仮想通貨を安全に管理するために使ってるウォレットまとめとく(ビットコインなどの主要通貨、トークン)

どうも。1000万円以上を資産運用に回しているタクスズキです。

今回は、仮想通貨を安全に保管するために使っているウォレットを紹介します。

>>仮想通貨のハードウェアウォレット「TREZOR」と「Ledger」の違いを比較!おすすめや「どっちがいいの?」に答えてみる

取引所に置いておくと、コインチェックで起きたような紛失リスクがあるので、資産はウォレットに移すようにしましょう。

>>取引所のコインチェック「BTC以外(オルトコイン)の売買を一時停止中」と発表:情報は公式Twitterを追おう

ベストは、ハードウェアウォレットでの管理

一番安全とされているのが、「Ledger“"」や「TREZOR」といったハードウェアウォレット。


(こういった端末をハードウェアウォレットと言います)

>>仮想通貨のハードウェアウォレット「Ledger Nano S」を日本の正式代理店から買う方法

ウェブウォレットはハッキングリスクがある

他だと、ウェブウォレット、クライアント型ウォレットがあるんですが、

ウェブにはハッキングリスク、クライアント型にはPC、スマホなどの故障・紛失リスクがあります。(復元のためのコードはありますが)

>>【朗報】仮想通貨を安全管理できるウォレット「Ginco」、もうすぐリリース予定!仮想通貨同士を交換する両替機能も提供予定

そうした中で、一番安全なのがハードウェアウォレットなのです。

リカバリーフレーズで故障リスク回避

ハードウェアウォレットにも故障リスクがあるわけですが、このリスクはリカバリーフレーズで回避できます。

TREZORでは、初めてウォレットを使う時に、24この単語を紙にメモします。(簡単な英単語)

これをリカバリーフレーズと言い、端末をまたいで使えるため、

保有しているハードウェアウォレットが壊れたとしても、別の端末を使えば資産を復元できるのです。

また、ウェブに置いておくわけではないので、ハッキングリスクもないです。

こんな感じで安全なので、昔から投資してる仮想通貨ユーザーにハードウェアウォレットが支持されています。

ハードウェアウォレットの入手方法

Ledger、TREZOR共に海外の公式サイトから入手するのがベストです。

ただ、Ledgerは3月中旬まで在庫切れで、TREZORも届くまで時間がかかりそうだったので、

ぼくはTREZORをAmazon、Ledgerを日本にある正式代理店のサイト“"から買いました。

なお、Amazonで買ったウォレットでもおかしなことにはならず、安全に管理できています。

ハードウェアウォレットで管理できるコイン

なお、2つのウォレットで管理できるコインは以下の通り。

TREZOR:
ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ERC20トークン、イーサリアムクラシック、Dash、ライトコイン、ZCash

Ledger:
BTC、LTC、ETH、DOGE、Zcash、Dash、リップル(XRP)、BCH、ETC、ARC、NEO、QTUM、STELLARなど

こんな感じで2つのウォレットを持っていれば、大体のコインは管理できます。

ハードウェアウォレットで管理する方法

それぞれのコインを管理する方法は以下の記事でまとめているので、そちらを参考にしてください。

流れとしては、「初期設定>コインをウォレットアドレス向けに送金>着金したら放置」という感じ。

>>【仮想通貨】 $OMG を買える取引所や購入方法、チャートの動きを紹介しておく(OmiseGOのトークン)

>>s出金制限のかかっていた「Zaif」で出金できた!ETH、BCH、XEMは数分でウォレットに届いたよ

>>仮想通貨の取引所「coincheck(コインチェック)」に入金してイーサリアムを購入&コインを送金する方法(ALISのトークンセール用)

>>仮想通貨のハードウェアウォレット「Ledger Nano S」でリップル(XRP)を管理する方法(Mac)

他に使ってるウォレットまとめ

ハードウェアウォレット以外だと、以下のウォレットを使ってます。

・NanoWallet(NEM/XEMを管理。ハーベスティングもしてます)

・XP Wallet(マイニングしてます)

・Neon Wallet(NEOをウォレット「Neon Wallet」で管理する方法(理想はハードウェアウォレットのLedgerで)

・Waves Wallet(Wavesを管理。リーシングで報酬もらってます)

・Qtum Core Wallet(QTUMを管理。ステーキング報酬を狙ってます)

・LiskはNanoウォレットで管理してます

【仮想通貨】 $ADA をダイダロスウォレットで管理!送金方法などを紹介(Mac版) #Cardano

ウォレットで管理する方法の記事まとめ

>>$XP をMac版ウォレットで管理する方法:同期にかかる時間、マイニングの実態などまとめ

>>取引所「HitBTC」から $IXT をウォレット「MyEtherWallet」に送金する方法(着金までにかかる時間も調査)

>>QTUMは取引所「バイナンス」から「MyEtherWallet」に送金できません(専用ウォレットが必要)

>>$WAVES を貸し出して(リース)報酬(配当)をもらう方法【エアドロップ】

コインチェックに預けていた資産はどうなった?

なお、これ以外のコイン「XRP、Lisk」などコインチェックに預けていたんですが、それらは無事のようです。

ちょっとひと安心。

XRPは良さそうなウェブウォレット、クライアントウォレットがないので「Ledger“"」の発送を待つしかないですね。

(Liskも対応しないとな。。)

バイナンスのERC20トークンは「My Ether Wallet」へ

あと、コインチェックの件を受けて、「バイナンス」に預けていたERC20トークンを「My Ether Wallet(マイ・イーサ・ウォレット)」に移しました。

>>仮想通貨取引所「バイナンス(Binance)」で口座開設!送金してコインを買う方法、かかる時間などまとめ

取引所に置いておくのは怖いので、ちゃんと安全なウォレットで保管するようにしましょう。

>>仮想通貨のハードウェアウォレット「TREZOR」と「Ledger」の違いを比較!おすすめや「どっちがいいの?」に答えてみる

関連記事

>>投資はガチホが最強(仮想通貨と積立投信などに1000万円以上投資してみて感じたこと)

>>【仮想通貨】 $PAC を買わない理由「仕手っぽく価格上昇の煽りがあるから。信じて長期保有できないから」

>>【12月まで延長】3000円分のビットコインがもらえる!仮想通貨の取引所「ビットポイント」で口座開設する方法

マイナーコイン投資

>>仮想通貨「 $XP 」をライトコインで買う方法!購入できる取引所、注意点も紹介

>>【仮想通貨】iXLedger( $IXT )の将来性や買える取引所、チャートの動きを紹介!

>>【仮想通貨】おすすめはしないけど、有望と思い投資してる草コインの一覧を載せときます

【いま人気】楽天ポイントで100円から始める「ほったらかし投資」

【今だけお得】無料でビットコインをもらう

AIに運用を任せて、ほったらかしで資産を増やしてます

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ