>1,000円もらう方法やオススメ投資を知る>

【評判】THEO+docomo(ドコモの資産運用)の口コミ!テオアプリや解約方法などもまとめ

どうも。5,600万円ほどを資産運用に回してるタクスズキです。

この記事では、気軽に投資を始められるサービス「THEO + docomo(テオプラスドコモ)」の説明や実際の利益などを紹介します。

THEO + docomoで資産運用
(ロボアドバイザー「THEO(テオ)」とドコモのタッグです!)

ほったらかし投資で資産を増やしたい人や、ドコモの資産運用のデメリットを知りたい人は参考にしてください。

ロボアドバイザーとは、「プロとAIが投資してくれる便利なサービス」と覚えておくといいです

theoドコモの運用成績

コロナショック中もしっかり利益が出た!

なお、「THEO + docomo」の2020年6月1日の成績は+37,564円(+6.15%)!【コロナショック後もしっかりプラスです】

コロナ後のtheoの成績

※20年7月16日時点は+8.43%!

theoの2020年7月成績

このようにAIとプロの運用は優秀で、公式サイトでは以下のような感想もチェックできます。

theoドコモの感想

【嬉しい情報を追記】いま「THEO + docomo」を始めると、dポイントをもらえます。(お得なキャンペーン開催中!

theoでdポイントプレゼント

こういったチャンスはめったにないので、キャンペーン中に、まずは無料で口座を作っておきましょう。(すぐ簡単に作れます)

>THEO + docomoでdポイントをもらう
theoでdポイント付与

ほったらかしAI運用で資産を増やす

以下、この記事に書く内容。

「テオ・プラスドコモ(THEO+docomo)」とは何?

「THEO+docomo」のメリット・デメリット

損するリスクがあるか解説

では、それぞれ説明します。

「テオ・プラスドコモ(THEO + docomo)」とは何?

「THEO + docomo」は、ほったらかし投資のロボアドバイザー「THEO(テオ)」をドコモアカウントで利用できるサービス。

大きな特徴は、本家のTHEOにはない「おつり投資」や「dポイントの付与」があること

THEO + docomoのおつり投資

THEOは10万円からとハードルが高く、毎月のつみたて額も最低1万円とハードルが高いです。

しかし「THEO+docomo」では、おつり投資によってもっと少額(100円から)でも投資を始められるようになったのです。

>今ならdポイントをもらえてお得です!
theoでdポイントプレゼント

THEOの運営会社は信頼できるか?

なお、「テオ・プラスドコモ(THEO + docomo)」はTHEOを運営する「株式会社お金のデザイン」と「ドコモ」による共同運営です。

お金のデザインという会社は聞きなれないかもしれませんが、国(金融庁)から認められた会社で、資本金1億円と体制もしっかりしてます

また、グーグルなど有名企業からきた優秀な社員もおり、そういった点などが評価され、丸井や新生銀行などから大型の資金調達をしています。

無料診断で増える額を把握できる

こういった会社が運営する「テオ・プラスドコモ」では、無料診断によって運用で増える額を知れます

なので、「ドコモが提供する資産運用サービス」でどれくらい増えるか知りたい人はサイトをチェックしてみてください。

>運用で増えるお金をチェックしつつ、dポイントをもらう
theoでdポイントプレゼント

↓「無料でTHEOを体験」から診断できます↓

theoの無料診断

「THEO+docomo」には損失リスクあり

なお、「THEO+docomo」で損する可能性もあるので、把握しておきましょう。

※どの投資でもそうですが、元本保証はないので、これを知ってから投資しましょう

とは言っても、ぼくは2020年のコロナショック中でも成績プラスだったので、あまり心配はしてません

theoのコロナでの成績

この結果が示すように、ドコモの運用は優秀だと判断したので、ぼくは今後も運用を続けます

>他の人の実績や運用で増えるお金を知る
theoでdポイントプレゼント

おつり投資とは?その仕組みは?

「THEO+docomo」でのおつり投資の仕組みは以下の通り。

テオドコモのおつり投資

まず「おつり積立」の基準となる金額を100円、500円、1,000円から設定し、dカードで決済した金額の端数を「おつり」に見立てます。

たとえば、500円を基準額として設定し、dカードで350円のお買い物をした場合、差額の150円が「おつり」となります。

この「おつり」は毎日積み立てられ、毎月1回、指定の銀行口座からまとめて引き落とされます。

※おつり積立分は、dカードからでなく、THEO+docomoで積立設定した金融機関の口座からの引落しとなります。

テオドコモのおつり投資

そして、設定した引落し日に おつり積立額が引落しされます。(あとはTHEO+ docomoに運用をまかせるだけ!)

ドコモでおつり資産運用

おつり投資ではケータイ契約とdカードが必要

おつり積立をやるには、ドコモでのケータイ契約が必要で、かつカードを持ってる必要があります。(ちょいハードル高めですね)

ドコモのおつり積立の条件

dカードポイント還元率もよく、お得な使い方、貯め方もあるのでオススメです(↓ぼくのdカード↓)

Dカード
(ローソンで最大5%お得になります)

>>dカード発行でもらえるポイントなどを知る
dカードでポイント付与

>>ロボアドバイザー「THEO(テオ)」の無料診断から登録&口座開設までの手続きまとめ

THEOでの運用額に応じてdポイントがもらえる

また、「THEO+docomo」では、dポイントがもらえるのもお得なのです。

運用額1万円ごとに毎月1ポイントもらえて、100万円で運用する場合は月に100ポイント、年間では1200ポイントもらえるのです。

テオ+ドコモでdポイント付与

しかも、ドコモ回線を使っていればポイント還元率が1.5倍になり、100万円の運用なら1年で1800ポイントもゲットできるのです。

theo運用で貯まるdポイント

これは他のロボアドバイザーにないメリットです。

>THEO + docomoでdポイントをもらう
theoでdポイントプレゼント

THEOと「THEO+docomo」の違い

なお、運用の始め方やポートフォリオの組み方はTHEOと同じ。(AIなどの運用アルゴリズムも同じ)

大きく違うのは、「おつり投資ができるか」と「運用中にdポイント付与があるか」「dアカウントでログインできる」の3点

※dアカウントを持ってる人であれば、「THEO」より「THEO+docomo」の方がはじめやすいです

THEO + docomoでログイン

>無料でOK!ドコモの資産運用でdポイントをもらう
theoでdポイントプレゼント

「THEO」と「THEO+docomo」はどっちがお得?

ここまでの説明だと、「THEO+docomo」のほうがお得?と思うかもしれませんが、そうとも言えません

大金持ちであれば、本家THEOの方がお得です。

本家THEOでは都度お得なキャンペーンをやっていて、これを使えばdポイント付与以上のメリットが得られるのです。

THEO + docomoのキャンペーン

たとえばこのキャンペーンを利用し、20万円追加で買えば2000円ゲットできるわけですから、「THEO+docomo」よりお得になります。

キャンペーン期間中の入金額 プレゼント額
10万円以上〜20万円未満 1,000円
20万円以上〜50万円未満 2,000円
50万円以上〜100万円未満 3,500円
100万円以上〜200万円未満 10,000円
200万円以上のご入金 15,000円

なので、キャンペーンごとに多めに買い増す資金がある人であれば、大元の「THEO」を使ったほうがお得です。

THEO口座を「テオ・プラスドコモ」へ移行できる

あと、「THEO+docomo」は新規登録もできますし、すでにTHEOをつかってる人からのアカウント移行もできます。

なので、いまTHEOで積立運用をしてる人が「dポイント付与」や「おつり投資」を魅力に感じ、


「THEO+docomo」で運用したいと思ったら、切り替えることが可能なんです。

>THEO + docomoでdポイントをもらう
theoでdポイントプレゼント

「THEO+docomo」への移行方法

なお、移行方法はとても簡単。

マイページ「設定」の「お客様情報」をクリック。

theoの出金口座

「THEO+docomo」に切り替えるというボタンがあるので、それをクリック。

THEO + docomoに切り替え

あとは流れに沿って作業してけばOKです。

THEO + docomoの手数料

>無料でOK!ドコモの資産運用でdポイントをもらう
theoでdポイントプレゼント

切り替え時にdアカウントが必要

そして、切り替えるときはdアカウントを作る必要があります。

※このとき、手数料はかかりません(商品の売買手数料も0円!)

また、「THEO + docomo」に切り替えた後、もういちどTHEOに切り替えるのはムリなので覚えておきましょう。

メリット:利益にかかる税金を最適化してくれる

「THEO+docomo」には利益にかかる税金を最適化してくれる「Tax Optimizer(タックス オプティマイザー)」があります。

これにより、利益が出た時に払う税金を減らせて、利益の最大化ができるのです。

そして、最適化が行われる条件は以下の通り。

・自動税金最適化により予想される、「その年の税負担が2,000円以上」
・±5%を超える含み損益を持つETFを保有している

人間がこういった最適化をするのは難しいですが、「THEO+docomo」ではこれを自動でやってもらえます。

メリット:運用手数料が安くなる

他のメリットだと手数料が安くなる「THEO Color Palette(テオ カラーパレット)」もありますね。

dカードGOLDの利用者かつおつり投資をしていれば、預かり資産額に対する運用コストがやすくなるのです。

通常は年率1.00%の手数料がかかりますが、最大0.65%まで引き下げられます。

THEO+docomoのカラーパレット

100万円運用する場合、年率1%の他のロボアドでは手数料が1万円かかりますが、THEO+ docomoなら年率0.7%となり3000円も安くなります。

【利益は出る?】「THEO+docomo」の運用実績(成績)

THEOも、THEO+docomoも利用するロボアドバイザー自体は同じなので、2つそれぞれ同じ条件で運用すれば同じ成績になります。

なのでここでは、ぼくのTHEOでの運用成績を書きます。(2020年6月29日時点もしっかりプラスです)

テオプラスドコモの成績

・2017年4月5日、運用開始
・7月28日:112,588円に(+2588円)

・12月30日:172,407円に。+1万2,407円(+7.75%)

・2018年4月2日:円建てだと、+531(+0.28%)
・9月3日:円建てだと、+12,722円(+5.30%)。ドルだと、+108.21(+4.99%)

・12月4日:+3,729円(+1.38%)。ドルだ、-22.61ドル(-0.93%)

・2019年7月13日:+22,069円(+4.32%)。ドルだと+299.01(+6.48%)

「THEO+docomo」の成績

・2020年1月22日:+8.12%でしっかりお金が増えてます

・2020年6月29日:+38,794円 (+6.25%) 。ドルだと+458.96 (+8.14%)

テオプラスドコモの成績

>THEO + docomoでdポイントをもらう
theoでdポイントプレゼント

「THEO+docomo」の評判、口コミ

以下、ユーザーの感想(レビュー)。

「THEO+docomo運用開始
100万突っ込んで初日プラススタート」

Theo+docomoはやってるけど、おつり設定してないや💦

結構縛りがあるのね~^^;
でもこの先も続けるよ~!

TT (@MOW10969) 2018年11月19日

ドコモの銀行口座があると、さらに便利に

あと、「THEO+docomo」ではドコモ口座をもってると便利に使えるので、こういったお得情報もおさえておきましょう。

ドコモ口座アプリの設定をした♪(*^^*)
THEO+の入出金に使えそう♪(*^^*)

ドコモ口座アプリとセブン銀行のATMで入金・出金ができる!!今ならもれなく500円キャッシュバックキャンペーン実施中

executive9 (@Boo_Excellent) 2018年11月27日

>THEO + docomoでdポイントをもらう
theoでdポイントプレゼント

dポイントで年間コスト(手数料)が安くなる

あと、「THEO+docomo」ではdポイントの還元があり、1ポイント=1円で使えるので、THEOの年間コストが安くなります。

THEOだと、通常は1%かかりますが、dポイント付与によって実質コストが0.82%になるんですね。

※キャンペーンを利用すれば、もっと実質コストが安くなる

なので、こういった利点もおさえておきましょう。

「THEO+docomo」のアプリはない

なお、「THEO+docomo」のスマホアプリはまだないので、ブラウザから利用することになります。

※大元のTHEOにはiOS(iPhone)とAndroidアプリあり

>THEO + docomoでdポイントをもらう
theoでdポイントプレゼント

「THEO+docomo」のデメリット

「THEO+docomo」にはデメリットがあり、それが以下。

・短期で大きな利益を出すのは難しい(そもそも、そういう投資ではない)

・NISAやiDeCoに対応してない

では、1つずつ解説します。

デメリット:短期で大きな利益を出すのは難しい

「THEO+docomo」は老後の資産形成をメインの目的としてますので、FXなどのように短期でハイリターンは得にくいです。

その分、中期〜長期目線でまったりやれて、働きながらも安心して資産運用するのに向いてます

なので、コツコツ資産形成するサービスを使いたい人は「THEO+docomo」を使うといいです。

>THEO + docomoでdポイントをもらう
theoでdポイントプレゼント

デメリット2「NISAやiDeCoに対応してない」

利益への税金がかからないNISAや節税メリットのあるiDeCoをやれないのも一応デメリットとしてあげておきます。

ただ、「THEO+docomo」のメインユーザーである人たちにとって、NISAやイデコなどはよくわからないと思うので、そんなに気にする必要はないと思っています。

「THEO+docomo」のキャンペーンについて

キャンペーンだと、こういうのがありますね。

期間中に以下の条件を満たした方から抽選で100名に3,000dポイントをプレゼント

・THEO+[テオプラス] docomoで10万円以上運用
・期間中、dカードでおつり積立を始めた方

もみじにゃん🍀 (@_MOMIJI_nyan) 2018年10月13日

他の時期だと、「入金キャンペーンで1000円キャッシュバック」なども都度やってるのでチェックしてみてください。

>>THEO + docomoのキャンペーンをチェックする
theoでdポイントプレゼント

「THEO+docomo」を評価!(大元の感想あり)

「THEO+docomo」について調べてみて、これは少額で資産運用をはじめたい人に向いてると思いました。

他のロボアドだと10万円が必要ですが、「THEO+docomo」ではおつりからOKなので、かなり少額から始められます。

※おつりが1万円たまってから商品が買われていきます

これは運用の資金を確保できない人にとってありがたいですよね。

>>ロボアドバイザー「THEO(テオ)」の無料診断から登録&口座開設までの手続きまとめ

THEO自体、素人でも鉄則どおりに運用できる

そして、THEOであれば知識なしの人でも金融のプロが採用する手法で運用し、資産を増やしていけます。

また、THEOの運用アルゴリズムをつくってるメンバーは業界で有名な方ばかりで、とくに加藤さんは国の年金の運用にも関わる方でかなりの権威です。

THEOの運用手法はプロにも採用されてる

THEOの運用手法は機関投資家(投資のプロ)にも採用されており、

これは、THEOの運用手法が、機関投資家の要求にも応えられる水準であることを証明しています。

ユーザーの90%がTHEOの運用に満足してる

このように、THEOではレベルの高い運用ができるので、ユーザーの満足度も90%以上になっています。

THEO + docomoの平均積立額

なので、興味がある方はぜひ「THEO」または「THEO+docomo」を始めてみてください。

>THEO + docomoでdポイントをもらう
theoでdポイントプレゼント

「THEO+docomo(テオプラスドコモ)」の始め方(無料診断あり)

なお、始め方はTHEO同様、かんたんです。

THEO + docomoの無料診断

はじめに診断で自分にふさわしいプラン(資産配分)を決めて、増える額のシミュレーションをチェック。

THEO + docomoの利益予想

そこで納得すれば、入金して運用を始めればOK。(おつり投資だけでもOK)

THEO + docomoで入金

なので、興味がある方はまず無料のプラン診断だけでもやっておくといいです。

THEO + docomoの無料体験

それによって、運用への理解も高まるし、試算で増えることがわかるとテンションが上がりますので。

>THEO + docomoでdポイントをもらう
theoでdポイントプレゼント

ロボアドバイザーTHEOのメリット・デメリット

>>【評価と2chの評判】THEOは手数料高い?損するリスク、実績などまとめ

dポイント投資の為だけに始めたはずのTHEO+docomo
下がり続けるグラフと株価の下落を見て、上がるかな?と課金した結果

現時点で、dポイント投資の利益をあっさり越えてしまった(今後下がる可能性はあり)

もっと早くdポイント投資を知っていれば…
その時は全く投資に興味がなかった
結局は同じかな?

りんご杏 (@ringogakirai) 2019年1月28日

THEO+docomoについて
1ヶ月のグラフを見ると→儲かってる

全期間のグラフを見ると→銀行と同じ
運用成績的にはどうなの?と思ってしまう。

りんご杏 (@ringogakirai) 2019年1月28日

>【無料】THEO + docomoでdポイントをもらう
theoでdポイントプレゼント

少額からのおつり資産運用ができる

THEO+docomoは1万円からでなく、dカードでの買い物と連動したおつり投資だけでも始められるので、実は元手ゼロで始められるのです。

なので、dポイント運用をお得にやりたい人は、THEO+docomoを始めましょう

「THEO+docomo」は「THEO」を一旦申し込んでから、サイトで作業することで始められます(2クリックで完了します)

無料で口座開設だけでもしておく(1分で終わります)

>>THEO + docomoを始める

>>THEOで出金(売却)する方法!かかる日数(時間)、タイミング、手数料、解約との違いまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です