仮想通貨「Stellar(ステラ)」を買える取引所や購入方法を紹介!個人間の送金を簡単にする便利通貨

どうも。1000万円以上を資産運用に回しているタクスズキです。

取引所「バイナンス」で買っている「Stellar(ステラ)」について調べたので、わかったことをまとめておきます。

具体的な購入方法は、以下の記事を参考にしてください。(BTC、ETHとのペアがあります)

>>仮想通貨取引所「バイナンス(Binance)」で口座開設!送金してコインを買う方法、かかる時間などまとめ

なお、Stellarの通貨単位は、Lumens(ルーメン)で、略称はXLMです。


↑堅実な資産運用をしたい人向けの「ウェルスナビ」の無料アプリ。日々の値動きに消耗することがないです↑

【重要な追記】仮想通貨を取引所に預けておくのは危険すぎる

2018年1月、コインチェックで仮想通貨の紛失事件がおきました。

このような事件がバイナンスなどで起こる可能性はあるので、資産は安全なハードウェアウォレット“”で管理するようにしましょう

>>ハードウェアウォレット「Ledger Nano S」を日本の正式代理店から買う方法(注文から2日で届いた)

>>【仮想通貨】ハードウェアウォレット「Ledger NanoS」でStellar(ステラ・ルーメン)を管理する方法

国内の取引所で堅い銘柄を買ってます

あと、ビットコイン以外(アルトコイン)に投資したい方に言いたいのは、「無理しないで」ということ。

というわけで、これらが買える取引所「Zaif」を使っておくといいです。(Zaifは積立購入でき、値段を気にせず買えてオススメ)

現時点、コインチェックはハッキングの影響ですべての取引を停止しています。(2018年1月30日に追記)

>>【仮想通貨】取引所ごとに早さが違う!口座申し込みから本人確認〜入金〜投資までにかかる時間まとめ

>>【仮想通貨】ビットコインの購入方法!初心者におすすめの取引所や手数料の比較表も載せとく

海外の取引所を使いたいなら

あと、海外の取引所に送金する際はスピードが速いライトコインかXRPがオススメです。

なので、海外の取引所「KuCoin」や「HitBTC」などにライトコイン(XRP)を送ろうと思ってる方は、「GMOコイン」で買っておきましょう。(コインチェックよりも手数料安いです)

流れとしては、まずライトコイン(XRP)を海外の取引所に送って、そこでBTC(ETH)に変えて意中のコインを買う感じです。

ビットコインは送金遅い

なお、ビットコインは送金に時間がかかるということも理解しておきましょう。

Twitterを見る感じだと、XRPを送金用で買って使ってる人が多い印象。

>>【仮想通貨】GMOコインに入金し、XRP、ライトコインを買う方法(スプレッド込みで手数料最安)

Stellar(ステラ)とは?

スクリーンショット 2017 12 27 19 24 49

Stellarは、「個人間の送金を便利に、安く」を目指して開発されています。

なんでも、送金向きのコインとして有名なリップル(XRP)をベースに開発されているそうです。

リップルは、銀行が送金で使う感じですが、ステラは個人送金を主軸にしています。

>>【仮想通貨】ハードウェアウォレット「Ledger NanoS」でStellar(ステラ・ルーメン)を管理する方法

個人間送金なら、5秒で送れる

ステラの強みは、送金手数料の安さと送金から着金までのスピード。

スクリーンショット 2017 12 27 19 25 56

サイトでは、銀行などを間に通さないため、手数料を抑えられて、5秒で相手に届くと説明しています。

これは、国をまたいでも可能なんだそうです。

スクリーンショット 2017 12 27 19 51 36

世界的に有名なコンサルファームとも提携

なお、金融コンサルファームのDeloitteでは、送金のプロトタイプを作り、そこでは取引コストを40%減、5秒での送金を実現したそうです。

これを受けて、DeloitteパートナーのEric氏は、「顧客が安さと速さに驚いていた」と発言しています。

国をまたいだ送金サービス「TEMPO」と提携

あと、国際送金サービスを提供する「TEMPO」がステラの送金ネットワークを使ったことで、

600,000の取引のコストが0.1ドルに収まったという報告もされています。

このように、国をまたいだ個人間送金で「ステラ」はかなり期待されているわけです。

過去には無料配布も行われた

こんな大盤振る舞いもあったようですね。(今は終わってる)

受け取るには、取引所にビットコインを置いておくか、ビットコインウォレットを使っておく必要があったそう。

取引所の場合、「10BTCで9,866.83 lumensの付与」と条件は厳しめ。

フィリピンで使えるように

こういったすごいニュースも。

>>ステラは新たなパートナーによってフィリピンで送金が可能に

ステラ(Stellar)は最も大きい送金マーケットとパートナーを組んだことにより誰でも手数料なしでフィリピンに送金が可能になった。

Coins.phは、東南アジアの銀行のための主要なモバイル金融サービスプロバイダー。

フィリピンのステラ・ウォレットやステラ・ネットワークに接続されているどの機関からでも電話番号を持っている人に、送金できるようになった。

Stellarネットワークに参加する新しい金融機関は、Coins.ph、ICICI、Flutterwave、Tempoと直接取引することができ、

多種多様な顧客ベースにアクセスすることができる。

すきなステラウォレットからフィリピンの『電話番号』coins.asiaによってフィリピンペソを送金できる。

さらにTempoを利用することによりユーロの送金も可能だ。着金は3-5秒で完了する

着々と開発が進んでいるようですね。

コインを保管する際は、ハードウェアウォレットを

なお、ステラを買った場合、取引所に置いておくのは危険ですのでハードウェアウォレットで保管するようにしましょう。

>>【仮想通貨】ハードウェアウォレット「Ledger NanoS」でStellar(ステラ・ルーメン)を管理する方法

※「Ledger NanoS」は国内サイト“”でも買えます。

>>仮想通貨のハードウェアウォレット「Ledger Nano S」を日本の正式代理店から買う方法(注文から2日で届いた)

ステラの将来性、今後の可能性について

ネット上では以下のような意見、感想、噂が飛び交っています。

【いま人気】楽天ポイントで100円から始める「ほったらかし投資」

AIに運用を任せて、ほったらかしで資産を増やしてます

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ