FXや株が怖いならリスクの少ない「積み立て投資」がおすすめ

「投資で利益を得たいけど、FXや株式投資は怖くてちょっと。。」という方にぴったりの投資方があります。

積み立て投資というものです。前回もそのメリットを伝えましたが、そこでは書ききれなかった魅力を書いてみます。

老後の資産形成など、長期的に利益を得たい方にオススメですので、ぜひともチェックしておきましょう。

投資に少しでも興味があるなら

なお、投資を少しでも考えているなら、「SBI証券」で口座を作っておくといいです。(申し込み無料)

SBI証券で口座があると、四季報など有益な情報を無料で見れるようになります

また、積立FXCFD投資信託ETFつみたてNISA確定拠出年金国債などいろんな商品が買えます。

申し込みから投資を始められるようになるまで、数日かかるので、早めに申し込んでおくといいですよ。

無料で口座開設>>SBI証券のサイト

他の積立投資

>>仮想通貨でおすすめの投資方法を紹介!リスクを抑えて稼ぐには「ビットコイン積立」が便利

>>【千円からOK】Zaifでの仮想通貨(ビットコイン)積立は意外とおすすめ!運用実績、手数料まとめ

積み立て投資は値段が下がっても利益が出る

参考書:『積立投資のすべて ──誰にでも始めやすい富裕の王道を徹底研究』

前回も書いたように、積み立て投資は、購入した商品の価格が下がっても投資終了時点で利益が出る場合があります。

投資の利益が「購入した口数 × 商品の金額」で決まるからでしたね。

積立投資の場合、価格が一時的に下がっても「ある水準」まで戻れば、素早く黒字化する。一括投資の場合、価格が投資開始時の水準まで戻らなければ回復しない。

しかし、積立投資の場合、価格が投資開始時の水準に戻る前に回復できるのだ。

つまり、黒字に素早く回復しやすい投資だといえる。  

この「回復力」は積立投資の最大の特徴といえる。赤字を出している時間が短い。万が一、相場が大きく下げても、素早い回復を期待できるのだ

積み立て投資なら値下がりしても将来的に2倍の利益が

だから、一括投資のように商品の価格が値下がりしたときに、悲しむ必要はないんです。口数をたくさん買い込めるのですから

積立投資では、相場が下落したときこそ大量の口数を“仕込むチャンス”となる。

一括投資ではハラハラ、ドキドキ、我慢に辛抱という場面で、ワクワク、期待しながら、成長への準備ができるわけだ。

それを証明する例として、本書では以下のようなケースが紹介されていました。

回復力など積み立て投資のメリット

この問題の答えは③。つまり、2倍以上の利益が出たんです。

一括投資の場合、下落局面は単に「耐える」時間。

積立投資なら下落局面は、将来のために口数を買い込んでいる「先行投資」の時間になります。

(下がってから、)価格が元に戻っただけで投資額の2倍以上の評価額となったわけだ。

投資した金融商品の価格は投資開始時から上がっていない。それなのに資産が倍に増えていたら、うれしくないだろうか。  

一括投資をしていたら、10年かけて損益0円だ。

積立投資なら、ハラハラドキドキがなくなる

そんな資産運用は面白くないだろう。

前半5年間は「いつまで下がるのか」という値下がりの不安を感じ、後半5年間は「いつになったら回復するのか」というじれったさしか感じないのだ。

一方、積立投資なら元に戻ったところで2倍に成長しているのである。

つらいことがあっても、それが将来の成果につながる

通常、一括投資の場合、下落局面は単に「耐える」時間となる。それは「待ち」のスタンスだ。  

一方、積立投資の場合、それは将来のために口数を買い込んでいる「先行投資」の時間になる。それは「攻め」のスタンスだ。  

このとらえ方の違いは重要である。

なぜなら、つらいことがあっても、それが将来の成果につながると思えば、がんばりやすいからだ。

一方、先に何があるか分からない希望も何もない状況で、ひたすら待つのは、非常につらい。

一括投資では、下げているときだけでなく、上昇しているときも不安を感じてしまう

上昇時でも下落時でも常に不安を感じてしまう投資スタイルなのだ。この投資家の心理面は、あまり指摘されないところである。

しかし、長期投資を成功させるには、ぜひ知っておいてほしいポイントだ。  

一方、積立投資家は下がるかもしれないという不安は抑えられる。

むしろ、まだまだ積立投資を続けるつもりであれば、下げは将来の成長につながるチャンスなのだ。

 

安いときに買い込んだ口数は将来、相場が反転したときに威力を発揮する

確かに価格が下落しているときは、評価が下がる。しかし、そこはたくさんの口数を買い込むチャンスだ。

安いときに買い込んだ口数は将来、相場が反転したときに威力を発揮する。  

仕組みさえ分かれば何も怖くない。淡々と続けられる平穏な投資である。

積立投資は価格の上下によるストレスから開放される非常に楽な投資スタイルなのだ。

 

FXや株式の一括投資よりはリスクの少ない投資法

一般的な投資法となっている株式やFXへの一括投資であれば、価格の値下がりにナイーブになってしまいます。

しかし、積み立て投資なら、投資終了時の利益を考えればいいので、毎日の値動きに敏感にならなくていいのです。

つまり、FXや株式の一括投資よりはリスクの少ない投資法と言えるのです。

関連記事:【100円から始められる】SBI証券でバランス型投資信託の1万円積立を申し込んだ!その方法まとめ

>>【30代になる前に】20代から始めた資産運用と知っておきたい知識まとめ(370万円投資中)

サラリーマンにオススメの投資法

こうした、回復力のある安心できる投資は将来的に資産を築いていきたい方にオススメなんです。

一括投資より利益は出にくいですが、それでもリスクを考えると、株式、FXよりも安心できます。ですので、この機会に積み立て投資を考えてみてください。

関連記事:【実績】資産運用の初心者としておすすめされてる投資信託(銘柄)が本当にいいのか検証してみる

お金に関する記事

>>おすすめされてた積立可能なインデックスファンドを購入!実績と利回りも公開していきます

>>評判通り?ウェルスナビの実績を公開してみる。まずは100万円と毎月積み立てでスタート

>>ロボアドバイザーとは自動で長期の資産運用をしてくれる便利な仕組み(楽天、THEO、ウェルスナビなど比較)

放置で金利収入を得る

>>ソーシャルレンディングとは?その意味やリスク、税金などの知識まとめ!事業者の比較もしてみる

>>【310万円投資中】クラウドバンクの「怪しい」という評判は本当か?リスクや運用実績をまとめてみる

>>「クラウドクレジット」のセミナーで遅延、貸し倒れリスクについて理解した!実績やユーザーの評判も追記

ロボアドバイザー

>>【運用実績】楽天証券のロボアド「楽ラップ」の評判は?!手数料や積立などの機能、口コミと共に評価してみた

>>【評価と実績あり】マネックス証券のロボアド「マネラップ(MSV LIFE)」の口座開設方法、デメリット、積立についてまとめたよ

>>【運用実績】松井証券「投信工房」の評価!メリット・デメリットや、リバランス、NISA口座などについても書いておく

ほったらかし投資でお金を増やすなら


>>1番実績の出ているサービスを知る

+161%の好成績!ビットコイン積立ができる取引所

ぼくは積み立てで利益を出しています。仮想通貨の買い時がわからない人にオススメの投資方法です。 (+161%は、2017年11月22時点の成績)

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ