【仮想通貨】モナーコインで投げ銭できる「Monappy」の感想(将来性、他の使い道にも言及)

どうも。運用男子のタクスズキです。

仮想(暗号)通貨の「モナーコイン(MONA)」を使ってクリエイターの作品購入ができる「Monappy」を使ってみました。

また、サービス内の投げ銭(チップ)機能「tipmona」の感想も書いていきます。

モナーコインを買うなら、Zaifがオススメ

なお、モナーコインの買い方などは以下の記事を参考にしてください。

>>仮想通貨の取引所「Zaif」へ入金し、モナーコインを送金する際の注意点まとめ(ペイジー、コンビニ、クレジットカード払い)

>>Zaifの口座開設方法!必要な本人確認書類、かかる日数(時間)などまとめ

モナーコインが買える仮想通貨の取引所「Zaif(ザイフ)」は無料で口座開設できます

【追記】モナーコインが2017年10月に爆上がり

この記事を書いた後、モナーコインが高騰しました。

執筆時点(10月27日)もこれくらいまで上がっています。

12月になっても高騰してる

12月もモナーコインの上昇は止まりません。1MONA=750円くらいで取引されてます。

スクリーンショット 2017 12 02 16 42 28

上がっている理由として、「ビットフライヤーでの取り扱いが始まった」などがありますね。

>>【仮想通貨】ビットコインの購入方法!初心者におすすめの取引所や手数料の比較表も載せとく

これをみて、「モナーコインは熱い!」ということで、買った人もいましたが、僕は今後の伸びを期待できないと思い、静観していました。

ワクワクしない仮想通貨は買わない主義

その理由は、将来性を感じなかったし、モナーコインについてよくわかってないからです。

以降の文章では、モナーコインを使ったクリエイター支援を紹介してますが、「未発達」という印象を受けました。

それよりは、ビットコインやXEM(アルトコイン)の方が将来性があるということで、「Zaif」で積立投資を行なっているんですよね。

>>仮想通貨でおすすめの投資方法を紹介!リスクを抑えて稼ぐには「ビットコイン積立」が便利

>>【千円からOK】Zaifでの仮想通貨(ビットコイン)積立は意外とおすすめ!運用実績、手数料まとめ

仮想通貨投資は、将来性があるコインの「積立」がおすすめ

あと、言っておきたいのがこれ↑

よくわからない「高騰しているコイン」を買うと、高値づかみすることになりますし、

一括投資は買うタイミングを見極めるのが難しいので、初心者には不向きです。

なので、僕は「Zaif」で将来性のあるコインを積立購入していくのをオススメします。

>>【仮想通貨】ビットコインの購入方法!初心者におすすめの取引所や手数料の比較表も載せとく

積立はリスクを抑えてコインが買える

現在は8万円の積立設定にしています。(内訳は、ビットコインとXEM)

なお、定額積立でコインを買うと、一括購入よりもリスクを抑えられます。

Hoson  1

その辺の詳しい理由は以下の記事を参考にしてください。

>>【少額から】初心者にオススメの資産運用と本まとめ(株、不動産、保険は非推奨)

>>自動で定期購入できる!積立FXのメリット・デメリットまとめ(運用実績、評価あり)

あと、取引所「Zaif」で口座申し込みから実際に投資できるまで、1週間くらいかかるので、早めに申し込んでおいた方がいいですよ。

無料で口座開設>>Zaifのサイト

仮想通貨取引所からMonappyへ送金

では、本題である「モナッピーの使い方」を書いていきます。

モナーコインは、仮想通貨取引所の「Zaif」からしか買えません。

なので、まずはそちらで購入し、送金することになります。

なお、「Monappy」でコインを受け取るには、会員登録が必要なので、登録しておきましょう。

(パスワードの二重チェックがないので、ちと不安)

モナーコインをZaifから送金して、サイト内で作品を買う

Zaifから送金する際は、「Monappy」のマイページ>「受け取る」ページからアドレスを確認して、それをZaif側で入力します。

スクリーンショット 2017 08 17 14 00 15  1

あとは、「MONA出金」から送る金額を指定して「出金」をクリックすればOK。

スクリーンショット 2017 08 17 14 08 01

すると、「MONAの出金手続きを開始しました。通常1〜2分以内にトランザクションIDが発行されます」と表示され、数分で「Monappy」側に反映されます。

スクリーンショット 2017 08 17 12 13 21

クリエイターの漫画や記事を買える

送金されたモナーコインは、「Monappy」内でイラスト、漫画、ブログ記事の購入で使えます。

スクリーンショット 2017 08 17 14 10 28

このように、作品が並んでるので、気に入ったものを買っていく感じです。

スクリーンショット 2017 08 17 12 46 01

購入の際は、作品の個別ページにある、QRコードかアドレスから。(この辺がめんどう)

スクリーンショット 2017 08 17 12 46 34

あと、文章も買ってみました。

スクリーンショット 2017 08 17 12 49 02

これ、中身ほとんどなかったですねw

スクリーンショット 2017 08 17 12 48 29

なお、こういった購入履歴などは、マイページで確認できます。

スクリーンショット 2017 08 17 14 22 34

使ってみて、モナーコインを使ったnoteだなと感じました。

チップ送り機能「tipmona」はなぜか送金できず

あと、投げ銭(チップ)機能の「tipmona」も使ってみました。

これは、Twitterからツイートするだけで、相手に投げ銭できる機能。
。。
。。。

のはずだったんですが、なぜか何度試しても投げ銭できませんでしたね。

この原因は、究明中です。

「Monappy」から「tipmona」への出金が必要

なお、「tipmona」から投げ銭する際は、事前に「Monappy」側からモナーコインを出金しておく必要があります。(Twitter連携も必要)

スクリーンショット 2017 08 17 14 33 37
(0.01MONAの手数料がかかります)

これは、アドレスなどを指定する必要がありません。

そして、「tipmona」の方にモナーコインが入って来たら、ツイートして投げ銭できるはずなんですが、何度試してもダメでした。

便利なブックマークレットもあるが、、

ちなみに、投げ銭は、以下のようにツイートすることになります。

「@tipmona tip @相手のtwitterID 金額(半角数字) コメント
(スペースは全て半角)」

あと、簡単に投げ銭ができる「ブックマークレット」もあるので、そちらもどうぞ。

>>tipmona経由でモナーコインの投げ銭を行うブックマークレット

なお、投げ銭はできませんが、ツイートして「tipmona」に入っているモナーコインの残高確認はできました。

スクリーンショット 2017 08 17 12 51 28

あと、tipmonaのbotアカウントにフォローしてもらえる機能も使えました。(こちらもツイートから)

スクリーンショット 2017 08 17 12 50 51

こちらも覚えておきましょう。

モナーコインの他の使い道

他だと、Amazonギフト券、iTunesカード、LINEプリペイドカードなどを買えるサイトでモナーが使えます。

対応してるのは、BITでマネー、コインギフト。

あと、モナーコインでガジェットなど現物を買えるサイト「ビットコインモール」、「アークオンラインストア(ark)」もあります。

アークでモナーコインを使って決済する方法

アークは、仮想通貨取引所「Zaif」が提供する「ZaifPayment」を使っているそうです。(これを使えば寄付もできる)

必要なのは、任意のアドレスに送金できるウォレット。

商品在庫などの確認後、仮想通貨の送金用リンクが書かれたメールが送られ、そこから決済するようです。

ちなみに、送金用リンクの送金可能時間はメール記載のリンククリック後30分とのこと。

【感想】note、VALU、polcaでいいかな、、

「Monappy」を使ってみた感想はこれですね。

現時点、クリエイターの支援ツールとしては、noteVALUpolcaが優れているので、「Monappy」は使わなくていいかな、と。

現金ではなく、サービス内だけで使える独自通貨の場合、非常に手離れが良く、価値が回っていくとVALUで実感し、それがモナーコインでも起きるのかなと思いましたが、そうはいきませんでした。

やはり、現時点ではクリエイターの作品数と、その質がネックですね。

仮想通貨の勉強にはいい

ただ、「仮想通貨の勉強をしたい」という方には、モナーコインを持ってみて実際に体験してみるきっかけとなるので、完全にネガティブではないと思いました。

※仮想通貨に触って勉強をしたいなら、ビットコインを買ってVALUで投資したりする方が個人的にはいいと思っています。

なので、興味のある方は、まず仮想通貨取り引き所の「Zaif」に登録してみてください。(モナーもビットコインも両方買えます)

【追記】今後は投げ銭として使われて伸びていく?

この記事を書いた当初は、モナコインがあまり盛り上がらないと思っていたんですが、Twitterで調べたらモナ投げ銭のネットワークができてることに気づきました。

これは、意外と可能性があるかも。(pixivとかでも投げ銭で使われてたみたいです)

PayPalとかもこういったネットワークを形成して伸びていったので、クリエイター同士のネットワークが広がっていけば、モナ経済圏も作れるかもしれません。

コーヒーなどを買うのにもMONAが使われている

稼ぎたいイラストレーターは金持ちの仮想通貨投資家の存在を知ろう

関連記事

>>【千円からOK】Zaifでビットコイン積立を1万円で開始!手数料などまとめ(実績は、随時追記)

>>【540万円投資中】20代から始めた資産運用と知っておきたい知識まとめ(30代になる前に)

「資産運用」について

>>ソーシャルレンディングとは?その意味やリスク、税金などの知識まとめ!事業者の比較もしてみる

>>【70万円投資中】クラウドバンクの「怪しい」という評判は本当か?リスクや運用実績をまとめてみる

>>【100円から始められる】SBI証券でバランス型投資信託の1万円積立を申し込んだ!その方法まとめ

ほったらかし投資でお金を増やすなら


>>1番実績の出ているサービスを知る

+161%の好成績!ビットコイン積立ができる取引所

ぼくは積み立てで利益を出しています。仮想通貨の買い時がわからない人にオススメの投資方法です。 (+161%は、2017年11月22時点の成績)

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ