【100円から】「つみたてNISA」のメリット、申し込み方法などまとめ!現行NISAより長期運用に向いてます

どうも。運用男子のタクスズキです。

2018年1月から始まる「つみたてNISA」が投資初心者にとってかなり良い制度なので、紹介しておきます。

100円から始められて、運用益が非課税になる制度なんですよ。

なお、SBI証券からだと、NISA口座申し込みから開設完了まで3週間ほどかかるので、申し込みはお早めに(無料です)

NISAで、運用益に20%の税金がかからなくなる

では、まず基礎知識から。NISAとは、運用で得た利益や分配金に税金がかからなくなる制度です。

通常、証券会社の特定口座や一般口座で資産運用していると、利益に20.315%の税金がかかるんですが、

NISA口座であればそれがなくなるんですね。

つみたてNISAは長期運用で役立つ

今までは、非課税期間が5年、非課税投資総額が最大600万円(年120万円)というルールのNISA制度がありました。

そしてさらに、2018年1月からは、積立用の「つみたてNISA」が始まるのです。

これは、現行NISAと違い、20年と長期積立の運用で役立つ制度です。

その違いは以下の通り。

つみたてNISA NISA
非課税投資枠 40万円/年 120万円/年
非課税期間 最長20年間 最長5年間
口座開設期間 2037年まで 2023年まで
非課税投資総額 最大800万円 最大600万円
対象商品(予定) 一定の要件を備えた投資信託など 上場株式、投資信託など

サイトで詳しく知る>>SBI証券のサイト

「つみたてNISA」のメリット

表の通り、「つみたてNISA」は「最長20年、運用益が非課税」になりますから、長期運用をしていきたい人にとってありがたい制度です。

なお、現行NISAと違い、投資信託の積立でしか使えませんので、株の個別銘柄を一括で買うことはできません。

あくまで、積立用です。

現行NISAは「株、投資信託などの運用益を非課税にして、まず投資を始めやすくする制度」

「つみたてNISA」は。「長期運用で老後資金作りをしやすくする制度」と考えておくといいです。

まずは無料で口座開設しておく>>SBI証券のサイト

「つみたてNISA」ができた背景

あと、「つみたてNISA」には、これまでの「おかしな投資スタイルを変える」という狙いもあります。

以下の記事で紹介している本や経済誌に書いてありますが、これまでの投資信託の売られ方、保有の仕方は異常だったんですね。

>>【実績】資産運用の初心者としておすすめされてる投資信託(銘柄)が本当にいいのか検証してみる

金融機関としては自分たちが儲けるために、「売買手数料のかかるもの」、「複利効果の得られない”毎月分配型”の商品」を売っていました

つまり、顧客にとって本当にメリットある商品を売ってなかったんですね。

「長期保有」とは程遠い運用をすすめる金融機関

あと、本では、数年で投資信託の入れ替えをすすめる金融機関の売り方も問題視されていました。

以下の記事で書いた通り、投資信託で運用する場合、長期で積立していくのがいいわけですが、

金融機関は自分たちの儲けのために、それとは逆の売り方をしていたわけですね。

>>投資信託のブログを書く初心者として「積立投資のメリット」や「おすすめできる理由」を書いとく

こうした状況なので、国が「けしからん!正しい運用を!」ということで、「つみたてNISA」を用意したのだそうです。

なお、長期の積立投資のメリットは以下のツイートを参考にして下さい。

肝は「ほったらかしでOK」「値動きに一喜一憂することがない」「回復力がある」です。

長期運用が目的なら、現行NISAは不要

と、こんな感じで、「つみたてNISA」は「長期運用」を前提とした制度なので、

長期積立で資産を築いていきたい方は、現行ではなく「つみたて」の方を選びましょう

現行NISAは税制面でメリットあるんですが、5年の期間が終わった後の移管作業、計算などがめんどうなので僕は使いません。

もちろん、これから毎月少しづつの積立額で長期運用してる方も現行NISAは不要です。

専門家も以下のように言ってますしね。

>>現行NISAは始めずに、1年待って積立NISAにしたほうがよいと思います

銘柄(商品)がちゃんとしてる

あと、「つみたてNISA」で積み立てていける銘柄(商品)は国に厳選されていますから、ほぼ信頼できます。

なお、審査基準は「投資信託の規模が大きいこと」「長期間資金が集まっていること」

「運用期間が長いこと」「手数料が安いこと」などです。

基準は以下の記事で書いたものと似てますね。

>>【実績】資産運用の初心者としておすすめされてる投資信託(銘柄)が本当にいいのか検証してみる

「つみたてNISA」のおすすめ銘柄

おすすめの銘柄は、上の記事で紹介してる「世界経済インデックスファンド」「eMAXISバランス(8資産均等型)」ですね。

どちらも株式(国内、海外)、債券(国内、海外)に分散投資しているバランス型ファンド。

現時点、プラス2%で運用できてます。(SBI証券で購入してます)

もっとリターンをとりたいなら、株式型インデックスファンドもあり

なお、他にも成績の良いファンドがあるのですが、それらは「外国株式だけ」「国内株式だけ」に投資しているファンドです。

初心者であれば、複数の資産に分散して投資するのがセオリーですので、上2つを「つみたてNISA」ではオススメします。

ただ、現時点の成績だと「バランス型」は「株式型」に負けています。

なので、リスクをとってより大きなリターンを狙いたい方は、以下の「世界中の株式に投資できる商品」も検討してみてください。

・SMT グローバル株式インデックス・オープン:+6.54%

・ニッセイ外国株式インデックスファンド:+6.61%

100円から積立可能

また、「つみたてNISA」は100円から積立OKのファンドを選べば、毎月100円で積み立てていけます

この辺は、ネット証券の特定口座とほぼ同じ売買ルールです。

違うのは、「つみたてNISA口座」では積立購入しかできないということですね。(株の一括購入とかができない)

【口座開設】NISA口座の申し込み方法

「つみたてNISA口座」の申し込みに必要なものは以下。

・ネット証券会社の口座(SBIがおすすめ。口座開設無料)
・マイナンバーカード(本人確認用)

なお、NISAを始める際、ネット証券は手数料も安く、使いやすい「SBI証券」がオススメです。

>>【100円から始められる】SBI証券でバランス型投資信託の1万円積立を申し込んだ!その方法まとめ

申し込む際は、サイトに以下のようなボタンがあるので、そちらから申し込みます。

スクリーンショット 2017 10 11 10 52 20  1

SBI証券で口座開設したら、いろんな投資を始められる

あと、SBI証券で口座開設する際は、「つみたてNISA口座」と「特定口座」の両方で申し込めます。

すると、「特定口座」の方で株(国内海外)や債券を買えたり、積立FXもできたりするので、興味ある方はそちらもぜひ。

開設の際は、以下のようにチェックをつければ、OKです

スクリーンショット 2017 10 11 13 22 47

無料で開設>>SBI証券のサイト

僕は「つみたてNISA口座」と「特定口座」と合わせて積立していきます

なお、「つみたてNISA口座」で積立する場合、年間の上限が40万円なので、

僕の今の積立設定(毎月6.2万円)だと、上限をオーバーしてしまいます。

そこで、2018年1月からは非課税の「つみたてNISA口座」と税金がかかる「特定口座」を併用していく予定です。

ぼく同様、積立金額が多い方は、こうした手法を覚えておきましょう。

「つみたてNISA」のデメリット(あるかな?)

何かを紹介する際は、デメリットも紹介するようにしているんですが、ぶっちゃけ見当たらないですね

しいてあげるとしたら、元本割れのリスクがあるということでしょうか。

まあ、これはどの投資にもあるリスクなので、「つみたてNISAだけのデメリット」ではないですね。

とまあ、こんな感じで運用益が非課税なので使っておくとお得な制度です。

【番外編】iDeCo(確定拠出年金)との違いは?

あと、よく比較されるので、iDeCoとの違いも。

投資は怖いけど、「元本確保型」の商品を積み立てて節税メリットを得たいなら、確定拠出年金を

老後資金を作っていきたいなら、「つみたてNISA」を、という感じですね

なお、確定拠出年金も、「SBI証券」で口座開設すると、始められます。

>>SBI証券で個人型確定拠出年金(iDeCo)を申し込む作業とかかる時間、注文した投資信託まとめ

「NISA」のマニアックな話

以降では、細かい話をしていきます。

現行NISAからの移行(切り替え)について

先ほども載せたボタンを見てもわかるように、現行NISAから「つみたて」に切り替え可能です。

スクリーンショット 2017 10 11 10 52 20  1

※「現行NISA」と「積立NISA」は併用はできません。

非課税期間の20年が終わるとどうなりますか?

他だと、つみたてNISA終了後(20年後)の切り替えについても。

非課税期間20年が経過した場合、非課税での運用が終了し、特定口座や一般口座などの課税口座に移ります。

その後の分配金や売買益等については課税されます。

同一年において1人1口座(1金融機関)しか開設できません

あと、こういったことも理解しておきましょう。

楽天証券、SBI証券の両方で「つみたてNiSA口座」は持てない、ということですね。

NISA・つみたてNISAの口座開設は、金融機関を変更した場合を除き、1人につき1口座に限られ、複数の金融機関にはお申し込みいただけません。

というわけで、興味のあるかはまず「SBI証券」で口座を作っておきましょう。

無料で口座開設>>SBI証券のサイト

【追記】口座申し込みから審査、開設完了までかかる期間は「3週間」

つみたてNISAの申し込みから10日ほどして、

SBI証券内で【「つみたてNISA」 口座開設申込完了のお知らせ】というメッセージが届いていました。

内容は以下のとおり。

ご提出いただきました「非課税適用確認申請書 兼 非課税口座開設届出書」等の審査が完了いたしましたので、

税務署に対して「つみたてNISA」の口座開設手続きを行わせていただきます。

税務署での確認後、口座開設が完了しましたら、改めてEメール等によりご連絡させていただきます。

ちなみに、申し込みから実際に口座開設されるまでの流れは以下のとおり。

スクリーンショット 2017 10 24 10 14 02

いま、STEP3にいるということですね。

つまり、あと1~2週間ほどで口座開設が完了するはず。

その辺もわかり次第追記します。(この時、10/24)

STEP3から、10日ほどでNISA口座開設完了

「STEP3まで完了した」と書いてから10日ほどたった、11/2に以下のメッセージが届いていました。

【重要】NISA口座(NISAまたはつみたてNISA)開設完了のお知らせ

というわけで、申し込みからNISA口座開設までかかる期間は、3週間ほどとわかりました。

(1ヶ月弱かかると想定して、早めに申し込んでおきましょう)

無料で申し込み>>SBI証券のサイト

メッセージの詳細

本メッセージを受け取られたお客さまについては、本開設手続き完了に伴い2018年からのNISA投資可能枠が新たに付与されます。

お客さまのWEBサイト上では、翌営業日よりNISA・つみたてNISAの口座開設状況、および設定された口座の種類(NISAまたはつみたてNISA)が反映されます。

スクリーンショット 2017 11 06 10 33 45
(つみたてNISA口座開設済、と表示されている)

当社WEBサイトの

口座管理>お客さま情報 設定・変更>お取引関連・口座情報画面

より、NISA・つみたてNISA欄をご確認ください。

スクリーンショット 2017 11 06 10 33 26
(「お取り引き関連」タブから確認できます)

【追記】12月17日から積み立て設定開始予定

「12/17(日)から、「つみたてNISA」の積立設定ができるようになります!(予定)」

とアナウンスされていました。

スクリーンショット 2017 12 12 18 13 10  1

NISA投資可能枠を残らず使いきるための、注文方法「NISA枠ぎりぎり注文」などが用意されてるそうです。

この注文方法を選択すれば、残りNISA投資可能枠よりも積立金額が多い場合、NISA投資可能枠を使い切る金額で積立発注を行ないます。

スクリーンショット 2017 12 12 18 09 53  1

これにより、NISA投資可能枠を使いきるために、積立設定金額を微修正する必要がなくなりました。

あと、以下のようなみやすい画面も用意されてるようで、非常に楽しみですね。

スクリーンショット 2017 12 12 18 12 54  1

【さらに追記】SBIでつみたてNISAの買い付け設定する方法

ついにSBI証券で積立銘柄を選べるようになってたので、その方法を紹介。

設定は、投資信託の商品ページからできるようになってます。

スクリーンショット 2017 12 18 19 30 33 1

「つみたてNISA買い付け」が足されています。

あと、「投信(ロボアド)」タブの「投信積立 設定一覧」からいけます。(ぼくはこっちから設定しました)

スクリーンショット 2017 12 18 19 19 06

買っている投資信託の右のほうに「つみたてNISA」ボタンがあるので、そこをクリックして設定していきます。

スクリーンショット 2017 12 18 19 23 26

僕は「ニッセイ 外国株式インデックスファンド」でつみたてることにしました。

つみたてNISAの情報編集ページ

ページでは、買い付ける金額か比率を指定して積立設定します。

ぼくは比率で設定した方が楽と感じ、比率を使いました。

下の方に比率を入力する箇所があるので、100%と入れて試算しました。

スクリーンショット 2017 12 18 19 26 57

すると、以下のように表示され、

スクリーンショット 2017 12 18 19 27 15

OKだったので、画面下の方で取引パスワードを入力してから「確認」ボタンを押しました。

次は、目論見書をチェックして同意ボタンを押す

後の流れは、通常の積立と同じ。

スクリーンショット 2017 12 18 19 28 09

次の最終確認画面でOKであれば、「確定する」をクリックします。

スクリーンショット 2017 12 18 19 28 31

設定完了すると、以下のように表示されます。

スクリーンショット 2017 12 18 19 28 46

すでに積み立てているファンドは「つみたてNISA」の方に振返されない?

というわけで、設定すると以下のように表示されます。

スクリーンショット 2017 12 18 19 29 29

?????

スクリーンショット 2017 12 18 19 29 44

ここで疑問が。

これまで、外国株式インデックスファンドは、毎日1300円つまり、毎月3万円ほど積み立てていました。

それが「つみたてNISA」の積立(33,333円)に周り、現行の積立設定からはその分引かれると思ったんですが、そんなことはないようです。

この辺は調べてまた追記します。(1月から減るのかな?)

キャンペーンもやってます

Tumitumi  1

今だと、総額400万円のキャンペーンもやってます。(詳細は以下の記事でどうぞ)

>>【お得】SBI証券でNISA、つみたてNISAを申し込むと抽選で2000円プレゼントキャンペーン実施中

ほったらかし投資でお金を増やすなら


>>1番実績の出ているサービスを知る

1日33円からのビットコイン積立ができる取引所

ぼくは、取引所「Zaif(ザイフ)」の積立で利益を出しています。仮想通貨の買い時がわからない人にオススメの投資方法です。(口座開設無料です) ビットコイン、XEM、イーサリアムの積立が可能です。

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ