楽天銀行で口座開設!申し込み方法とATM・振込手数料(無料の条件)について書いとく

どうも。運用男子のタクスズキです。

ソーシャルレンディングや仕事の外部委託などで振込む機会が増えてきて、振込手数料を気にするようになりました。

そこで、以前クラウドクレッジットでしゃべった投資家さんが言っていた「複数のネット銀行を使うといい」というアドバイスを実践することにしました。

参照:「クラウドクレジット」のセミナーで遅延、貸し倒れリスクについて理解した!実績やユーザーの評判も追記

ということで、まずは評判のいい楽天銀行で口座開設することにしたのです。(申し込みから1週間ほどで口座開設できました。ネットで完結)

参照:楽天銀行のメリットまとめ「①ATM、振込手数料が無料、②ポイント貯まる、③預金金利が高い」

あの人も認める楽天銀行の便利さ

楽天銀行がいいというのは、LINEの田端さんのツイートで知りました。

銀行印とかマジで面倒ですよね。千葉銀行では、それで何度悩まされたか。。(千葉銀行はネットバンクのシステムがイケてない。。。)

それがないのは本当に素晴らしいなと。

楽天銀行の振込手数料について

では、手数料はどうか、SBIネット銀行のようにATMや振込手数料が無料になるのか、調べてみましょう。

まず知っておきたいのが、口座開設後、キャンペーンにエントリーするだけでATM利用手数料、他行への振込手数料が無料になること。

Index img 01

その場合、SBIのようにランクに応じて無料で使える回数が変わります。

Index img 06

残高が100万円以上あるだけで、振込手数料が月3回まで無料になるそうなので、口座開設したら、速攻千葉銀行から資金移動させようと思いました。

あと、振込手数料の楽天スーパーポイント払いが可能なのも、地味に嬉しいですね。

口座開設の流れ

ということで、早速開設作業を進めていきました。流れは以下の通り。

・サイトで申し込み&情報入力
・アプリから書類アップロード
・ログインに必要なIDなどが書いてある書類が送られてくるのを待つ
・その情報をもとに、ログイン(無事、口座開設完了)

では、行った作業を1つずつ説明していきます。

申し込みは名前、住所などを入力するだけ

まず、こちらから
口座開設の申し込みをしていきます。

ここでは、他の投資系サービス(ソーシャルレンディングネット証券ロボアド)のように名前、住所などを入力していきます。

基本的な情報に加えて、キャッシュカードか、「デビットカード&キャッシュカード一体型」か、「クレジット&キャッシュカード一体型」かを選んでいきます。

僕は、デビットとキャッシュカードの一体型を選びました。

スクリーンショット 2017 08 23 13 14 58

こうして、必要な情報の入力が終わると、次は本人確認を行なっていきます。

アプリから本人確認した方が早く口座開設できる

本人確認もまた、他の金融系サービスと同じように進めていきます。

楽天銀行の場合、アプリから本人確認する方法と、書類を送付してもらい、そこに免許証などの本人確認証明書を入れて送り返す方法があります。

前者は口座開設まで最短で2日、後者は最短で2週間かかるそうなので僕は前者を選びました。(アプリはiOSとAndroid両方あり)

スクリーンショット 2017 08 23 13 13 43

アプリから本人確認する方法

アプリでは、「書類を送る」>「口座開設申し込み」から設定していきます。

Ghaiehfa

この際、「登録番号」「アクセスキー」「生年月日」を入力することになります。

なお、生年月日以外は、情報入力が終わったタイミングでメールで送られてきます。

22222222

そのあとは、免許証などの本人確認書類をスマホからアップロードします。

すると、本人確認の作業も完了します。

IMG 3297

ここからは、楽天銀行の方で事務手続きをしてくれるので、それが終わってログインに必要な書類が送られてくるのを待ちます。

ということで、残りの作業は追記していきます。(現時点、8月23日)

>>楽天銀行のサイト
(口座開設は無料です)

だいたい1週間後に口座開設できた

口座開設に必要な情報(ログインID)などがかいてある書類は、8月31日にきました。(1週間後)

FullSizeRender 60

そして、口座開設作業は、9月1日に行いました。その流れは、同封用紙に書かれています。

IMG 3560

なお、用紙と一緒にデビットカード、セキュリティカード番号がかいてあるカードが同封されてました。

サイトにログインして情報を入力していく

口座開設でやることは、まず楽天銀行のサイトへのログインです。

PCの場合、サイト右側にある「ログインボタン」をクリックします。

スクリーンショット 2017 09 01 15 10 04
(この作業は、スマホ、アプリでもできる)

まずは、紙に書いてある、仮のログインID、ログインパスワードを入力します。

次に、正規のIDとパスワードを自分で決めて設定していきます。

スクリーンショット 2017 09 01 15 12 18

流れで作業を進めていく

ここでは、暗証番号の設定も行います。

スクリーンショット 2017 09 01 15 13 20

セキュリティの観点から、ワンタイム認証で利用するメールアドレスと、そのコードも入力します。

スクリーンショット 2017 09 01 15 13 35

メールアドレスにワンタイムキーを送信して、それを以下のフォームに入力します。

スクリーンショット 2017 09 01 15 13 44

あと、本人確認のために、送付書類に書いてある支店名(番号)と口座番号も入力します。

スクリーンショット 2017 09 01 15 16 06

最後は、合言葉を3つ決めていきます。(ひらがな入力を求められる場合があるので、注意)

スクリーンショット 2017 09 01 15 16 58

これが終わると、必要な作業は全て完了し、楽天銀行をネットから使えるようになります。

スクリーンショット 2017 09 01 17 12 27

9月4日に入金される

この作業をしたのは、1日(金曜日)の15時過ぎだったので、千葉銀行からその日のうちに振込を反映させることはできませんでした。

なので、4日(月曜日)に振り込まれるように設定しました。

楽天銀行は、100万円以上の預け入れがあると、ATM手数料、振込手数料が無料になる回数が増えるので、それ以上の金額を振り込みました。

ということでで、作業は以上です。

無料で口座開設>>楽天銀行のサイト

関連記事

参照:【70万円投資中】クラウドバンクの「怪しい」という評判は本当か?リスクや運用実績をまとめてみる

>>【100円から始められる】SBI証券でバランス型投資信託の1万円積立を申し込んだ!その方法まとめ

>>【620万円投資中】20代から始めた資産運用と知っておきたい知識まとめ(30代になる前に)

>>【実績】資産運用の初心者としておすすめされてる投資信託(銘柄)が本当にいいのか検証してみる

>>おすすめされてた積立可能なインデックスファンドを購入!実績と利回りも公開していきます

>>【運用実績】楽天証券のロボアド「楽ラップ」の評判は?!手数料や積立などの機能、口コミと共に評価してみた

>>【評価と実績あり】マネックス証券のロボアド「マネラップ(MSV LIFE)」の口座開設方法、デメリット、積立についてまとめたよ

>>【運用実績】松井証券「投信工房」の評価!メリット・デメリットや、リバランス、NISA口座などについても書いておく

参照:オーナーズブックは怪しいの?口コミや評判を見た上でセミナーに参加したら意外なことがわかったよ

参照:【評判あり】SBIソーシャルレンディングの使い方(入金、手数料、確定申告、貸し倒れ、お得なポイントなどまとめ)

>>【千円からOK】Zaifでビットコイン積立を1万円で開始!手数料などまとめ(実績は、随時追記)

>>自動で定期購入できる!積立FXのメリット・デメリットまとめ(随時、評価を追記)

ほったらかし投資でお金を増やすなら


>>1番実績の出ているサービスを知る

+161%の好成績!ビットコイン積立ができる取引所

ぼくは積み立てで利益を出しています。仮想通貨の買い時がわからない人にオススメの投資方法です。 (+161%は、2017年11月22時点の成績)

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ