毎月分配型投資信託のデメリットを「分配金とは?」のレベルから説明していきます

いつも通り、『全面改訂 超簡単 お金の運用術』から初心者が投資において知っておくべき知識を紹介します。今回は「毎月分配型投資信託」のデメリットについて。

と、その前にまずは分配金の説明を。

分配金とは何か?から知っていこう

分配金とは投資信託の運用益を口数に応じて、購入者に振り分けられるお金の事です。株式の配当金に似ていますね。数十円が相場です。(投資信託での利益には、購入金額の差分で得られるものもあります。こちらは気が向いたら記事にしようかと)

分配金は、投資信託の決算が行われる際に支払われます。お金の出所は投資信託の信託財産(ファンドの純資産)。分配の仕方には、「定額」「運用成果をすべて分配金として出す」など様々なタイプがあります。

「毎月分配型投資信託」とは何か?

分配金がわかった所で「毎月分配型投資信託」の説明を。名前の通り、毎月分配金がもらえる投資信託です。

毎月お金がもらえるとあって、好都合に思える「毎月分配型投資信託」。しかし、課税や対象先によってはデメリットのあるものなんです。

安定してそうだが、課税で損をする

課税のデメリットを著者は以下のように語っています。

「毎月分配型」とは、その名の通り、毎月、毎月、分配金を支払う仕組みだが、通常の一年ごとに分配金を支払う仕組みと比べると、早い時点で分配金に課税されるので、プラスの利回りがあるとした場合、課税が早い分必ず損になる。

投信は一口一万円程度の単位で解約できるのだから、必要な時に必要なだけ解約すればいい。  

高齢者の購入が多く、「年金を補う毎月の生活費に」などというセールス・トークもあるようだが、ファイナンシャル・プランニングの観点から考えて、毎月の現金流動性が乏しいような家計が、外債(為替リスクがある)や株式などリスクの大きな対象に、多額の投資を行うことが適切だとは、思えない

しかも、毎月分配型の少なからぬ顧客が、分配金を同じファンドに再投資している、という話を聞く。一体、何を考えているのか。ああ、もったいない!

しかし、真面目に検討すると、明らかな欠点があるのに、毎月分配型ファンドはよく売れているのだ。

分配金には税金がかかります。それ故、毎月分配金を得ると、年1回の分配よりも課税の面で損になるのです。しかも、その分配金を基に再投資する事例もあるようで、非常にもったいない事をしている事がわかります。

安定していそうな「毎月分配型投資信託」のデメリット

それならば、通常の投資信託で長期運用した方が、課税に関しては損がないのです。

分配金の用途に応じて毎月か年ごとかを判断

紹介してきたように、毎月分配金がもらえると聞くと、お得と思いがちですが、課税される事を考えると、そうとは言えません。

毎月の分配金を生活費に充てるのであれば、良いですが、投資によって資産を殖やす場合は損になります。課税された分配金から再投資するのは絶対にやっては行けません。

こうした事を踏まえた上で、自分の目的に合った投資信託を選んでみて下さい。

最後になりましたが、分配金とはファンドの純資産から支払われるものですので、分配の際は純資産総額が減って、基準価格が下がる事は知っておきましょう。


参照:投資信託の基礎知識 – 投資信託協会

これも株式と似ていますね。ということで、今回はこれにて終了です。

また会いましょう!(Twitterでフォローする→@turuturuouzi
follow us in feedly

ほったらかし投資でお金を増やすなら


>>1番実績の出ているサービスを知る

+161%の好成績!ビットコイン積立ができる取引所

ぼくは積み立てで利益を出しています。仮想通貨の買い時がわからない人にオススメの投資方法です。 (+161%は、2017年11月22時点の成績)

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ