投資信託では特別分配金が元本を切り崩している事に気づかなければならない

今回は、投資信託で損しないために知っておきたい「分配金」について説明します。毎月、支払われる分配金は、多い方がいい商品だと思っていませんか。

そんな間違った認識でいると、損する投資信託を購入してしまいますので、そうならないための知識を『初歩から値下がり対策まで 損しない投資信託』から学びましょう。

そもそも分配金とは?

まずは、分配金とは何か、ということから知っていきましょう。

分配金とは、投資信託が株式や債券に対して投資し、運用で得た収益を投資家分けるもので、預貯金の利息のように、利率や金額があらかじめ決まっているものではありません。

分配金は、投資信託の信託財産から支払われる事になりますから、そのぶんだけ純資産残高は減少し、基準価格も下落します。「分配金男利回り」とは、つまり基準価格に対する分配金の割合の事です。

利息のように、利息が決まっていませんから、運用がうまくいかなければ、分配金が下がる事だってあります。

純資産残高は、ファンドの資産総額で、規模を見る指標となります。基準価格は、ファンド1口あたりの値段です。純資産残高は、「基準価格 X ファンドの口数」で計算されます。

つまり、分配金は投資信託の財産から支払われますから、それによってファンドの価値が下がってしまうのです。

販売会社は売るために分配金を高く設定する

しかし、ほとんどの個人投資家は上記の仕組みを理解していないため、分配金の多さで投資信託を選んでしまいます。その結果、販売会社は売れる投資信託を作ろうと、分配金を上げています。

実際、ここ10年で毎月分配型の平均分配利回りは8%も上がっているそうです。しかし、こうした策略にハマって分配金だけで商品を選んでいる投資家のほとんどが損をしているそうです。

そりゃ、そうですよね。「自分でわからない商品は購入しない」という投資の基本を破っているのですから。

毎月分配型の投資信託には注意

投資信託の中には、毎月分配型と呼ばれる、月ごとに定期的にお金が分配される商品があります。1000万円購入して、分配金の利回りが4%とすると、税引き後、月に3万円くらい振り込まれる事になります。

ここで、たいていの個人投資家は喜びを感じ、安心しますが、素直に喜べる事ではないのです。分配金の出所を知る必要があります。どういうことか、1000万円で購入した投資信託で運用がうまくいき、10万円値上がりしたパターンで考えてみます。

毎月分配型の分配金に注意

10万円値上がりしたら、その分だけ、つまり10万円が分配されると思うはずです。しかし、上記で書いたように投資家を釣るに商品を魅力的に見せるために、それ以上の分配をする投資信託もあります。

それが図のようなパターンです。図を見ると、10万円ではなく5万円を上乗せして15万円が分配金として支払われています。しかも、その5万円は値上がりした分から捻出されているわけではありません。

投資信託の資産から出されているのです。つまり、投資家を集めるための分配金捻出で投資信託自体の価値が下がってしまっているのです。

こうしたことは往々にしてあるらしいので、商品選びの際は、惑わされぬように気をつけなければなりません。

普通分配金と特別分配金を知っておこう

先ほどの問題を引き起こしているのが「分配金」の種類です。分配金には2種類あるのです。それが「普通分配金」と「特別分配金」。それぞれの違いは以下の通り。

「普通分配金」と呼ばれるもので、これは多くの個人投資家がイメージしている分配金です。投資信託に組み入れた株式や債券を運用した結果、値上がりして元本を上回る状態で出されるお金の事です。

つまり、預貯金の利子や利息のように、分配金は儲かっている利益の部分から支払われます。

これが先ほどの10万円の部分ですね。

一方、特別分配金は、図の5万円に当たる部分です。

「特別」などと銘打たれているので、そんな分配金をもらえると得したような気分になるかもしれませんが、なんのことはない、要するに自分が投資したお金が払い戻されただけの話です。

自分が出したお金から自分に対して分配金が支払われているわけですから、この仕組みを知っている口に悪い人などは「たこ足分配だ」と揶揄したりします。たこは自分の足を食べる事があるからです。

こうしたことを知っておかないと損してしまうのです。

値上がりしたときに差がつく

特別分配によって損するのは投資信託が値上がりした時です。以下の図をご覧下さい。
毎月分配型の分配金に注意

A、Bファンドに100万円投資した場合を考えます。A、Bの違いは分配金を出すかどうか。Bは出しますが、Aは出しません。

1年後、運用成績はとんとんで値上がりも下がりもしませんでした。Aからは分配されません。しかし、Bからは元本を切り崩した特別分配金が出されます。

ただし、A、Bファンドに投資した人の間に差は出ていません。分配金と元本を足せば、100万円になりますから。問題はこの後。

さらに1年後、投資信託の運用がうまくいって、10%値上がりしました。そうすると、Aファンドでは、10万円の利益が出て、合計110万円に増えています。

一方、元本が80万円になっているBは、10%値上がりしても、8万円しか利益が出ません。合計で88万円です。1年前に受け取った特別分配金と合わせて108万円です。

つまり、Aファンドに投資した人と比べて2万円も損しているのです。

この状況を見て、「たかが2万円」と思う方もいるかもしれません。しかし、これを5年、10年と見ていくと大きな差になるのです。何百万円の差になることだってあります。(これを複利と言うんでしたね)

関連:資産運用初心者が1000万円以上増やしたいなら絶対これはやりましょう
関連:投資信託初心者にはMSCI‐KOKUSAIと連動した「SMTグローバル株式インデックス・オープン」がおすすめなのか?

ですので、特別分配金には注意しなければいけないんです。

分配金の出所を商品選びでチェックしよう

見てきたように、分配金の多さに騙されてはいけません。特別分配金によって、元本を切り崩されている事を理解しないと、上記のようにもったいない事をしてしまいます。

今後、投資信託を購入しようと思っている方は気をつけましょう。次回は、投資信託購入の際にチェックするべき項目を紹介します。

それではまた!(Twitterでフォローする→@turuturuouzi
follow us in feedly

ほったらかし投資でお金を増やすなら


>>1番実績の出ているサービスを知る

+161%の好成績!ビットコイン積立ができる取引所

ぼくは積み立てで利益を出しています。仮想通貨の買い時がわからない人にオススメの投資方法です。 (+161%は、2017年11月22時点の成績)

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ