>1,000円もらう方法やオススメ投資を知る>

マネックス証券で信用と外国株口座を無料で作る方法!マネックスポイントもらえて仮想通貨と交換できます

どうも。3500万円ほどを資産運用に回してるタクスズキです。

この記事では、マネックス証券の外国株と信用口座を無料で作って、マネックスポイントをもらい仮想通貨と交換する方法を紹介します。

これからも有望な米国株を買う準備をして、無料でビットコインなどもゲットしたい人は参考にしてください。

>>【無料で現金もらえる】お得キャンペーンまとめ

>>現金不要!マネックスポイントを仮想通貨(ビットコイン)に交換する方法:コインチェック口座との連携が必要

>>現金不要!Webアンケートに答えるだけで仮想通貨(ビットコイン)が手に入る!その方法を紹介

マネックスで外国株口座を作るだけで仮想通貨ゲット

この記事で買いた通り、マネックスで外国株や信用口座を作るだけで、マネックスポイントがもらえます。

マネックスポイント付与

そして、マネックスポイントはコインチェックとの連携で仮想通貨(ビットコイン)に交換できるのです。

仮想通貨へポイント交換

つまり、マネックス証券でちょっとした作業をすれば、無料で仮想通貨が手に入るのです。

外国株口座の作り方(無料でOK)

というわけで、さっそく外国株の口座を無料で申し込みました。

マネックス外国株口座申込

これは他の証券会社と同じで、書面のチェックなどをしていけばOK。(淡々とクリックしていきましょう)

マネックスで口座作成

そうすれば、簡単に申し込みは完了します。

マネックスで口座申込完了

そして、申し込みの翌日には外国株の口座開設が完了してました。

マネックス米国株口座

※この後の資金振替の作業は口座開設の翌日からやれます(当日はやれないので、1日待つ必要があります)

外国株口座に入金して取引まで

さらにポイントをもらうために、外国株への入金から取引までも進めてみました。

マネックスポイント付与

流れとしては、以下の通り。

・総合口座から外国株口座へ「資金(円)」の移動(資金振替)

・移動後、外国株口座にて円をドルに両替(為替振替)

・両替したドルで外国株を買う

では、その作業も紹介していきます。

>>【その後の評判】仮想通貨取引所コインチェックで売買したら大丈夫だった!出金方法も紹介

外国株口座へ「資金(円)」の移動

まず、マネックスの総合口座にて「入出金>資金振替」をクリック。

マネックスで資金振替

次に、「MRFまたはお預かり金>外国株取引口座」の「振替(日本円)」をクリック。

マネックスで円を振替

次に振替指示をして、

マネックスで振替指示

振替額を指定。

マネックスでの資金振替額

振替が完了すると、以下のように「外国株口座」へ移動してくださいと表示されるので、移動しましょう。

マネックスで振替完了

外国株口座での作業

外国株口座で取引余力を確認すると、さっき指定した額が(すぐ)反映されてます。

マネックスの取引余力

次に「振替」をクリック。

マネックス外国株で振替

米ドル、香港ドルへの両替ができるので、好きな方を選択。(ぼくは米ドルへ両替しました)

マネックスでドルへ両替

両替の際は、参考レートが表示されてます。

マネックスの参考レート

これはあくまで「参考為替レート」で、実際の両替では、「その時間でのマネックスの指定レート」が適用されます。

スクリーンショット 2019 11 27 7 42 38
(スクショ時のドル円のリアルタイムレート)

実際に両替(約定)される時間

両替のルールについては、以下のことを理解しておきましょう。

・国内営業日の0:00~14:30の振替指示なら、14:30~15:00にマネックスが定める為替レート(TTS)で振替(約定)

・国内営業日の15:00~24:00および国内非営業日の振替指示なら、翌国内営業日の14:30~15:00の為替レート(TTS)で振替

>>初めての株式投資!いくらから買えるか、買い方、おすすめアプリを初心者に紹介

両替は取り消しもできる

というわけで、ぼくは総合口座から移動させた資金すべてをドルに両替することに。

マネックスでの概算換算金額
(概算換算金額もあくまで目安)

振替の依頼が完了した後は、その詳細をチェックでき、取り消しも可能です。

マネックスで両替取消
(取消は、振替履歴照会画面から手続きを)

※両替された後の買い付けは追記します

>>米国株・ETFで配当生活中!SBIやマネックスでの買い方、手数料、長期投資のおすすめ銘柄まとめ

SBIのような銀行からのドル即時移動はできない

マネックスでは、SBI証券SBIネット銀行のようなスムーズな連携ができません。

>>SBI証券で外貨決済するために、SBIネット銀行でドルを買った(外貨預金):即時振替の方法も紹介

なので、ドルを取引用の口座に反映されるまでは時間がかかり、ちょい不便です。

>>外貨建MMFを購入!元本割れリスクや分配金の利回り、積立でのおすすめ商品も調査してみた

>>外貨預金のタイミングがわからない初心者にはドル積立がおすすめ!儲かるか検証中

マネックス証券でドルを入金する方法

なお、マネックスで振替でなく、既に持ってる米ドルを入金するには以下の条件を満たし処理が必要です。

最低入金額:10,000ドル

振込元:日本国内に拠点のある銀行(本人名義で振込まないと資金反映しません)

振込先:みずほ銀行のマネックス指定口座(※口座番号等はメッセージボードに掲載)

・申込日を含めて5営業日以内に振込が必要。振込後、口座反映まで最大2営業日必要

>>外貨預金のメリット・デメリットまとめ!おすすめじゃないので初心者はリスク抑えてFXやろう

外貨入金する際は、入力フォームから

そして、外貨入金の場合は、ログイン後の「入力フォームからの質問」から問合せます。

その際、以下の項目を入力します。

・振込日(入金予定日)、振込金額、振込元銀行および支店(支店番号)

というわけで、これも把握しておきましょう(外貨出金はできません)

>>【比較】SBI証券と楽天証券、初心者にはどちらがおすすめ?←投資信託、株を買ってる人間が答えてみる

>>【3000万投資し比較】ネット証券のおすすめは?僕の感想と評価、2chでの悪い評判まとめ

【これも無料】信用口座の開設方法

次に、信用口座の作り方も紹介。(無料でカンタン)

マネックスで信用口座作成

このように、申し込んでいくだけでOK。(審査あり、書類不要)

マネックス信用口座の審査

同意書もチェック。

マネックス信用口座の同意書

その後は現物株・信用取引などの経験を入力。

マネックスで信用口座申込

その後は口座開設基準をチェック。

マネックスの口座開設基準

信用取引の理解度チェックが済んだら、申し込みが完了します。

マネックス信用取引の理解

ちなみに、申し込みから2日後に信用口座の開設が完了してました。

マネックスで信用開設完了

※外国株口座は営業日の15:30までの申し込みで翌日5:30に開設が完了し、資金振替が可能になります

>>アメリカ株のおすすめ証券会社!SBI、楽天、マネックスの米国ドル為替手数料も比較

為替手数料はキャンペーンで無料

米国株取引における外国為替取引の手数料・費用:スプレッド(為替手数料)が25銭

※2019年7月8日~2020年1月7日約定分(予定)まで、米国株取引にかかる米ドル買為替手数料は無料です。

>>楽天証券とSBI証券を使い分け中!両方で口座開設し、楽天ではクレジットカード積立してます

>>【1000円からOK】仮想通貨積立(ビットコイン、XEM、ETH)は意外とおすすめ!運用実績、手数料まとめ

>>【株の始め方】「ミニ株」より少ない資金で国内株式を注文できる「単元未満株」の買い方 @SBIネット証券

>>ネット証券での株の買い方(注文方法)、口座開設のやり方や審査、キャンペーンまとめ

ETFが手数料0円

国内初のゼロETFでは、対象ETFの米国株取引手数料(売買ともに)を実質無料です。

(取引日の翌月末までに、お客様の外国株取引口座に米ドルでキャッシュバックされます)

>>1株いくらから買える?優待、配当金での利益は?ミニ株など少額で買える証券会社はどこ?

>>【SBI証券】米国の貸株カストック(Kastock)を使った感想や始め方・設定方法、金利まとめ

>>仮想通貨以外!仮想通貨の次にくるもの・投資まとめ

>>【比較】株の初心者におすすめのネット証券会社一覧!手数料や口座開設方法まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です