【ICO】プラットフォーム「Waves」で自分のコインを発行してみた!簡単すぎて笑うレベルw DEXやべぇwww

どうも。1000万円以上を資産運用に回しているタクスズキです。

コインを発行できるプラットフォーム「Waves」で自分のコインを発行してみたので、メモしときます。(DEX[分散型取引所]もあります)

※DEXでトレードで使えるコイン「WAVES」はバイナンス(Binance)に上場しています

>>仮想通貨取引所「バイナンス(Binance)」で口座開設!送金してコインを買う方法、かかる時間などまとめ

【億り人になりたい人向け】「1ヶ月で4倍!」など、これから上がる銘柄を知る方法

なお、投資顧問会社がハイリターン銘柄を教えてくれてる無料メルマガもあるので、興味ある方はそちらもどうぞ。(ぼくも購読中です

無料で情報を受け取る>>メルマガで利益を狙える銘柄をチェック

>>【実績あり】1ヶ月で4倍になる銘柄を知れる無料メルマガに申し込んだら、予想以上に有益だった話

めっちゃ簡単にコインを発行できる

まずやるのは、こちらのサイトから、ウォレット新規作成。

スクリーンショット 2018 01 23 16 31 36

ウォレット作成の際、「SEED(バックアップコードのようなもの)は大切に保管してね」と言われるので、その通りにしましょう。

スクリーンショット 2018 01 23 16 31 55

SEED、秘密鍵、自分のウォレットアドレスなどはウォレット作成後も確認できます。(登録・作成の際はNAMEとパスワードを決めるだけでOK)

トークンを発行する際は、名前、発行料などを決める

というわけで、ウォレットを作成したら、Token Creation Labタブからトークンを作っていきます。

スクリーンショット 2018 01 23 16 40 55

この際、1WAVES必要になるので、バイナンスから送金しておきましょう。(数分で届きました)

関連記事:【仮想通貨】 $OMG を買える取引所や購入方法、チャートの動きを紹介しておく(OmiseGOのトークン)

トークンを作成する際は、コイン名、発行量、単位、「再発行可能か」を入力。

スクリーンショット 2018 01 23 16 40 55
(TakuSuzukiというコインを作ることにしました)

再発行可能かどうか、は発行後に変えられないので、その辺を理解して作成しましょう。

スクリーンショット 2018 01 23 16 58 01

【作成後の作業】作成したコインは「ポートフォリオ」タブから確認

ポートフォリオタブには「Transfer(送金)」「Detail」があり、

スクリーンショット 2018 01 23 17 10 01

「Detail」の「Idenfifer」をコピーしてdex(取引所)でペーストすると、作ったコインが表示されるようになります。

取引所でTakuSuzukiコインが売買できる

Identiferを銘柄のフォームに入力すると、こんな感じになります。

スクリーンショット 2018 01 23 17 10 28

板はこんな感じ。

スクリーンショット 2018 01 23 17 10 41

ペアをWAVESに変えることも可能。

スクリーンショット 2018 01 23 17 10 52

というわけで、早速買い注文を入れてみました。

スクリーンショット 2018 01 23 17 11 44

ちゃんと板に反映されてます。

スクリーンショット 2018 01 23 17 11 57

と、こんな感じで簡単に自分のコインを発行し、上場させることができました。

Wavesは可能性あるな〜

作ってみて思いましたが、これは地域通貨とかで活用されたら面白いでしょうね。

伝統工芸品を作ってる自治体(例えば、山形)が、「Y-Dentoコイン」を作って上場させて、世界中のウォレット所持者からお金を集めるみたいな。

そして、たくさんコインを買ってくれた人には、配当なり、優待なりをプレゼントする感じ。

これは、組織版のVALUとして使っても面白いと感じました。

本人確認など「従来の手間」が不要でコインの売買ができるのがいい

あと、DEX自体も使ってみてすごさを感じましたね。

ウォレットを作成して、コインをウォレットに送ってさえいれば、ウォレット内だけで売買できちゃうんですよね。

しかも、ウォレットのスマホアプリがあれば、QRコードの読み取りでも街中で決済できてしまいます。

※Wavesはスマホアプリ(iOSだけ)あります

給料をウォレットで受け取って日常で使う

他の使い方だと、ウォレットでWAVES、ETHなりで給料を受けとってそれを日常の買い物で使うなんてものもありますね。

これが実現したら、銀行のATM手数料を払う、という習慣がなくなるはず。(発行時の手間、コストとかも)

あと、ウォレット作成の際は本人確認不要ですし、「取引所に預けてGOX」なんてリスクもなくなります。

さらに、取引所から高い手数料をとられずにトレードできるようになるのもいいですね。

>>【仮想通貨】取引所ごとに早さが違う!口座申し込みから本人確認〜入金〜投資までにかかる時間まとめ

>>【仮想通貨】ビットコインの購入方法!初心者におすすめの取引所や手数料の比較表も載せとく

こんな感じで、DEXはかなり可能性があるなと思いました。

関連記事

>>仮想通貨「 $ADA コイン」の買い方:購入できる取引所、注意点、今後の可能性などまとめ

>>仮想通貨「 $XP 」をライトコインで買う方法!購入できる取引所、注意点も紹介

>>【仮想通貨】iXLedger( $IXT )の将来性や買える取引所、チャートの動きを紹介!

期待してるアルトコイン

>>【仮想通貨】アルトコイン、トークンの種類と買い方(取引所)を紹介(61銘柄を購入中)

>>【仮想通貨】おすすめはしないけど、有望と思い投資してる草コインの一覧を載せときます

【いま人気】楽天ポイントで100円から始める「ほったらかし投資」

【無料】天職を見つけたい社会人向け

AIに運用を任せて、ほったらかしで資産を増やしてます

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ