仮想通貨「 $ADA コイン」の買い方:購入できる取引所、注意点、今後の可能性などまとめ

どうも。1000万円以上を資産運用に回しているタクスズキです。

取引所「バイナンス」で買った仮想通貨「Cardano(単位、略称:ADA)」が面白そうだったので、追加投資することにしました。

というわけで、コインの概要や買い方を書いていきます。(ADAの読み方は、エイダだそうです)


↑堅実な資産運用をしたい方にはウェルスナビがおすすめ、日々の値動きに消耗することがないです↑

【重要な追記】バイナンスは早めに登録しておくといい

2018年1月頭に、バイナンスで新規登録できなくなりました。

この後、登録受付を再開しましたが、また登録停止になる可能性もあるので、ADAがほしい方は今すぐ登録しておきましょう。

無料で登録>>バイナンスのサイト

ADAはまだプロダクトの開発が遅いことを理解しましょう

なお、ビットコイン以外(アルトコイン)に投資したい方は、無理せず手堅いコインを買っておいた方がいいです

ADAは、上3つに比べると開発が進んでいないので、投資する際はこういったこともちゃんと理解しておきましょう。

なお、BCH、ETH、XEMを買う際は取引所「Zaif」がいいですよ。

(Zaifは積立購入でき、値段を気にせず買えてオススメ。ただし、買ってる通貨の下落局面では含み損を抱える場合もあります)

別の海外の取引所を使いたいなら

あと、海外の取引所に送金する際はスピードが速い「ライトコイン」か「XRP」がオススメです。

なので、他の海外取引所「KuCoin」や「HitBTC」なども使おうと思ってる方は、「GMOコイン」で2つを入手しておきましょう。

>>【仮想通貨】GMOコインに入金し、ライトコインを買う方法(スプレッド込みで手数料最安)

ADAコインの買い方(バイナンスにて)

投資までの流れとしては、まずライトコイン(XRP)を海外の取引所に送って、そこでBTC(ETH)に変えて意中のコイン(ADA)を買う感じです。

具体的な買い方は以下の記事にまとめています。

>>仮想通貨取引所「バイナンス(Binance)」で口座開設!送金してコインを買う方法、かかる時間などまとめ

【重要な追記】バイナンスに置きっぱなしにしないように

2018年1月におきた「コインチェック事件」で、資産を取引所に預けておくリスクを痛感した人も多いはず。

中には、1000万円預けてGOXしてしまうかもしれない人もいます

なので、資産(仮想通貨)は必ずハードウェアウォレット“”で管理するようにしましょう。(バイナンスに預けっぱなしは危険!

必読記事:仮想通貨のハードウェアウォレット「Ledger Nano S」を日本の正式代理店から買う方法(注文から2日で届いた)

Cardano(カルダノ)、ADAコインとは何か?

Cardanoとは、仮想通貨のプロジェクトであり、あらゆるものを流通させるプラットフォーム(場所)の名称です。

公式では以下のように説明されてます。

カルダノは2015年に仮想通貨の設計および開発のあり方を変えるために発足されたプロジェクト

参照:なぜカルダノを構築するのか – はじめに

ここまで読んでわかりにくい方は、ざっくり「Cardanoは、Amazonやメルカリで、その中で使えるコインがADA」と思っておきましょう

Amazonというプラットフォームの中では、Amazonギフト券(ポイント)という独自通貨(コイン)を使えますよね

Cardanoが目指すのは、そうした姿なのです

当初はオンラインカジノのプラットフォームであった

このCardanoというプラットフォーム、当初はカジノのために使われる予定でした。

(それについては以下の動画がわかりやすいです)

Cardanoをカジノのプラットフォームにするに至った背景は以下の通り。

現時点、オンラインゲームで課金して楽しんでる人がいっぱいいる

ただ、えげつない課金システムがあり、これが問題

Cardanoではもっとユーザーに優しい設計にして娯楽を楽しでほしい

カジノにした理由は、世界中にカジノを楽しむ人が多いから

ただ、オフラインのカジノでは胴元が得するような設定(掛け率)にすることも可能

こういった、不正をなくしたカジノをCardanoを通じて提供したい(技術で透明性の高いロジックでカジノを提供できるらしい)

そのカジノ内で使える通貨が、ADAコイン

というわけで、当初、ADAコインはソシャゲのグリーコインみたいな位置付けだったんですね。

最近Cardanoは価値を流通させるプラットフォームになった

ですが最近は、Cardanoの運営元が方針を変えたようで、

「ADA」を未来の通貨(お金)にすべく、金融システムなどあらゆる場面で使えるようにしていくと宣言しています

参照:What is Cardano? – Cardano Hub

つまり、ADAの用途が広がるわけですね。

グリーコインから、Amazon(メルカリ)コインへ

これまでは、Cardano内(カジノ)でしか使えませんでしたが、Cardanoであらゆる価値の媒介が行われるようになれば、

ショッピングで使えるようになるかもしれませんし、ADA建てで投資できるようになるかもしれません

これまでは、グリーコインのような用途が限定的な通貨でしたが、

今後はAmazonギフト券(メルカリポイント)のようにいろんな商品を買えるコインになる可能性があるわけです。(あくまで可能性。まだ実現してません)

※ADAコインはビットコインのように発行量が決まっています。

イーサリアムを開発した人がCardanoに関わっている

なお、Cardanoの運営(開発)元は以下3つの機関。

・Cardano Foundation(Cardano技術をPRする役割)

・Input Output HongKong (IOHK社) (役割:技術開発)

・Emurgo(役割:Cardano上に乗せるアプリ[サービス]を作っていく)

そして、IOHK社のCEOがチャールズ・ホスキンソン氏。

スクリーンショット 2017 12 19 14 04 29

彼は、仮想通貨・イーサリアムやBitShares(ビットシェアーズ)を開発した天才数学者(界隈の有名人)

そんな彼が開発に関わっていると知ったので、僕はCardanoを信頼し、ADAを買い増したのでした。

有名メディアでCardanoの紹介も

なお、チャールズ・ホスキンソン氏は有名メディア「CNBC」でCardanoについて語っています。

こんな感じで、信頼できる材料が多いと思い、投資をしています。

参照:Cardanoのホワイトペーパー

ADAは怪しい?詐欺なの?

あと、ネットを探すと「ADAは詐欺www」みたいに書かれてますが、こういった口コミは取引所に上場する前のがほとんどですね。

2015年〜2017年1月のICO(プレセール)後、なかなか上場せず怪しまれてみたいです。

ICOではよくあることですが、やはり上場してないと「詐欺じゃねーか!売れないじゃん!」という人も出てきますよね、そりゃ。

ADAが上場している取引所

ただし、2017年10月にはBittrexに上場し、12月にはぼくが買ってる取引所「バイナンス(Binance)」にも上場しました。

こんな感じで、ちゃんと取引できる状態になっているので、ぼくは信じてADAを買いました。

東京工業大学との提携も

あと、僕が「信頼できる」と判断したソースはもう1つありました。

それが以下。

Adaaaa  1

参照:東京工業大学とInput Output HKが暗号通貨共同研究講座を開講―日本におけるブロックチェーン関連技術の研究と教育の先駆け― | 東工大ニュース | 東京工業大学

Cardanoを開発する会社(IOHK)と東工大がタッグを組んで講座を開くというニュースです。

ADAを東工大が信頼したわけではないが

これは、ADAを東工大が認めたわけではありませんが、IOHKの存在を東工大が認めたとも言えます。

このように、国内の信頼できる機関が「大丈夫」と判断した会社が開発してるADAコイン。

こういったことも増額投資の根拠となりました。

あと、これも。

ADAを保有しているだけで配当がもらえる

あと、ADAコインをウォレットに入れておくと、配当みたいな感じでコインがもらえます。

以下、解説動画。

「還元」もあるそうです。

ADA の還元はダイダロス内で直接行われ暗号化&複合化された証明書に対応

参照:ダイダロスウォレット – Cardano Hub

ダイダロス(Cardanoのウォレット)内のステーキング専用ウォレット

あと、先ほどのHARU (@harumi_0421) さんのツイートが良スレッドになっていたので、多くの人がつまづきそうなことと、それへの回答ツイートを載せておきます。

ちなみに、保有してるだけでコイン(報酬)がもらえる仕組みは、PoS(Proof Of Steak:プルーフ・オブ・ステーク)と呼ばれ、イーサリアムでも採用されてます。

PoSとPoWについて

PoS的な言葉として、PoW(Proof of Works)があります。

これはビットコインで採用されている仕組みで、マシンを使って高度な計算をしてビットコインの採掘をした人の報酬が支払われるもの。

いわゆる「マイニングした人への報酬」ですね。

このように、コインの普及に貢献した人には、PoWやPoSなどによって報酬を付与してるわけですね。

有名ハードウォレットでも対応予定?

あと、ADA開発会社の社員が「有名なウォレット・Ledgerに対応」を匂わせるツイートもしています。

Ledgerは公式で何も発表してませんが、これが本当なら価格に影響が出そうですね。

海外の仮想通貨好きの意見

以下、海外の仮想通貨マニアが書いていた記事の概要。(必読)

・Cardano($ADA)はまだ開発段階

・開発状況では、イーサリアム、NEOに劣る(DAPPもない状況)

・CardanoはPoWだが、2018年第2四半期の「Shelley Update」まで保有によるコイン付与はなし

開発言語の比較とCardanoの状況

・Ethereumは、Solidityという独自の言語を作成し、それで開発。

・CardanoはPlutusと呼ばれる言語でコード化されている(Haskellとよく似ている)

・ブロックチェーン第一世代はビットコイン、第二世代イーサリアム、第三世代がCardano

・ビットコイン、イーサリアムの弱みを強化するという構想には期待が持てる

というわけで、こちらも把握しておきましょう。

>>#Cardano ( $ADA )の最新情報、アップデートまとめ(今後の可能性も考えてみる)

zaifからADAを買う時はこちらから

>>Zaifの口座開設方法!必要な本人確認書類、かかる日数(時間)などまとめ

>>仮想通貨取り引き所「Zaif」でのビットコインの買い方(口座へ入金〜注文〜送金まで)

アルトコイン、ビットコインを買う

>>【仮想通貨】アルトコイン、トークンの種類と買い方(取引所)を紹介(61銘柄を購入中)

>>仮想通貨の取引所「coincheck(コインチェック)」に入金してイーサリアムを購入&コインを送金する方法

【いま人気】楽天ポイントで100円から始める「ほったらかし投資」

AIに運用を任せて、ほったらかしで資産を増やしてます

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ