>1,000円もらう方法やオススメ投資を知る>

儲かる?トラッキングトレードの評判を検証!設定や運用実績も公開!

どうも。5600万円を資産運用に回してるタクスズキです。

この記事では、ほったらかしOKの自動売買FX「トラッキングトレード」の仕組みや始め方、運用成績などを紹介します

自動売買FXで必要な資金、儲かる額、おすすめの手法を知りたい人は参考にしてみてください。

結論、トラッキングトレードで安定して利益を出せており、ワンタッチ設定で簡単に始められるので興味があればチェックしてください。

当サイト限定でクオカードがもらえるキャンペーンもやってますので。

\ キャンペーンを見てみる /

トラッキングトレードとは?仕組みも解説!

トラッキングトレードとは、自動でFXの取引をしてもらえる便利なサービスです。

ループイフダンの仕組み

以下の画像の通り、自動で注文してもらえて利益を積み上げていけます

トラッキングトレードの仕組み

公式サイトでも説明されてますが、取引をシステムに任せ、ほったらかしで利益を狙えるのです

↓動画を見ることで理解が深まるので、こちらもチェックしてみてください↓

※運営会社は株式会社FXブロードネットで、国に認められたFX事業者です

fxブロードネットの特徴

登録番号:関東財務局長(金商)第244号

トラッキングトレードで利益を出す仕組み

トラッキングトレードでは値動きがあるたびに利益を出せて、具体的には以下のような注文を複数していきます。

「米ドルが100円になったら新規で買い注文し、101円まで上がったら売りの決済注文をして利益確定する」

他にも99円で買ったり、98円で買ったりといろんな値段の時に注文をしていき、自動で利益を積み上げていけます。

トラッキングトレードでの利益の出し方

トラッキングトレードのメリット

トラッキングトレードには以下のメリットがあります。

・難しいスキルは不要で、ほったらかし運用できる

・24時間じぶんに代わって取引してもらえて利益のチャンスが多い

・レンジ相場でもトレンド相場でも利益を狙える

・想定する値動きの範囲から現在レートが外れても自動対応してもらえる

・スプレッドが狭い

1つずつ解説します。

難しいスキルは不要で、ほったらかし運用できる

裁量トレード(手動FX)だと、利益を出すためにはチャート分析やニュースチェック&考察など高度なスキルが必要です。

これだけのスキルをつけるのは大変で、初心者の場合、裁量トレードで儲けるのは難しいです。

しかし、トラッキングトレードであれば自動で理にかなった取引をしてもらえるため、スキルが不要で初心者の方でも稼ぎやすいです。

※自動売買の設定をした後はほったらかしでOKなのでとても楽!

\ キャンペーンを見てみる /

24時間じぶんに代わって取引してもらえて利益のチャンスが多い

裁量トレードだと、自分で注文する必要があり、空いた時間しか利益のチャンスがありません。

しかし、トラッキングトレードであれば取引をシステムに任せて24時間稼働してもらえるので、利益のチャンスが多くなります。

チャートに張り付く必要もなくなりますから、本業のあるサラリーマンの方などにもおすすめの手法です。

※ワンタッチで設定ができ、以下のように利益を出せてます。(2020年2月6日時点)

トラッキングトレードの実現利益

レンジ相場でもトレンド相場でも利益を狙える

FXには上がり下がりを繰り返す「レンジ相場」と「上がりっぱなし」「下がりっぱなし」という「トレンド相場」があります。

裁量トレードだと、一般的にトレンド相場だけで利益を狙い、上がるか下がるかを予想する必要があります。

しかし、トラッキングトレードではレンジ相場でもトレンド相場でも利益を狙えて、裁量よりチャンスが多いです。

トラッキングトレードの仕組み

また、予想せずとも利益を狙えて取り組みやすいのも特徴です。

想定する値動きの範囲から現在レートが外れても自動対応してもらえる

「自動追尾(トラッキング)」という独自機能もメリットの1つ。

トラッキングトレードでは、値動きの範囲を予測してから設定し運用するのですが、運用中に値動きの範囲が現在のレートから外れることがあります。

こうなると、利益のチャンスがなくなり、資金を塩漬けすることになってしまいます。

トラリピで塩漬け

しかし、トラッキングトレードであれば現在のレートを見て、その範囲をカバーする注文をしてくれるのです。

他の自動売買ですと、「現在レート」から「想定の値動きの範囲」が外れてないか監視が必要ですが、それが不要なのです。

スプレッドが狭い

トラッキングトレードは自動売買FXの中でもスプレッドが狭く、以下の通り最狭水準です。

米ドル円:0.2銭、ユーロ円:0.5銭、ポンド円:1.0銭、豪ドル円:0.6銭

これにより有利な取引ができます。(スプレッドは実質的なコストになるので狭い方がいいです)

\ キャンペーンを見てみる /

トラッキングトレードのデメリット

トラッキングトレードには以下のデメリットもあります。

・損切りが必須(勝率100%の自動売買ができない)

・取引手数料がかかる

・含み損に耐える必要がある

・設定の自由度が少ない

・最大ポジション数を指定して設定できず、少額運用がしづらい

1つずつ解説します。

損切りが必須(勝率100%の自動売買ができない)

トラッキングトレードでは「損切りあり」での設定となり、トライオートFXでやれる「勝率100%」の自動売買ができません。

トラッキングトレードを含めたリピート系と呼ばれる自動売買では、予想と逆の方向に相場が動いて含み損を抱えても損切りせず、

利益を出せるレートまで待ち、損切りなしで勝率100%でやる方法が人気です。

しかし、トラッキングトレードではそれができず、損切りによって損失を確定させてしまうのです。

損切り、含み損について解説!

自動売買の損切りや含み損については動画で詳しく解説してるので、そちらをチェックしてください。

※トラッキングトレードでは少額で運用してると、以下のように損失確定する場合があります

損切りせず勝率100%で運用したい方はトライオートFXをどうぞ。(当サイト限定で123,456円のキャッシュバックやってます)

トライオートFXとタイアップ

\ キャンペーンを見てみる /

取引手数料がかかる

取引手数料0円の自動売買がある中、トラッキングトレードでは片道20円の取引手数料がかかります。(1000通貨あたり)

新規注文〜決済の往復だと、40円の手数料がかかり、1万通貨取引すると400円もかかります。

口座開設後の3ヶ月は取引手数料が0円ですが、それ以降はかかってしまうことも覚えておきましょう。

※同じ自動売買のループイフダンなら、取引手数料がずっと0円です(当サイト限定のキャンペーンで3000円もらえます!)

\ キャンペーンを見てみる /

含み損に耐える必要がある

トラッキングトレードでは、予想と相場が逆に動いた場合に含み損を抱えて、それに耐える必要があります。

ロスカットで損失確定しないためにも、資金を多めに用意しておく必要があり、資金管理は必須です。

含み損は損失確定した状態ではないですが、精神的に不安になります。

設定の自由度が少ない

他の自動売買「トライオートFX」では、ビルダーという機能で自由度高く好きなように設定ができます。

しかし、トラッキングトレードにはそういった機能がなく、好きなように設定したい中級者以上の人にとってデメリットがあります。

なので、自由度高く設定したいならトライオートFXをどうぞ。(当サイト限定で123,456円のキャッシュバック中!)

\ キャンペーンを見てみる /

最大ポジション数を指定して設定できず、少額運用がしづらい

他の自動売買では、設定項目に最大ポジション数があり、それを2にすれば数千円で少額運用できます。

しかし、トラッキングトレードでは最大ポジション数を指定できず、想定値幅などから勝手にポジション数を決められてしまうので、

1万円以内での少額運用ができません。

これはまずお試しで自動売買をやってみたい人にとってデメリットとなります。

トラッキングトレードの評判、口コミ

トラッキングトレード利用者の感想はこちら。

含み損を抱えますが、待っていれば利益が出て資産が増えるという口コミも。

始め方も簡単です。

気になる方は当サイト限定のキャンペーンなどをチェックしてみてください。(クオカードがもらえます)

\ キャンペーンを見てみる /

トラッキングトレードがおすすめな人

トラッキングトレードがおすすめなのは以下のような人。

・ワンタッチでかんたんに自動売買を始めたい

・手間をなくせる独自機能を使ってみたい

・3ヶ月だけスプレッド含めた手数料が安いサービスを使いたい

・トレンド相場とレンジ相場の両方で利益を狙いたい

該当する方はトラッキングトレードを使ってみてください。

\ キャンペーンを見てみる /

トラッキングトレードがおすすめじゃない人

以下のような人にはトラッキングトレードをおすすめしません。

・数千円でお試しで始めたい

・損切りなしの自動売買をやりたい

・自由に設定できる自動売買を使いたい

該当する方は数千円から少額で「損切りなし」でやれて、自由に設定できるトライオートFXを使いましょう。

当サイト限定で123,456円のキャッシュバックやってます

トライオートFXとタイアップ

\ キャンペーンを見てみる /

2020年のおすすめ設定と最新利益を紹介

トラッキングトレードでぼくが実践中の設定と最新利益も紹介します。(2020年の最新版)

トラッキングトレードのドル円設定

以下の通り、米ドル円の買いで運用してます。

トラッキングトレードの値幅、損切り

運用実績はこちら。

カナダドル円の買いでも運用しており、

利益を出せてます。

興味がある方はトラッキングトレードのキャンペーンだけでもチェックするといいですよ。

\ キャンペーンを見てみる /

【稼ぐコツ】安定して月5万円稼ぎたいなら

ちなみに、トラッキングトレードのような自動売買で勝つコツは以下の通り。(これ知ってると損を回避できます

「9つの自動売買FX」を使ってみて、わかったことです。

値幅広め、レンジになりやすい通貨で運用。スワップポイント受け取りのポジションで取引

・数年間の値動きをチェックし、資金に余裕をもって運用(損を回避するための資金管理テクも知ろう)

スクリーンショット 2019 03 13 19 27 44

ムリせず欲を出さず、安全に増やすための理想の利回りを知る

※理想の利回りは年利10%で、ロスカットにならないために資金管理をしっかりしましょう(10万円は用意したいですね)

【始め方】口座開設から投資するまで

次にトラッキングトレードでの口座開設から自動売買を始めるまでの流れを紹介します。

まずトラッキングトレードの口座開設をします。(その方法は簡単)

こちらのページから口座申し込み後、審査されます。(ぼくは翌日に審査をクリアしました

>>【無料でカンタン】トラッキングトレードの口座開設のやり方を紹介!数分で完了します

その2日後にログインID、パスワードの書かれた紙が届く、というスケジュールでした。

口座申し込みから3日ほどで取引できるようになります

次にログインします。

書類に書いてあるIDをサイトで入力し、「パスワード問い合わせ」を押してメールドアドレスに送ってもらいます。

送ってもらったパスワードを入力してログインします。

※ログイン後は、「設定」からパスワードを変更しましょう。(セキュリティ対策のために)

クイック入金が使えます

次は入金。FX取引に必要な軍資金をクイック入金しておきましょう。

スクリーンショット 2018 05 22 19 01 42
(「入出金サービス」からクイック入金できます)

クイック入金対応の銀行は以下の通り。

・楽天、三井住友、ジャパンネット、みずほ、三菱UFJ、りそな、埼玉りそな、近畿大阪、ゆうちょ、住信SBI、セブン、イオン

ぼくはSBIで30万円入金しました。

スクリーンショット 2018 05 22 19 03 02

処理後、すぐ「預かり評価残高」に入金されました。

スクリーンショット 2018 05 22 19 04 29

トラッキングトレードの設定方法

次はいよいよ「トラッキングトレード」の設定。

ページTOP(メニュー)の「トラッキングトレード」を選択し、

スクリーンショット 2018 05 22 19 04 46

「トラッキングトレードをはじめる」をクリック。

いろんな通貨ペアと「売」「買」ポジションの組み合わせが表示されるので、希望するものを選んでいきます。

ぼくは、AUD/JPYにて上昇トレンドと判断したため、そのペアで「買」ポジションのものを指定しました。

【追記】これは2018年の設定で、2020年はドル円かカナダドル円の「買い」がおすすめです

スクリーンショット 2018 05 22 19 06 26
(上のチェックメニューで絞れます)

その中でも、10ほどのプランがあってどれがいいかよくわからなかったので、とりあえず資金10万円でOKのものを選択しました。

選択後、プランの詳細を確認できます。

スクリーンショット 2018 05 22 19 08 13

約定ごとの手数料は口座開設3ヶ月以内は0円です。

スクリーンショット 2018 05 22 19 08 22

注文時、豪ドルのレートが75円くらいなので、

75円で買って76円になったら売る。次は76円で買って77円になったら売る。それの繰り返し」という設定になっています。

これに納得すれば、「登録」を押して注文を完了させます。(損切りは10円下がった段階で)

スクリーンショット 2018 05 22 19 09 04

注文後の口座状況はこんな感じ。

スクリーンショット 2018 05 22 19 09 16

口座維持率が8900%近いので、ロスカットの心配はなさそうです。

(口座の維持率は1000%以上がおすすめ。損しないためにレバレッジは最大3倍までにしましょう)

トラッキングトレードの口座維持率

\ キャンペーンを見てみる /

マイページで確認できること

マイページのTOPではポジション一覧や、

スクリーンショット 2018 05 22 19 10 34

注文中明細も確認できます。

スクリーンショット 2018 05 22 19 10 55

こんな感じでFXの自動注文ができ、以下のことを意識すると安定して勝てるようになります。(ぼくは月3万円くらい儲かってます)

含み損抱えても慌てない(時間が経てば、それが利益に変わるから)

ひんぱんにチャート見ない。まず少額から成功体験を積む

こういったことも理解して運用していきましょう。

\ キャンペーンを見てみる /

【追記】NZD/JPYでも取引開始!

トラッキングトレードで1本目の設定をした後、儲かりそうだったのでニュージーランド・ドルでも取引を開始しました

※成績ランキングの上位を選択

スクリーンショット 2018 05 23 10 35 29

※0.01円=1pips(1円=100pipx)で「想定変動幅:426pip」なので、4.26円の値動きと予想してるわけですね

今回は、「豪ドル/円」と違い、売りポジションでエントリーするため、下がったら利益が出ます。

スクリーンショット 2018 05 23 10 36 22

設定はこんな感じ。

スクリーンショット 2018 05 23 10 36 04

注文数は17注文。ポジション間隔(値幅)は25.0 PIP。

最大ポジション数は17 ポジションとなります。

以下、注文後の口座状況の詳細。

スクリーンショット 2018 05 23 10 50 22

口座維持率が3000%なので、今もロスカットの心配はないですね。

>>トラッキングトレードの口座を作っておく
fxブローとネットのキャンペーン

注文詳細も確認できるよ

以下のように、TOPページには新たな注文が加えられています。

スクリーンショット 2018 05 23 10 37 14
(地味にスワップポイントもらえてますね)

注文中明細を見ると、「指値」「逆指値」で注文されてることがわかります。

スクリーンショット 2018 05 23 10 37 33

というわけで、こんな感じでFXの投資額を増やしてます

\ キャンペーンを見てみる /

トラッキングトレードは儲かる?

トラッキングトレードを始めた翌日、1000円ほど(実現)利益が出ていました。

スクリーンショット 2018 05 24 10 22 59

「評価損益」とは、実現してない含み損益です。

保有してるポジションで含み損抱えてますが、チャートが動いて利益が出るようであれば自動で利確して、実現益を得られます。

なので、心配はしてないですね。

【追記】この後、1週間ほどで2,497円の利益になりました。

スクリーンショット 2018 05 25 12 49 51

※今はわかっていなくても、少額でやってみると理解が深まります(ぼくは実際にやってかなり理解が深まりました

>>トラッキングトレードの口座を作っておく
fxブローとネットのキャンペーン

トラッキングトレード画面の見方(マニュアル)

スクリーンショット 2018 05 23 10 35 29

画面にある用語のそれぞれの意味は以下の通り。

・期間: ランキングの集計期間
(例)期間「1ヵ月」の場合、現在から1ヵ月前までの値動きによるランキングを表示

・新規注文可能額: 現時点で新規注文で使用できる金額

・注文間隔:新規注文や利益確定までの間隔(単位はpips)

・想定変動幅: 最大で保有できるポジション数の最初と最後のポジションの幅
※ポジションから逆指値までの間隔

・決済損益(pips):この設定のトラッキングトレードが獲得している損益をpipsで表示

・利食回数: この設定のトラッキングトレードが利食い(利益確定)した回数

・損切回数: この設定のトラッキングトレードが損切りした回数

NZD/JPYで用語の意味を理解する(具体例)

ぼくが運用中の「NZD/JPY」だと以下のような意味になります。

注文間隔は25pipsなので、0.25円幅で注文していく。

最大ポジション数17なので、レート100円で始めた場合、以下のように注文することになる。

・100円、100.25円、100.5円、100.75円、101円、、、102円、、、103円、103.25円、103.5円

指値、逆指値の意味について

注文中のものから具体的に「新規注文〜決済注文」までの流れをイメージしてみましょう。

以下、AUD/JPY(豪ドル)の注文。

スクリーンショット 2018 05 23 11 47 12

これは「レートが75.304円になったら買う」という注文ですね。

こういった注文をいろんなレートでしていくのが、トラッキングトレードです。

本来必要な金額よりも少ない投資金でOK

トラッキングトレードでは1ロット(1000通貨)で買うことになるので、本来このレートなら7万5304円必要です。

スクリーンショット 2018 05 23 11 47 12

75.304円 x 1000通貨 = 7万5304円

しかし、取引証拠金は3370円ですんでおり、この注文のレバレッジは22倍ほどになってます。

※これだとロスカットの可能性が高いのでレバレッジは最大でも3倍までがおすすめ

利確、損切りラインを決めておく

トラッキングトレードでは、注文後の利益確定ラインと、損切りラインも自動発注してもらえます。

利益確定の部分は、76.204円になったら売り。1ロット1000通貨なので、差額0.9円 x 1000 = 900円の利益ですね。

スクリーンショット 2018 05 23 11 48 07

ちなみに、損切りラインは65.404円。ここまで下がってしまうと、10.1 x 1000 = 10,100円の損になってしまいます。

【追記】手動決済する方法

試しに、裁量(手動)で決済してみました。まずやるのは、ポジション一覧から決済したいものをクリック。

スクリーンショット 2018 05 24 11 59 23

クリック先の画面では、いま決済するとどれくらいの損益がでるか表示されています。

スクリーンショット 2018 05 24 10 43 42

この条件で決済するのであれば、「売る」もしくは「買う」を選択。(この場合は、売る)

確認画面が表示されるので、「OK」を押して「売る」を選択。

スクリーンショット 2018 05 24 10 44 20

すると、決済によって出た損益、約定レートなどが表示されます。

スクリーンショット 2018 05 24 10 45 05

こんな感じで90円ほど利益を出せました。(画面を見てる間にレートがコロコロ変わるので焦りますw)

\ キャンペーンを見てみる /

スマホOK!アプリもブラウザ版もある

トラッキングトレードでは、スマホアプリとタブレットでも取引できます。(PCがなくてもOK)

個人的にブラウザ版は簡素で起動が早くて気に入ってます。(MT4:メタトレーダーはありません)

※デモ取引もできます

トラッキングトレードの運用成績(実績)

ではこれから、成績の推移をまとめていきます。

2018年、「トラッキングトレード」では2ヶ月の運用で、7500円のプラスになりました

トラッキングトレードでの利益

トラッキングトレードでは米ドル円とカナダドル円の「スワップポイント受け取り」が最高クラスなので、スワップ運用も実践中です。

トラッキングトレードでのスワップ

(2020年2月5日時点、8時間で1000円ほどの利益を出せませした

トラッキングトレードで月2万円

当サイトでは「金融庁:登録等を受けている業者一覧」に掲載されているFX会社のみをご紹介しております

関連記事