ウェルスナビで損失を出してすぐやめたら、そりゃ失敗しますよ!長期保有を推奨します

どうも。1000万円以上を資産運用に回してるタクスズキです。

今回は、ネット上で以下のような口コミを見つけたので、その辺に対する認識を書いておきます。

「ウェルスナビをやめた」「ウェルスナビに失敗した」

こういった評判を聞いて、誤解している人はこの記事を読んでみてください

>>評判通り?ウェルスナビの実績を公開してみる。まずは10万円と毎月積み立てでスタート(今は積立10万円)

>>【実績公開】ロボアドバイザー投資とは?どれがおすすめ?比較して評価してみた(THEO、ウェルスナビ、投信工房、楽ラップ)

ウェルスナビで損失を出してすぐやめると失敗する

まず、「ウェルスナビに失敗した」という感想を見ていて思うのは、

含み損抱えたからといって、売って損失確定させたらそりゃ失敗するよ」というもの。

投資の鉄則ですが、上がった時に買って下がった時に売ってたら一生儲かりません

こういった失敗は投資初心者にありがちで、短期で投資の結果を判断してしまうんですね。

>>【株式】暴落時のひふみ投信の対応、ロボアド「ウェルスナビ」「THEO」の実績変化まとめ

長期・分散投資であれば、目先の損(暴落)は気にしなくていい

そもそも、ウェルスナビは短期で儲かるサービス(商品)でなく、長期で(低リスクで)資産を築いていくものです。

なので、目先の株式相場の暴落や、その際の含み損は気にしなくていいのです。

以下のグラフが示すように、長期で運用していけば、一時的な赤字からも回復していけるのですから。

なので、ウェルスナビで失敗しないために、短期で損が出ても売らないようにしましょう

>>【朗報】今ならウェルスナビの口座開設で1,000円もらえる!&2ヶ月分の手数料もキャッシュバック中!

盲点だった「失敗」について

あと、以下のような声もあり、「そういった失敗もあるのね」と思いました。(他だと、入金失敗などが)

>>「運用で増えるお金」と「資産の組み合わせ」を提案してくれるロボアド『ウェルスナビ』の無料診断を受けてみた(実績あり)

ウェルスナビをやめた人の理由

やめた人には2種類いますね。

まず1つ目が、数万円儲かったから、やめるというもの。

そして、2つめが「手数料が他の投資信託やETFと比べると割高だから、やめる」というもの。

では、それぞれについて説明していきます。

ウェルスナビは長期運用しないともったいない

先ほど、2万円弱で利益確定してウェルスナビをやめちゃった人を紹介しましたが、そうやって短期で利確してしまうのは、もったいないのです。

なぜなら、ウェルスナビは長期運用するほど利益が出やすく、お得になるサービスだからです。

>>【朗報】ロボアド「ウェルスナビ」で長く運用を続けるほどコストが安くなる「お得な割引制度」スタート!

スクリーンショット 2018 06 09 14 06 25
(2018/6/9時点の成績)

ウェルスナビにおける複利効果を知ろう

手数料の割引に加えて、長期運用することで複利効果を得られるので、利益も大きくなっていくのです。

>>「人間の脳は長期分散投資に向いてないからロボに任せる」@ロボアドバイザー「ウェルスナビ」のセミナー

なので、こうしたことを理解してウェルスナビは長期でほったらかしで運用していきましょう

>>【副業で&放置OK】ほったらかし投資術まとめ(元本保証はなし)

無料診断で増える資産をチェックしてみる>>ウェルスナビのサイト

「手数料が高い」という意見について

あと、「1%の手数料」についてですが、これは適正価格です。

確かに、資産運用上級者であれば、自分でETFが買えるし、リバランスもできるかもしれません。

しかし、それを初心者〜中級者がやるのは大変だし、めんどうです。

>>どっちがおすすめ?ロボアド「ウェルスナビ」と「ひふみ投信(プラス)」の成績を比較し断言!

面倒な作業の運用代行コストとしては安い

あと、それらの手間に加えて、以下のような作業もウェルスナビはやってくれるわけですから、1%の手数料は安いくらいと思っています。


(時間が経つにつれ、自分に合った資産配分に調整してくれます)

なお、資産運用では、20代、30代、40代、50代、、と保有すべき資産割合が変わるので、その調整(リバランス)が必要です。

これがめんどくさいので、ぼくはウェルスナビに任せてます。

>>「運用で増えるお金」と「資産の組み合わせ」を提案してくれるロボアド『ウェルスナビ』の無料診断を受けてみた(実績あり)

運用成績は手数料を余裕で上回ってる

先ほども公開したように、現時点の成績も+8%と手数料を余裕で上回っているので、ぼくはこれからも運用を続けます

※毎月10万円積立するほど、信頼してるサービスです

なので、ウェルスナビを誤解していた方は、まず詳細の資産シミュレーションだけでもしてみるといいですよ。

>>「運用で増えるお金」と「資産の組み合わせ」を提案してくれるロボアド『ウェルスナビ』の無料診断を受けてみた(実績あり)

【まとめ】ウェルスナビのデメリット

というわけで、ネット上の感想(評価)を受けて、改めて認識しておきたい「(想定される)ウェルスナビのデメリット」を書いておきます。

・資産運用上級者からしたら、自分でやれることが多いため1%の手数料は高い(初心者にとっては安い

・一時的に株式市場全体が暴落すると、含み損を抱えることがある(長期保有すれば、何も問題ない

ただ、こうしたデメリットも大きな問題ではないので、ぼくは心配してません。

なので、ここまでの説明を読んで、「いいな」と思ったら、ウェルスナビを始めてみてください。

200万円近く投資してます>>ウェルスナビ

>>ロボアド「ウェルスナビ」の運用成績(実績)、分配金、手数料の推移をまとめてみた(2017年からの積立)

>>ロボアドバイザーのデメリット(リスク・留意点)「元本割れ、運営会社の倒産」(2ch、利回り、NISA)

【いま人気】楽天ポイントで100円から始める「ほったらかし投資」

AIに運用を任せて、ほったらかしで資産を増やしてます

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ