NEOをウォレット「Neon Wallet」で管理する方法(理想はハードウェアウォレットのLedgerで)

どうも。1000万円以上を資産運用に回しているタクスズキです。

以下の記事で紹介しているNEOのウォレットでの管理方法や、

>>【仮想通貨】NEOを買える取引所や購入方法、今後の可能性についても書いてみる

GASのもらい方を紹介します。

>>仮想通貨を安全に管理するために使ってるウォレットまとめとく(ビットコインなどの主要通貨、トークン)

NEOはハードウェアウォレットで保管するのがベスト

本当はハードウェアウォレット「Ledger NanoS」“”で保管するのがベストなんですが、僕の場合、ウォレットがまだ手元にない時取引所から移したので、これから紹介するNeonウォレットで管理することになりました。

ですが、安全なのはハードウェアウォレットですので、これは必ず覚えておきましょう。

>>仮想通貨のハードウェアウォレット「Ledger Nano S」を日本の正式代理店から買う方法(注文から2日で届いた)


↑堅実な資産運用をしたい人向けの無料アプリ「ウェルスナビ」。日々の値動きに消耗することがないです↑

Neonウォレットをダウンロードして使う

NEOは公式サイトからデスクトップ型ウォレット(Neon Wallet)をダウンロードして保管します。

※Windows、Mac、Linux版があります

なお、その辺の作業は以下のクライアント型ウォレットとほぼ同じなので、参考にしてください。

(パスフレーズ、秘密鍵などは必ずメモ&USBでバックアップを!)

クライアント型ウォレットを使う

>>$XP をMac版ウォレットで管理する方法:同期にかかる時間、マイニングの実態などまとめ

>>QTUMは取引所「バイナンス」から「MyEtherWallet」に送金できません(専用ウォレットが必要)

>>【仮想通貨】 $ADA をダイダロスウォレットで管理!送金方法などを紹介(Mac版) #Cardano

>>【仮想通貨】LiskをNanoウォレットで安全に保管!インストール方法、パスフレーズなどの情報まとめ

ウォレット作成後は都度ログインが必要(Mac版)

ウォレットを作成して、NEOを受信した後にウォレットを終了させると、次の起動時にログインが求められます。

スクリーンショット 2018 02 10 13 01 53

この場合、以下を使ってログインできます。

・encrypteed key、passphrase、private key、Ledger

僕は、左から2番目のをクリックして、パスフレーズとエンクリプトキーを使ってログインしてます。

スクリーンショット 2018 02 10 12 04 07

Balance(残高)は以下のように表示されてます。

スクリーンショット 2018 02 10 12 04 31

なお、「Claim GAS」を手に入れるとGASトークンをゲットできます。(保有してるだけでOK。取得するのに数分かかります)

スクリーンショット 2018 02 10 12 04 35

保有してるだけで、0.15%分のトークンをもらえる

なお、4週間ほど27NEO(3,211 USD相当)を保有して、0.11GAS(4.82 USD相当)ゲットなので、月の利回りは0.15%。

年間だと、60USD(6000円くらい)のGASがもらえる計算です。

これはなかなかおいしいですね。

ウォレットからICOにも参加できる

NEOはイーサリアムのようなICOプラットフォームでもあるので、ウォレットからICOコインを買えます。

スクリーンショット 2018 02 10 12 05 00

その場合は、NEOを使ってコインを買います。

スクリーンショット 2018 02 10 12 05 11

MyEtherWalletには、この機能がないはずなので、NEOはすごいなと思いました。

なお、ページ上部にある注意書きも読んでおきましょう。

IMPORTANT:

Read the points below before continuing
Submitting NEO multiple times may result in a loss of funds or a delayed refund depending on the policy of the ICO company.

「すでに終了しているトークンセールにNEO / GASを送ると、あなたはNEO / GASを失い、払い戻されません」などが書いてあります。

というわけで、NEOをウォレットで管理する方法の紹介は以上です。

※資産は極力「ハードウェアウォレット“”」で管理するようにしましょう。

>>仮想通貨のハードウェアウォレット「Ledger Nano S」を日本の正式代理店から買う方法(注文から2日で届いた)

関連記事

>>ハードウェアウォレット「Ledger Nano S」「TREZOR」で管理できるERC20トークンまとめ

>>仮想通貨ウォレットの種類(Web、クライアント型、ハードウェア)、それぞれの特徴、リスクまとめ

>>【検証】ハードウェアウォレットをAmazonで買ってみた!資産は無事なの?(購入したのはTREZOR[トレザー])

【いま人気】楽天ポイントで100円から始める「ほったらかし投資」

AIに運用を任せて、ほったらかしで資産を増やしてます

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ