>1,000円もらう方法やオススメ投資を知る>

投資信託の積立は赤字(マイナス)で大損ばかり?積立NISAで大儲け、失敗した人はいる?

投資信託の積立をやる際に知っておくべきことを紹介します。

これを知っておけば、積立投資の途中で成績がマイナスになっても慌てることがなくなります

これから積立投資を始めたい人、つみたてNISAに興味がある人は参考にしてください

※投資信託で損する理由は具体的な事例も紹介するので、反面教師にして損を回避してください

参考:『積立投資のすべて ──誰にでも始めやすい富裕の王道を徹底研究』

【まず結論】積立投資は赤字になっても、すぐ黒字に戻る

先に結論を書くと、積立投資は一時的にマイナスになっても、その後プラスになりやすいのです。(過去のデータから明らかになってます)

投資信託積立のデメリット・リスク

これは、「株価が暴落しマイナスになっても積立を続ければ、いずれプラスになり最終的に利益を出せる」ということ。

つまり、積立投資をやめなければ、しっかりプラスになるのです。

過去25年間のデータを見てみると、リーマン・ショックなどの金融危機が5回発生しており、平均すると5年に1回の頻度で発生しています。

しかし、「長期・積立・分散」による資産運用を行うことで、金融危機さえも乗り越えて、中長期的には資産が増加しています

【体験談】マイナスからプラスになりました

実際、ぼくは「積立投資をやめなければ、しっかりプラスになる」を体験してます

2019年8月、世界的に株価が大きく下がり、それまで含み益の出ていたインデックスファンドで含み損を抱えました

投資信託の積立で大損

しかし、この後つみたてを続けていたらしっかりプラスになりました。【2020年1月21日】

投資信託はやめたほうがいい?

なので、投資信託のつみたてはやめないほうがいいですよ

>>【100円からOKで人気】Tポイントを使って投資信託を買う方法
tポイントで投資信託を購入

投信の特徴「赤字になりやすい」を補足

※以降の文章は、ここまで書いてきたことの補足です。(データを使って積み立て投資の特徴を説明します)

>投資信託が怖いなら、値動きで損しない投資をどうぞ!儲かってます
投資信託以外での分配金

投信積立にデメリット・リスクはあるのか?

以前、以下のように書きました。

投資してる商品の価格が上昇し続けるのであれば、積立よりも一括投資のほうがいいし、

投信積立だと、最終的に商品価格が開始時よりも上がっていても、赤字になる場合もある

そして、他にもマイナス面があるのです。

それは、「赤字化の頻度が高い」というもの。

積立投資のほうが赤字化の頻度が高いけども、、

以下の図をご覧ください。

投資信託の積立は赤字になりやすい

ここから一括投資に比べて、積立投資のほうが赤字化の頻度が高いと分かる。

また、図表5.11は各相場の各回での赤字化の頻度である。縦軸がその頻度、横軸は何回目の検証かを表している。

例えば、日本株式の一括投資では10回目で9度の赤字を出している。

投資信託のマイナスリスク
(図表5.11)

右肩上がりの投資商品なら、一括購入の方がいい

過去のデータからも赤字の頻度で言えば、積み立て投資の方が高いことがわかるんです。

どの資産でも、積立投資の棒グラフのほうが縦に伸びており、赤字化の頻度が高いと分かる。

一括投資の場合、投資後に価格が上昇すれば、基本的に赤字になることはない。

ぼくが積立投資を続ける理由

一方、積立投資の場合、投資後に価格が上昇したとしても、その過程で下落すると赤字になることもある

検証結果からは、日本株式を除き、基本的に証券市場は右肩上がりで推移してきたぶん、

一括投資>のほうが赤字になる回数がおさえられたと考えられる。

積み立て投資は回復力がある

しかし、「赤字になりやすい」の裏を返せば「赤字⇄黒字の移行が多い」ということになります

つまり、黒字に回復しやすいのです。

投資信託で失敗しない

そして、積み立て投資において赤字になったとしても、5年あれば黒字に回復するのです。

金融危機のような大暴落からも回復していく(損失を回収できる)

10年程度の積立投資では、ほとんどの場合、5年(60カ月)で回復するのではないか、というのが私の見解である。

世界不動産で一部、回復までに70カ月以上かかったケースもあったが、全体としてみると、その確率はかなり低い。

798回(=全133回×6資産)の検証のなかで、70カ月を超えたのはたったの3回で、約0.4%である

世界の証券市場でもほとんど例のない日本株バブル崩壊後の長期低迷局面でも、60カ月までには回復を確認できた

この数値は積立投資家に希望をもたらすと思う。

5年耐えれば、また利益を出せる(損しにくい)

仮に現在、積立投資で損をしていたとしても、いずれ回復するという期待感を持てるのではないだろうか。

「60カ月」という数値を心に留めておくのは、資産運用を実践するにあたってムダではないと思う。

つまり、積立投資をやめなければ投資信託で利益を出していけるんです。

積立投資では日々の成績を気にしてはいけない

こうした事実を知っておけば、積立の途中で損しても、我慢して投資を続けられるので、覚えておきましょう。

投資の成績は1年〜5年〜10年といった長期で考えると、成功します)

毎月3万円を8%の積み立て複利で40年続けると9700万円オーバーです。

先進国では、普通に健康で平均寿命生きられる人なら、強い意志とちょっとの金融リテラシーで誰でも億万長者になれます。

将来のために何かしたいなら、まず口座を作ろう

ぼくはつみたてNISAなどを「SBI証券」でやっており、老後資金を作るためにiDeCo(イデコ)もやってます。

イデコの2020年の運用実績

SBIではTポイントで投資信託を買えます。(余ったポイントを有効活用できます

sbiでのtポイント投資

「通常は有料の貴重情報」も無料でチェックできる

SBIの口座があると、貴重な情報を無料でチェクできるようになります

これはお得なので、少額投資やTポイント投資などで資産を増やしたい人はSBI証券を使ってみてください

>【無料でカンタン】SBI証券の口座開設のやり方を紹介!すぐ終わります
sbi証券のキャンペーン

積立NISAの複利、期待値、儲けの平均も知る

ちょこちょこ投資してきたけど、結論としてドルコルスト平均法が時間と期待値ではベストなので積立投資に収束した。

積立NISA、ウエルスナビ、ザイフ積立の三本建てで行く。

izurun (@izu1005) 2018年1月12日

積み立て投資だって赤字になる可能性があります。複利式で増えるわけではないです。

※大損する確率は低いです(損した人の「やめとけ」は安直に信じない派です)

投資信託でマイナス(損ばかり)でも借金しないように

資産運用より借金返済の方が先決。

例えばいくら投資で稼いで、資産運用で年利4%で運用したとしても、借金な年利が15%だったら結局マイナスになってしまう。てことで投資信託解約してリボ払い残債にあてます。

(@Tsuu_h) 2018年6月21日

投資信託のマイナスは自己破産できないというのは、都市伝説という話でしたっけ。

高田_アサルト×ガールズ⑥9/12発売 (@takada2015) 2016年7月26日

投資信託で評価損益がマイナスなら損切りNG

含み損であれば、気にせず積立を続けましょう。

時間が経てば、プラス(利益)になりますので。

税金について学ぶのも大事

投資信託では税金についても知っておくべきことがあります。

数年前、私が銀行の特定口座で投資信託を始めたとき、初年度が当然ながら収益マイナスだったので、

確定申告で損益通算しようと思ったものの、翌年が黒字の時は住民税が上がりませんか、と銀行の顧問税理士に聞いてもらったら、

そんなことはない、という回答だった。(今、思い出しても腹が立つ。)

ルフラン (@EpiphanyXXIO) 2018年4月22日

投資信託で今年も損失確定させ損出ししました。
損益通算にて40万円の税還付を受けます。

損益通算しなければ戻らなかったお金であり、俺はこれも収入と呼びます。

けいちゃん@脱サラ目指すビビりサラリーマン(ビビリーマン) (@kei010kei010) 2018年12月27日

ダメ!銀行が投資信託を勧める理由

次に失敗例として「銀行員から投資信託を買う」を紹介します。

結論、銀行員から買ってはいけません。

なぜならば、コスト(販売手数料)が高いからです。(2%くらいとられて買った瞬間に成績マイナスになります)

銀行は「手数料が安く、安定的に運用できる商品」よりも「手数料が高く銀行にとって収益が上がる商品」を強く勧めます。

投資信託を買うならネット証券の一択です。

黒字(プラス)になりやすい投資信託

銀行や証券営業マンが勧める「回転売買(手数料稼ぎ)」も紹介します。

証券会社や銀行員が勧める投資信託が「信用されない」最大の理由は、相変わらず「顧客を踏みつけにする自社都合の回転売買の押しつけをやる」こと。

含み益なら「利益確定売り」、含み損なら「損切り」を強引に勧める。要は「自分等の手数料稼ぎ」!

怪傑ハリマオ (@harimaoto) April 23, 2018

インデックスファンド積立を続ければ成功しやすい

投資信託を買う際はこういった悪どい商品でなく、全米株式や先進国株に連動するインデックスファンドを買うといいです。

※全米株・世界株のインデックスファンドは動画でも解説してます

これらの商品は以下のように価値が上がり続けており、普通の人でも30年で資産を12倍にできています。

vtiの運用実績

運用コストも年間0.1%以下と激安なものもありますし、投資信託で失敗したくない人におすすめです。

コツコツ積立をやるならネット証券が低コスト!

紹介してきたように、続ける重要性を理解してるため、成績を気にせず積立投資を淡々とやれてます

楽天全米株式インデックスの利回り

なお、こういった積立投資や「つみたてNISA」は「SBI証券」で行なっています。(これまで400万円ほど積立しました

sbi証券での積立額

2ch(5ch)などでの投資信託の失敗(大損)例

2ちゃんねるなどの掲示板には以下のような投資信託での後悔話がありました。

念願の地方銀行に就職したのだが、

『歴史的な低金利で預金貸金で利ザヤを得られないと経営に影響が出るのでは』という懸念の声があり、

結果、ワイ外回りが不条理に投資信託の販売目標を沢山持たされるようになった。

このように、銀行員はノルマ消化のためにぼったくり手数料の商品をお客さんに売るんですね。

「某証券に1000万預けたら銀行行く度に担当がやってきて投資信託買えと言ってくる。電話かかってきた」という口コミも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です