OmiseGOの将来性がヤバい件:ホワイトペーパーなどからの学びを共有してみる $OMG

どうも。1000万円以上を資産運用に回しているタクスズキです。

とある記事を読んで、OmiseGoのすごさに気づいたので、概要をまとめてみます。

参照:仮装通貨OmiseGOとは? 初心者ガイド

なんでもっと早くに調べておかなかったんだと後悔しています。(買い方は以下の記事をどうぞ)

>>【仮想通貨】 $OMG を買える取引所や購入方法、チャートの動きを紹介しておく(OmiseGOのトークン)

Omise、OmiseGoとは?

Omiseはタイで2013年に設立された会社で、決済サービスを提供しています。

あと、こんなにすごい実績も残しています。

Omiseは2016年にForbes Thailandにて「Fintech rockstars」として特集され、2017年にタイの首相から「Digital startup of the year」に表彰されました。

加えて、2017年にはForbes Japanにて起業家ランキングTop10にも選出されました。

OmiseGoはOmiseの子会社

OmiseとOmiseGoの役職についてる人たちは、以下の通り。

OmiseのCEO:長谷川潤さん、COOはDonnie Harinsutさん。

OmiseGOのCEOはVansaさん。

Joseph Poonさんという方がOmiseGOのホワイトペーパーの主な著者(Lightning NetworkやPlasmaなどの共同著者でもある)

アドバイザーにはイーサリアム創設者のVitalik Buterinやイーサリアムの共同創設者のGavin Woodなどがいます。

プロダクトとしての「OmiseGo」

そして、Omiseの子会社で開発されているのが、OmiseGo。

OmiseGOは、現在主流となっているeWalletで使用するために公開されたEthereumベースのファイナンシャル·テクノロジーです。

国や国境、また組織的にサイロ化されたデータ、および法定通貨と分散型通貨の両方を自由に横断し、

リアルタイムで、ピアツーピアの価値交換および決済サービスを提供しています

参照:OmiseGO

OmimseGoは物の価値をもっとなめらかに交換できるようになる技術と理解しておくといいですね。

OmiseGoとOmiseの関係が分かりづらいなら、メルカリをイメージしよう

メルカリの場合、一番えらい人が山田さんで、その子会社ソウゾウの一番えらい人が松本さん。

そして、その子会社では、「メルカリアッテ」などメルカリを生かすサービスを作ってるわけです。

このように、親会社で築いた資産を使って、新しい取り組みをするスタイルは、OmmiseGoでも見られるわけです。

イーサリアムについても知る

あと、先ほど公式サイトでの説明で「イーサリアムベースのテクノロジー」と言及されていたので、イーサリアムについても説明しておきます。

イーサリアムはインフラ(プラットフォーム)だと思ってください。

そのインフラを使えば、独自のトークンが発行できたり、

契約の自動化ができます。(スマートコントラクト)

契約の記録がチェーンでつながっていく

契約というのは、例えば「土地の所有権の移動」みたいなもの。

この場合、権利が移ったと同時にデータが記録されますから、紙での書き換えのように、悪意ある人間に改竄されることもなくなります。(ここで使われてるのが、ブロックチェーンという技術)

なお、ブロックチェーンとはデータの鎖(チェーン)で、「ブロック」にはこういった契約などで使うデータが記録されています。

こんな感じで、イーサリアムを活用して発行されたコインがOmiseGoで使われる「OMG」コインなのです。(ERC20に準拠)

OmiseGoがやろうとしてること

そして、そういったインフラを活用して開発されているのが、OmiseGo。

成し遂げたいことはサイトで以下のように書かれてますね。

OmiseGOは、高容量かつ低コストで分散型為替を可能にすることで、通貨や資産のタイプを問わない、次世代の資金転送サービスを提供します。

さらにOmise GOネットワークを通し、完全に分散化され、そして多くの費用のかからない方法で、

決済、送金、給与振込み、B2Bコマース、資産管理とお取引、誰もが金融取引を行うことができます。

OmiseGoはPayPalを超えていく

イメージとしては、法定通貨で価値を交換する際に利用している「PayPal」を代替する感じ。

世界最大の経済成長を遂げている、数百万人ものユーザーにより、法定通貨の使用は過去のものとなり、

代わってETH、BTCなどの分散型通貨への移行が可能になることでしょう

法定通貨が使われる時代の価値交換のインフラ(ハブ)はPaypalでしたが、仮想通貨が当たり前のように使われるようになると、「OmiseGo」がハブになるわけです。

今後は、OmiseGoを使って世界を超えてあらゆる価値のやりとりがなされるようになりますね、きっと。(銀行的な役割も果たす)

と、こんな感じでかなり未来あるプロジェクト(技術)なんですよね。

OmiseGOブロックチェーンを活用したプロダクト

なお、OmiseGOの具体的なプロダクトとしては以下の2つがあります。

・eウォレット(dexが中心。dexとは分散型の取引所、Decentralized Exchange)

・開発者向けのウォレット作成できるSDK

Dexのざっくりした説明は、以下の記事をどうぞ。

マニーサのやろうとしてることと似ている

Dexについてですが、これはマニーサと似てる感じです。

>>【仮想通貨】Monetha(マニーサ)を買える取引所や購入方法、今後の可能性についても書いてみる $MTH

例えば、自分の持っているウォレットから資産(例えば、OMG)をAさんに送りたい場合。(AさんはETHやERC20準拠のALISで受け取りたいとする)

こちらからはOMGを送っても、自動で変換されて相手にはALISで届くようなイメージですね。

これはネットショップなどでの決済もそうです。

海外のショップでウォレットを介して支払いして、自分が持っている通貨(OMG)と相手の望む通貨(ETHなど)を自動で変換してくれる感じ。

ウォレットのSDKを提供

SDKも、OmiseGOの中心となるプロダクト。

これは、iPhoneアプリにおけるXcodeをイメージしてください。開発者が簡単にアプリを作れるような開発ツールですね。

SDKを使えば、ネットショップ事業者は、ポイントサービスのようなものも独自で提供できるようになります。(Tポイントみたいな)

便利なウォレットを使うにはOMGが必要

なお、こうしたウォレットを持っているだけでは不十分で、OMGコイン(トークン)を保有している必要があります。

OMGを保有しなければいけない理由は、「OMGとウォレットを信頼できるもの」として機能させるためです。

僕たちが、日本という国でJPYというコインを持っている理由は、JPYを正常に使えるようにするため、つまり信頼を担保するためですよね。

逆に、僕たちがJPYを信頼せず、他の通貨を保有すれば、JPY経済圏は破綻してしまいます。

JPYを預けたことによる報酬が「利子」

また、Aという銀行にJPYを預けなければ、その銀行も破綻してしまいます。

このように、お金を預かる銀行としては破綻を防ぐために、利子という報酬を与えるわけですね。

こんな感じで、OmiseGOでも便利なサービス(ウォレット)を使いつつ、OMGを存続させ続けるためにも、OMGの所有が必要となるのです。

OMGはPoSを採用

利子の話でいうと、OMGは保有者に報酬を与えるPoSを採用しています。

なぜあなたがその権利を持つ理由はなんでしょう?

その理由は、OmiseGOブロックチェーンはPoS(Proof of Stake)システムの通じて機能するからです。

OmiseGOブロックチェーン上で発生するすべてのトランザクションはわずかな手数料を生み出します。

取引の数が十分であれば、大量の小額の手数料が積み重なり大きな金額になる可能性があります。

あなたのウォレットにトークンを保持することは、Stakingと呼ばれます。

コインの保有量が多いほど報酬が多くなる

PoSシステムでは

・ネットワークで発生した料金は、トークン所有者(ステイカー)に分配されます。

・保有するトークンの量に比例して報酬を受け取ることができます。

・ウォレットに2000OMGを保有する人は、1000OMGを保有する人が受け取った金額の2倍を受け取るでしょう。

というわけで、こういったことも覚えておきましょう。

OMGの利用者を増やすためにウォレットのSDKを無料で配布

あと、OmiseGO経済圏(ネットワーク内)で決済されるごとに手数料が発生するわけですが、これは保有者に分配されるのです。

つまり、ネットワーク利用者(ウォレットを介した)が増えていくほど、OMG所有者が得をするんですね。

ウォレットのSDKを無料で配布しているのも、こうした理由からです。(ネットワーク利用者を増やすため)

AppleのiPhoneアプリの戦略と似てる

この辺は、AppStoreの仕組みをイメージするといいです。

Appleはアプリ開発者向けにXcodeというSDKを配ったわけですが、これはアプリストアAppStoreにアプリを増やすためですね。

そして、アプリが増えてアプリを使う人が増えれば、アプリ内課金の数十%を手数料としてAppleがもらえます。

こんな感じで、OmiseGOの運営もステーク用のOMGを保有して、報酬を得ているわけです。

というわけで、以上がOmiseGoの説明です。

関連リンク

Omiseホームページ:https://www.omise.co/ja

OmiseGOホームページ:https://omisego.network/

OmiseGO on Reddit: https://www.reddit.com/r/omise_go/

OmiseGO Mediumアカウント:https://blog.omisego.network/

OmiseJapanツイッターアカウント:https://twitter.com/OmiseJapan

OmiseGOツイッターアカウント: http://twitter.com/omise_go

長谷川潤ツイッターアカウント:https://twitter.com/JUN_Omise

OmiseGoの中の人のプレゼンでわかったこと

とあるイベントでOmiseGoの中の人の話を聞いたので、ツイートをまとめておきます。

仮想通貨の資産を失わないために知っておきたいこと

Check!>>【楽天ポイントを投資に回せる】100円から始められる「気軽投資」を知ってますか?

【人間の脳は投資に向いてない】ロボに資産運用を任せてお金を増やす

1日33円からのビットコイン積立ができる取引所

ぼくは、取引所「Zaif(ザイフ)」の積立で利益を出しています

>>【月1000円からOK】Zaifでの仮想通貨積立(ビットコイン、XEM、ETH)は意外とおすすめ!運用実績、手数料まとめ

仮想通貨の買い時がわからない人にオススメの投資方法です

ビットコイン、NEM、イーサリアムの積立が可能>>Zaifで登録(口座開設無料です)

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ