>1,000円もらう方法やオススメ投資を知る>

ウェルスナビの実績や評判はどう?損失リスクやデメリット、口コミまとめ

この記事では、ほったらかし投資ができるロボアドバイザー「ウェルスナビ」の説明と運用成績を詳しく書きます。

ネットでは、「ロボの自動投資でいい感じに増えてる」など、いい評判を聞くので、真実を検証していきます。

「テレビCMや雑誌、新聞でウェルスナビを知ったけど、本当に儲かるの?」「損しないの?」と思ってる方は参考にしてください

結論、2021年2月6日時点の成績は、+19.39%です。

ウェルスナビの運用実績

2020年12月13日時点の成績は+14.8%です。

ウェルスナビ2020年12月の実績

注意!ウェルスナビは元本保証じゃない

こんな感じで利益は出せましたが、ウェルスナビは値動きで一時的にマイナスになることもあります。(以下、2019年9月19日の成績)

ウェルスナビで損した

ウェルスナビでのマイナスが怖いなら、ぼくが毎月安定して儲かってる投資「クラウドバンク」をやるのもありです。

こちらでは値動きで損することがなく、以下のように毎月分配金を受け取れてます

クラウドバンク21年2月の分配金

クラウドバンクでもほったらかしで投資でき、手堅く資産を増やしたい人から人気です。

国(金融庁)から認められた証券会社の運営で安心なので、ぼくは1700万円を投資してます

ソーシャルレンディングでの投資額

興味がある方はサイトをチェックしておきましょう。

\ 損失ゼロの実績を知る /

【最新】ウェルスナビのコロナショック後の成績

ウェルスナビの成績推移は以下のようになってます。

【2020年4月3日の追記】コロナによる株安で買い時となり、10日で+10%も資産を増やせました

ウェルスナビ暴落後の成績

・2020年5月2日の成績:+10.3%と好調!(ドル建てだと、11.49%)

ウェルスナビ、マメタスの成績

※2020年7月16日時点の成績は+11.7%!(ドル建てだと+12.46%)、2020年12月13日時点の成績は+14.8%

ウェルスナビ20年7月成績

【終了】手数料の高いウェルスナビを売却!

2021年は+19%の利益になったので売却して出金し、他の投資に回すことにしました。

売却した理由はウェルスナビの年間1%の手数料でけっこうな利益を持っていかれたからです。

このマイナスがもったいなく、手数料なしで短期でも稼げてる投資に集中することにしました

みんなのFXは上場企業が運営する自動投資であり、当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえてお得です。

みんなのfxのキャッシュバック

ウェルスナビより簡単にやれて、手数料でのマイナスもないので、ぜひチェックしましょう。

\ キャンペーンで53,000円もらう /

短期、数ヶ月で資産を増やしたい人へ

ウェルスナビは長期(5年、10年、20年単位)で資産形成したい人向けのサービスなので、

短期、数ヶ月で資産を増やしたい人には「ぼくが毎月儲かってるクラウドバンク」もおすすめします
クラウドバンク21年2月の分配金

(クラウドバンクで毎月安定して儲かってます)

ぜひチェックしておきましょう。

\ キャンペーンを見てみる /

※以降でウェルスナビの詳しい説明をします

ロボアドバイザーとは?ウェルスナビとは?

ではまず、ロボアドバイザー(ロボによる自動投資)の説明からしていきます。

これは、その名の通り「ロボット(優秀な機械)」が「運用をアドバイス(アシスト)」してくれるサービスのことです。

ロボアドで自動売買

通常、株やFXなどの投資では人間が投資する商品を選んで手動で注文しますが、そういった手間をすべてロボがやってくれるのです。

ウェルスナビでほったらかし運用

そもそも人間の脳は投資に向いてない

なぜこうったロボット運用が生まれたかというと、人間の脳は投資に向いてないからです。

人間には感情があり、この感情が投資でジャマになるのです。

ロボアドバイザーで投資

人間は感情のせいで損してしまう

たとえば、将来値上がりするとわかっている商品が一時的に値下がりしたら、「買う」のが正しい判断ですよね。

ここで買えば、将来値上がりした時に売って利益を出せるのですから。

ロボアドバイザーの利益

しかし、人間は下がった時に「ヤバい」と慌てて売ってしまう生き物なのです。

人間の脳は投資に向いてない

このように、人間は正しい判断ができないので、

正しく投資していくためには感情なしで「合理的に判断してくれるもの」を頼った方がいいのです。

そして、その「合理的に判断してくれるもの」がロボアドバイザーなのです。

ウェルスナビで放置運用

ロボットは合理的に鉄則通り投資してくれる

ロボアドバイザーは、投資の鉄則通りに判断し、

先ほどのケースでは値下がりした時に「バーゲンセールだ!」ということで買ってくれます

そして、安い時に買った商品の値段が上がったら売って、利益をもたらしてくれます。

正しい判断をできるai投資

こんな感じで、正しく投資し、利益を出してくれるのがロボアドバイザー

つまり、今回紹介する「ウェルスナビ」なのです。

ウェルスナビは人間の代わりに投資をしてくれる

ウェルスナビは「正しい判断」に加えて、以下のことを人間の代わりにやってくれます。

ウェルスナビがやってくれること
めんどうな商品選び

・資産配分を決める(株や不動産などの比率をいくらにするか)

・買い注文、売り注文

ベストな資産運用ができているかの定期チェック、税金の最適化(節税)

これらを人間がやるとかなり手間がかかりますが、ウェルスナビはこれらすべてを代わりにやってくれるのです。

ウェルスナビが自動でやってくれること

ぼくはこういった点に魅力を感じてウェルスナビで運用を始めました。

ウェルスナビ2020年12月の実績
(2020年12月のウェルスナビでの利益)

老後の資産形成はロボでやれる?

ウェルスナビを長期でやれば、ほったらかしでお金を増やせる可能性もありますが、損する可能性もあります

※ぼくはウェルスナビで一度損しています

損失リスクも把握してやるべきか考えましょう。(手数料が高いので、ぼくはやめました

こういった損が怖いなら、お得なキャンペーンで現金だけもらっておくのもありです。

みんなのfxのキャッシュバック

上場企業が運営する自動投資で53,000円もらえるので、そちらだけでも活用しましょう。

\ キャンペーンで53,000円もらう /

【毎月更新】運用実績の推移(2017年〜)

さっきは最新の成績を紹介しましたが、この箇所では今までのウェルスナビの成績推移をまとめておきます。

ここを見れば、ウェルスナビの正確な投資結果がわかるはずです。

・2017年3月運用スタート(元本100万円、毎月1万円積立。今は10万円からやれます)
・3月30日:2898円増加(トータルで100万2898円)

4月30日:17634円増加(トータルで101万7634円に)
・5月30日:31675円増加

・6月21日:40767円増加
7月28日:64,408円増加

なんと利回り+12%を突破!

・8月27日:44,105円増加(資産は110万4,105円に)
9月27日:86,377円増加(+7.92%の伸び)

・10月、運用成績がいいので積立額を5万円に増額
・10月29日:12万9,417円増加(+11.55%)

・11月30日:+12万3,991円(+10.74%)。
・12月30日:+15万3,000円(+12.67%)

2018年からの利益(儲け)

・2018年2月1日、+16万7,982円(+13.32%)。元本含め資産は142万8,760円に

・2018年3月6日、+6万2,238円、+4.39%)。

・4月2日、+5万5201円(+3.90%)。
・5月2日、+10万6,796円(+7.03%)。

3月、4月で成績が下がったのは株式市場全体が暴落したからです。

2018年後半もしっかりプラス

・6月1日:+9万5,140円(+5.86%)。

・7月2日:+10万766円(+5.84%)。

・8月1日:+16万5855円(+9.07%)。

・9月3日:+14万5947円(+7.17%)。資産は2,181,125円に。

2018年の12月最後に暴落したけど

・10月3日:+18万4,260円 (+9.05%)。

・11月3日:+5万8468円(+2.5%)。

・12月4日:+106,824円(+4.20%)。資産は265万802円に。

貯金してても、お金が増えない時代に、ほったらかしで増えるのはすごいですよね

2019年6月のウェルスナビ運用成績
(2019年6月19日の成績)

2019年は2月でプラスへ回復

・2019年1月:Appleショックでマイナスへ
・2月2日:+21,963円(+0.80%)に回復

・3月5日:+145,730円(+4.77%)で。ドル建てだと「+3.89%」
・4月3日:+190,106円(+6.02%)、資産は334万6284円に。ドル建てだと+5.62%

・5月13日:+118,354円 (+3.73%)。ドル建てだと、+$1,431.90(+5.01%)
・6月12日:+111,696円 (+3.51%)。ドル建てで、+$1,654.09 (+5.76%

ウェルスナビはいつでもやめられます

・7月13日:+194,629円(+6.10%)。ドル建てで、+$2,564.13 (+8.90%)
・8月:多くの資産を売却。(配当をたくさんもらえるクラウドバンクでセミリタイアを目指すことにしました

クラウドバンク21年2月の分配金
(クラウドバンクでの毎月の利益)

\ 最新実績を見てみる /

・8月28日:資産は18,515円に(-399円、-2.11%)。ドル建て:$175.03(+$7.13、+4.24%)

ウェルスナビでマイナス

・10月14日:-1079円(-5.7%)、-3.18ドル(-1.9%)
・11月18日:-886円(-4.68%)、-1.69ドル(-1.01%)

2020年、ウェルスナビでの利益は+10%!

・2020年4月2日:株安になり、いろんな資産をお得に買いたいと思い、ウェルスナビの運用額を増やしました

マメタスで入金し購入

・4月12日:10日で+10%も資産を増やせました

ウェルスナビ暴落後の成績

初心者でも楽に資産を増やしていける

ちなみに、ぼくは投資初心者の時代にロボアドを始めて、利益を出せました。その間に自分で取引などは何もしてません

また、他のユーザーからはこんな声も聞かれました。

積立を途中でやめることも可能

ぼくは毎月積み立てしてますが、しなくても1万円あれば始められますし、

積立金は簡単に増やしたり、減らしたりできます。(ボーナス月だけの積立設定も可能)

もちろん、積立の一時停止、再開もできます。

30年の運用で1億円を超える可能性も

ウェルスナビの無料診断でわかることも具体的に書いておきます。

ウェルスナビの無料診断

サイトで無料診断をやると、こんな感じで「ウェルスナビでの運用シミュレーション」がわかります。

ウェルスナビ投資での試算

ただ、これはシミュレーションであり、ウェルスナビでは損する場合もあります。

ウェルスナビは詐欺で怪しい

こういった損が怖いなら、値動きでの損がない投資「クラウドバンク」やお得なキャンペーンで現金だけもらっておくのをおすすめします

クラウドバンク21年2月の分配金
(クラウドバンクでの利益は月14万円ほど)

\ 運営8年で損失ゼロです /
\ キャンペーンで53,000円もらう /

自分にぴったりなプランを知るための診断

ウェルスナビの診断では、年齢、どれくらいリスクをとって運用するか、運用目的(老後資金づくり)を回答し

ロボットにぴったりなプランを提案してもらいます

僕のプラン(資産配分、買うべき商品)は以下のような感じでした。

ウェルスナビで提案された資産配分

このように、無料診断によって、資産配分、買うべき商品を自動で決めてもらえます

通常の投資だと、これらを自分で決める必要があり大変ですが、ウェルスナビならその手間が不要

他のユーザーの評判、口コミ

では次に、第三者の意見もチェックしてみましょう。

損してる人がいるので注意が必要です。

短期間の損失(マイナス)は気にしない

これも大事なので書いておきます。

そもそも、ウェルスナビは長期でお金を増やすことを目的としており、1週間のような短期で結果を見るのは無意味です。

※ぼくは運用開始後10日くらいマイナスでしたが、気にしてませんでした

また、2019年1月のAppleショックのように株式市場全体が下落したら一時的に含み損を抱えることだってあります。

長期保有で利益を出せる

ただ、そこで売らないことが大事です。

ウェルスナビで含み損を耐える

「将来上がる」と思える商品を買ってるわけですから、長期保有すれば、その後にしっかり利益を出せる可能性があります

5年、10年と長期間で評価する

ウェルスナビの投資期間は最低でも10年以上と考えた方がいいです。(公式サイトでも10年〜20年と説明しています)

その理由は、長期運用すれば低リスクで資産を増やしていけるからです。

ただ、100%儲かる保証はなく、かつてのぼくのように損する可能性があるので注意は必要です。

手数料で必ずマイナスになる

ウェルスナビでは年間1%の手数料がかかり、100万円の運用なら1万円もマイナスになるので、

こういったデメリットが嫌な人は、手数料ゼロであり値動きで損しないクラウドバンクをやりましょう。

クラウドバンク21年2月の分配金
(クラウドバンクでの利益)

\ 運営8年で投資家の損失ゼロです /

また、上場企業の自動投資のキャンペーンで現金だけもらうのもお得なので、活用しましょう。

\ キャンペーンで53,000円もらう /

ぼくがウェルスナビを始めることにしたキッカケ

ちなみに、ぼくがウェルスナビを始めた理由は、セミナーに参加して「これは今から運用しないとヤバい」と気づいたからです。

というわけでここで、ぼくの心を動かしたセミナーの概要を紹介します。

ウェルスナビ柴山さんの実績

長期の積み立て投資は回復力がある

以下、要点です。

資産運用しないと破産する?
日本人が退職金で優雅に暮らせる時代は終わった。今から自分で老後資金を用意する必要がある

若いうちから資産運用した人としなかった人では、老後の資産に10倍もの差が出る(実例あり)

・安全に増やすなら、世界中の資産に分散投資するのが大事(リスク分散)

・これまでのデータから、長期・分散・積立で安定リターンを得られていることがわかっている(ノーベル賞を受賞した理論)

ウェルスナビのデメリットやリスクも

ここまでの文章を読んで、「ウェルスナビがよさそうだけど、デメリットやリスクはないの?」と思った人もいるはず。

結論、ウェルスナビにはデメリットもあるので、これから「投資前に絶対に知るべきデメリットやリスク」を紹介します。

デメリット「手数料が預かり資産に対して年間1%かかる」

手数料が最大のデメリットです。

ウェルスナビでは年間コストが1%かかり、100万円を預けて運用していると、1万円の手数料がかかります

運用してるだけでシンプルに1%損するので、これはかなり痛いです。

長期割もあるが、微々たるもの(マイナス面が多い)

ウェルスナビで「長期割」という割引制度が始まり、これからもコストが安くなる可能性はあります。

※長く運用するほど、運用コストが安くなる制度で、50万円の入金ごとに0.01%ずつ手数料が安くなり最大0.1%の割引となります

とは言っても微々たるもので、手数料は成績にマイナスな影響を与えます

こういったマイナスが嫌な人は、手数料ゼロで安定して儲かってる投資「クラウドバンク」をやりましょう

クラウドバンク21年2月の分配金

\ 運営8年で投資家の損失ゼロ! /

投資せず、当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらう方法もあるので、活用しましょう。

みんなのfxのキャッシュバック

\ キャンペーンで53,000円もらう /

ウェルスナビの損失リスク:元本保証じゃない

ウェルスナビでは損する可能性もあります

実際、ぼくは売り方をミスって損しました。

ウェルスナビで買う商品で理想の運用ができる

ちなみに、ウェルスナビではETFという商品を買っていきます。

ウェルスナビで購入するETF

これを買えば、アマゾン、Apple、Facebookなどの優良株を分散して保有できます

※詳しくは動画で解説してます

不動産や金などの資産にもバランスよく投資でき、「投資の鉄則」通りに運用できます

ウェルスナビで分散積立
(運営会社の柴山社長は財務省出身)

あと、ウェルスナビには「DeTAX(デタックス)」という機能もありますが、あまり意味はないので、おまけ程度に捉えておきましょう

ウェルスナビを始めるまでの期間は数日

ウェルスナビの申し込みから投資までは3日でいけました。(ぼくの場合)

こちらも目安にしてください。

自分で確定申告する必要はない

投資では利益がある場合、確定申告する必要がありますが、ウェルスナビの場合、自分で確定申告する必要はありません

ウェルスナビでは「特定口座(源泉徴収あり・なし)」を使うので、ウェルスナビ側がでその処理をやってくれるのです。

特定口座(源泉徴収あり)だと、確定申告不要で便利です

商品が買われるタイミングも早い

ウェルスナビでは、20時まで購入依頼をして入れば、翌朝には反映してくれます

実際、100万円入金した当日は、資産が100万円の現金のみでしたが、翌朝からいろんな金融商品がバランスよく買われていました

(米国株、債券、新興国株、不動産、金などがバランスよく購入されます)

なので、初日は管理画面をずっとみていても何も変動がないと思っておきましょう。

分別管理しているので、ウェルスナビが破産しても資産は守られる

ちなみに、こういった金融系のサービスで心配なのが、運営会社がつぶれて自分の資産がどうなるか?ということ。

でも、それを心配する必要はありません。

公式サイトには「大丈夫」と書いてあります。

WealthNaviにもしものことがあってもお客様の資産に影響が及ばないよう、法令に基づいて当社の資産とは明確に分けて保管しています

現金は全て三井住友銀行の信託口座にて保管され、ETFは米国の保管機関(DTC)にて分別管理されています

iOSとAndroidアプリもあります

ウェルスナビにはスマホアプリもあり、気軽に資産を確認できます。

※iPhoneアプリ、Androidアプリの両方があります。

他のロボアドと比較(どれがいいの?)

これも紹介しておきます。

他のロボアドであるマネラップ(MSV LIFE)、楽ラップ、マネックスアドバイザー、投信工房などと比べてたら、

ウェルスナビのほうが使いやすく機能も優れていました

しかし、最近はTHEOもよくなっているので、この2つはトップ2という感じですね。(フォリオは積立機能がありません)

おつり投資「マメタス」で少額投資できる

ウェルスナビには「100円くらいで理想的な投資を始められる」というメリットもあります

独自の「おつり投資機能」で、かなり少額から積立できるのです。(カンタンに設定できます)

それが「マメタス」という機能です。(日々の買い物のおつりを貯めていって、資産運用に回せます)

出金手数料は無料、出金タイミングはいつでもOK

なお、ウェルスナビで増えたお金を自分の銀行口座に引き出したいと思ったら、以下の流れで引き出せます

「出金」メニューより出金希望額を指定してください。

売却代金は通常4営業日後、お客様が登録された出金先口座へ振込が行われます

出金の依頼は24時間365日いつでも可能です。

出金先の口座は事前に登録しておく必要があり、出金の際の手数料は無料です。(全額出金と一部出金の両方が可能)

※ウェルスナビでは、女性ユーザー数が17倍にアップし、投資未経験者や初心者もはじめており、50代、60代が退職金の運用をしてます

※ウェルスナビはNISA非対応なので、利益には税金がかかります(イデコ・iDecoもやれません)

というわけで、以上です。(赤字になっても慌てず運用を続けましょう)

ウェルスナビの積立額平均や注意事項

※ウェルスナビでリスク許容度を5から1に変更したりもでき、それによってより低リスクな運用も可能です

【運用成績に影響あるかも】デタックスが改善!

税負担を自動で最適化する機能「DeTAX(デタックス)」の適用条件が「2万円以上」から「1万円以上」に変更されました。

あと、ETF1口を1000分の1単位で取引できるようになりました。「ミリトレ(少額ETF取引機能)」という新機能です。

※「為替リスクあり」「円からドルに交換するときの手数料(スプレッド)ゼロ」「積立しないで休止」という方法も覚えておきましょう

関連記事