ハードウェアウォレット利用者で「リカバリーフレーズってなんですか?」が36%!リカバリーフレーズは絶対にメモしておかないとダメですよ

どうも。1000万円以上を資産運用に回しているタクスズキです。

ハードウェアウォレット保有者向けのアンケートで衝撃的な結果が出ていたので、紹介します。

仮想通貨(資産)を安全に管理するために絶対に知っておく必要がある情報です。

リカバリーフレーズのバックアップをとってない人が12%もいる

そのアンケートは以下。

回答はこちら。

スクリーンショット 2018 02 01 16 23 58  1

なんと、「リカバリーフレーズってなんですか?」な人が36%、「バックアップとってない」が12%もいるんですよ。

リカバリーフレーズは ハードウェアウォレット「Ledger NanoS“”」の初期設定で必ずメモするはずなんですが、これだけの人が「何?」な状態なのです。

※ウォレットの初期設定、リカバリーフレーズをメモする方法は以下の記事をどうぞ。

>>仮想通貨のハードウェアウォレット「Ledger Nano S」でリップル(XRP)を管理する方法(Mac)

ホントこれは謎です。(資産を復元する際に必要だから、絶対に手元に置いておかないといけないんですがね…)

ハードウェアに限らず、ウォレット作成時は必ずバックアップをとる

なお、リカバリーフレーズのような「資産の復元」で使うパスフレーズなどはハードウェア限らずメモしておく必要があります。

>>【仮想通貨】LiskをNanoウォレットで安全に保管!インストール方法、パスフレーズなどの情報まとめ

あと、ハードウェアウォレットの場合、最初から24の英単語が書いてあるのは偽物、怪しいものなので絶対に資産を移さないようにしましょう。

というわけで、よくわかってない、メモする方法がわからない方は以下の記事をどうぞ。

>>仮想通貨のハードウェアウォレット「Ledger Nano S」でリップル(XRP)を管理する方法(Mac)

こんな風に言ってる人もいますね。

スマホアプリでの資産紛失事例あり

あと、大石さんがスマホのウォレットアプリでの紛失事例を紹介してくれてます。

こちらも覚えておきましょう。

やはり、仮想通貨を一番安全に保管するなら、ハードウェアウォレット“”を使ったほうがいいですね。

>>仮想通貨のハードウェアウォレット「Ledger Nano S」を日本の正式代理店から買う方法(注文から2日で届いた)

仮想通貨の資産を失わないために知っておきたいこと

Check!>>【楽天ポイントを投資に回せる】100円から始められる「気軽投資」を知ってますか?

【人間の脳は投資に向いてない】ロボに資産運用を任せてお金を増やす

1日33円からのビットコイン積立ができる取引所

ぼくは、取引所「Zaif(ザイフ)」の積立で利益を出しています

>>【月1000円からOK】Zaifでの仮想通貨積立(ビットコイン、XEM、ETH)は意外とおすすめ!運用実績、手数料まとめ

仮想通貨の買い時がわからない人にオススメの投資方法です

ビットコイン、NEM、イーサリアムの積立が可能>>Zaifで登録(口座開設無料です)

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ