ロボアドバイザーのデメリット「元本割れリスク、運営会社の倒産」(2ch、利回り、NISA)

この記事は、以下の記事の補足です。

>>【実績公開】ロボアドバイザー投資とは?どれがおすすめ?比較して評価してみた(THEO、ウェルスナビ、投信工房、楽ラップ)

というわけで、ロボアドバイザー投資をする上で知っておきたいことをまとめていきます。

スクリーンショット 2018 06 14 12 45 00
(これは2018/6/14時点のウェルスナビの成績・利回りです。絶好調ですね

成績のいいロボアドの関連記事

>>評判通り?ウェルスナビの実績を公開してみる。まずは10万円と毎月積み立てでスタート(今は積立10万円)

>>ウェルスナビで損失を出してすぐやめたら、そりゃ失敗しますよ!長期保有を推奨します

損失を出す可能性がある(今は出てないが)

ロボアドは、運用後に元本割れ(運用資金を下回る)するリスクがあります。

なので、ロボアドバイザーで長期投資をする際は、余剰金を使う必要があります。(お金が余っていないならやらなくていいです)

※初期投資金額の10万円がない方は、100円から始められる投資信託をどうぞ

>>【実績】資産運用の初心者としておすすめされてる投資信託(銘柄)が本当にいいのか検証してみる

>>ロボアドバイザーと投資信託の違いを比較!成績(利回り)の差も検証したよ

運営会社がつぶれたら、なくなったらどうする?

あと、運営会社がなくなるリスクもあります。

ただし、運営会社がなくなっても、自分が預けていた資産は守られます。ウェルスナビの場合、サイトに以下のように書いてあります。


WealthNaviに、もしものことがあった場合、預けた資産は守られますか?

WealthNaviにもしものことがあってもお客様の資産に影響が及ばないよう、法令に基づいて当社の資産とは明確に分けて保管しています。

現金は全て三井住友銀行の信託口座にて保管され、ETFは米国の保管機関(DTC)にて分別管理されています。

資産が、二重で守られているということですね。

>>【株式】暴落時のひふみ投信の対応、ロボアド「ウェルスナビ」「THEO」の実績変化まとめ

1000万円まで補償を行う

万が一、当社が破綻し、さらに分別管理に不備があった場合でも、返還できないお客様の資産について日本投資者保護基金が1,000万円まで補償を行います

>>どっちがおすすめ?ロボアド「ウェルスナビ」と「ひふみ投信(プラス)」の成績を比較し断言!

>>「人間の脳は長期分散投資に向いてないからロボに任せる」@ロボアドバイザー「ウェルスナビ」のセミナー

というわけで、不安が解消された方は将来増える資産がわかる診断を受けてみてください。

>>「運用で増えるお金」と「資産の組み合わせ」を提案してくれるロボアド『ウェルスナビ』の無料診断を受けてみた(実績あり)

ネット証券のロボアドバイザーでも資産は守られる

なお、SBI証券のような、ネット証券の提供するサービスにおいても、資産は守られます。

参照;積み立て投資ならリバランスは不要?資産配分調整の適切なタイミングを知っておこう

>>ウェルスナビに登録&口座開設の申し込み、マイナンバーカードのアップロード&入金までの手順

手数料が高いというデメリット(留意点)も

人によっては、1%のて数量が高いという指摘もありますが、ぼくは適正価格と思っています。

ぼくのような投資初心者〜中級者が以下のことをやるのは無理です。

・資産配分の設定、商品選定、発注、リバランス、再投資、税金の最適化

これらを1%のコストでやってくれるんですから、それだけの手間賃は払わんとあかんよなと思っています。

※これらが自分でできる上級者なら、高いのかもしれませんね

将来の資産シミュレーションだけでもしてみる>>ウェルスナビのサイト

NISA枠が使えない

デメリットではないですが、ロボアドバイザーはNISA枠で運用できず、運用益に20%の税金がかかります。

これはどの投資でも同じですが、一応覚えておきましょう。

>>【比較】つみたてNISAは楽天証券とSBI証券どちらがおすすめ?「夏から楽天ポイントでの積立開始!」などを考慮し判断

利回りを知る>>【100円から】「つみたてNISA」のメリット、申し込み方法などまとめ!現行NISAより長期運用に向いてます

2chの口コミ、感想

2ちゃんねる(今は5ちゃんねる:5ch)には以下のような意見がありました。

テオ君やはりダメか。
見切り候補ナンバーワンです。

テオくん何回元本割れしたのかわからん

何なんだよこれいつになったら出金できるくらい稼いでくれるんだ

ウェルスナビも手数料高くてアンチが多い。

確かに、数年後でもいいから下げる方向にいってほしいね

というわけで、こういった声があることも覚えておきましょう。

成績好調のロボアド>>ウェルスナビ

デメリットを知った上で投資をやろう

このように、2つのリスク(資産は守られるわけだけど)を知った上で、ロボアドバイザーを使い始めましょう。

>>【運用実績】楽天証券のロボアド「楽ラップ」の評判は?!手数料や積立などの機能、口コミと共に評価してみた

>>【運用実績あり】THEO(テオ)の積立機能、手数料、口コミから正直に評価してみる

関連記事

>>【評価と実績あり】マネックス証券のロボアド「マネラップ(MSV LIFE)」の口座開設方法、デメリット、積立についてまとめたよ


>>【感想】マネックスアドバイザーにて5万円でほったらかし投資開始!毎月1万円の自動積立も(実績、評判、口コミあり)

>>【運用実績】松井証券「投信工房」の評価!メリット・デメリットや、リバランス、NISA口座などについても書いておく

>>2018年、ウェルスナビがマイナス続きだから途中解約しようと思ってる人にベストタイミング教えるよ

>>【ウェルスナビ】赤字後の成績(円建て、ドル建て)をブログで検証:2018年11月版

【いま人気】楽天ポイントで100円から始める「ほったらかし投資」

【今だけお得】無料でビットコインをもらう

AIに運用を任せて、ほったらかしで資産を増やしてます

運営者をフォローして最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ