投資信託のブログを書く初心者として「積立投資のメリット・デメリット」や「おすすめできる理由」を書いとく

どうも。20代(初心者)からの資産運用結果をブログにまとめている「運用男子」です。

今回は、積立投資(積立投信)のメリット・デメリットをまとめます。

これから投資信託を毎月積立で購入し、資産を増やしていきたい方は参考にしてみてください

参考書:「積立投資のすべて ──誰にでも始めやすい富裕の王道を徹底研究」

【まず結論】積立投資のメリット・デメリット

時間がない方のために、いい面、悪い面と、どんな人に積立投資がオススメか先に書きます。

オススメなのは、「商品の買い時がわからない投資初心者」「日々の値動きに一喜一憂せず、ほったらかし投資したい人」です。

オススメできないのは、「投資のプロ。上級者」です。

積立投資は初心者にいいが、上級者なら利益を取りこぼす可能性あり

詳しい話は後ろの方で書きますが、積立投資は「購入した数」と「売るタイミング」さえ気にすればいいのです。

そのため、投資を始める時期、商品を買う時期を気にせず、今すぐ淡々と積み立てていけばOKとなります。

また、回復力もあり、赤字になっても黒字転化しやすいのです。

ただ、もっと得られるはずだった利益を取りこぼすことだってあるのです。

買うタイミングのわかる上級者なら積立より一括の方が利益を出せる

積立投資は、損失を極力減らすために使われる投資手法です。

これは、「一括投資(ハイリスク・ハイリターンな手法)ほどリスクもなければ、リターンも得られない」と言い換えることもできます。

要は、「ミドルリスクミドルリターン」なので、大きな利益を短期で得たい方には不向きなのです

なので、リスクを抑えて長期で利益をコツコツ積み上げていきたい初心者だけ、積立投資にチャレンジしてください。

証券口座だけでも作っておいた方がいい

なお、積立投資はネット証券で口座を作れば、始められます。(口座開設、無料)

積立投資を無料で始める>>SBI証券(おすすめ)

なお、口座申し込みから実際に投資できるまで1週間ほど時間がかかるので、

(将来的に)投資を始めたいからは今のうちに口座申し込みをしておくといいですよ。

長期積立で分散投資すべき理由

投資初心者には、投資信託を買って長期分散投資をオススメしているわけですが、その理由は以下の記事で書いた通り。

参照:「人間の脳は長期分散投資に向いてないからロボに任せる」@ロボアドバイザー「ウェルスナビ」のセミナー

積み立て投資は、「複利式によって資産を効率的に増やしていけるのです。

複利で1500万円の差が出る

複利のすごさは、『はじめての人のための3000円投資生活』で紹介されていた事例からもわかります。

月々1万円の貯金と3千円の投資を続けた場合、30年後は534万円になります。

単利での運用

これの4年目から月々3万円の貯金、投資額を2万円にした場合、30年後は2024万円になります。

複利

その差、1500万円!これをみると、複利のすごさがわかりますよね。

積立投資の魅力は回復力

あと、積立投資では、「リーマンショックのような経済危機があった場合でも数年後には回復する」というメリットがあります。

参照:積み立て投資は赤字になりやすいが、黒字への回復も早い

10年程度の積立投資では、ほとんどの場合、5年(60カ月)で回復するのではないか、というのが私の見解である

世界不動産で一部、回復までに70カ月以上かかったケースもあったが、全体としてみると、その確率はかなり低い。

世界の証券市場でもほとんど例のない日本株バブル崩壊後の長期低迷局面でも、60カ月までには回復を確認できた。

この数値は積立投資家に希望をもたらすと思う。仮に現在、積立投資で損をしていたとしても、いずれ回復するという期待感を持てるのではないだろうか

積み立て投資には「価格変動に一喜一憂する必要がない」というメリットがある

あと、この記事で書いたように、価格変動を気にせず、淡々と商品を買えるというメリットも知っておきましょう。

一括投資だと、100円で買った商品が投資終了時に50円になっていたら、その分損してしまいます。

しかし、積み立て投資なら、開始時と終了時の商品価格で損得が決まらないのです。

積立投資は、以下の式で損益が決まるため、都度買うときの値段は気にしなくていいのです。(口数と売るときの値段だけ気にすればOK)

投資の評価=買い込んだ口数(A)×投資終了時の価格(B)

ドルコスト平均法で買っていくことで利益を出せる

このように、商品価格を気にせず、毎月定額で商品を買っていく(積み立てる)手法をドルコスト平均法といいます。

それによって、以下の画像のように、投資途中で価格が値下がりしても、最終的には利益が出るのです。

と、メリットばかりのように思える積立投資(投資信託の積立)ですが、他に知らなければならないことがあるんです。

1 そもそも積立投資、資産運用をする必要すらない

前回も書いたように、積み立て投資は必ず得をするわけではありません。(元本割れのリスクもあります)

また、値動きが右肩上がりを続けるなら、一括投資したほうが運用で儲かりやすいのです。

関連記事:倍倍で増えていくはずないから!積み立て投資の複利について誤解を解いておこう

関連記事:積み立て投資は赤字になることもある!そうならないために投資の開始、終了のタイミングを説明します

積立投資という手法は、値動きのケースや比較対象によって効率的にもなり、非効率にもなる

例えば、右肩上がりの相場状況では、一括投資と比較すれば非効率となる。しかし、右肩下がりの相場状況では、一括投資と比較すれば効率的だ。  

また、ゼロ金利の環境下で、右肩上がりの相場状況でも、預貯金と比較すれば効率的となる。しかし、右肩下がりの相場状況では逆だ

投資信託などの積立投資が絶対に得だと思わないために知っておきたい

「回復力」に魅力を感じないなら、投資はしない方がいい

また、値動きが右肩下がりになると思っているなら、預貯金の方が得なのですから、資産運用すら必要ないのです。

そもそも資産運用を考える人は、中長期的には預貯金よりも変動商品への投資が有利と考えているだろう。

つまり右肩上がりのトレンドを想定しているわけだ。右肩下がりを想定するなら資産運用などしないほうがよい。  

積立投資の本質は、効率性などの定量的な部分ではない。回復力などの「安心感」だったり、続けている間にストレスを感じないで済む「気軽さ」など、心で感じ取る定性的価値だ。

「将来も経済が発展していくはずがない」と思っているなら、投資はやめた方がいいわけですね。

経済は発展していくはず

ただし、僕は「これからも経済が発展していき、全体では右肩上がりになっていく」と思っています。

理由は、以下のツイートで書いてます。

なので、僕は現時点で400万円近く、資産運用にお金を回しています。

関連記事:預金ばかりして投資に目を向けない日本人はどうかしている

関連記事:【30代になる前に】20代から始めた資産運用と知っておきたい知識まとめ(370万円投資中)

投資信託はネット証券で買うのがお得

ちなみに、僕は投資信託をネット証券の「SBI証券」で買っています。

これを読んでいる人の中には、銀行などの窓口で買うのがいいと思っている人がいるかもしれませんが、それだと販売員のコスト、つまり手数料が上乗せされるので高くなります

一方、ネット証券は対面販売がないので、安く買えるんですね

なので、僕同様、SBI証券で投資信託を買うといいですよ。

>>SBI証券のサイト(無料で口座開設できます)

投資信託の損益も一目でわかる

あと、サイト内では、保有資産がどれだけ増えたか一目でわかるので、この機能もおすすめですよ。

スクリーンショット 2017 08 05 18 35 46  1
(SBIなら、トータルリターンがすぐわかります。赤文字ですが、これはプラスなのです)

2 収益率自体は投資金額に依存せずほぼ一定

一括投資であれば、金融商品の価格が右肩上がりに推移していけば、投資した分だけ、収益率は上がります。しかし、積立投資はそうではないのです。

以下のデータをご覧ください。1枚目は1つの値上がりし続ける商品に対して120万円積立投資した場合のデータです。

投資信託などの積立投資が絶対に得だと思わないために知っておきたい

次が240万円積立投資した場合。

投資信託などの積立投資が絶対に得だと思わないために知っておきたい

次が360万円積立投資した場合です。

投資信託などの積立投資が絶対に得だと思わないために知っておきたい

この3つ、実は収益率が同じなんです。

一括投資と比べると、積立投資は右肩あがりの状況なら、利益が出にくい

収益率は10年間、20年間の場合とあまり変わらない。

つまり、積立投資の場合、金融商品の価格が直線的に動けば、投資期間に関わらず収益率はほぼ同じだと分かる。

このようにして、一括投資と比べると、積立投資は右肩あがりの状況なら、利益が出にくいんです。(一括投資の方がハイリスクハイリターンということ)

これが万能ではないと言われる理由です。(積立投資は、リスクが低い割に一括よりはリターンが低くなります。安定が好きな人におすすめの投資方法

3 積立投資による期待値を把握しておく

では、値動きが直線的に上がっていった場合、どのように投資によるリターンを推測できるのか、それは期待値を用いて求められます。それが以下のデータ。

金融商品の価格が直線的に上昇するとした場合、投資期間に関係なく積立投資の期待値は次のとおりとなる。

直線的に2倍  約40%

直線的に3倍  約65%

直線的に5倍  約100%

直線的に7倍  約130%

直線的に10倍   約160%

先ほども書きましたが、積立投資で注目すべきは、値上がりしていく価格ではなく、買い付けた口数なのです。

投資信託の積立シュミレーションが便利

なお、積立投資で用意できるお金は証券会社のシミュレータで試算できます。

ネット証券の中では、楽天証券が一番使いやすかったですね。

毎月の積立額、運用期間、想定利回りを入力するだけで、用意できるお金がわかるようになります。

スクリーンショット 2017 08 04 15 41 48  1

また、目標金額から、毎月いくら積み立てればいいかわかるシミュレータなどもあるので、活用してみてください。

スクリーンショット 2017 08 04 15 47 18  1

4 積立投資は意外と厳しい

最後に積立投資に対するシビアな見方を紹介します。

積立投資は、一般にいわれているように「将来の数年間で大きく伸びる」「将来あなたの想像以上に伸びる」という投資ではない

もちろん、投資終了時に相場が大きく上昇すれば投資成績も良くなるが、逆に下落すれば落ち込んでしまう。  

世の多くの投資本は「××万円貯まる」という希望的な視点に重きを置いている。

しかし、私は「意外に難しい」という点を意識して解説してみた。積立投資でそれなりの成果を挙げたいなら、相応の努力が必要なのだ。

いい商品を選べば積立投資はいいものに

積立投資は、ただ商品を買い続ければ、確実に将来の資産を築けるわけではありません。

営業マンは商品の魅力をメリット中心で語りますが、値動きや相場環境など、ネガティブな面も見る必要があるのです。

また、最近は投資信託自体が乱立していて、配当金で魅力的に見せて、利益はさっぱりみたいな商品もあります。(もちろん、いい商品もあります

プロがオススメしてる投資信託>>【実績】資産運用の初心者としておすすめされてる投資信託(銘柄)が本当にいいのか検証してみる

ですので、積立投資の良い所・悪いところを見定めて、自分に本当に必要なのかを考えながら、投資を始めてください。

僕が積み立て投資で購入した投資信託

なお、僕は長期投資の悪い面も知った上でも、長期投資した方が資産を増やせるということで、始めました。

参照:【500円から始められる】SBI証券でバランス型投資信託の1万円積立を申し込んだ!その方法まとめ

複数の本を読んで、プロの投資家が共通してオススメしていた投資信託「世界経済インデックス」と「emaxis」シリーズを買うことにしたのです。

5. メリット・デメリットを知ったなら、今が始めどき

僕が積み立て投資を始めることにしたのは、「積立投資のすべて」のこの一節を読んだからです。

積立投資を始めるタイミングとは、この仕組みを理解したときだ。つまり「今」である。

さっさと始めて、どんどん口数を貯めていったほうが得策だ。早く始めたほうが確実に口数を貯め込むことができる。  

積立投資は、その特徴を理解したら、あとは「投資開始のタイミングが早ければ早いほどよい投資」なのだ

なので、仕組みを理解して「メリットがある」と思ったら、始めてみてください。

証券会社はSBIがおすすめ

ちなみに、積み立て投資で使う証券会社のオススメはSBIです。ここは商品数も多く、他よりサイトが使いやすいのです。

>>SBI証券のサイト(無料で口座開設できます)

始める方は、ぜひ。

セゾンでしか買えない優良商品があったから口座開設してみた

この記事を書いた後、SBIでは買えない優良投資信託があると知ったので、それを買うために、セゾン投信で口座開設してみました。

ちなみに、その優良ファンドとは「セゾンバンガード・グローバル・バランスファンド」と「資産形成の達人」です。

主婦の女性が運営するブログでもオススメされていたので、それぞれを5万円ずつ買ってみることにしました。

参照:【投資信託を10万円注文】セゾン投信で口座開設と入金する方法&それにかかる日数まとめ(最短1週間)

セゾン投信の実績

なお、運用開始して10日ほどで1万円から1000円ほど増えていました。

これは、長期で増えているかどうかチェックする必要があるので、随時成績を更新していきます。

「たわらノーロード」も評判がいい

あと、「はじめての人のための3000円投資生活」で紹介されていた「たわらノーロード」も積み立てができる優良ファンド。

その証拠に、楽ラップや投信工房で利用されています。

参照:【運用実績】楽天証券のロボアド「楽ラップ」に10万円入金!手数料や積立などの機能を評価してみた

参照:運用実績】松井証券の「投信工房」で10万円注文したので、リバランスやNISA口座についても評価してみる!

専門家がおすすめしていた投資信託

あと、先ほど紹介した『投資信託はこの9本から選びなさい』では、以下7本のファンドが他におすすめされていました。

・SMT グローバル株式・インデックスオープン
・eMAXIS 先進国株式インデックス
・ありがとうファンド
・SBI資産設計オープン(資産成長型)
・世界経済インデックスファンド
・ユニオンファンド
・楽天資産形成ファンド

そして、実際に「ありがとうファンド」「ユニオンファンド」以外の投資信託を買ってみました。

参照:【実績】資産運用の初心者としておすすめされてる投資信託(銘柄)が本当にいいのか検証してみる

買ってみて間もないですが、どれも今の所はプラスで動いています。

投資信託を買ったサイト>>SBI証券(無料で口座開設できます)

このように、優良な投資信託は限られているので、積み立て、一括投資をする際は参考にしてみてください。

積立投信の利回り

なお、積立投資に向いてる投資信託の利回りや、比較は以下の記事に書いてますので、参考にしてみてください。

>>【実績】資産運用の初心者としておすすめされてる投資信託(銘柄)が本当にいいのか検証してみる

>>おすすめされてた積立可能なインデックスファンドを購入!実績と利回りも公開していきます

実績は以下の通り(手数料など比較)

2017年10月24日時点のデータです。

・三菱UFJ国際-eMAXISバランス(8資産均等型):+2,239円、+3.44%(信託報酬:0.54%以内)

・ニッセイ日経225インデックスファンド:+482円、+3.79%(信託報酬:0.27%)

ニッセイ外国株式インデックスファンド:+7,115円、+7.11%(信託報酬:0.216%以内)

ニッセイTOPIXインデックスファンド:+12,294円、+8.78%(信託報酬:0.1944%以内)

・ニッセイJリートインデックスファンド:+207円、+0.82%(信託報酬:0.27%以内)

・SBI資産設計オープン(資産成長型):+4,082円、+4.08%(信託報酬:0.7344%)

SMT グローバル株式インデックス・オープン:+7,032円、+7.03%(信託報酬:0.54%)

世界経済インデックスファンド:+2,640円、+4.06%(信託報酬:0.54%)

おすすめは、TOPIX連動型か世界経済インデックス

「利回り ー 信託報酬(手数料)」の純粋な利益で見ると、一番成績がいいのは、「ニッセイTOPIXインデックスファンド」です。

次が、「ニッセイ外国株式インデックスファンド」ですね。

前者が日本株式の平均に連動するファンド、後者が外国株式に連動するものです。

バランス型は「株式特化」に成績で負けることがある

これらは、「株だけ」を買っているファンドですが、「世界経済インデックスファンド」は株以外に債券、不動産なども買っています。

投資の鉄則は、このようにあらゆる資産を持ってリスク分散することなんですが、実際の成績は「株特化」の方がいいわけです。

こうなっている理由は、日本国内、国外の株式が伸びているからですね。

バランス型を積み立てていくのが無難

バランス型だと、株以外の債券などでマイナスを出すと株のプラス分を減らしてしまうわけですね。

なので、株式が調子のいい時は株式のインデックファンドを持っておくといいです。

僕は少なくともオリンピックまではTOPIXに連動する国内株式インデックスファンドを保有する予定です。

ただ、調子のいい資産(株式、債券、不動産)を見極めるのは初心者には難しいので、最初はバランス型を持っておくといいです。

投資信託ランキングには気をつけよう

たまに、おすすめの投資信託ランキングを見かけますが、中にはファンドを作った会社からお金をもらってランキングを作っている人もいます。

なので、ランキングはあまり信用しない方がいいですね。

また、投資もせずに「おすすめ」と言ってるブロガーにも気をつけましょう。

信頼すべきは、身銭を切って実績をレビューしてくれる実名顔出しのブロガーです。

なので、ブログ村の人気ランキングなどにも惑わされないようにしましょう。

NISAについて

NISA口座で運用すると、運用益が非課税になります。

ただ、積立していくなら、2018年1月から始まる「つみたてNISA」の方が有利なので、こっちを使っておきたいですね。(申し込みはもうできます)

>>【100円から】「つみたてNISA」のメリット、申し込み方法などまとめ!現行NISAより長期運用に向いてます

高度だけど、リレー投資という選択肢もある

積立投資だと、低コストで運用できるリレー投資という方法もあります。

>>【投資信託】ETFとインデックスファンドをリレー投資で運用するとコストを抑えられる

>>【投資信託】インデックスファンドから海外ETFへの具体的なリレー投資法

ただし、これは上級者向けなので、「こういうのがあるんだ」と思っておくだけでOKです。

>>ひふみ投信で口座開設!入金、購入など必要な作業とかかる時間まとめ(ファンドの感想も書いとくよ)

他の投資の記事

>>【実績公開】ロボアドバイザー投資とは?どれがおすすめ?比較して評価してみた(THEO、ウェルスナビ、投信工房、楽ラップ)

>>評判通り?ウェルスナビの実績を公開してみる。まずは100万円と毎月積み立てでスタート

>>融資型クラウドファンディング「クラウドバンク」のセミナーで気づいた重要事項

>>ソーシャルレンディングとは?その意味やリスク、税金などの知識まとめ!事業者の比較もしてみる

>>【50万円投資中】クラウドバンクの「怪しい」という評判は本当か?リスクや運用実績をまとめてみる

ほったらかし投資でお金を増やすなら


>>1番実績の出ているサービスを知る

+161%の好成績!ビットコイン積立ができる取引所

ぼくは積み立てで利益を出しています。仮想通貨の買い時がわからない人にオススメの投資方法です。 (+161%は、2017年11月22時点の成績)

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ