1万円からの少額投資で1万円増やすアイデア(3000円からでもOK)

どうも。1000万円以上を資産運用に回してるタクスズキです。

今回は、1万円から始められる気軽投資を紹介します。(時間をかけて1万円、10万円と増やしていくことも可能です

少額から投資(資産運用)をはじめたい方は参考にしてみてください。

関連記事:投資初心者は株、FXなど何から勉強するべきか?(おすすめ本なども紹介)

関連記事:【少額投資】初心者にオススメの資産運用と本まとめ(株、不動産、保険は非推奨)

一番おすすめは積立投信(利益も公開)

上の記事でも紹介してる投資信託の積立が一番気軽で、1万円どころから毎月100円から始められます

なので、そのすごさや数十年かけて億万長者になれる話は以下の記事で確認してください。

>>【100円から始められる】SBI証券でバランス型投資信託の1万円積立を申し込んだ!その方法まとめ

>>【実績】資産運用の初心者としておすすめされてる投資信託(銘柄)が本当にいいのか検証してみる

毎月3万円の積立で億り人になれる

>>【おすすめ】インデックス投資の始め方とタイミング、実際の利回りなどをまとめてみる

つみたてNISAもあり

あと、運用益が非課税になる「つみたてNISA」もおすすめです。(こちらも1万円以下で始められます)

>>【比較】つみたてNISAは楽天証券とSBI証券どちらがおすすめ?「夏から楽天ポイントでの積立開始!」などを考慮し判断

>>【100円から】「つみたてNISA」のメリット、申し込み方法などまとめ!現行NISAより長期運用に向いてます

>>【比較】SBI証券と楽天証券、初心者にはどちらがおすすめ?←投資信託、株を買ってる人間が答えてみる

1万円投資はネット証券で口座を作れば始められる

なお、投資信託の積立、これから紹介するiDeCoなどはSBI証券か楽天証券で口座開設すれば、始められます。

※コスト面、商品の充実度からこの2つがおすすめです

2つを比較すると、楽天証券は楽天ポイントで100円から投資信託を買えるので、楽天に分がある感じです。

>>業界初!楽天スーパーポイントで投資信託を100円から買えるようになったので、その方法、ポイントを賢く貯めるを紹介

なので、気軽に投資を始めたい方は「楽天証券」で口座開設しておきましょう。(無料です)

節税メリットを得るならiDeCo

あと、元本確保型の商品を選んでも節税メリットのあるiDeCoも1万円以下で始められます(5000円からでOK)

>>【実績あり】SBI証券で個人型確定拠出年金(iDeCo)を申し込む作業とかかる時間、注文した投資信託まとめ

>>まだデフレなので、確定拠出年金は「元本確保型の定期預金」にして節税メリットを享受するという手段もアリ

>>【初心者向け】投資信託の選び方と賢い買い方(SBI、楽天証券がおすすめ)

1万円からの不動産投資(SL、REIT)

不動産もソーシャルレンディング(SL)やREITを買えば、1万円以下で始められます。(REITは100円から買える

不動産型のSLオーナーズブックは怪しいの?口コミや評判を見た上でセミナーに参加したら意外なことがわかったよ

>>【運用実績】ラッキーバンクの「怪しい」という評判は本当か?貸し倒れリスクや口コミなどもまとめ

REIT>>おすすめされてた積立可能なインデックスファンドを購入!実績と利回りも公開していきます

ロボアドバイザー「THEO」という選択肢も

ロボアドバイザーの「THEO(テオ)」なら、ウェルスナビなどと違って1万円から始められます。

>>【運用実績あり】THEO(テオ)の積立機能、手数料、口コミから正直に評価してみる

>>【実績公開】ロボアドバイザー投資とは?どれがおすすめ?比較して評価してみた(THEO、ウェルスナビ、投信工房、楽ラップ)

>>【株式】暴落時のひふみ投信の対応、ロボアド「ウェルスナビ」「THEO」の実績変化まとめ

ソーシャルレンディング

先ほども紹介したソーシャルレンディングも1万円からOKで、定期的に銀行預金の何百倍もの利息収入が得られます

>>ソーシャルレンディングとは?その意味やリスク、税金などの知識まとめ!事業者の比較もしてみる

>>ソーシャルレンディングで失敗しないために事業者の選び方、利回りなどまとめとく

数ある中で特におすすめのソーシャルレンディング

参照:「クラウドクレジット」のセミナーで遅延、貸し倒れリスクについて理解した!実績やユーザーの評判も追記

参照:maneo(マネオ)の記事一覧

参照:【310万円投資中】クラウドバンクの「怪しい」という評判は本当か?リスクや運用実績をまとめてみる

おつり投資(元手ゼロ)

おつり投資も1万円以下、というか数百円単位の日常の買い物のおつりを投資に回せます。

実質、元手いらずで淡々と積立できるわけです。

>>【元手ゼロ】「マネーハッチ」はクレカのポイントを積立投資に回せる!リスク、手数料などと共に評価してみる

>>【評判、口コミ】おつり投資「トラノコ」の実績、評価、手数料、口座開設方法まとめ(資産運用アプリあり)

>>【評判、口コミ】おつり投資アプリ「マメタス」はおすすめ!100円単位で「ウェルスナビ」の積立額を増やせます

株も1万円あれば買える

実は、株の個別銘柄も1万円以下で買えます。(100円以下で買える場合も)

なので、株に興味ある方は以下の記事をどうぞ。

>>投資サービスでおすすめされた株(個別銘柄)の実績を検証(おすすめの優待、本、サイトもまとめ)

>>【株の始め方】「ミニ株」より少ない資金で国内株式を注文できる「単元未満株」の買い方 @SBIネット証券

>>「ワンタップバイ」をネットの評判、口コミと自分の感想を元に評価!「買える株少ないし、正直微妙」

一応FXもできるが、1万円なら非推奨

毎月1000円からの積立FXという選択肢もあるので、覚えておくといいです。

>>自動で定期購入できる!積立FXのメリット・デメリットまとめ(運用実績、評価あり)

通貨でトルコリラを選ぶと、スワップポイントで利息収入も得られます

>>【利回り推移】トルコリラのスワップポイントで生活できる?「SBI FX」でコツコツ積立中!

>>【積立FX】米ドル/円のスワップポイントでどれくらい稼げたか成績公開(100円から始められます)

リターン高めのFXも1万円でやれるが、、

あと、FXも数千円で始められるんですが、それだとロスカットになる可能性があるので、30万円くらいの資金はほしいですね。

>>【評判】シストレ24のフルオートで勝てないという口コミは本当か検証(ストラテジーの感想あり)

>>【評判&検証】ループイフダンの設定、実績、必要資金、ログイン方法まとめ

>>【評判&検証】トライオートFXの実績、レンジ追尾設定、自動売買ランキングからの選び方まとめ

FXがどれくらい儲かるかブログにまとめてます

>>【自動売買】リピート系FXの実績、手数料などを比較!初心者におすすめのサイトも紹介

>>FX初心者におすすめのやり方を紹介!失敗しないためにまず少額からどうぞ

>>初心者がブログで実践中のFX収支をまとめていきます!主婦、会社員でもできるか検証

仮想通貨(ビットコイン)は月1000円で始められる

意外と知られてませんが、仮想通貨も1万円以下で買えます。

買い時が難しいので、積立推奨ですね。

>>【1000円からOK】Zaifでの仮想通貨積立(ビットコイン、XEM、ETH)は意外とおすすめ!運用実績、手数料まとめ

>>Zaifの口座開設方法!必要な本人確認書類、かかる日数(時間)などまとめ
>>【仮想通貨】これから国内、海外取引所に上場予定&噂がある推しコイン、人気コインまとめ

めちゃくちゃ地味だが国債も

あと、超堅実な投資として個人向け国債があります。

>>銀行預金でなく、個人向け国債を購入するメリットや買い方、金利、手数料などまとめ

>>【最新版】投資の種類を利回り、特徴をもとに比較!少額でやれるものも紹介

>>【初心者向け】投資とは何か?その定義や、やり方、失敗しないための知識をまとめとく

10万円あるならウェルスナビが圧倒的におすすめ

投資額が1万円を上回ってしまいますが、10万円あるなら優秀なロボアドバイザー「ウェルスナビ」がいいですよ。

>>評判通り?ウェルスナビの実績を公開してみる。まずは10万円と毎月積み立てでスタート(今は積立10万円)

>>「運用で増えるお金」と「資産の組み合わせ」を提案してくれるロボアド『ウェルスナビ』の無料診断を受けてみた(実績あり)

貯金だけしててもお金は増えていかないですからね。

>>預金ばかりして投資に目を向けないのはもったいない(100万円、500万円、1000万円の運用方法まとめ)

投資でどれくらい増えるか無料でチェック>>ウェルスナビのサイト

初心者向けの運用手段は他にもある

他の投資(資産運用)は、以下の記事をどうぞ。

>>【副業で&放置OK】ほったらかし投資術まとめ(元本保証はなし)

>>投資の勉強はあまり意味ないけど、いくらか必要だからその方法とおすすめ本まとめとく

>>【少額投資】初心者にオススメの資産運用と本まとめ(株、不動産、保険は非推奨)

【いま人気】楽天ポイントで100円から始める「ほったらかし投資」

AIに運用を任せて、ほったらかしで資産を増やしてます

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ