投資信託の積立は赤字になりやすい?大儲け、大損した人はいる?

今回は、積み立て投資のマイナス面を書きたいと思います。

それは、赤字になりやすいということです。

どういうことか、『積立投資のすべて ──誰にでも始めやすい富裕の王道を徹底研究』を元に解説していきます。

>>投資初心者は株、FXなど何から勉強するべきか?(おすすめ本なども紹介)

>>【少額投資】初心者にオススメの資産運用と本まとめ(株、不動産、保険は非推奨)

【まず結論】一括投資の方が赤字になりにくい

あとで詳しく書きますが、結論を書くと、積立投資より一括投資の方が赤字になりにくいです。

なので、含み損でも「マイナス」を出したくない人は株式の一括投資も選択肢に入れましょう

実際、ぼくは株の一括投資をやるために勉強中です。

無料メルマガで株で儲ける方法を勉強中

なお、勉強で読んでるのが投資のプロが「これから上がる株(銘柄)」を教えてくれる無料メルマガです

これは的中率もすごいし、相場の解説も初心者にとってわかりやすく、株で利益を出す方法を学んでいけます


過去には、1ヶ月で4倍になった銘柄も紹介してます

なので、まずは無料でどんなもんかチェックしてみるといいですよ。

>>無料メルマガで投資の勉強をする

読むだけなので、ノーリスクです

もちろん、あとで課金されることもなく、ずっと無料で読めて、いつでも配信停止できます

登録も1分で終わるので、今すぐお得な情報を手に入れておくといいです。(株式投資によってお金持ちになれるかもしれませんので

>>【実績あり】1ヶ月で4倍になる銘柄を知れる無料メルマガに申し込んだら、予想以上に有益だった話

【では本題へ】必ずプラス成績になる投資ではない

前回まで、投資してる商品の価格が上昇し続けるのであれば、積立よりも一括投資のほうがいいし、

投信積立だと、最終的に商品価格が開始時よりも上がっていても、赤字になる場合もあると書きました。

そして、他にもマイナス面があるのです。

それは、赤字になりやすいというもの。

>>【ETF】TOPIX連動型上場投資信託は初心者におすすめなのか、信託報酬などを比較して検証してみた(運用実績あり)

積立投資のほうが赤字化の頻度が高いけども、、

以下の図をご覧ください。

積み立て投資のデメリット「赤字になりやすい」

ここから一括投資に比べて、積立投資のほうが赤字化の頻度が高いと分かる。  

また、図表5.11は各相場の各回での赤字化の頻度である。縦軸がその頻度、横軸は何回目の検証かを表している。

例えば、日本株式の一括投資では10回目で9度の赤字を出している。

積み立て投資のデメリット「赤字になりやすい」
(図表5.11)

>>【100円から始められる】SBI証券でバランス型投資信託の1万円積立を申し込んだ!その方法まとめ

右肩上がりの投資商品なら、一括購入の方がいい

過去のデータからも赤字の頻度で言えば、積み立て投資の方が高いことがわかるんです。

どの資産でも、積立投資の棒グラフのほうが縦に伸びており、赤字化の頻度が高いと分かる。  

一括投資の場合、投資後に価格が上昇すれば、基本的に赤字になることはない。

一方、積立投資の場合、投資後に価格が上昇したとしても、その過程で下落すると赤字になることもある

検証結果からは、日本株式を除き、基本的に証券市場は右肩上がりで推移してきたぶん、

一括投資のほうが赤字になる回数がおさえられたと考えられる。

>>100円投資のメリット・デメリット(SBI、楽天証券の投資信託で可能)

ただし、積み立て投資は回復力がある

しかし、「赤字になりやすい」の裏を返せば「赤字⇄黒字の移行が多い」ということになります。

つまり、黒字に回復しやすいのです。

積み立て投資のデメリット「赤字になりやすい」

そして、積み立て投資において赤字になったとしても、5年あれば黒字に回復するのです。

>>【100円から】「つみたてNISA」のメリット、申し込み方法などまとめ!現行NISAより長期運用に向いてます

金融危機のような大暴落からも回復していく(損失を回収できる)

10年程度の積立投資では、ほとんどの場合、5年(60カ月)で回復するのではないか、というのが私の見解である。

世界不動産で一部、回復までに70カ月以上かかったケースもあったが、全体としてみると、その確率はかなり低い。

798回(=全133回×6資産)の検証のなかで、70カ月を超えたのはたったの3回で、約0.4%である。  

世界の証券市場でもほとんど例のない日本株バブル崩壊後の長期低迷局面でも、60カ月までには回復を確認できた。

この数値は積立投資家に希望をもたらすと思う

>>【実績あり】SBI証券で個人型確定拠出年金(iDeCo)を申し込む作業とかかる時間、注文した投資信託まとめ

5年耐えれば、また利益を出せる(損しにくい)

仮に現在、積立投資で損をしていたとしても、いずれ回復するという期待感を持てるのではないだろうか。  

積立投資の回復力は、投資商品の“力”というよりも、相場変動の結果、自動的に発生する自然現象であるといえる。

変動を伴う商品であれば、自然発生的に生まれるものだ。その点が心強い

「60カ月」という数値を心に留めておくのは、資産運用を実践するにあたってムダではないと思う。

>>【最新版】投資の種類を利回り、特徴をもとに比較!少額でやれるものも紹介

長期投資なら、低リスクで億万長者になれる

これはあくまで著者の見解ですが、こうした事実を知っておけば、積み立て投資で思わぬ結果になったとしても、我慢して投資を続けられるはずです。

ぜひ覚えておきましょう。

>>【副業で&放置OK】ほったらかし投資術まとめ(元本保証はなし)

おすすめの投資信託

おすすめの投資信託は以下の記事にまとめています。

>>【実績】資産運用の初心者としておすすめされてる投資信託(銘柄)が本当にいいのか検証してみる

こういった投資信託はSBI証券や楽天証券で買えますので、今のうちに口座を作っておくといいです。

>>【比較】SBI証券と楽天証券、初心者にはどちらがおすすめ?←投資信託、株を買ってる人間が答えてみる

楽天、SBI2つで口座を作ると資産を増やすチャンスが増える

ぼくはどちらも便利なので、2つで口座を作って運用してます。

>>【初心者向け】投資信託の選び方と賢い買い方(SBI、楽天証券がおすすめ)

無料で口座開設>>楽天証券のサイト

無料で資料請求>>SBI証券のサイト

楽天証券だと、100円から楽天ポイントで買える

どっちかというと、楽天証券の方が優れてますね。

>>業界初!楽天スーパーポイントで投資信託を100円から買えるようになったので、その方法、ポイントを賢く貯めるを紹介

というわけで、気軽に投資を始めたい方は「楽天証券」で口座開設しておきましょう。

ハイリターンを狙いたいなら

>>積立できるアクティブファンドのおすすめやメリット・デメリット、成績などまとめとく

>>【国内株】SBI証券の投資信託ランキング上位のファンドを買ってみた(実績も公開)

>>投資信託の短期売買はおすすめじゃないし禁止レベル!長い期間で積み立てていくのが正解

それではまた!(Twitterでフォローする→@twintkchan

関連記事(大損しないために)

積み立て投資だって赤字になる可能性があります。複利式で増えるわけではないんです。

>>積み立て投資信託の複利について誤解を解いておこう(倍倍で増えていかないよ)

>>ウェルスナビで損失を出してすぐやめたら、そりゃ失敗しますよ!長期保有を推奨します

>>【大儲け】ひふみ投信の利回りは?デメリットは?いくらで買える?などに答えてみる

※損ばかりの人は要チェック

【得した】インデックスファンドについても学んでみる

>>おすすめされてた積立可能なインデックスファンドを購入!実績と利回りも公開していきます

>>【おすすめ】インデックス投資の始め方とタイミング、実際の利回りなどをまとめてみる

※大損する確率は低いです(損した人の「やめとけ」は安直に信じない派です)

【いま人気】楽天ポイントで100円から始める「ほったらかし投資」

【無料】天職を見つけたい社会人向け

AIに運用を任せて、ほったらかしで資産を増やしてます

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ