【会社辞めたぜ】億り人目指して草コイン $CND に10万円投資してみた #つかめ草コインドリーム #Cindicator

まず大事なことを紹介します。仮想通貨投資以外で稼ぐ選択肢についてです。

投資顧問会社がハイリターンを狙える株の銘柄を教えてくれてる無料メルマガがあるんですよ

無料で情報を受け取る>>メルマガで利益を狙える銘柄をチェック

仮想通貨市場が盛り上がってない今、どれだけ稼いでも税率20%の株に目を向けるのは賢いので、まず無料で情報収集しておくといいです。

>>【実績あり】1ヶ月で4倍になる銘柄を知れる無料メルマガに申し込んだら、予想以上に有益だった話

【では本題】草コイン投資で億り人を目指します

こんにちは、今回寄稿させていただくYuto Osanaiです。普段は掴め草コインドリーム!というサイトを運営しています。

ある日Twitterを眺めていたところイケダハヤトさんの下記のようなツイートに対して、

タクスズキさんが下記のように引用リツイートしているのを目にしました。。

タクスズキさんとは、同じ千葉大学出身ということもあり、私Yuto Osanaiが運営する情報サイトに関して2年ほど前に相談させていただいた間柄であること、なおかつ私Yuto Osanaiは先月末に会社を退職して暇であったこと等の理由があり、つい速攻で連絡してしまいました。。

そしたらなんと、この『10万円投資チャレンジ』への参加にご了承いただき、速攻で10万円を振り込んでいただきました。。

(こんなに即決で10万円を振り込んでくれる人がこの世にいるのか、、信じられない。。)

(しかも投資で得た利益は私Yuto Osanaiが受け取って良いという破格の条件。。。)

いただいた10万円で草コインに投資する

「せっかく草コイン投資のために10万円を振り込んでいただいたので、どうせなら億り人を目指したい!」とまず思いました。

名付けて、『10万円億り人チャレンジ!』です。

10万円億り人チャレンジ

億り人を目指す過程の値動きや、業界動向の変化等を随時レポート出来たら、コンテンツとしても面白いかなと思った次第です。

タクスズキによる追記「バイナンス、バイナンスに送るコイン」について

このチャレンジで使っている取引所「バイナンス」は以下の記事をどうぞ。

>>仮想通貨取引所「バイナンス(Binance)」で口座開設!送金してコインを買う方法、かかる時間などまとめ

あと、バイナンスに送金する際はビットコイン、イーサリアムでなく、XRPかライトコインにしましょう。

その理由は、BTC、ETHがいま送金詰まりでかなり時間がかかるし、手数料も高いからです。

なので、送金スピードも速く、手数料も安いXRPかライトコインがオススメです。(この2つは、「GMOコイン」で手に入ります)

>>【仮想通貨】GMOコインに入金し、ライトコインを買う方法(スプレッド込みで手数料最安)

10万円から億り人を目指すには?

10万円投資から億り人を目指すには、『1億÷10万』なので、約1000倍のパフォーマンスを目指さなければなりません。

過去に爆上げした実績をもつ、MONA, XEM, XRP, DASH, XVG, LSKの1年間での値上がりを調査すると、一番上昇しているXVG(バージ)だと約1万倍上昇していることが分かります。

最近急上昇して話題になったMONA(モナコイン)は1年間で637.5倍になっています。(調査結果は下記の通り。)

■MONA(モナコイン)
・2016/12/6の終値:3.2 JPY
・2017/12/6の終値:2040 JPY
出典:Zaif Exchange
⇒1年間で637.5倍

■XEM(ゼム)
・2017/1/4の終値:0.418 JPY
・2018/1/4の終値:209.9 JPY (小数点第二位切り上げ)
出典:Zaif Exchange
⇒1年間で502.15倍

■XRP(リップル)
・2017/1/4:0.006579 USD
・2018/1/4:3.63 USD
出典:Cryptocurrency Market Capitalizations
⇒1年間で551.75倍

■DASH(ダッシュ)
・2016/12/21:10.23 USD
・2017/12/21:1507.26 USD
出典:Cryptocurrency Market Capitalizations
⇒1年間で147.34倍

■XVG(バージ)
・2016/12/25:0.000021 USD
・2017/12/25:0.227169 USD
出典:Cryptocurrency Market Capitalizations
⇒1年間で10,817.57倍

■LSK(リスク)
・2017/1/7:0.1438 USD
・2018/1/7:38.4 USD
出典:Cryptocurrency Market Capitalizations
⇒1年間で267.04倍

従って、10万円投資から億り人を目指すためには、1年前にXVG(バージ)に投資していた場合と同じようなパフォーマンスを発揮する必要があります。

ちなみに1年間で約1万倍値段が上がったXVG(バージ)の特徴としては、下記があります。

  • 「Torとi2p」という匿名性ネットワークを複数適応させた仮想通貨である。
  • 1年前の単価は0.000021 USD (≒0.0021 JPY)と非常に安い。(総発行枚数が多い。)

億り人になるための銘柄選定条件

XVG(バージ)が急騰したこと等を踏まえて、私Yuto Osanaiは下記のような戦略で奇跡的な1000倍リターンを目指したいと思います。

  • 単価が安い(30.0JPY(≒0.3USD)以下)草コインに投資する
  • 既に実態がある(リリース済みの)草コインに投資する
  • 将来多くの人に利用されるポテンシャルを持つ草コインに投資する

単価が低いと将来高騰する可能性が高い

1000倍のパフォーマンスを狙うので、XVG(バージ)の事例も踏まえて、『単価が低いと将来高騰する可能性が高い』と判断し、現時点での単価が30.0JPY(≒0.3USD)以下のコインに投資することとします。

(2018/1/9時点でBinanceに上場されている銘柄のうち単価が安いもの(0.3USD以下)の銘柄は8つ。)

また、まだコインの実態がない(リリースされていない)のにも関わらず高値で取引所に上場されていたりするコインがあるので、そこへの投資はリスクが高いと判断し、控えることにします。

さらに、その草コインが将来的に多くの人に利用されるポテンシャルを持っているかも、投資を検討する際の判断軸にします。

投資する銘柄はCindicator(CND)!!

上記の投資条件を踏まえると、2018/1/9時点でBinanceに上場している銘柄のうち、単価が安く(0.3USD以下)、既に実態がある(リリース済みの)草コインは下記の5つになります。

  • Verge (XVG)
  • FunFair (FUN)
  • Po.et (POE)
  • Cindicator (CND)
  • CoinDash (CDT)

上記の5つから、今回投資対象として選んだのはCindicator(CND)です。

理由は下記の通り。

  • 2018/1/9時点での単価が0.16USDであり、非常に安い。
  • 既にリリースされており、多くの人に利用されている。
  • 多数のアナリストのマーケット予測データをAIで分析し、投資家に有益な情報を提供するプラットフォームに可能性を感じる。(プロダクトに可能性を感じる。)

Cindicator(CND)ってどんなコイン?

Cindicatorは、世界中のマーケットアナリストによる、マーケット予測をBigdataとして集めて、それをAI(機械学習モデル)により解析して、マーケット予測を提供するプラットフォームのことです。

Cindicatorのユーザーは、アナリストと投資家の2つに分けることが出来ます。

アナリストは、Cindicatorというプラットフォーム上でマーケット予測をすることにより、CNDという仮想通貨を報酬として得ることが出来ます。

投資家は、世界中にいる多数のアナリストが予測した結果を、AI(機械学習モデル)が分析した結果を受け取ることが出来ます。AIによる分析結果は、投資家が投資判断を行う時に参考にすることが出来ます。

「投資家の効率的な資産管理」を目指す

なお、このAIによる分析結果を基に資産を運用するヘッジファンドの運営もCindicatorは行っているようです。AIによる分析結果の利用用途は、投資判断情報提供やヘッジファンド運営だけではなく、他にも多数あります。

これだけだと理解しきれないと思うので、参考までCindicatorのWhite Paper Abstractを下記のように日本語訳いたしました。

■Cindicator Abstract日本語訳

Cindicatorは、変動性の高い新しい経済状況において、効果的な決断をするために必要な、ソーシャル及びテクノロジーインフラストラクチャーを創造します。

膨大な数の多様なファイナンシャルアナリストと、機械学習モデルを一つのシステムに組み合わせることにより、これまでの金融マーケット及び仮想通貨マーケットでの、投資家の効率的な資産管理のための、ハイブリッドインテリジェンスインフラストラクチャーを構築しています。

エコシステムとコミュニティが、ハイブリッドインテリジェンスにより得ることが出来る利益は下記の通りです。

-投資家の資産の効果的且つ安全な管理のための、技術的及び分析的なインフラストラクチャーを投資家とライセンスを持つマネージャーに提供します。
ノーリスクで、知能資産をお金に換えることが出来る機会を、アナリストに提供します

-不確実なマーケットでの投資判断を行う際の、ツールとデータを提供します。
-業界の最新の分析、期待、機会、市場の成長ポイントなどを提供します。

仮想通貨資産のインデックス(指標)及び、レイティング(評価)を提供します

(以下原文)
Cindicator creates the social and technological infrastructure needed to make effective decisions under the volatile conditions of the new economy.
By combining a large number of diverse financial analysts and a set of machinelearning models into a single system, we are developing a Hybrid Intelligence infrastructure for the efficient management of investors’ capital in traditional financial and crypto-markets.
The benefits of Hybrid Intelligence for an ecosystem and community are:
– a technological and analytical infrastructure for the efficient and safe management of investors’ capital by investors themselves or licensed managers;
– an opportunity for analysts to monetise their intellectual assets without risking their own funds;
– tools and data for making investment decisions under the conditions of market uncertainty;
– up-to-date analytics of the industry, expectations, opportunities, and market growth points;
– indices and ratings of crypto-assets.

出典: Cindicator White Paper

実際にプロダクトを触ると理解が深まりそう

上記のAbstract日本語版を読んでもまだ理解できない人は、下記のCindicatorホームページで実際にプロダクトを触ってみると理解が深まると思います。

参考Cindicatorホームページ

このプラットフォームの優れているところは(優れていると私Yuto Osanaiが思うことは)、世界中のマーケットアナリストが分析/予測した結果が正確であった場合に、彼らに報酬としてCNDという仮想通貨を提供する点です

最近は、証券会社でのトレーディング業務がほとんどAIに置き換えられている

『マーケット予測を行うアナリストにCNDを提供する』というインセンティブ設計がしっかりと機能すれば、世界中から優秀なアナリストが報酬目当てにCindicatorを利用することになります。

結果として、CindicatorのAIが分析する基になるBigdataの正確性が向上するので、より正確な将来のマーケット予測をアウトプットできることになります。

最近は、証券会社でのトレーディング業務がほとんどAIに置き換えられていたり、個人投資でもロボアドバイザリー投資というAIを利用した投資が注目を集めていたりしています。

投資はAIと相性が良いため、Cindicatorは有望なマーケットでサービスを提供していると言えます

株式市場では既に膨大な数の過去データが蓄積されているため、AIが分析する基データは十分な数あると思われますが、仮想通貨市場ではまだそうではないため、

AIが分析する基データとして世界中のアナリストの予測を利用するシステムは、将来高い価値を持つ可能性があると考えています。

この投資で本当に億り人になれるのか今からワクワクですね。。

今後定期的にレポートしていきます

この草コイン投資をした結果のレポートを今後、

  • 1か月後
  • 3か月後
  • 6か月後
  • 1年後
  • 2年後
  • 3年後

にしていきたいと思います。

億り人になったら報告します

10万円から億り人を目指すので、ある程度長期的にみないと実現可能性はかなり低いと考えていますので、取りあえず3年後までの結果レポートを約束します。(上記期間内に万が一億り人になってしまった場合、その時点でレポートは終了します。)

3年後にも億り人になれなかった場合は、その後も引き続きホールドし、10年後とかになるかもしれませんが、億り人になった時点で報告させていただくことにします。

>>仮想通貨の「億り人」を見て「得る情報によって、こんなにも人生変わるのか」と痛感したから、2018年はこれをやるよ

ということで、この記事に目を通したあなたは、頭の片隅にでもこの『10万円億り人チャレンジ』のことを頭に入れておいていただき、気が向いたら状況を確認しにきてください!

【超大事な追記】

この記事を書いた後、コインチェックで仮想通貨の紛失事件が起きました。

こうした事件は、他の取引所でも起こる可能性があるので、資産は必ず安全なハードウェアウォレットで管理するようにしましょう

資産1000万円を預けていた人がかなり悲観していましたので

>>ハードウェアウォレット「Ledger Nano S」を日本の正式代理店から買う方法(注文から2日で届いた)

【随時更新】実績

>>【1カ月後の結果】10万円から $CND で億り人になれるか!?実績を公開! #つかめ草コインドリーム #Cindicator

>>【10万円億り人チャレンジ】3か月後の結果「-61,841円」(含み損。。。) #つかめ草コインドリーム #Cindicator

それでは乞うご期待!

この記事を書いた人


Yuto Osanai/26歳。千葉大学理学部物理学科→千葉大学大学院融合科学研究科/インドネシア大学大学院電気電子工学科→外資系コンサルティングファームを経て、独立。 海外在住経験及び、コンサルファームでのグローバルPJ経験を活かして、海外の草コイン/仮想通貨情報等も発信していきます。
・Twitter:@yuto_osanai
・運営ブログ:掴め草コインドリーム!

【いま人気】楽天ポイントで100円から始める「ほったらかし投資」

【お得】無料で儲かる銘柄を知る方法

AIに運用を任せて、ほったらかしで資産を増やしてます

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ