための口座に反映されます。

これも大事なことなので、忘れないように。

>>外貨建MMFを購入!元本割れリスクや分配金の利回り、積立でのおすすめ商品も調査してみた

というわけで、米国株を低コストで買いたい人はSBI証券を使ってみてください。(投資するための口座は無料ですぐ作れます)

>>【まずは無料の資料請求だけでもOK】SBI証券の口座の作り方を紹介!

米国株を安く買う

>>SBI証券のサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です