【比較】SBI証券と楽天証券、初心者にはどちらがおすすめ?←投資信託、株を買ってる人間が答えてみる

どうも。5600万円ほどを資産運用に回しているタクスズキです。

今回は、ぼくが資産運用で使っている証券会社、「SBI証券」と「楽天証券」を比較してみます。

どっちがいいの?と思ってる方は参考にしてください。(どちらも口座開設費や口座管理料が無料!

※結論、どちらにも独自機能があるので、ぼくは2つを使い分けてます。(使いやすさから、SBIの方が取引量が多いです)

※2020年3月時点、楽天証券の口座数は400万で、SBI証券は500万口座とSBIの方が人気であることがわかっています

>>【最高】SBI証券でETF買付手数料が無料に!株の現物・信用取引の売買コストも無料

SBI証券と楽天証券の特徴を比較

まず、この2つの証券会社の違いをまとめます。(株などの取引手数料はほぼ同じです)

↓SBI証券↓ ↓楽天証券↓
Tポイントで投資信託を買える現金を使わずTポイントだけでもOK
30円から株を買える1株からOK!楽天では100株から
楽天ポイントで投資信託を買える
取引でポイントがたまり、現金化もできる 楽天銀行との連携でATM・振込手数料が無料になり、預金金利が100倍になる
3円からFXができる 楽天カード決済で投資信託を積立できる
貸し株、債券など定期収入を得る方法が豊富 楽天カード積立により、楽天市場でのポイント還元率が+1倍になる
四季報やレポートでプロの分析を無料でチェックできる(株、FXにて) 日経テレコンにより、日経新聞の記事を無料で読める
IPO銘柄数が楽天より多い。17時~24時で夜間取引ができ、株好きな会社員から人気 高性能ツール「マーケットスピード」を無料で利用できる(チャート分析で便利)

結論、SBIと楽天は以下のように使い分けるのがいいと思っています。(実際、そのように実践してます)

SBI証券のおすすめの使い方】
少額(100円)で株や投資信託を買う(投資信託ならTポイントで取引可能)

・株やFXの値動きでなく、貸し株などで定期収入を得る

・3円と少額からFXをやる、短期でハイリターンを狙えるCFDをやる

【楽天証券のおすすめの使い方(投資が怖い人向け)】
・「銀行サービスでお得な思いをする(手数料を0円にして預金金利を100倍にする)

・楽天ポイントで投資信託を買う

SBI証券とSBIネット銀行の連携でもATMと振込手数料が0円になりますが、預金金利アップは10倍までなので、この点では楽天の方が有利

というわけで、こういったものがSBIと楽天の違いであり、おすすめの使い分け方法です。

※ぼくの場合、分配金を得られるETF買付手数料が0円で銘柄数も多いので、セミリタイアに向けてSBI証券をメインで使ってます

では以降で、紹介した要素を詳しく紹介していきます。

ポイントプラグラムはどっちが得か?

SBIではTポイントで、楽天では楽天ポイントで投資信託を購入できますが、それ以外にもポイントに関するお得機能があります。

それが「ポイントプログラム」で、以下の条件を満たすとそれぞれのポイントが付与されます。

SBI証券 楽天証券
国内株式取引の月間合計手数料の1.1%相当のポイント付与。

投資信託の月間保有額に応じて、最大で年率0.2%相当のポイント付与

金・プラチナ・銀では、スポット取引手数料、および積立買付手数料の月間合計の1.0%相当のポイントを付与

新規口座開設株式の移管入庫、キャンペーンなどでもTポイントを貯められる

約定ごとに、取引手数料分の楽天ポイントが1%付与。

取引が多く「大口優遇」と判定されると、付与分は2%にアップ

投資信託の月末残高が50万円以上あれば、残高に応じたポイントを受け取れる。

「ハッピープログラム」へのエントリーにより、各種取引の手数料100円ごとに1ポイント付与され、投資信託の残高10万円ごとに4ポイント付与される

楽天とSBIは両方使うのがおすすめ

ちなみに、「株などの取引手数料」に関する特徴はSBIと楽天でほぼ同じです。(両者ともいい競争をしてユーザーにメリットを提供中)

違いはこれから紹介する細かいもので、お互いに良さがあり、ぼくは両方を使ってます

>>【無料】SBI証券の口座開設のやり方と手順を画像で紹介!数分で終わります

※SBIと楽天を使うには取引口座が必要で、どちらも無料で作れるので、少しでも興味があるなら作っておくことをおすすめします

作るだけなら損しませんし、お得な口座開設キャンペーンもやってますので。

sbiでtポイントプレゼント

SBIと楽天では100円からポイント投資ができる

では次に、SBI証券と楽天証券でやれる「100円からのポイント投資」について紹介します。

これは気軽に、ふところを痛めず(自分のお金を使わず)投資を始めたい初心者に向いてます

ポイントを有効活用できるので、おすすめです。(使い道がないポイントを現金化できます

>>【無料でカンタン】SBI証券の口座開設のやり方を紹介!数分で終わります

こちらもおすすめ>>無料の口座開設だけで1000円ゲットする方法

楽天とSBIでできること(株主優待、高配当銘柄、FXも)

あと、楽天証券とSBI証券では「株を買う」「投資信託を100円から積立」以外にも「iDeCo(イデコ)」など、いろんなことができます。

>>【100円から】つみたてNISAのメリット、申し込み方法などまとめ!税金がゼロになりお得

なので、つみたてNISAで非課税で老後資金を作りたい方、iDeCo(確定拠出年金)で節税メリットを得たい方にもおすすめです。

>>【無料でカンタン】SBI証券の口座開設のやり方を紹介!数分で終わります

SBI証券と楽天の比較ポイント(細かい部分)

以降では、細かい部分の比較をしていきます

※「お金のプロ」が勧める金融機関では、2位が楽天、1位はSBI証券でした

SBIネット銀行からSBI証券口座にお金を移すとハイブリッド預金となり、出し入れ自由なのに普通預金の10倍の金利が適用されます

チェックできる情報が違う(SBIは無料で四季報を読める)

まず無料でチェックできる情報について。

SBIは四季報など参考になる情報を無料で見られます

スクリーンショット 2017 11 19 11 18 57
(業績、自己資本比率、PERなどがわかります)

会社の概要もチェックできます。

スクリーンショット 2017 11 19 11 18 45

クォンツリサーチ社分析では、株(個別銘柄)が割安か?などを確認でき

スクリーンショット 2017 11 19 11 18 25

モーニングスター企業評価レポートでは、他の投資家の判断(買いかどうか)がわかります

スクリーンショット 2017 11 19 11 19 24

投資家の意見も無料で見られる

楽天でも、「他の投資家の判断」「企業を買うべきか検討する際の参考数値(PERなど)」がわかるんですが、

SBIの方が充実していて、情報も見やすいのです。

>>【お得でカンタン】SBIネット銀行で「ATMと振込手数料」を無料にし、預金金利を10倍にする方法

楽天証券では、無料で日経新聞が読める(日経テレコン)

ただ、SBIにはない楽天独自の強みもあります。

それは、日経テレコンによって日経新聞が無料で読めるようになることです。

名称未設定  1

なので、日経新聞が読みたい人は楽天証券もどうぞ

>口座開設キャンペーン中のおすすめサイトまとめ
10000y

証券会社のオススメ記事は他にもあります

>>【朗報】500円からのTポイント投資スタート!SBIネオモバイル証券でお得なキャンペーンも実施中

>>ミニの評判も!SBI証券とFXトレードの違いや口座開設のやり方、アプリの比較まとめ

>>【3円からの積立FX】米ドル円、人民元の買い方まとめ @SBI α

>>【評判あり】楽天証券のメリット、デメリット!使いにくい?アプリで投資信託は買える?

投資信託の取扱量は?ノーロードは何本ある?

あと、投資信託の扱い量は以下の通り。(2020年6月10日時点)

・SBI証券:2,645本、楽天証券:2660本(どちらもすべて買付手数料が0円のノーロード)

ただ、投資信託の本数はあまり大事じゃなくて、利益の出る「ちゃんとした商品があるか」が特に大事です。

>>【実績】資産運用の初心者としておすすめされてる投資信託(銘柄)が本当にいいのか検証してみる

両方に成績のいい商品がそろっている

では、どれが「ちゃんとした商品」かというと、投資家から人気で成績がよく、信託報酬(運用コスト)も低いものです。

sbiの投資信託ランキング
(SBI証券での人気ランキング)

人気でおすすめ銘柄は以下の通り。

①SBI-SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド
②楽天・全米株式インデックスファンド(楽天VTI)

③eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)や米国株式
④ニッセイ外国株式インデックスファンド

①以外はSBI、楽天どちらにもあります。

>>おすすめされてた積立可能なインデックスファンドを購入!実績と利回りも公開していきます

sbi証券での積立額
(SBI証券では400万円ほど投資信託を買いました

あと、「大和のiFreeシリーズ」と「たわらノーロード」といった優良な投資信託も両方にあります。

>>評判悪い?SBI証券のメリット・デメリットや口コミ、口座開設キャンペーン、使い方まとめ

>>【評判】ひふみ投信(プラス)の利回りは?デメリットは?いくらで買える?などに答えてみる

各種手数料:株の取引コストを0円にできる

手数料はあまり差がないです。

信託報酬は一律ですし、株(現物)の売買手数料は、どちらも「約定代金50万円まで0円」です。

sbi証券の株手数料

※楽天証券であれば「いちにち定額コース」を、SBI証券では「アクティブプラン」を選べば50万円の約定代金まで取引コストが0円になります。

>>【国内株】SBI証券の投資信託ランキング上位のファンドを買ってみた(実績も公開)

>>【比較】つみたてNISAは楽天証券とSBI証券どちらがおすすめ?「春から楽天ポイントでの積立開始!」なども紹介

NISA口座なら手数料無料

SBIと楽天ともに、NISA口座での取引であれば、国内株の売買手数料は「アクティブプラン」でなくても無料になります

対象商品・取引

成人NISA口座での国内株式(現物株式・ETF・ETN・REITを含みます)

※単元未満株取引(S株)は対象外となります

>>【初心者向けのNISA】株、投資信託、ETFのおすすめ銘柄!楽天、SBIでの注意点もまとめ(ジュニア版あり)

海外ETFの買付手数料も無料になります

NISA口座なら、海外ETFの買付手数料は無料ですが、海外の個別株では通常の手数料がかかります。

※海外ETFの売却手数料は対象外となります。

※通常の外国株式取引(海外ETFを除く)には、通常時の委託手数料が適用されます。

なお、人気の米国株なら1回の取引につき、コストは約定代金の0.45%+消費税です。(最低手数料0米ドル、手数料上限20米ドル+消費税)

>>SBI証券でETF自動積立!分配利回り5%以上の高配当銘柄、手数料フリーの商品も紹介

>>【無料でカンタン】SBI証券の口座開設のやり方を紹介!数分で終わります

楽天ポイントで国内現物株も買える

楽天市場、楽天トラベルなどでたまったポイントを「1ポイント=1円」でETF投資にも回せます

>>楽天証券でポイント投資!株・海外ETFを買う方法(注文時に注意点、デメリットあり)

こちらも覚えておきましょう。

>>業界初!楽天スーパーポイントで投資信託を100円から買えるようになったので、その方法を紹介

SBIではドル資産の米国債も購入できる

>>SBI証券で米国債!トレジャリーボンドの買い方(償還期間が10年超!アメリカの長期国債)

>>SBI証券でのつみたてNISA実績!おすすめ商品や、買い方・売り方・引き出し方も紹介

>>米国株・ETFで配当生活中!SBIやマネックスでの買い方、手数料、長期投資のおすすめ銘柄まとめ

>>【楽天カード決済でポイント貯まる】クレジットカードのポイントを資産運用に回せるサービスまとめ(自動積立あり)

サイトの使いやすさも比較(好みが出る)

なお、使いやすさは「慣れ」ですね。(つまり、好みによります)

個人的には、資産をまとめて見れるトータルリターンのページがSBIの方が見やすいと思っています

スクリーンショット 2017 11 19 11 22 02
株の保有銘柄(一部)

スクリーンショット 2017 11 19 11 22 28
投資信託の保有銘柄(一部)

以下は、楽天証券の資産を見れる画面。

スクリーンショット 2017 11 19 11 30 27

SBIのように、%で利回りが表示されないんですよね。(細かいですが、こういった違いがあります)

>>【初心者向け】投資信託の選び方と賢い買い方(SBI、楽天証券がおすすめ)

ロボアドバイザーはSBIに分がある

ロボアドだと、SBIは「ウェルスナビ」「THEO」と提携していて、楽天証券では独自のロボアド「楽ラップ」があります。

実績(運用成績)を比較すると、前者の方が上なので、この分野ではSBIの方が優秀です。

※SBI証券には投資信託の積立アプリもあります

>>【実績公開】ロボアドバイザー投資とは?どれがおすすめ?比較して評価(THEO、ウェルスナビ、投信工房、楽ラップ)

他の証券会社のレビュー(意見)も書いてます

SBI、楽天以外だと、カブドットコム、松井証券マネックス証券ワンタップバイがありますが、メインでは使ってません。

楽天とSBIでこと足りるので、基本的に2つでいいかなと

というわけで、証券会社は「SBI証券」と「楽天証券」をどうぞ

>SBI証券のサイトでキャンペーンなどをチェックしてみる
sbi証券のキャンペーン

比較は以上です。

こちらもおすすめ>>無料の口座開設だけで1000円ゲットする方法

楽天証券で使ってるサービス

>>【100円からOK】楽天証券のバランス型投資信託「楽天資産形成ファンド」を10万円一括購入してみたので作業まとめとく

なお、楽天証券と楽天銀行を連携させると、預金金利が1年間100倍になります。(マネーブリッジ)

>>入出金手続きなし!すぐに株や投信を注文できる「自動入出金」とは?

>>100円投資のメリット・デメリット(SBI、楽天証券の投資信託で可能)

住信SBIネット銀行とSBI証券でも自動入金できます

>>【自動入金あり】SBIネット銀行で「ATMと振込手数料」を無料にし、預金金利を10倍にする方法

>>【株の始め方】「ミニ株」より少ない資金で国内株式を注文できる「単元未満株」の買い方 @SBIネット証券

>>SBIで自動で定期購入できる!積立FXのメリット・デメリットまとめ(運用実績、評価あり)

キャッシュバックキャンペーンなどがお得

>>【お得】SBI証券でNISA、つみたてNISAを申し込むと抽選で2000円プレゼントキャンペーン実施中

>>【最大10万円もらえてお得】楽天証券と楽天銀行のキャンペーンまとめ(現金、ポイントの大量プレゼント)

【追記】楽天証券のつみたてNISAが便利

つみたてNISAでも楽天ポイントから積立できるようになりました

>>【即日買い付け】つみたてNISAをすぐカンタンに始められるようになりました!

つみたてNISAのオススメ商品も知ろう

さらに、「楽天証券と楽天銀行の裏技」をつみたてNISAと組み合わせると、かなりお得です

積み立てる投資信託は以下の記事で紹介してるものがおすすめ。(これまでの実績がよく、人気の商品です)

>>【100円投資の利益公開】楽天ポイントで買える成績のいい投資信託まとめ @楽天証券

というわけで、こういった点を魅力に感じた人は楽天証券を使いましょう。(口座は無料で作れます

2つとも有望銘柄を探す機能が優れている

株では、SBIと楽天には割安な有望銘柄を探せる「スクリーニング機能」があります

これもかなり便利なので、株を買う際はどうぞ。

>>【無料でカンタン】SBI証券の口座開設のやり方を紹介!数分で終わります

楽天ポイントの還元率をアップする方法も

>>【比較】ポイント投資のおすすめやデメリット、税金まとめ(Tポイントにも言及)

>>【お得】楽天ポイントで投資信託を買うと楽天での買い物時、ポイント還元率が倍に!(通常1倍なら2倍、2倍の人は3倍へ。1ポイントからOK)

>>【朗報】楽天ポイントで1円から積立投資が可能になりました!楽天証券で気軽にAppleなどの株をもてますよ

カードでポイントを貯めて投資信託を買ってます

メインはSBI、サブで楽天を使って、カード利用などポイントが貯まるたびに優良な投資信託を買い増してます。

>>独自取材!「金利14%のすごい運用」を楽天証券株式会社の中の人に話を聞いてきました

>>楽天ポイントを賢く貯める方法と使い方まとめ(お得な日やカード活用、無料のコツ・裏技も)

>>米国ETFのおすすめ:国内ランキング、配当利回り、ポートフォリオ(株、債券)まとめ

>>SBI証券では30円で株を買える!ポイントを貯めて、それで株を買うのも可能

テーマ株投資、1株から買えるのも大事

以下、マニアックなSBIの特徴。

S株Now!(テーマキラー)(テーマごとに個別で株を買える)など、楽天にはない機能がある

住信SBIネット銀行との連携で投資が簡単、スピーディー

手数料は楽天もSBIも同じ(安全性、問題なし)

>>【評判】セゾン投信の利回り、手数料、解約方法、2chなどの口コミまとめ

>>【評判、口コミ】FX取扱業者の2chなどでの評価(悪評)、ランキング、スプレッドまとめ

>>「ワンタップバイ」をネットの評判、口コミと自分の感想を元に評価!「買える株少ないし、正直微妙」

>>アメリカ株のおすすめ証券会社!SBI、楽天、マネックスの米国ドル為替手数料も比較

【比較】ネット証券の比較(ランキング一覧も)

>>【評判、口コミ】おつり投資「トラノコ」の実績、評価まとめ(資産運用アプリあり)
※中堅のライブスター、大和証券、岡三証券、SMBC、サクソンバンク、立花証券、岩井コスモスは使ってません

なお、さっきの満足度ランキングで3位はインヴァスト証券とGMOクリック証券です。(同率)

>>【評判&検証】トライオートFXの実績、自動売買のやり方まとめ

楽天証券、SBI証券でIPO(未上場株投資)できます

2019年の楽天のIPO取扱実績は26銘柄、SBI証券は82銘柄ですから、IPOではSBIに分がありますね。

>>【100万円儲かった人も】ソフトバンクのIPO(新規上場)株をSBI証券でゲット!

SBIにはIPOチャレンジポイントもあり、利用すれば当選確率アップにもつながります。

>>【メリットでかい】楽天カードの投信積み立てだけで確実に1%儲かる!やり方や設定方法も紹介

SBIのおすすめ商品は債券(国債と私債)

あと、SBIでは独自で以下のような債券も扱ってるのが強みです。

・ソフトバンクグループ株式会社無担保社債

・静岡県公募公債

※ソフトバンクのは利回り1%ほどですが、静岡のはかなり低いです

EB債(デジタルクーポン/日経平均レバレッジETF)

こういった債券もあり、条件は以下の通り。

利率:年11.50%

申し込み単位:50万円以上、50万円単位

利払日:償還日までの毎年2月、5月、8月、11月の1日

※2年待つ必要があります

>>銀行預金でなく、個人向け国債を購入するメリットや買い方、金利、手数料などまとめ

SBIにはCFD(くりっく株365)もあり

>>くりっく株365とは?使える証券会社とそれぞれの特徴を比較し、おすすめも紹介【株価指数CFD】

>>【3000万投資し比較】ネット証券のおすすめは?僕の感想と評価、2chでの悪い評判まとめ

>>「株価指数CFDとは?日経225以外の指数は何がある?デメリットは?」に答えてみる

SBIでは、積立FXや短期トレード(売買)も可能です

>>低コストで毎月分配!SBI証券で投資信託を定期売却すれば、手数料高いタコ足銘柄を買わずに済む

>>【終わった】トルコリラ・スワップポイント生活の推移:大損する前にやめような @SBI FX

>>【100円から】SBI証券口座からFX積立!資金の振替〜積立購入までの方法を紹介

>>【積立FX】米ドル/円のスワップポイントでどれくらい稼げたか成績公開(100円から始められます)

>>【朗報】SBIでTポイント投資がスタート!取引でTポイント付与、資産運用がドンドン気軽になるね

楽天証券のポイント活用、擬似運用もある

SBI証券では無料のカンタン作業Tポイントがもらえます

>>【朗報】楽天でポイントの疑似運用サービスがスタート!円で資産運用をはじめるのが不安な人におすすめです

>>【楽天ポイントの貯め方&攻略法まとめ】Amazon、Tポイントへの交換方法も紹介(2018年版)

使い分け!SBI、楽天の両方で口座開設したよ

>>【すごい】SBI証券で米国株の手数料が最低5ドルから0ドルに!かなりコストが安くなり、少額投資しやすくなったよ

>>楽天証券とSBI証券を使い分け中!両方で口座開設し、楽天ではクレジットカード積立してます

>>【SBI証券】米国の貸株カストック(Kastock)を使った感想や始め方・設定方法、金利まとめ

SBIネオモバイル証券との併用もあり

>>SBIネオモバイル証券で1株から申し込める「ひとかぶIPO」スタート!

>>楽天証券FXの評判やiDeCo、ポイントでのつみたてNISAがおすすめか検証!マネーブリッジのデメリットも

>>【株で毎月配当金も】インカムゲインとは?それを得られる投資やキャピタルゲインとの違いまとめ

楽天証券と銀行のお得な裏ワザが未経験・初心者にウケてる

あと、楽天証券と銀行のお得な裏ワザ投資の未経験者や初心者にウケています

かなりメリットあるので、これをきっかけに楽天証券を使い始める人がいるんですね。

>>積立できるアクティブファンドのおすすめやメリット・デメリット、成績などまとめとく

>>【SBI証券】投資信託を保有してるだけでポイントが貯まる「投信マイレージ」がいい感じ!実質的に手数料を減らせます!

リスクを抑えたFXで寝てる間もお金を増やしてます

ユーザーの80%が儲かってる「手間なしFX」

お得なタイアップで現金とギフト券がもらえる!

株のような値動きでの損がイヤな人は必見

今ならキャンペーンで3,000円もらえてお得!

運営者をフォローして最新情報を受け取ろう!

サブコンテンツ