【運用実績】暴落時のひふみ投信、ロボアド「ウェルスナビ」「THEO」の成績変化、対応まとめ

どうも。1000万円以上を資産運用に回しているタクスズキです。

今回は、株式市場が暴落したことを受けて、それまで調子の良かった投資商品の成績がどう変わったかを書いていきます。

一番成績のいいロボアド>>「運用で増えるお金」と「資産の組み合わせ」を提案してくれるロボアド『ウェルスナビ』の無料診断を受けてみた(実績あり)

NYダウにつられて日経平均も暴落

2月頭にこんなことが起きました。

ただ、「これは調整に過ぎない」なんて意見も。

そんな中、「ひふみ投信」を運営するレオスさんでは、公式で緊急レポートを出しました。

以下、ユーザーの意見。

ひふみの緊急リポートの内容

というわけで、レポートの中身を引用してみます。

ひふみ投信は過去 9 年間で臨時レポートを 11 回発行しています。

過去 9 年間は、基準価額の大きな下げを幾度も乗り越えて成長してきました

大切なことは基準価額や株価が大きく下落をしたときにどのように行動するかです。

大きな下落はすばらしい会社に安く投資をできるチャンス

今回のような大きな下落はすばらしい会社に安く投資をできるチャンスでもあります。

わたしたちは決して市場の先行きを楽観視しているわけではありませんが、

このような市場環境の中でも、毎日のように企業を訪問し、繰り返し経営者のお話を伺う中で、

日本には未来を託せる素晴らしい経営者や企業がたくさん存在しているとの確信を深めています

>>ウェルスナビで損失を出してすぐやめたら、そりゃ失敗しますよ!長期保有を推奨します

長期的によい成果を出すために全力を尽くす

短期的には株式相場は大きく変動します。どのように緻密に運用をしようとも、基準価額の下落を短期的には防げません

しかし、素晴らしい会社に対して長期的な視点で割安な価格で投資をするとき、その努力が裏切られることは今までの運用成績においてはありませんでした

今後も市場と常に慎重に向き合い、今回の下げ局面を通じて素晴らしい企業に割安に投資する機会があればしっかり投資を行い、

長期的によい成果を出すために全力を尽くしてまいります

こんな感じで、短期でなく長期で運用成績をプラスにするという方針なんですね。

>>【評判】ひふみ投信の利回りは?デメリットは?いくらで買える?などに答えてみる

【ひふみ】株価下落でどうなった?

では、下落を受けて、ひふみのパフォーマンス(運用成績)はどう変わったかも紹介しておきます。

この後は回復し、執筆時点(2/24)は+7.6%まで上がっています。

スクリーンショット 2018 02 24 11 53 10

ピーク時は、14%とそれには届きませんが、暴落後でもちゃんと回復してるんですよね。

なので、今後も僕はひふみを信頼して積立していきます。

>>【評判】ひふみ投信の利回りは?デメリットは?いくらで買える?などに答えてみる

「ひふみプラス」なら100円から買えます

あと、これも知っておきましょう。

ひふみを100円からポイントで買う>>楽天証券のサイト(口座開設、利用料など無料です)

暴落後のウェルスナビの成績推移

次は、ロボアドバイザーで一番優秀な「ウェルスナビ」の成績の変化を紹介。

>>評判通り?ウェルスナビの実績を公開してみる。まずは100万円と毎月積み立てでスタート

以下、暴落前の成績。

暴落後の成績はこんな感じになりました。

そして、今はこんな感じ。(円建て:+7.21%、ドル建て:+11.78%)

スクリーンショット 2018 02 24 10 46 12

ひふみ同様、ちゃんと回復してますね。

スクリーンショット 2018 02 24 10 46 00

資産別で見ると、株、金がプラス。米国債券、不動産がマイナスという感じ。

こんな感じで、「ウェルスナビ」はかなり優秀ですね。

>>「運用で増えるお金」と「資産の組み合わせ」を提案してくれるロボアド『ウェルスナビ』の無料診断を受けてみた(実績あり)

THEO(テオ)の成績は暴落でどうなった?

続いて、THEOの成績

以下、暴落前の成績。

暴落後の成績は、+1~2%くらいまで下がりました(スクショしてなかった)

そして、現在の成績は以下の通り。

円建てだと、+2.25%

スクリーンショット 2018 02 24 12 32 08

ドル建てだと、+5.46%。

スクリーンショット 2018 02 24 12 32 14

こちらも回復してますね。

将来の資産をシミュレーションしてみる>>THEOのサイト

ひふみで構成銘柄に変化あるのか?

なお、ひふみの月次報告書(2月の中間)では以下のように報告されてます。

ひふみは株式市場の下落局面で、日本株、および海外株の割安となった企業を新たに組み入れました。

特に今まで割高感から組み入れられなかった複数の外国株式の組み入れができたことは、今回の下落相場の収穫です。

引き続き、地味で地道な会社への投資という私たちのもっとも得意なところを軸としながら、

短期的にはまだまだ上下の変動はあると思いますので、市場が上昇したら、一部利益確定をし、

一方で下がったときは買い増しをしていこうと考えています。

あと、2018年1月 月次運用レポートではひふみの組み入れ銘柄が紹介されてます。

アマゾン、マイクロソフト、三井物産、SGホールディングス、東京センチュリー、ソニー、三菱商事、TDK、住友金属鉱山、光通信

この構成が2月はどう変わるかも追っていきたいところ。

【追記】楽天、セゾンなどの情報もまとめ

>>【実績公開】ロボアドバイザー投資とは?どれがおすすめ?比較して評価してみた(THEO、ウェルスナビ、投信工房、楽ラップ)

競合のロボアドの運用成績・実績まとめ

>>【運用実績】楽天証券のロボアド「楽ラップ」の評判は?!手数料や積立などの機能、口コミと共に評価してみた

>>【評価と実績あり】マネックス証券のロボアド「マネラップ(MSV LIFE)」の口座開設方法、デメリット、積立についてまとめたよ

>>【運用実績】松井証券「投信工房」の評価!メリット・デメリットや、リバランス、NISA口座などについても書いておく

いろんなロボアドを知る

>>【感想】マネックスアドバイザーにて5万円でほったらかし投資開始!毎月1万円の自動積立も(実績、評判、口コミあり)

>>ロボアドバイザーのポートフォリオ(資産配分、保有銘柄)まとめ

>>おすすめの投資信託を提案するロボアドまとめ(SBI、FOLIO、みずほ、カブドットコム)

他だと、VESTA、FOLIO(フォリオ)、ファンドロイド、カライス、

PORTSTAR(ポートスター)、FundRobo、ロボのぶくん、楽天RoboXなどがあります。

ロボアドの詳しい仕組みを知る

>>ロボアドが取引手数料をとらない理由と、「リターンと一緒にコストも考えよう」というお話

>>ぼくがロボアド「ウェルスナビ」の運用アルゴリズムが正しいと思っている理由

>>ロボアドバイザーの種類とリバランスの頻度について

暴落時の投資信託の利回り変化

>>【評判】セゾン投信の利回り、手数料、解約方法、2chなどの口コミまとめ

>>【100円から楽天ポイントでOK】楽天証券のバランス型投資信託「楽天資産形成ファンド」を10万円一括購入してみたので作業まとめとく

ロボアドの相場下落時の運用結果

>>【評価と実績あり】マネックス証券のロボアド「マネラップ(MSV LIFE)」の口座開設方法、デメリット、積立についてまとめたよ

>>【感想】マネックスアドバイザーにて5万円でほったらかし投資開始!毎月1万円の自動積立も(実績、評判、口コミあり)

>>【運用実績】松井証券「投信工房」の評価!メリット・デメリットや、リバランス、NISA口座などについても書いておく

おつり投資は暴落でどうなった?

>>おつり投資(資産運用)・おつり貯金ができるアプリまとめ(マメタス、マネーハッチ、トラノコ、finbee)

>>【評判、口コミ】おつり投資「トラノコ」の実績、評価、手数料、口座開設方法まとめ(資産運用アプリあり)

ETFは暴落時にどうなった?

>>【元手ゼロ】「マネーハッチ」はクレカのポイントを積立投資に回せる!リスク、手数料などと共に評価してみる

>>【感想】トライオートETF(自動売買)のデメリットも知った上でおすすめかを検証!(運用実績あり)

というわけで、以上です。

>>【株式】3月の暴落でひふみ投信、ウェルスナビ、THEOの成績はどう変動したのか?

ウェルスナビの評判、感想、実績などをもっと知る

>>「運用で増えるお金」と「資産の組み合わせ」を提案してくれるロボアド『ウェルスナビ』の無料診断を受けてみた(実績あり)

>>「人間の脳は長期分散投資に向いてないからロボに任せる」@ロボアドバイザー「ウェルスナビ」のセミナー

>>ウェルスナビの最新ニュースまとめ(SBI証券、イオン、横浜銀行との提携。預り額・積立額など)

税金、デメリット、アプリに関する情報も知る

>>ウェルスナビに登録&口座開設の申し込み、マイナンバーカードのアップロード&入金までの手順

>>【評判、口コミ】おつり投資アプリ「マメタス」はおすすめ!100円単位で「ウェルスナビ」の積立額を増やせます

>>【朗報】ウェルスナビがお得なキャッシュバックキャンペーンを実施中!好調な実績とメリットもついでに書いとく

ウェルスナビは株価を気にせず運用できてGOOD

>>【朗報】ロボアド「ウェルスナビ」で長く運用を続けるほどコストが安くなる「お得な割引制度」スタート!

>>ロボアド「ウェルスナビ」の運用成績(実績)、分配金、手数料の推移をまとめてみた(2017年からの積立)

「堅実な積立投資」の関連記事

>>【実績】資産運用の初心者としておすすめされてる投資信託(銘柄)が本当にいいのか検証してみる

>>おすすめされてた積立可能なインデックスファンドを購入!実績と利回りも公開していきます

>>【おすすめ】インデックス投資の始め方とタイミング、実際の利回りなどをまとめてみる

税制優遇のある「ほったらかし投資」

>>【100円から】「つみたてNISA」のメリット、申し込み方法などまとめ!現行NISAより長期運用に向いてます

>>【実績あり】SBI証券で個人型確定拠出年金(iDeCo)を申し込む作業とかかる時間、注文した投資信託まとめ

>>【比較】SBI証券と楽天証券、初心者にはどちらがおすすめ?←投資信託、株を買ってる人間が答えてみる

バランス型ファンドが安定してます

>>【100円から始められる】SBI証券でバランス型投資信託の1万円積立を申し込んだ!その方法まとめ

>>【1200万円投資中】20代から始めた資産運用と知っておきたい知識まとめ(30代になる前に)

>>ロボアドバイザーのデメリット(リスク・留意点)「元本割れ、運営会社の倒産」(2ch、利回り、NISA)

【いま人気】楽天ポイントで100円から始める「ほったらかし投資」

【今だけお得】無料でビットコインをもらう

AIに運用を任せて、ほったらかしで資産を増やしてます

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ