投資信託を買う際の注意点「一括でなく積立で」「値段を気にせずドルコスト平均法で買っていく」

どうも。1000万円以上を資産運用に回しているタクスズキです。

この記事は、以下の記事の補足です。

>>【実績】資産運用の初心者としておすすめされてる投資信託(銘柄)が本当にいいのか検証してみる

>>おすすめされてた積立可能なインデックスファンドを購入!実績と利回りも公開していきます

値動きに惑わされない「ドルコスト平均法」がおすすめ

ぼくのような初心者だと、バランス型を毎月定額で買っていく「ドルコスト平均法」がおすすめです。

スクリーンショット 2017 08 06 11 06 21  1

定額で買っていくことで、値段を気にせずに買いこむことができ、値下がりのタイミングでも「たくさん買えるチャンスだ!」と思えるようになります

>>自動で定期購入できる!積立FXのメリット・デメリットまとめ(運用実績、評価あり)

積み立て投資は「購入口数」と「売る時の値段」だけ気にすればいい

あと、積み立て投資をする場合は、この2つさえ気にすればいいと知っておきましょう。

たとえ、途中で商品が値下がりしたとしても、最後の売るタイミングで利益が出れば、その投資は成功になるわけです

なので、日々の値動きは気にせずにドルコスト平均法で投資を続けましょう。

なお、その辺の詳しい事例を知りたい方は以下の記事をどうぞ。

>>積み立て投資には「価格変動に一喜一憂する必要がない」というメリットがあるんです

投資前に知っておくべきこと

また、投資信託を買った後に、「事前に知っておくべきだった!」と後悔したことがあったので、まとめておきます。

それは、投資初心者ならまず「積立投資」から始めるといいということです。

その理由は、積立投資が損しづらい投資手法だからです。

積立投資「損しづらいが、大きく稼ぎにくい」

積立投資は、投資信託の基準価格が高い・安いに限らず、決まった金額で淡々と購入していきます。

なので、「今買ったらお得か?損か?」を気にせずに買い、確実に購入口数を貯めこむことができます。

つまり、素人には判断しにくい「今、買うべきか?」で悩む必要がないんですね。

一括投資「損しやすいが、短期で稼ぎやすい。買うタイミングの見極めが難しい」

一方、一括投資はその逆です。「買うべきタイミング」がかなり重要になります

一括で積立投資の何倍ものお金をかけて買う場合が多いので、リターンに大きく差が出てしまうのです。

これは、「安いときにたくさん買えれば、売るときにかなり得をする」とも言えますが、初心者にその判断をするのは無理です

時期を判断せず10万円分買ってしまった

そして、僕はこの「時期」を全く考えずに、5つの投資信託を10万円分、一括購入してしまったのです。

まあ、50万円分ならそれほど大きく損はしないと思いますが、これを大きな金額と考える人もいるかもしれないので、この特性は理解しておきましょう。

僕がおすすめするのは、「まずは積立から」です。

おすすめの100円投資

こちらもぜひ。

投資家に大人気で、成績のいい「ひふみ」も100円から買えます。

無料で口座開設しておく>>楽天証券のサイト

【いま人気】楽天ポイントで100円から始める「ほったらかし投資」

AIに運用を任せて、ほったらかしで資産を増やしてます

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ