【比較】FXのスワップポイントまとめ!通貨はトルコリラ、メキシコペソ、ランド、ドル(買いと売り)

こんにちは。今回は、国内FX業者10社の各通貨スワップポイントをまとめてみます。

2018年8月下旬のスワップポイントですが、スワップポイントは毎日変動するため、あくまでも目安としてご覧ください。

それでは、どうぞ。

【追記】10月以降のスワップポイント(米ドルとトルコリラが高い)

2018年10月にスワップポイントが各社で見直され、米ドル/円とトルコリラ/円が高スワップ通貨になりました。

なので、スワップポイント生活を目指すなら、この2つが金利では儲かりそうなのでこれらの最新データを追記します。

>>【まとめ】FXで大損・失敗しないために2ch体験談や理由から学ぼう

>>FXで損する人や仕組みを解説!初心者が損も借金もしない方法、損失理由まとめ

【買い】米ドルのスワップポイント

FXプライム by GMO:80(1000通貨OK)
GMOクリック(FXネオ):80

マネーパートナーズ :+55
DMM FX:68

インヴァスト証券:80
カブドットコム証券:80
ライブスター証券:81

みんなのFX:64
ひまわり証券:75

【売り】米ドルのスワップポイント

FXプライム by GMO:-90
GMOクリック(FXネオ):-74

マネーパートナーズ:-99
DMM FX:-68

インヴァスト証券:-76
カブドットコム証券:-100
ライブスター証券:-91

みんなのFX:-110
ひまわり証券:-105

【買い】トルコリラのスワップポイント

FXプライム by GMO:85
GMOクリック(FXネオ):92

マネーパートナーズ :+88
SBI FX:96

インヴァスト証券:+80
みんなのFX:110

【売り】トルコリラのスワップポイント

FXプライム by GMO:-100
GMOクリック(FXネオ):-92

マネーパートナーズ :-118
SBI FX:-96

インヴァスト証券: -97
みんなのFX:-110

【以降、9月までのもの】USD/JPY(アメリカドルと日本円)

どちらも強い通貨なので急激な価格変動は少ないですが、米指標や要人発言では大きく動くことがあります。

またトレンドが発生すると長期化する傾向にあり、スワップ金利とキャピタルゲインの兼ね合いが重要な通貨です。

売りスワップ(支払い)

1.インヴァスト証券(-51)
2.DMM FX(-52)

3.楽天証券(-62)
3.SBIFXトレード(-62)

5.GMOクリック証券(-64)
6.カブドットコム証券(-65)

7.ライブスター証券(-72)
8.みんなのFX(-80)

9.ひまわり証券(-80)
10.ヒロセ通商(LIONFX)(-110)

買いスワップ

1.ライブスター証券(+62)
2.GMOクリック証券(+61)
2.SBIFXトレード(+61)

4.楽天証券(+52)
4.DMM FX(+52)

6.カブドットコム証券(+50)
6.ひまわり証券(+50)

8.みんなのFX(+44)
9.インヴァスト証券(+40)
10.ヒロセ通商(LIONFX)(+10)

>>【評判】FXプライムのスワップポイント、手数料、GMOクリックとの違いまとめ

米ドルのスワップについて

マイナススワップが他の通貨に比べ、全社的にやや高めになっています。

各社とも-50円を超えていますのでレンジ相場に突入するとスワップだけで痛い数字です。

買いスワップはヒロセ通商を除き、各社とも40〜60円程のスワップポイントがもらえるので、メジャー通貨の中では高めのスワップポイントになっています。

TRY/JPY(トルコリラと日本円)

先日、アメリカとの関係悪化や大統領の過激発言により大暴落した通貨ですが、

スワップポイントが高い為、南アフリカランドと同様にスワップ派の方々に人気があります。

売りスワップ

1.GMOクリック証券(-54)
2.インヴァスト証券(-77)

3.楽天証券(-80)
4.みんなのFX(-100)

5.ヒロセ通商(LIONFX)(-165)
6.DMM FX(取り扱い無し)

7.ひまわり証券(取り扱い無し)
8.SBIFXトレード(取り扱い無し)

9.カブドットコム証券(取り扱い無し)
10.ライブスター証券(取り扱い無し)

買いスワップ

1.みんなのFX(+100)
2.ヒロセ通商(LIONFX)(+80)

3.インヴァスト証券(+60)
3.楽天証券(+60)
5.GMOクリック証券(+54)

6.他(取り扱い無し)

トルコリラのスワップについて

みんなのFX、ヒロセ通商が80越えの数字になっており、トルコリラでスワップを狙うならやはり高スワップの「みんなのFX」がおすすめです。

ただ高スワップにつられると暴落で痛い目を見る可能性がありますので、

トルコ情勢を注意深く観察して、落ち着いたと判断してからのほうがいいかもしれません。

AUD/JPY(オーストラリアドルと日本円)

オーストラリア国内の経済のほか、中国市場にも影響を受けやすい通貨ペアです。

各通貨ともレンジ相場になりやすい東京時間でも中国市場開場と共に大きく動くことがあるので動向に注意が必要です。

売りスワップ

1.DMM FX(-33)
2.SBIFXトレード(-38)

3.GMOクリック証券(-40)
4.カブドットコム証券(-41)

5.インヴァスト証券(-42)
6.楽天証券(-43)

7.ひまわり証券(-50)
8.ライブスター証券(-52)

9.みんなのFX(-55)
10.ヒロセ通商(LIONFX)(-105)

買いスワップ

1.ヒロセ通商(LIONFX)(+50)
2.GMOクリック証券(+39)

3.SBIFXトレード(+36)
4.ライブスター証券(+35)

5.DMM FX(+33)
6.インヴァスト証券(+30)
6.みんなのFX(+30)

8.カブドットコム証券(+26)
8.楽天証券(+26)
10.ひまわり証券(+25)

豪ドルのスワップについて

各社ともマイナススワップのほうがやや高いですが、そこまで大きな開きはないようです。

ただヒロセ通商の買いスワップが他社より10円以上高くなっており、逆にマイナススワップも100円越えなので売りの持ち越しは利確の素早い判断が重要です。

NZD/JPY(ニュージーランドドルと日本円)

ニュージーランド経済は貿易依存度が高いため、輸出国の経済に大きな影響を受けます。

ちなみに2018年9月現在では中国が輸出国の第一位になっています。

売りスワップ

1.DMM FX(-30)
2.GMOクリック証券(-32)
2.インヴァスト証券(-32)

4.SBIFXトレード(-38)
5.カブドットコム証券(-40)
6.楽天証券(-41)

7.ひまわり証券(-50)
8.ライブスター証券(-53)

9.みんなのFX(-55)
10.ヒロセ通商(LIONFX)(-96)

買いスワップ

1.ヒロセ通商(LIONFX)(+41)
2.ライブスター証券(+37)

3.SBIFXトレード(+36)
4.DMM FX(+30)

5.みんなのFX(+30)
6.GMOクリック証券(+29)

7.カブドットコム証券(+25)
8.楽天証券(+23)

9.インヴァスト証券(+20)
10.ひまわり証券(+20)

>>【スワップポイント】FX事業者ごとの税金のかかるタイミング「未決済分はどうなる?」「引き出しで課税?」へ回答

NZドルのスワップ金利について

こちらも各社大きな開きはありませんが、ヒロセ通商だけ頭一つ分でています。

貿易依存が高いということは他国の経済の影響を受けやすいので、輸出が多い国の経済状況もチェックしておく必要があります。

GBD/JPY(イギリスポンドと日本円)

ユーロの登場により基軸通貨から外され、現在では値動きの荒い、投機性が高い通貨になっています。

売りスワップ

1.DMM FX(-14)
2.インヴァスト証券(-27)

3.ひまわり証券(-30)
4.SBIFXトレード(-32)

5.カブドットコム証券(-35)
6.楽天証券(-35)

7.GMOクリック証券(-38)
8.ライブスター証券(-41)

9.みんなのFX(-45)
10.ヒロセ通商(LIONFX)(-79)

買いスワップ

1.GMOクリック証券(+35)
2.ライブスター証券(+33)

3.SBIFXトレード(+30)
4.カブドットコム証券(+20)

5.インヴァスト証券(+15)
6.楽天証券(+15)

7.DMM FX(+14)
8.みんなのFX(+10)

9.ヒロセ通商(LIONFX)(+10)
10.ひまわり証券(+5)

英ポンドのスワップについて

各社スワップポイントはバラバラですが、値動きの荒いイギリスポンドの長期保有は他の通貨以上に証拠金維持率の管理が必要です。

今のところ「GMOクリック証券」と「SBIFXトレード」がスワップのバランスがよさそうです。

ZAR/JPY(南アフリカランド/円)

南アフリカランドの特徴は「資源国通貨」であり、資源価格の影響を大きく受けます。

特に金の価格には大きく左右されますので金相場も併せて監視する必要があります。

またトルコリラと同様にスワップ金利が高めなので、スワップ派に人気の通貨です。

※他の通貨は最低一万通貨からの取引が多いですが、南アフリカランドに関しては10万通貨からの会社が多いです。

※下記のスワップも10万通貨でのスワップを表示しています。

売りスワップ

1.DMM FX(-90)
2.GMOクリック証券(-110)

3.SBIFXトレード(-130)
4.楽天証券(-170)

5.インヴァスト証券(-190)
6.みんなのFX(-200)

7.ライブスター証券(-210)
8.ひまわり証券(-300)

9.カブドットコム証券(-300)
10.ヒロセ通商(LIONFX)(-650)

買いスワップ

1.みんなのFX(+200)
2.カブドットコム証券(+200)

3.ヒロセ通商(LIONFX)(+150)
4.ライブスター証券(+130)

5.GMOクリック証券(+110)
6.楽天証券(+100)

7.インヴァスト証券(+100)
8.DMM FX(+90)

9.ひまわり証券(+50)
10.SBIFXトレード(0)

南アフリカランドのスワップについて

最低Lotが10万通貨からの会社が多いので、単純に他の通貨よりスワップポイントが高くなっています。

トルコリラと並びスワップ派に人気の通貨ですが、トルコリラ暴落を受けてトルコリラから南アフリカランドに鞍替えする人が増えています。

まとめ

2018年8月末のスワップカレンダーをみると、

・USD/JPYはライブスター証券
・AUD/JPY、NZD/JPYはヒロセ通商

・GBD/JPYはGMOクリック証券
・TRY/JPY、ZAR/JPYはみんなのFX

という結果になりました。

スワップは毎日変化するので今後順位が入れ替わる可能性があります。

そこで複数の証券会社に口座を作るのが好ましいですが、手あたり次第に口座を作るのも非効率。

なので、スワップ狙いの取引がメインの方は、各スワップでトップでなくても、バランスのいいFX事業者を使うといいです。

関連記事

>>【米ドル、NZドル】スワップポイント生活の推移まとめ(年利は11%!他とも比較)

>>FXで月1万円稼ぐ方法、証拠金10万円を増やす方法はあるのか?

>>1万円からの少額投資で1万円増やすアイデア(3000円からでもOK)

スワップと為替で利益を得よう

>>【積立FX】米ドル/円のスワップポイントでどれくらい稼げたか成績公開(100円から始められます)

>>【終わった】トルコリラ・スワップポイント生活の推移:大損する前にやめような @SBI FX

>>【月利8.8%も】スワップポイントのサヤ取りで失敗しないためにリスク(デメリット)などまとめてみた

ドルコスト平均法でスワップを獲得していく方法も

>>【豪ドル円】スワップポイント生活の推移まとめ(マイナスにならないよう計算済み)

>>自動で定期購入できる!積立FXのメリット・デメリットまとめ(運用実績、評価あり)

着実に安定して利益を出す方法

>>FX初心者におすすめのやり方を紹介!失敗しないためにまず少額からどうぞ

>>初心者がブログで実践中のFX収支をまとめていきます!主婦、会社員でもできるか検証

>>【ブログで儲かるか検証】FX自動売買ランキングやおすすめを紹介しておく

チャートを見ずにまったり投資

>>【副業で&放置OK】ほったらかし投資術まとめ(元本保証はなし)

>>【最新版】投資の種類を利回り、特徴をもとに比較!少額でやれるものも紹介

>>【副業に】サラリーマン向けおすすめ投資まとめ(失敗しにくい資産運用の方法も紹介)

細かい情報を知る

>>【評判、口コミ】FX取扱業者の2chなどでの評価(悪評)、ランキング、スプレッドまとめ

>>【FX会社一覧】スプレッド、手数料など比較!会社選び、投資で大事なこと、評判もまとめ

【いま人気】楽天ポイントで100円から始める「ほったらかし投資」

【今だけお得】無料でビットコインをもらう

AIに運用を任せて、ほったらかしで資産を増やしてます

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ