年金は65歳よりも前に受けとり始めると損、66歳以降で受けとると得!老後も稼げる仕事を見つけよう

どうも。1000万円以上を資産運用に回しているタクスズキです。

「FP技能検定3級 聖戦過去問題集 2017年度版」にお金に関する役立つ情報が載ってたので、勉強がてら紹介します。

今回は、年金について。(この本は、Kindle Unlimitedで読み放題対象です)

知っておきたい年金の知識

まずこれ。(老齢基礎年金とは、「国民年金(公的年金)」と考えてください)

老齢基礎年金を繰り下げて受給する場合、繰り下げによる加算額を算出する際の増額率は0.7%/月で、最高は42%。

減額率(0.5%/月)の最高は、30%。

年金は、受給時期を68歳とかに遅らせるとたくさんもらえて、その逆で早めにもらうと受給額が少なくなるのです。

受給時期を遅らせて年金をたくさんもらうためには、定年後も稼げる仕事を見つけておく必要がありますね。

関連記事:フリーランスの仕事にはこんな種類がありますよリスト(34職種)を作りました

関連記事:【副業】月5万円稼ぐ方法27コ!在宅、ネットで収入を得られる、時間が自由な仕事

退職金も減ることは理解しておこう

あと、退職金も減るそうなので、資産運用して自分でお金を用意しておく必要があります。

というわけで、気軽に資産運用を始められることも知っておきましょう。

投資家に大人気で、成績のいい「ひふみ」も100円から買えます。

無料で口座開設>>楽天証券のサイト

「楽天ポイントの100円投資」で資産運用を始める人が増えてます

年金を68歳で受け取ると、いくら増えるか

これも覚えておきたい知識。

65歳到達時に基礎年金の受給資格期間を満たしている人が、68歳到達時に年金の繰り下げ支給の申し出をした場合、

年金の増額率は、25.2%

老齢基礎年金の繰り下げ支給による増額率は1ヶ月0.7%。68歳時点では、36ヶ月の繰り下げなので、

増額率は、0.7%/月 x 36ヶ月 = 25.2%。

※62歳で繰り上げ受給するなら、0.5%/月 x 36 = 18%。

本来、65歳で(単純に)100万円もらえるとして、

68歳で受け取り始めたら125.2万円になり、62歳で受け取り始めたら82万円になるわけですね。

というわけで、こういったことを今後もFP資格の参考書から紹介していきます。

関連記事

>>【100円から】「つみたてNISA」のメリット、申し込み方法などまとめ!現行NISAより長期運用に向いてます

>>【実績あり】SBI証券で個人型確定拠出年金(iDeCo)を申し込む作業とかかる時間、注文した投資信託まとめ

>>【比較】SBI証券と楽天証券、初心者にはどちらがおすすめ?←投資信託、株を買ってる人間が答えてみる

少額投資を始める方法

>>【実績】資産運用の初心者としておすすめされてる投資信託(銘柄)が本当にいいのか検証してみる

>>【おすすめ】インデックス投資の始め方とタイミング、実際の利回りなどをまとめてみる

>>【評判】ひふみ投信の利回りは?デメリットは?いくらで買える?などに答えてみる

ロボアドで自動のほったらかし投資

>>評判通り?ウェルスナビの実績を公開してみる。まずは100万円と毎月積み立てでスタート

>>【実績公開】ロボアドバイザー投資とは?どれがおすすめ?比較して評価してみた(THEO、ウェルスナビ、投信工房、楽ラップ)

>>「運用で増えるお金」と「資産の組み合わせ」を提案してくれるロボアド『ウェルスナビ』の無料診断を受けてみた(実績あり)

【いま人気】楽天ポイントで100円から始める「ほったらかし投資」

【今だけお得】無料でビットコインをもらう

AIに運用を任せて、ほったらかしで資産を増やしてます

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ