【比較】FX自動売買プログラムで初心者におすすめなものをまとめとく(上場企業運営あり)

どうも。1000万円以上を資産運用に回しているタクスズキです。

最近、FXの自動売買を始めました。

>>FX自動売買「シストレ24」の運用成績(利益)、フルオートの選び方、推奨証拠金についてまとめた

>>上場企業が運営!FX自動売買の「シストレ24」で検証開始!(実績は随時追記)

今回は、こういったFX自動売買の有名サービス、それぞれの特徴などを比較し、オススメも書いていきます。

FX自動売買とは?

FX自動売買とはその名の通り、自動で機械が売買してくれて利益を出すことを目指すサービス。

これは、ウェルスナビなどのロボアドバイザーと似ていますね。

人間の裁量でなく、機械が合理的に取引してくれるのです。

人間の脳は投資に向いてない

これまでの投資で痛感してますが、人間の脳はマジで投資センスないです。

感情で動き、投資の鉄則「下がったら買って、上がった時に売る」を実践できないんですよね。

特に、暴落時のパニック状態は投資判断に悪影響を与えます

なので、ぼくは投資を機械的な自動積立か、ロボアド運用だけでやるようにしました。(裁量はやらない)

自動売買は副業で収入を得たい人にも向いてる

あと、機械が自動で取引してくれるサービスだと、チャートを見て取引する必要がなく、本業で忙しい会社員にもぴったりなのです。

実際、投資信託の積立ロボアドで、ぼくはチャートをほとんど見ておらず、ほったらかしです。

>>【副業で&放置OK】ほったらかし投資術まとめ(元本保証はなし)

このように、「手間をかけず利益を出せる」という特徴もこの手の投資では理解しておくといいです。

FX自動売買の主要プレイヤー

では、このFX自動売買サービスにはどんなものがあるか、主要どころをまとめておきます。

インヴァスト証券「シストレ24」

・外為オンライン「iサイクル注文」

アイネット証券「ループイフダン」

・マネースクエア「トラリピ」

FXブロードネット「トラッキングトレード」

では、それぞれについて詳しく書いていきます。

おすすめ>>上場企業が運営!FX自動売買の「シストレ24」で検証開始!(実績は随時追記)

FXの自動売買は大きく分けて2つある

まず、これらサービスは2つのタイプに分けられると理解しておくといいです。

その2つが、「リピート型」と「システムトレード型」です。

上の5つだと、シストレ24だけが「システムトレード型」で、それ以外の4つは「リピート型」です。

リピート型の自動売買の説明

「リピート型」は、「トライオートETF」と同じように、一定の条件を決めておいて、コンピューターがその通りに売買してくれるもの。

スクリーンショット 2018 05 07 12 57 08

例えば、これから上昇トレンドになると思っていれば

1ドル100円で買い注文を出しておいて「101円になったら売る」と注文すれば、利益を出せます

(売りで入って、買いで利益を出す場合も同様です)

リピート型の自動売買を選ぶ際はコストに注目

こんな感じで上昇トレンドか、下降トレンドか?などを見極めて、注文の設定をしておくだけで、利益を出せるわけです。

なお、こういったサービスは「注文の依頼をしておいて、機械に自動売買してもらう」という仕組みは同じなので、

機能自体にはそれほど違いがありません。(トラッキングトレードの「追尾」は差別化できる独自機能ですが

大きく違いが出るとしたら、コスト(手数料)なのです。

売買手数料を比較してサービスを選ぼう

そして、「リピート型」の自動売買サービスを使う際は、その売買手数料に注目しましょう。

上4つであれば、それぞれの売買手数料が最安のものを選ぶといいです。

投資はリターンも大事ですが、同様にコストも大事ですからね。

(その辺のコストはあとで比較します)

ストラテジーを選ぶシステムトレード

一方、シストレ24のような「システムトレード型」の場合、自分で注文設定するわけではありません。

あらかじめ、取引するアルゴリズムが決められたものを自分で選んで、それに運用してもらいます

つまり、このタイプだと、自分で注文する手間が省ける(知識不要でもOK)というメリットがある反面、

取引の中身が詳しくわからない、アルゴリズムを作った人を信用しなければならない、というデメリットがあるのです

>>上場企業が運営!FX自動売買の「シストレ24」で検証開始!(実績は随時追記)

2つの型のメリット・デメリット

というわけで、特徴がわかったところで、「リピート型」と「システムトレード型」のメリット・デメリットをまとめておきます。

リピート型のメリット・デメリット

メリット:
値幅、売買の詳細を自分で決められる(取引がブラックボックス化されない)

デメリット:
注文の設定が初心者には難しい(決められない)

システムトレード型のメリット・デメリット

メリット:
設定など不要(アルゴリズムを選ぶだけ)。知識ゼロでも始められる

デメリット:
取引内容の詳細がわからない(1ドル100円で買って、1ドル102円で売って2円の利益を積み上げていく、みたいに)

>>FX自動売買「シストレ24」のレバレッジ、スワップポイント(金利)、ロスカットについて

初心者におすすめは、システムトレード型

このような特徴があるので、初心者には「シストレ24」を代表とする「システムトレード型」がオススメです。

>>上場企業が運営!FX自動売買の「シストレ24」で検証開始!(実績は随時追記)

実際、シストレ24を使ってみましたが、無知な初心者としては利益の出せそうなアルゴリズムを選べばOKだったので、楽でした

なので、「値幅とかよくわからない」「どう設定したらいいかわからない、めんどくさい」という方は、シストレ24を使うといいですよ。

無料で口座開設しておく>>シストレ24のサイト

「リピート型」の手数料・スプレッド比較(円/ドルにおける)

では、前半で書いたように、「リピート注文系」のコストを比較しておきます。

※取引手数料は10,000通貨あたりの往復

サービス名 スプレッド 取引手数料
iサイクル注文 1銭 400円
トラッキングトレード 0.3銭 400円
ループイフダン 2銭 0円
トラリピ 2銭 100円
せま割対応の場合

比較すると、「トラッキングトレード」「ループイフダン」がコスト面ではおすすめですね。

スプレッドについて>>くりっく株365とは?使える証券会社とそれぞれの特徴を比較し、おすすめも紹介【株価指数CFD】

>>【仮想通貨】GMOコインに入金し、ライトコインを買う方法(スプレッド込みで手数料最安)

スワップポイントも見ておこう(米ドル/円)

※1万通貨単位/1日あたりの値

スワップについて>>自動で定期購入できる!積立FXのメリット・デメリットまとめ(運用実績、評価あり)

サービス名 買いスワップ 売り
iサイクル注文 50 -80
トラッキングトレード 50 -53
ループイフダン 60 -71
トラリピ 20 -145

こちらも「トラッキングトレード」と「ループイフダン」が有利ですね。

>>【ブログで儲かるか検証】FX自動売買ランキングやおすすめを紹介しておく

FX自動売買でランキングを作るなら

「リピート注文系」はまだちゃんと調べられてなくてアレですが、主観ランキングも載せておきます。

こんな感じです。

1. シストレ24

2.「トラッキングトレード」、「ループイフダン」(同率)

4.iサイクル注文

5.トラリピ

※「リピート系」の方はもっと深く調べたら、順位が変わる可能性あり

素人が注文設定するのは難易度高い

「FXらくらくトレード新入門」という本で、リピート注文の「トラッキングトレード」を学びましたが、

「自動売買は、裁量よりは簡単」と言えど、やはりFX初心者にはハードルが高いです。

さらに、日々のニュースを見て、為替が中長期的にどうなるか判断するのも難しいのでは?と感じましたね。

なので、それすら不要で、ただ成果の出ている自動売買プログラムを選べばOKの「シストレ24」が初心者にはベストと判断しました。

というわけで、これから知識ほぼ0でFXを始めようと思っている方は僕同様、「シストレ24」から始めてみるといいですよ。

無料でFX口座を作る>>シストレ24のサイト

おすすめ記事

>>【自動売買】リピート系FXの実績、手数料などを比較!初心者におすすめのサイトも紹介

>>FX初心者におすすめのやり方を紹介!失敗しないためにまず少額からどうぞ

>>初心者がブログで実践中のFX収支をまとめていきます!主婦、会社員でもできるか検証

>>【評判、口コミ】FX取扱業者の2chなどでの評価(悪評)、ランキング、スプレッドまとめ

【いま人気】楽天ポイントで100円から始める「ほったらかし投資」

【無料】天職を見つけたい社会人向け

AIに運用を任せて、ほったらかしで資産を増やしてます

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ