>20万円もらう方法やオススメ投資を知る>

豪ドル円スワップポイント生活の推移!利回りやマイナス回避の方法も解説

この記事では、オーストラリア(豪)ドルでスワップポイント生活が可能か計算し、実際にやってみた成績も紹介します。

毎日ほったらかし収入を得たい方、分配金のように働かずとも暮らせるようになりたい方は参考にしてください。

記事の要点まとめ
・かつては豪ドル円の買いで毎日100円もらえたが、2021年8月時点は3円以下になっている(1万通貨)

年利はレバレッジ10倍でも1%

・生活できるレベルの月15万円を稼ぐには、レバレッジ25倍でも48億円必要(15億通貨の保有が必要で現実的ではない)

・今後、オーストラリアの政策金利が上がれば、スワップポイント生活は可能かもしれない(受け取り条件が変わる)

結論、スワップポイント生活を目指すなら、現状はメキシコペソ円の方がおすすめです。

2120円で1万通貨を保有でき、毎日7.1円もらえ、月15万円を得るには15万円の資金でOKです。

スワップポイント投資は受け取り最高水準の「みんなのFX」がおすすめで、利益も出せています。

みんなのシストレは儲かる

当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえてお得なので、まずは無料で口座だけでも作っておきましょう。

\ キャンペーンで53,000円もらう /

スワップポイント投資では値動きをメインに

豪ドルのスワップポイント投資の実績は以下の通り。(数千円から始められます

スクリーンショット 2018 12 04 21 18 19

ただ、豪ドルが下落すると、以下のように含み損を抱えることもあります。

スワップポイント投資では値動きの影響の方が大きいので、値動きで損しないかをまず考えましょう

※スワップポイントはあくまでサブです

豪ドル/円の理由、取引する業者を選んだ理由

次に以下のことを書いていきます。

豪ドルの運用方針
豪ドル/円を選んだ理由(将来性について)

豪ドルのスワップポイント投資で選んだFX業者(選んだ理由)

・必要最低資金、ロスカットについて

では、それぞれについて説明します。

豪ドルを選んだ理由

通貨ペアが数ある中で、豪ドル/円にした理由は以下。

・安定してる(格付け機関からの評価も高い)
・スワップポイントもかなりもらえる
・トルコリラと違って為替でも利益を出せそう

これらを1つずつ解説していきます。

スワップポイント投資での利益の一部は以下の通り

メキシコペソでの利益

安定してる(格付け機関からの評価も高い)

まず、これ。

スワップポイント(配当)生活で有名な通貨にトルコリラがありますが、あれは不安定すぎてやばいです。

ぼくもやってましたが、これは為替で損するということで撤退しました

通貨自体、FX業者からなくなる可能性もありますし、トルコリラに投資するのは賢明じゃないなと。

いまは値動きでの損がない投資「クラウドバンク」で以下のように毎月稼げてます

クラウドバンク21年8月実績

\ 損失ゼロの実績を知る /

豪ドルの安定感(格付けもいい)

一方、オーストラリアドルは安定していて、権威ある格付け機関からの評価も「AAA(トリプルA)」とかなり高いです。

豪ドルは高金利でもなく、新興国でもなく、国債の格付けはアメリカより上だった時代もあり、その時は今より人気でした。

政策金利も安定しており、トルコリラのように急激に上下しないので、値動きも新興国の通貨と比べると落ち着いています

安定して利息収入を得られる(労働からの卒業も)

国の経済も政治も安定していて、信頼できる通貨です

豪ドルの安心材料
・オーストラリアにとって日本は主要な貿易国

中国などアジアへの輸出も伸ばし、安定した経済成長が続いている

上場企業が運営する「みんなのFX」では豪ドルのスワップポイント受け取りが最高なので、そちらもチェックしましょう

みんなのfxのキャッシュバック

\ キャンペーンで53,000円もらう /

為替でも利益を出せそう(月1万〜月10万円も)

こうした安定性に加えて、AUD/JPYは狭い値幅で上がり下がりを繰り返すので、為替でも利益を出しやすいんですよね。

以下、ここ最近の豪ドル/日本円のチャート。

豪ドルのスワップポイント生活は無理

下がったらまた上がるので、下がった時に買っておいたらスワップに加えて為替でも利益を得られる可能性があります。

損しないために資金には余裕を持って

豪ドルで損切りせず、下がっても待つなら、

値下がり時のロスカットで損失確定しないために、資金に余裕を持って運用しましょう。

レバレッジは2倍くらいがおすすめで、SBI FXトレードならレバレッジ1倍〜3倍に設定して売買できます

4円から少額取引でき、定期的な自動積立も便利です。(動画でも解説中です)

今ならお得キャンペーンもあるので、口座だけでも作っておきましょう

\ キャンペーンなどを知る /

【追記】スワップポイント生活の実績を公開

では、2018年8月31日から始めたスワップポイントの推移をまとめます。

3週間経った9/20は以下のような成績(利回りは+477%

スクリーンショット 2018 09 20 15 44 25
(1000通貨でやってます)

為替とスワップポイントをあわせた利益が959円。必要証拠金が3222円ですから、3週間での利回りは29.8%。

年利換算すると、+477%になります。

これは1万円投資していたら1年間で47,700円になり、かなりの好成績です。

【追記2】どんどん利益が増えています(月5万円も)

スワップポイント投資3ヶ月目の成績はこんな感じ。

スクリーンショット 2018 12 05 9 15 58

豪ドルで2万円くらい儲かっており、とても好調です。

スワップポイント投資は、ほったらかしでラクに利益を出せます

低リスクなのに、貯金の何百倍ものペースがお金が増えていきます

このように、リスクを抑えて手堅く資産を増やせてるので、少しでも興味ある方は口座だけでも作ってみてください。

最新だと、みんなのFXでスワップポイント受け取りが最高水準なので、こちらを使うのがおすすめです。

口座開設キャンペーンで現金もゲットできますし、口座を作るだけなのでリスク0です

みんなのfxのキャッシュバック

\ キャンペーンで53,000円もらう /

豪ドル/円でもらえるスワップポイント量とは?

次に、豪ドルで受け取れるスワップポイントを紹介します。

豪ドル円でスワップポイント生活

以前は、平均して1日30円〜40円もらえてました。(1万通貨単位)

※今は1日3円以下ですが、利上げによって以前の水準に戻る可能性もあります

スワップポイントだけで、貯金の何万倍も増える

1日30円なら月1000円もらえて、1年間で1.2万円ほどのインカムゲインが手に入ります

【追記】豪ドルの利下げでスワップが減ったので、2021年はメキシコペソがおすすめです!(その理由を動画で解説してます)

スワップポイント投資でおすすめの業者

では次に、スワップポイント投資をやるのにおすすめのFX業者「みんなのFX」を紹介します。

ここは1000通貨からOKで(3000円と少額から投資でき)、

少額投資できる事業者の中では、スワップポイントが多くもらえるので、おすすめです。

みんなのfxのキャッシュバック

\ キャンペーンで53,000円もらう /

※以降、上場企業の運営する「みんなのFX」のメリットを詳しく解説します

「みんなのFX」は少額投資できスワップ最高水準

他のFX会社だと1万通貨からの取引となり、多くの資金が必要です。

しかし、みんなのFXでは1000通貨で始められて、低リスクなレバ1倍でも数千円から取引できます

※レバレッジ2倍、10倍とかならもっと少ない資金でOK

1000通貨からのFX業者で比較すると、みんなのFXはスワップポイントの受け取り額が最高水準で、これも決め手になりました。

当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえてお得なので、まずは口座を作っておきましょう!

\ キャンペーンなどを知る /

ロスカットの基準を計算してみた

追加で豪ドルを買い増していった場合、(ロスカットにならず)どこまで耐えらえるかを計算しました。

※計算したら10万円あれば1万通貨投資もできるとわかりました

(ちょい難しいので、上の結論だけ知ってればOKです。詳しい計算はあとで解説します)

つまり、「1000通貨で始めるなら余裕をもって1万円が必要」「1万通貨なら、10万円必要」ということです。

※みんなのFXでは、スワップポイント投資以外の「シストレ」もやり、ほったらかしで儲かってます

最低投資金額も調べたよ(必要資金は1万円)

あと、ロスカットにならない範囲でどれだけの最低資金で始められるかも計算しました。(低予算ではじめたい方はご参考に)

以下、1000通貨買って、直近5年の豪ドル最安値まで下がった場合の試算。

スクリーンショット 2018 08 31 11 43 06

証拠金は11,000円あると、維持率100%を下回らないとわかりました

スクリーンショット 2018 08 31 14 25 28

なので、豪ドルで1000通貨から安全に投資をはじめるのに必要な資金は1万円ほどということになります。

※もっと少額で始めたい方は、4円から豪ドルを買えて自動積立機能もあるSBI FXトレードをどうぞ

\ キャンペーンなどを知る /

【豪ドル円】スワップポイントの利回り

スワップポイントの利回りは政策金利から計算できます。

スワップポイントは政策金利をもとに決まり、毎日付与されます

オーストラリアだと0.10%なので、レバレッジ1倍であれば年利は0.1%となります。(2021年8月21日時点)

スワップ年利まとめ
・レバレッジ2倍なら年利0.2%

レバレッジ10倍なら年利1%

・レバレッジ20倍なら年利2%

これまでに12,000通貨を買い、6,614円もスワップポイントだけで儲かりました

1 2万通貨での豪ドルスワップ

過去10年のチャート推移(豪ドル円の値動き)

なお、AUD/JPYの値動きは以下の通り。

スクリーンショット 2018 10 16 11 38 34

直近4年では102.83円が最高値、72.27円が最安値です。(2018年10月は79.8円)

直近10年では105.41円が最高値で、72.02円が最安値

スクリーンショット 2018 10 16 11 38 48

このように、72円〜105円を推移すると考えれば、中期・長期でのスワップポイント投資は有効と言えます。

※みんなのFXはスワップポイント投資に加えて、短期売買も有利にやれるので、まず口座を作っておくといいですよ!

\ キャンペーンで53,000円もらう /

【補足】スワップポイントはどのようにして決まる?

スワップポイントの決まり方を知っておくことも大事と思ったので、軽く書いておきます。

スワップポイントは2国間の金利差(政策金利)で決まります

金利差から計算されるスワップポイント

例えば、オーストラリラの今の政策金利は1.5%。日本は、-0.1%。(2018年の話。トルコリラで17.75%。米ドルが2.0%でした)

当時の差は、1.6%。

なので、10万円分を豪ドルとして持っていた場合の利息は1.6万円。

これを365で割ると、1日あたりのスワップポイントがわかりますね。(約38円)

1万円でスワップポイント投資

こんな感じでスワップポイントが決まっています。

コロナ後、豪ドルのスワップポイントが上がる可能性あり

そして、オーストラリラの政策金利が上がるとも予測されているので、今後はスワップポイントが増える可能性もあります

コロナショック後オーストラリアでは政策金利を下げ、スワップポイントも下がりました。(一時は買い・売り両方でマイナスに)

今後は利上げも検討されていますから、スワップポイントが増える可能性もあります

みんなのFXでは他の通貨ペアのスワップポイント受け取りも多いので、チェックしましょう!

トレイダーズ証券 みんなのFX

\ キャンペーンで53,000円もらう /

ロスカット計算!1万通貨なら10万円あればOK

以下、ロスカットにならないためにした計算。(要は、1万通貨でやるなら10万円は必要です、という話

1万通貨買って最安まで下がった場合、口座維持率はどこまで下がるか。(維持率2500%でレバレッジ1倍です)

スクリーンショット 2018 08 31 11 43 50

維持率は640%まで下がりましたが、まだ大丈夫なラインです。

スクリーンショット 2018 08 31 11 44 04

10万円あれば1万通貨の投資もできます。(レバレッジ7倍くらい)

【豪ドル/円】過去数年のスワップポイントの推移

以下、豪ドル/円のスワップポイントの推移。

・2018年10月:平均1日30円で月1000円ほどの収入

2018年は1月からずっと30円〜40円を推移してます(1日あたりもらえる額)

2017年は、1日あたりのスワップポイントが40円〜50円と今より高水準でした。(2016年より前も同じくらいの水準)

今後、政策金利が上がれば、この水準に戻る可能性があります

※オーストラリアは中国経済に影響されるので、中国株の動向も追いましょう(中国の元気がなくなると、豪ドルが売られます)

【まとめ】スワップポイント生活は無理?リスク高い?

2021年8月時点、豪ドル円のスワップポイントは1日3円以下です(1万通貨)

スワップポイント生活を目指すなら、メキシコペソ円の方がおすすめです。

2120円で1万通貨を保有でき、毎日7.1円もらえ、

月10万円を得るには469万通貨を保有すればOKで、資金は99.4万円必要です。

レバレッジ2倍なら49.7万円、3倍なら33.1万円、5倍なら19.9万円、10倍なら9.9万円でOK

スワップポイント投資は受け取り最高水準の「みんなのFX」がおすすめで、利益も出せています。

みんなのシストレは儲かる

当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえてお得なので、まずは無料で口座だけでも作っておきましょう。

\ キャンペーンで53,000円もらう /
関連記事