【初心者向けのNISA】株、投資信託、ETFのおすすめ銘柄!楽天、SBIでの注意点もまとめ(ジュニア版あり)

どうも。2000万円以上を資産運用に回してるタクスズキです。

今回は、「つみたてNISA」でなく、「一般NISA」で投資する際の注意点、おすすめ銘柄などをまとめていきます。

後半では、「ジュニアNISA」の話もあるので、興味のある方は読んでください。

※一般NISAは株取引など、一括購入や短期〜中期投資で利益を出したい人向けです

【初心者向け】NISA、積立NISAの基礎知識

なお、NISA、つみたてNISAの基本的な情報は以下の記事でどうぞ。

>>【初心者向け】つみたてNISAの儲けをブログで公開!メリット、おすすめか?、申し込み方法などもまとめ

>>つみたてNISAのおすすめ商品(銘柄)まとめ:楽天でインデックスファンド積立しましょう

「一般NISA」と「つみたてNISA」の違い

あと、この2つの投資金額の違い、非課税期間などはこの表を参考にしてください。

つみたてNISA NISA
非課税投資枠 40万円/年 120万円/年
非課税期間 最長20年間 最長5年間
口座開設期間 2037年まで 2023年まで
非課税投資総額 最大800万円 最大600万円
対象商品(予定) 一定の要件を備えた投資信託など 上場株式、投資信託など

※「一般NISA」か「つみたてNIA」のどちらかを選ぶことになります(2つを使って投資はムリです)

NISA枠を使って、株や投資信託、海外ETFが買える

なお、一般NISA枠では、投資信託や個別株(国内・海外)、ETF(国内・海外)、REIT(上場不動産投信)などを買えます。

こうしたラインナップを見て思うのは、「NISA枠を使うなら、国内株か海外ETFを楽天証券で買うのがいいな」ということ。

というのも、楽天証券ではNISA枠であれば、国内の個別株と海外ETFの買い付け手数料が無料になるんですよ。

スクリーンショット 2018 11 08 15 19 49
(NISA口座は1つの金融機関でしか開設できません)

投資では、手数料も利益に大きく影響しますから、これはかなり大きなメリットです。

もともと、売買手数料0の商品をNISAで買うのはもったいない

あと、NISA口座で「もともと売買手数料がゼロの投資信託」を買うのはもったいなくて、

どうせなら「国内株、海外ETFの手数料ゼロ」の恩恵を受けたいところ。

なので、ぼくが楽天証券のNISA口座で取引するなら、国内株か海外ETFを買いますね。

ひふみプラスは「一般NISA」で買わない方がいい

あと、アクティブファンドで人気の「ひふみプラス」をNISAで買って後悔してる人もいたので、そのミスにも気をつけましょう。

>>【評判】ひふみ投信の利回りは?デメリットは?いくらで買える?などに答えてみる

ひふみは、もともと売買手数料がゼロなので、NISA口座で買ってしまうのはもったいないです。

>>【国内株】SBI証券の投資信託ランキング上位のファンドを買ってみた(実績も公開)

ひふみプラスは、特定口座で普通に積立を

「ひふみ」は長期運用に向いてる商品なので、ぼくは特定口座で積み立てていくのがいいと思っているし、実際そうしてます。

また、ひふみ以外のアクティブファンドは微妙なので、多いので買う際は注意が必要ですね。

一般NISAでのおすすめ銘柄(米国ETF)

なお、ぼくが一般NISA枠で買うなら、以下のETFですね。(楽天だと、手数料がキャッシュバックされるので)

・VTI:バンガード・トータル・ストック・マーケットETF

・DIA:SPDR ダウ工業株平均 ETF

・VYM:バンガード・米国高配当株式ETF

・PFF:iシェアーズ 米国優先株式 ETF

・VOO:バンガード・S&P 500 ETF

成績優秀なアメリカのETFまとめ

なお、他の成績のいいETFは以下の記事にもまとめているので、そちらもどうぞ。

>>【米国、海外のおすすめETF】国内銘柄「TOPIX連動型」は2018年どうなの?証券会社はどこがいい?

>>米国ETFのおすすめ:国内ランキング、配当利回り、ポートフォリオ(株、債券)まとめ

>>【インカムゲイン】投資信託が出している安定的な収益を知る方法→「損益の状況」の「配当等収益金」を見る

ジュニアNISAでの国内株の手数料も0

あと、ジュニアNISAについても説明しておきます。これは以下のような特徴があります。(楽天証券の場合)

・対象者:日本に住む0~19歳の未成年

・年間投資上限額:年間80万円

・非課税となる期間:投資した年から最大5年

対象商品は、国内株式と投資信託だけ

・非課税対象:対象商品にかかる配当金・売却益など

・口座開設期間:2023年開始分まで

・原則として親権者が代理で運用する(親が楽天証券の口座を持ってる必要あり)

・金融機関の変更はできない

ジュニアNISA:18歳まで払出し制限がある

なお、ジュニアNISA口座に一度入金すると、18歳まで原則として出金ができません。

途中で払出す場合は、全部解約(ジュニアNISA口座の廃止)のみ可能です。

ジュニアNISA口座で受け取った過去の利益に対してさかのぼって全て課税されます。

このようになっているのは、「制度自体、子どもの進学や就職など「将来に向けた長期投資」を目的に創設された側面があるから」です。

というわけで、こちらも覚えておきましょう。

米国、中国、アセアン株式の手数料(コスト)

これらの個別株だと、以下のような手数料がかかります。

米国株式(楽天証券の場合)

1回の取引につき、約定代金の0.45%(税込0.486%)

最低手数料5米ドル(税込5.4米ドル)、手数料上限20米ドル(税込21.6米ドル)。

中国株式

約定代金の0.5%(税込0.54%)/1回

最低手数料500円(税込540円)/1回、

手数料上限5,000円(税込5,400円)/1回

アセアン株式(SBIでも海外株を買える)

約定代金の1.0%(税込1.08%)

最低手数料500円(税込540円)/1取引

NISAでも、単元未満株の場合は手数料がかかります

あと、国内株でも単元未満株では、取り次ぎ手数料として1件につき300円かかります。

>>投資サービスでおすすめされた株(個別銘柄)の実績を検証(おすすめの優待、本、サイトもまとめ)

>>【おすすめ銘柄、優待】ミニ株、単元未満株(S株、プチ株、ワン株)のメリット・デメリットまとめ
>>【株の始め方】「ミニ株」より少ない資金で国内株式を注文できる「単元未満株」の買い方 @SBIネット証券

>>【100万円儲かった人も】ソフトバンクのIPO(新規上場)株をSBI証券でゲット!短期で利益を狙います

主婦や会社員にNISA、つみたてNISAおすすめです

>>【比較】つみたてNISAは楽天証券とSBI証券どちらがおすすめ?「夏から楽天ポイントでの積立開始!」などを考慮し判断

>>【100円から】「つみたてNISA」のメリット、申し込み方法などまとめ!現行NISAより長期運用に向いてます

【ブログで検証】積立NISAのおすすめ銘柄(初心者向け)

>>【お得な裏技】3000円あれば資産を3%増やしつつ、銀行の振込・ATM手数料をタダにして、楽天ポイントもお得に貯められるのです!

>>【最大10万円もらえてお得】楽天証券と楽天銀行のキャンペーンまとめ(現金、ポイントの大量プレゼント)

>>【100円投資の利益公開】楽天ポイントで買える成績のいい投資信託まとめ @楽天証券

成績のいいランキングも参考に

>>「100円からOKの楽天ポイント投資で多くのユーザーは何を買ってる?」「金利14%のすごい運用」を中の人に聞いてきた

>>【副業にも】月10万の不労所得の作り方!20代の実践者がその種類と投資の成績ランキングなどをまとめてみた

>>【評判あり】楽天証券のメリット、デメリット!使いにくい?アプリで投資信託は買える?

積立で失敗しない(損失ださない)インデックス

>>【実績】資産運用の初心者としておすすめされてる投資信託(銘柄)が本当にいいのか検証してみる

>>【実績&平均利回り】おすすめされてたインデックスファンドを積立購入!

>>【おすすめ】インデックス投資の始め方とタイミング、実際の利回りなどをまとめてみる

【儲ける】NISAで短期売買で利益を出したなら

>>投資信託の短期売買はおすすめじゃないし禁止レベル!長い期間で積み立てていくのが正解

>>【評判】楽天225ダブルブルの買い方!配当、信託報酬やデイトレ手数料をブログで検証

>>投資信託の積立は赤字になりやすい?大儲け、大損した人はいる?

というわけで、以上です。

【いま人気】楽天ポイントで100円から始める「ほったらかし投資」

【今だけお得】無料でビットコインをもらう

AIに運用を任せて、ほったらかしで資産を増やしてます

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ