Jリートで分配金生活はおすすめしない?メリットやリスク、積立式のREIT投資信託まとめ

どうも。ソーシャルレンディング、ETF、リート(REIT)で分配金生活を目指してるタクスズキです。

この記事では、いま注目してるJリートでもらえる配当金、そのリスク、オリンピック後の見通しなどを書きます。

また、リートのおすすめジャンルも紹介するので、不動産で資産を増やしたい人は参考にしてください。

>>【現金不要】元手ゼロで不動産投資、FX、仮想通貨を始める方法(Tポイント、楽天ポイントでREITを買おう)

リートで損しないために知りたいこと

以下、記事に書くこと。

・リート(REIT)とは?(配当金生活してる人の実例も

・リートのメリット(ぼくが有望と思っている理由)

リートのデメリット値下がりリスクなど)

・リートはおすすめじゃないのか?長期投資向きかも検討

・オリンピック前後の動き(将来性)

では、それぞれ説明していきます。

リート(REIT)とは何か?

なお、REIT(リート)は、不動産を小口化した商品のように流動性高く売買できます。

※Real Estate(不動産)Investment Trust(投資信託)の略で、投資家から集めたお金プロに運用してもらえる

reitを図解

※板取引でキャピタルゲインを得られて配当インカムゲイン)もあるという点では株と同じです(配当は税制上、株よりも有利

配当金(分配金)生活してる人の実例も

そして、リートの配当金だけで生活してる人もいるのです。

>>これから有望な投資先は米国株、高配当で下げに強いディフェンシブ銘柄、J-REIT(リート)

このように、不労所得がほしい人から人気なのがリートです。

>>楽天証券でポイント投資!Iシェアーズ・コアJリート(1476)を買う方法

リートのメリット

リートのメリットは以下の通り。

・買ってるだけで定期的に配当金をもらえる(5%と高配当な銘柄も)

・値上がりでも利益を得られる

・実際の不動産投資と比べて、少額OKで低リスク(Tポイント楽天ポイントでも買える)

・流動性も高い(ソーシャルレンディング投資クラファンと違って、投資中に資金を固定されない)

ぼくが将来有望と思っている理由(根拠)

上記のメリットがありつつ、以下の要因があるので、ぼくは将来性あると思いJリート(日本の不動産)に投資してます。

・日本の人口は減ってるが、働いてる人の数は過去最多になってる

・それに伴いオフィスの価値が上がっている(結果、オフィスREITが値上がりしていく)

・東京は世界で一番人口の多い都市(デリー、上海、サンパウロより上)

オフィスの空室率は下がり、賃料は上がっている

>TポイントでJリートを買えるサイト
ネオモバイル

リートのデメリット(値下がりリスク)

リートにはもちろんデメリットもあり、それが以下。

・値動きで損するリスクがある

配当金が減る可能性もある

・地震などの災害で物件に被害がおよぶ可能性がある

これらも1つずつ説明していきます。

>>【3000万投資し比較】ネット証券のおすすめは?僕の感想と評価、2chでの悪い評判まとめ

値動きで損するリスクがある

REITは株と同じで値動きがありますから、買った値段より下がれば含み損を抱えます。

reitで値下がりの損

上は、インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人というJリートの値動きで、過熱感から調整で一時的に下がりました。

この時に、慌てて売ってしまったら、損失が確定します。(下がったらむしろ買い時なので、売らないように)

>TポイントでJリートを買えるサイト
Moba1

デメリット:配当金が減る可能性も

「減配」といって、配当金が減ってしまう可能性があります。

配当金(インカム)目当ての人はこれも把握しましょう。

>>毎月配当(分配金)をもらえるソーシャルレンディングの利回り(成績)まとめ

地震などの災害で物件に被害がおよぶ可能性がある

地震で物件が倒壊するリスクもあるのですが、

ほとんどの物件で「大地震の際の予想最大損失率(PML値)」を出しており、それを見るとほぼ心配ないことがわかります。

reitのpml値
引用元;Jリート市場を見る5つのキーワード

このように、ほとんどの銘柄で10%未満になってるので、地震についてぼくは心配してません。

また、PML値が高い一部の物件には地震保険がついており、万が一の際も保険で手当されます。

※怖いのは地震に付随する火災などと思ってます

>>分配金生活!配当性向の高い企業(増配株)への投資、利息で年間10万円目指そう

リートはおすすめじゃないのか?

このようにデメリットがありながら、ぼくが投資する理由はそれ以上にメリットがあるからです。

特にオフィスリートはこの数年で価値が上がっていくはずですから、配当金を得るために投資していきます。

※2019年、株が不調になった時にREITが上がったように、分散投資の資産としてもいいですからね(インフレにも強いし)

>TポイントでJリートを買えるサイト

長期投資向きじゃない

ここ数年は、オフィスを中心にJリートは投資しても大丈夫だと思ってますが、10年〜20年と長期で考えると、不透明さはあります。

在宅ワークの推進などで、家や近所のカフェで働く流れが進めば「オフィス不要」となり、リートの価値が下がる可能性もあります。

なので、長期で投資はしません。(米国株は長期で投資します)

>>米国ETFのおすすめ:国内ランキング、配当利回り、ポートフォリオ(株、債券)まとめ

>>【売却】不動産(マンション)の転売で利益を出せて仲介手数料ゼロのサービスを紹介(ぼくも投資中)

>>SBI証券でETF自動積立!分配利回り5%以上の高配当銘柄、手数料フリーの商品も紹介

オリンピック前後の動き(将来性など)

2020年のオリンピックを前にして、リートが上がってる背景には以下の要因があるので、これまでホテルREITも好調でした。

・訪日外国人向けが増え、ホテル・宿泊施設への需要が増えた

ただ、オリンピック後にはこうした需要も減るため、ホテル系のREITには値下がりの可能性があります。

なので、ぼくは手を出しません。(上場企業の不動産クラファンもありますし)

つみたてNISA対象のREIT投資信託はない

REITメインの投資信託でつみたてNISA対象の銘柄はないです。

なので、利益非課税の不動産で積立したいなら、バランス型ファンドですね。

>>無理?配当金生活で失敗しないために収入のポートフォリオを考えてみた(米国株ETFもおすすめ)

NISA以外で人気の銘柄

SBI証券で「つみたてNISA対象外」だと以下の銘柄人気でした。

・三菱UFJ国際-三菱UFJ Jリートオープン(毎月決算型)

・リート王

・ニッセイJリートインデックスファンド

>>複数リスクあり!不動産投資を1万円から少額でしたい人に実際の利益や、サラリーマンなりの増やし方を教えます

ローンを組んだ不動産投資は危険

>>資産形成の初心者におすすめの方法:投資の種類や20代、30代、40代、50代の最適手段まとめ

>>【少額から】1万円OKの不動産投資!お金がない初心者が失敗しない方法まとめ(投資信託もあるよ)

>>【初心者向け】少額OK!不動産投資の利回り、リスク、失敗例まとめ

>>失敗するからやめとけ!ワンルームの不動産投資は!リスク低い運用がサラリーマンにおすすめ

【マンション】毎月の返済額、利益(利回り)

>>【不動産投資】Renosy(リノシー)で面談し、毎月の返済額、利益(利回り)を試算してもらってきた

>>【評判】Renosy(リノシー)なら年収500万円から不動産投資できるらしいので、資料請求して面談を申し込んだ

>>エストアンドカンパニーのコンサルと面談してきたので感想書いておく

毎月分配型で生活できる?

>>毎月分配型の投資信託で生活、分配金暮らしできる?ブログで損しないおすすめ商品も紹介

>>【不動産投資】オーナーズブックとリート(J-REIT)の違いを比較!それぞれのメリット・デメリットまとめ

低金利だと、REITは有利

>>【インカムゲイン】配当金生活を目指す!優良株、高配当なディフェンシブ銘柄の長期保有が大事

>>【インカムゲイン】投資信託が出している安定的な収益を知る方法→「損益の状況」の「配当等収益金」を見る

オフィス系・住宅系のREITはどうか?

>>REITとは利回りの高い不動産投資信託です、ということをJ-REITの役割と共に説明してみます

PML値:475年という期間で一度起こると想定される最大規模の地震の際に、どの程度の被害を受けるかを専門機関が計算した理論値

>>米国株・ETFで配当生活中!SBIやマネックスでの買い方、手数料、長期投資のおすすめ銘柄まとめ

寝てる間もお金が増える「ほったらかしFX」

お得キャンペーンで現金とギフト券がもらえる!

株のような値動きでの損がイヤな人は必見

今なら4,000円もらえてお得!

運営者をフォローして最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ