【おすすめ】インデックス投資の始め方とタイミング、実際の利回りなどをまとめてみる

どうも。1000万円以上を資産運用に回しているタクスズキです。

今回は、僕が実践しているインデックス積立投資について書いてみます。

ほったらかしでOKの投資方法を探したい方は、参考にしてみてください。

インデックス投資とは?

インデックス投資とは、市場の動きを表すインデックス(指標)に連動した商品にとうする手法のこと。

なお、インデックスとは、TOPIXとか、NYダウ平均とか、S&P500みたいなものをさします。(物差しと考えてください)

この辺の詳しい話は以下の記事で書いてるので、ここではさらっと説明していきます。

>>【実績】資産運用の初心者としておすすめされてる投資信託(銘柄)が本当にいいのか検証してみる

>>おすすめされてた積立可能なインデックスファンドを購入!実績と利回りも公開していきます

インデックスに連動した商品を買うことで分散投資できる

TOPIXとは、日本の上場企業の株式の平均を表しており、TOPIXのチャートが上がれば、

それは上場企業全体が成長していることになりますし、下がれば元気がないということになります。

そして、TOPIXという指標に連動した商品を買うことで、日本の上場企業の株を分散して保有できることになるわけです。

先進国の株に分散投資することも可能

NYダウに連動した商品を買えば、米国株に分散投資できます

こんな感じで、個別銘柄でなく、市場全体の値上がりに期待して投資するのが「インデックス」投資なのです。

MSCIというインデックスに連動した商品を買えば、先進国の有望株に分散投資できます

アクティブ投資についても知る

なお、これとは違った投資手法が、アクティブ投資です。

アクティブ投資は、インデックス(市場平均)以上の運用成績を目指すもの。

わかりやすいのだと、日本の有望企業を買ってる人気ファンド「ひふみ投信(プラス)」への投資は、アクティブ投資であり、

「ひふみ」自体は、アクティブ型投資信託(ファンド)と呼ばれています。

ほとんどのアクティブはインデックスに成績で負けてる

「インデックス以上の成績」を目指すアクティブ投信ですが、そのほとんどがインデックス投信に成績で負けてます

「ひふみ」のように、インデックス以上の成績を出しているファンドもありながらも、そういった優秀な商品はごく一部なのです。

こうした現状があるため、アクティブよりはインデックス投資の方がいいと考えられています。

インデックス投資は簡単に始められる

なお、有望な投資手法であるインデックス投資は、楽天証券で口座開設することで始められます

>>業界初!楽天スーパーポイントで投資信託を100円から買えるようになったので、その方法、ポイントを賢く貯めるを紹介

口座開設、利用料などが無料なので、資産運用に興味がある方は今のうちに口座を作っておくといいですよ。

>>楽天証券のサイト

インデックス投資のメリット・デメリット

では、2つのタイプを説明したところで、インデックス投資のメリットを書いていきます。

メリット1「運用コストが安い」

まずこれが大きいです。インデックス投資で買っていく商品(インデックスファンド)はアクティブに比べて手数料が安いのです。

※投資・資産運用では、リターンとコストの両方を気にしましょう

僕が積立で買ってるファンドは、売買手数料0で、運用コスト(信託報酬)が安いです。

中には、年間コスト0.1~0.2%の商品もあり、1%以上年間コストがかかるアクティブ型に比べて、かなり優れています。

メリット2「ほったらかしでOK」

本業のある人にとってありがたいのが、これ。

インデックス投資では、株の個別銘柄、仮想通貨のように毎日の値動きを気にする必要がありません。

理由は、その株式市場全体が伸びていけば、利益を得られる投資だからです。

アメリカの株式市場が伸びると思うなら、ダウに連動するファンドを買えばいい

例えば、ダウ平均に連動するファンドを買っているなら、今後、アメリカ株式市場が盛り上がっていけば、その値上がり益を得られるわけです。

この場合、「どの銘柄が上がるか?」を予想する必要はなく、アメリカ企業の株全体(平均)が上がればOKなのです。

なので、インデックス投資では、今後も伸びそうな株式市場を理解すればよく

今後もアメリカと先進国企業の株は伸び続けると思い、ぼくはそういったインデックスファンドを買っているのです。

メリット3「淡々と自動積立すればOK」

このように、「将来も価値が上がる」と思える株式市場を見つけたなら、あとは枚数を貯め込んでいけばOKなインデックス投資。

有望なインデックスファンドを自動で積立していけるのも、この投資法のメリット。

その際は、ドルコスト平均法を使うといいので、ぜひ覚えておきましょう。


定額で買っていく手法。値下がりした時はたくさん買い込めます

ドルコスト平均法について知る

>>【少額投資】初心者にオススメの資産運用と本まとめ(株、不動産、保険は非推奨)

>>【1000円からOK】Zaifでの仮想通貨積立(ビットコイン、XEM、ETH)は意外とおすすめ!運用実績、手数料まとめ

インデックス投資のデメリット

このように、メリットの多いインデックス投資ですが、デメリットもあります。

それは、市場全体が暴落したときに、含み損を抱えてしまうこと。

先日の米国株式市場などが荒れたときに、投資している商品は含み損を抱えました。

ただ、これは悲観しなくて大丈夫です。

長期的に見れば問題ない

なぜなら、こういった一時的な暴落は過去に何度もありながら、その都度回復しているから。

なので、こういった市場全体の一時的な落ち込みは気にせず、淡々と積立していった方がいいのです。

インデックス投資の始め方、始めるタイミング

色々とメリット・デメリットを理解したところで、次は「始め方」と「始めるタイミング」について説明します。

まず始め方ですが、これはSBI証券か楽天証券で口座開設して、商品を選んで買っていけばOK

ネット証券の中でいいのは、この2つです(どちらも口座開設無料)

SBI証券と楽天証券は両方使ってますし、それ推奨

なお、SBI証券だけ、楽天証券だけにある優良ファンドがそれぞれあるので、口座は2つ持っておくといいです。

>>SBI証券のサイト

特に、楽天証券だと楽天ポイントを使って100円から投資信託(インデックスファンド)を買えるので、口座を持っておくといいですよ。

投資家に大人気で、成績のいい「ひふみ」も100円から買えます。

口座を作っておく>>楽天証券のサイト

インデックス積立投資を始めるタイミングは今

そして、インデックス投資を始めるタイミングはまさに今。

名著「積立投資のすべて」にはこう書いてありました。

積立投資を始めるタイミングとは、この仕組みを理解したときだ。つまり「今」である。

さっさと始めて、どんどん口数を貯めていったほうが得策だ。早く始めたほうが確実に口数を貯め込むことができる。  

積立投資は、その特徴を理解したら、あとは「投資開始のタイミングが早ければ早いほどよい投資」なのだ。

参照:投資信託のブログを書く初心者として「積立投資のメリット・デメリット」や「おすすめできる理由」を書いとく

なので、その意味を理解した方は、今すぐ始めて枚数をためこみましょう。

>>楽天証券のサイト

おすすめ銘柄と利回り(リターン)

なお、オススメの投資信託(インデックスファンド)は以下の記事で紹介している通り。

>>【実績】資産運用の初心者としておすすめされてる投資信託(銘柄)が本当にいいのか検証してみる

実際の成績(利回り)も載せています。

>>【100円から始められる】SBI証券でバランス型投資信託の1万円積立を申し込んだ!その方法まとめ

他のおすすめ投資

>>【100円から】「つみたてNISA」のメリット、申し込み方法などまとめ!現行NISAより長期運用に向いてます

>>【実績あり】SBI証券で個人型確定拠出年金(iDeCo)を申し込む作業とかかる時間、注文した投資信託まとめ

年代ごとのポートフォリオ

あと、20代、30代、40代ごとのポートフォリオ(資産配分)もこちらの記事にまとめています。

参考にしてみてください。

基本的に、20代はリスクを取れるので、株式多め。歳をとるにつれて、株比率を低くして、低リスク資産の債券を増やしていく感じ。

>>【実績公開】ロボアドバイザー投資とは?どれがおすすめ?比較して評価してみた(THEO、ウェルスナビ、投信工房、楽ラップ)

>>「運用で増えるお金」と「資産の組み合わせ」を提案してくれるロボアド『ウェルスナビ』の無料診断を受けてみた(実績あり)

配当はもらわず再投資へ

あと、配当は受け取らず(利確せず)、再投資に回しましょう(複利効果を得るために)

参照:【実績と利回りも公開】おすすめされてたインデックスファンドを積立購入!

投資信託を選ぶ際の条件は要チェック。

条件1「信託期限が無制限のもの」
条件2「分配金を再投資に回してくれるもの」

条件3「コストが安いもの」
条件4「運用資金が増え続けているもの。純資産残高は30億円以上がベスト」

条件5「銀行口座から自動積立可能なもの」
条件6「国際分散型(バランス型)であるもの」

「儲からないインデックス投資」の特徴

先ほども書いたように、インデックス投資は値下がりしたときに焦って売らず、

また回復して商品価値が上がったときに売れば利益を出せます。

投資で儲からない人は、下がったときに売ってしまう人です。

なので、こうならないよう、「価値ある商品と思っているなら、下がったときに買い増す。上がったら売る」を覚えておいてください。

積立投資はこちらもオススメ

>>評判通り?ウェルスナビの実績を公開してみる。まずは100万円と毎月積み立てでスタート

>>【感想】トライオートETF(自動売買)のデメリットも知った上でおすすめかを検証!(運用実績あり)

>>【評判】ひふみ投信の利回りは?デメリットは?いくらで買える?などに答えてみる

仮想通貨のインデックス投資もあります

>>【朗報】仮想通貨のインデックス投資ができる「C20トークン」が取引所「HitBTC」に上場決定!登録方法などまとめ

>>#Crypto20 のICOに参加して「C20トークン」を受け取る方法(仮想通貨のインデックス投資)

>>世界初、仮想通貨のインデックス投資!『CRYPTO20』がICOですでに10億円以上を調達

【いま人気】楽天ポイントで100円から始める「ほったらかし投資」

AIに運用を任せて、ほったらかしで資産を増やしてます

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ