楽天証券とSBI証券を使い分け中!両方で口座開設し、楽天ではクレジットカード積立してます

どうも。3500万円ほどを資産運用に回してるタクスズキです。

この記事では、ぼくが使っているSBI証券と楽天証券の使い分け方法を紹介します。

どちらも便利な独自機能があり、それを活用すると資産を増やしていけるので、紹介することを覚えておきましょう。

10円からのポイント投資や「確実に貯金の2,000倍増やせる方法」を知りたい人も参考にしてください

【内容】記事を読んでわかること

以下、これから書くこと。

SBIと楽天証券での口座開設のやり方

・SBI、楽天で使ってる独自機能

・SBI:Tポイント投資10円からの株式投資外貨建てMMFETF自動積立米国株手数料が激安

・楽天:楽天ポイント投資クレジットカードで積立後に楽天市場の還元率アップロボアド楽ラップ銀行と連携で預金金利100倍

・つみたてNISA、イデコ(iDeCo)に違いはあるか?

では、それぞれについて説明していきます。

>>初めてネット証券を使う初心者に大手のおすすめ一覧や口座開設のやり方、キャンペーンを紹介

SBIと楽天証券での口座開設のやり方

2つでの口座開設のやり方は、以下の記事に書いてるので、チェックしてください。

>>【無料でカンタン】SBI証券の口座開設のやり方と手順を画像で紹介!数分で終わりますよ

>>ポイントで投資信託を100円から買えて現金化できる!その方法、楽天証券での口座開設の流れを紹介

>>【楽天証券】口座開設の作業で迷ったときに読む記事

>【楽に稼げてオススメ】10円からのTポイント投資とは?
ネオモバイル

SBI、楽天で使ってる独自機能

それぞれでの独自機能は以下の通り。

・SBI:Tポイント投資10円からの株式投資外貨建てMMFETF自動積立米国株手数料が激安

・楽天:楽天ポイント投資クレジットカードで積立後に楽天市場の還元率アップロボアド楽ラップ銀行と連携で預金金利100倍

では、これらについて詳しく説明します。

>【働かずに月45万円稼げた】少額OKのTポイント投資とは?
スクリーンショット 2019 09 26 7 11 48

【少額】SBIのTポイント、株式投資が初心者向き

まず、SBIで利用したいのが「100円でTポイントを使って投資信託を買える機能」や、「10円からの株式投資単元未満のS株)」。

これによって、かなり少額で投資を始められるのです。

これは初心者にとってありがたいですよね。

堅実な債券投資ができる

他だと、外国債券を買って利回り+1%くらいの外貨運用もできます。

>>外貨建MMFを購入!元本割れリスクや分配金の利回り、積立でのおすすめ商品も調査してみた

【あんしん】SBI証券でやれる低リスク投資

低リスク投資をやりたい人はこういった手法も覚えておきましょう。

>>個人向け国債を購入するメリットや買い方、金利、手数料などまとめ

こちらもおすすめ>>無理?配当金生活で失敗しないために収入のポートフォリオを考えてみた

テーマ株のテーマキラーもある

あとは、テーマで国内株のオススメを買える機能もあるので、興味ある方はどうぞ。

>>【評判と実績】SBIのテーマキラー(S株Now)のデメリットやFOLIOとの違い、手数料などまとめ

>【遊びながら月45万円稼げた】少額OKのTポイント投資とは?
Moba1

>>【2019年の資産運用】10万円投資するならこれがおすすめ!元手を増やす方法まとめ

楽天証券:ポイント投資株と投信を

楽天証券では、楽天スーパーポイントを使って、投資信託と株(100株単位)を買えます。

>>楽天証券のポイント投資のデメリット!マイナスになる損失リスクあり

>>【評判あり】楽天証券のメリット、デメリット!使いにくい?アプリで投資信託は買える?

>>楽天証券での運用をブログで公開!分散投資のやり方や損(失敗)しないためのコツを紹介

お得な裏ワザ!銀行と連携で預金金利100倍

楽天証券で1番すごいのが、お得な裏ワザですね。

これは、「投資は怖いけど、お得な思いをしたい」という投資の未経験者からも好評です。

ロボアドバイザーもあるけれど、、

楽天証券には楽ラップというロボアドバイザーがありますが、手数料が年1%と高めなので、やめました。

※SBIもウェルスナビと連携してますね(ウェルスナビでは損して終わりました

ロボアドのオススメは、手数料0円で、確実に貯金の2,000倍増えるLINEワンコイン投資です。

楽天市場でのポイント還元率をアップする方法

普段、楽天市場で買い物する人には、こういったメリットもあります。

>>「100円からOKの楽天ポイント投資で多くのユーザーは何を買ってる?」

これも楽天ならでは。

つみたてNISAに違いはあるか?

つみたてNISAの違いは、楽天証券の方が申し込みから始めるまでのスピードが早いことですね。

>>【比較】つみたてNISAは楽天証券とSBI証券どちらがおすすめ?

>>【朗報】つみたてNISAをすぐ始められるようになりました!100円からOKで楽天ポイントで買っていけますよ

>>【お得でカンタン】SBIネット銀行で「ATMと振込手数料」を無料にし、預金金利を10倍にする方法

イデコ(iDeCo)では、運用できる投資信託が異なる

イデコだと、「SBI証券では楽天・全米株式が積立できない」といった違いがあります。

>>【実績あり】SBI証券で個人型確定拠出年金を申し込む作業とかかる時間、注文した投資信託まとめ

なので、好きな商品がある方でイデコをやりましょう。

>>SBI証券でマイナス?イデコ(iDeCo)の平均利回りと運用実績やおすすめポートフォリオまとめ

日経新聞と四季報はどっちも無料でチェックできる

日経新聞と四季報はSBI証券と楽天証券の両方で無料で読めます。

>>【3000万投資し比較】ネット証券のおすすめは?僕の感想と評価、2chでの悪い評判まとめ

>>ひふみプラスもSBIと楽天の双方で購入できる

>>ネット証券での株の買い方(注文方法)、口座開設のやり方や審査、キャンペーンまとめ

他の違いは株のツール・アプリなど

SBI、楽天でそれぞれ(の)チャート分析ツールの違いもありますね。

>>超少額の簡単投資アプリランキング!お小遣いで儲かる(100円、1000円からOK)

どちらにも個別銘柄のスクリーニングツールがあります。

キャンペーンやキャッシュバックの違いもチェック

>>【最大10万円もらえてお得】楽天証券と楽天銀行のキャンペーンまとめ(現金、ポイントの大量プレゼント)

>>【SBI証券】投資信託を保有してるだけでポイントが貯まる「投信マイレージ」がお得!Tポイント交換で株も買える

>>【比較】株の初心者におすすめのネット証券会社一覧!手数料や口座開設方法まとめ

SBI、楽天で両方開設しても無料

>>【実績&平均利回り】おすすめされてたインデックスファンドを積立購入!

>>【稼ぎ方】投資信託のコツは長期・分散・積立!ほったらかしOKの安全なおすすめファンドを紹介

>>【現金ゲット】証券会社の口座開設キャンペーンで稼ぐ方法(SBI、楽天銀行のもお得)

【比較】人気商品のランキングも

>>積立できるアクティブファンドのおすすめやメリット・デメリット、成績などまとめとく

>>【国内株】SBI証券の投資信託ランキング上位のファンドを買ってみた(実績も公開)

どちらでもIPOや株主優待、貸し株あり

※IPOは楽天よりもSBI証券の方が多いです

>>【100円から】「つみたてNISA」のメリット、申し込み方法などまとめ!現行NISAより長期運用に向いてます

>>投資信託のデメリット(大損リスク)や、失敗例、実際の利回りまとめ

>>株の買い方・スマホでの売り方や、種類(指値・成行のやり方)、売買単位、NISAについてまとめ

寝てる間もお金が増える「ほったらかしFX」

お得キャンペーンで現金とギフト券がもらえる!

株のような値動きでの損がイヤな人は必見

今なら4,000円もらえてお得!

運営者をフォローして最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ