>1,000円もらう方法やオススメ投資を知る>

Rimple(リンプル)の評判は?デメリット・リスクも解説

この記事では、以下の疑問を解決します。

・Rimple(リンプル)とは?
・メリット・デメリットは何?
・利回りは?1万円からの投資でいくら儲かる?

この記事を読むことで、不動産投資型クラウドファンディングの仕組みやリンプルの手堅さがわかります。

ユーザーからの評判などもわかるので参考にしてください。(投資家登録数が10万人以上で、これまで損失ゼロです!)

リンプルの評判

結論、リンプルでは利回り5%ほどの堅実投資ができ、優先劣後という仕組みで損しづらいようになってます

ポイントでもお得に投資でき、運営も上場企業で安心なので、興味がある方は無料で口座だけでも作っておきましょう。

\ 儲かる額を見てみる /

不動産クラウドファンディング「リンプル」とは?

リンプルとは不動産型クラウドファンディングと呼ばれる投資で、1万円から不動産投資ができます

ソーシャルレンディングの仕組み

仕組みは多くの投資家から数千万円ほどのお金を集めて、それを元にマンションなどに投資し家賃収入などを得ます

売却でも利益を狙い、出た利益を投資家に分配します。

不動産投資リンプルの仕組み

従来、ひとりで不動産投資をするとローンを組む必要があり、大きな元手も必要ですが、リンプルでは1万円からでOK

不動産クラウドファンディングのリンプル

気軽に手堅い投資ができます。

リンプルの分配金利回り

運営会社 プロパティエージェント株式会社
(東証1部上場企業!)
本社の住所 東京都新宿区西新宿6-5-1
新宿アイランドタワー41F
設立 2004年
資本金 6億312万円
(2020年12月時点)
サービス開始年月 2020年2月
利回り 5%~10%
運用期間の目安 6ヶ月
累計応募額 10億円
(2020年5月時点)
\ 儲かる額を見てみる /

リンプル(Rimple)のメリット

リンプルのメリットは以下の通り。

メリットまとめ
永久不滅ポイントなどいろんなポイントで投資できる
・1万円から少額で不動産投資できる

・案件の利回り5%〜、運用期間は6ヶ月ほどと短め
東証一部上場企業「プロパティエージェント」が運営であんしん

優先劣後方式があり、損失を防ぎやすい

1つずつ解説します。

永久不滅ポイントなどいろんなポイントで投資できる

リンプルでは、永久不滅ポイントやハピタス、モッピーなどのポイントを使って投資できます。

永久不滅ポイントで投資

永久不滅ポイントなどをリアルエステートコインに交換してから投資します

1ポイント=1円で使えて、ポイントがたまっていれば現金なしでも不動産投資ができます

リンプルでポイント投資

これは他の投資型クラウドファンディングにないメリットです。

\ 儲かる額を見てみる /

1万円から少額で不動産投資できる

1万円から少額で投資できるのもリンプルのメリット。

通常の不動産投資だと、ローンを組む場合であっても自己資金が10万円以上必要な場合があります

また、不動産型のクラウドファンディングでも10万円からのサービスもあります。

そういったものと比べるとリンプルは少額でOKなのです。

案件の利回り5%〜、運用期間は6ヶ月ほどと短め

リンプルの案件(投資先)の利回りは+5%~と高めで、中には10%の案件もあります

リンプルの高利回り案件

10%は不動産型クラウドファンディングの中でも最高です。

運用期間も6ヶ月で元本が返ってくるまでの期間が短く、初めての方でも投資しやすいです。

東証一部上場企業「プロパティエージェント」が運営であんしん

東証一部上場企業が運営する不動産型クラウドファンディングはリンプルだけです。

クラウドファンディングでは、運営会社の倒産によって損する可能性があり、運営会社の信頼性は大事です。

プロパティエージェントは財務も健全ですし、安心してお金を預けられますね。

優先劣後方式があり、損失を防ぎやすい

リンプルでは優先劣後という仕組みで、投資家が損しづらくなっています。

リンプルの優先劣後方式

優先劣後とは?ざっくり解説
不動産投資で得た利益を個人投資家に優先的に返す

・投資がうまくいかず、思うような利益を得られない場合でも、リンプル側で利益の不足分を補い、投資家にお金を返す

もしもの時に備えた保険のようなものが優先劣後方式です。

これによって、より安心して投資できそうです。

\ 儲かる額を見てみる /

リンプルのデメリット(注意点)

リンプルには以下のデメリットもあります。

・元本割れのリスクがある
・始まったばかりのサービスで運用実績が少ない
・投資したら満期まで現金化(解約)できない
・人気すぎて投資できない可能性がある
・長期間投資できない(都度クリック合戦になる)

それぞれ補足します。

元本割れのリスクがある

投資ですから元本保証はなく、損するリスクもあります

優先劣後方式があっても、最悪なことが起きたら、元本が返ってこないこともあります。

全ての投資においてこういった点は把握しておきましょう

始まったばかりのサービスで運用実績が少ない

他の投資型クラウドファンディングと比べると、リンプルは運営歴が浅く実績も少ないです。

こういった点が怖いなら、運営8年で投資家の損失がゼロであるクラウドバンクがおすすめです。

リンプルと違い、毎月分配金がもらえておすすめです。(リンプルでは運用が終わったタイミングで分配されます)

クラウドバンクの2020年11月分配金
(クラウドバンクでの分配金)

\ キャンペーンを見てみる /

投資したら満期まで現金化(解約)できない

リンプルで投資したら、決まった運用期間中は現金化(中途解約)できません。

「お金が必要になった」ということが起きると大変なことになるので、しばらく使わないお金で投資するようにしましょう

人気すぎて投資できない可能性がある

リンプルのような手堅い投資型クラウドファンディングでは、人気すぎて投資できない場合もあります。

数千万円の募集だと、それ以上に投資家からのお金が集まりクリック合戦になりがちです。

抽選型での募集もあり、抽選に落ちることも多々あります

確実に投資したい人におすすめのサービス

確実に利回り4%~5%の案件に投資したいなら、クラウドバンクがおすすめです。

クラウドバンクは投資しやすい

クラウドバンクでは豊富なファンドがあり、常時投資できるようになってますから、こちらを活用しましょう

\ キャンペーンを見てみる /

長期間投資できない(都度クリック合戦になる)

リンプルでは運用期間が6ヶ月ほどで、その期間が終わってまたリンプルで投資したいなら、別の案件に申し込む必要があります

リンプルでは人気すぎて、案件の募集ごとにクリック合戦が起き、投資するのが難しい状況です。

つまり、運用が終了する6ヶ月ごとにクリック合戦をする必要があり、なかなか大変です。

他の投資型ファンディングでは手堅い案件で1年以上投資できるものもありますから、そういったものを使うのもありです。

クラウドバンクだと4%~5%の案件で長く投資できますから、投資での機会損失をなくしたい方は使いましょう

\ キャンペーンを見てみる /

リンプルの評判・口コミ

リンプルユーザーからは以下の感想が聞かれました。

リンプルの悪い評価まとめ
抽選倍率4倍で投資できなかった

・抽選落ちが続いて落ち込む(疲れる)

入出金の手数料がかかるので、新生銀行のパワーダイレクトのような入出金手数料無料口座を使うのがよさそう

・リンプルの投資で使えるリアルエステートコインと交換できるポイントを増やして欲しい(wills、プレミアム優待ポイント以外も)

リンプルのいい評価まとめ
上場企業の運営で信頼できる

・累計登録ユーザー1万人突破記念で予定分配率が10%になり、業界最高

プロパティエージェントの株主優待でポイントがもらえて、それを使いリンプルで投資ができる

・スマホだけでも投資でき簡単で楽

自分で物件選びや家賃収入の管理をしなくていいので手軽

・アパート経営のように大家として修繕費などを負担しなくていい

手数料や税金については以下のツイートが詳しいです。

興味がある方は無料で口座だけでも作っておきましょう。

\ 儲かる額を見てみる /

リンプルをおすすめできる人の特徴

リンプルをおすすめできるのは以下のような人。

・上場企業が運営の信頼できるサービスで投資したい
・1万円から不動産投資をしたい
・ポイントを使って投資したい
・値動きで損しない手堅い投資に興味あり
・優先劣後という損を回避しやすい仕組みのあるサービスを使いたい

興味がある方は無料で口座だけでも作っておきましょう。

\ 儲かる額を見てみる /

リンプルがおすすめじゃない人の特徴

以下のような人にはリンプルをおすすめしません。

・いつでも投資したい
・投資できないのがイヤ(機会損失を避けたい)
・分配金を毎月もらいたい
・実績あるサービスを使いたい

こういった人にはいつでも投資でき、毎月分配で、運営8年で投資家の損失ゼロのクラウドバンクをおすすめします

クラウドバンクの2020年11月分配金
(クラウドバンクでの毎月の分配金)

\ キャンペーンを見てみる /

リンプルの評判と評価まとめ

最後に要点をまとめます。

・リンプルでは1万円から不動産投資ができる
・東証一部上場企業の運営であんしん
・ポイントを使って投資できる
・投資家の損を回避するための仕組みがある
・利回り5%なら1万円の投資で年500円儲かる

値動きでも損しませんし、興味がある方は無料登録だけでもしておきましょう。

\ 儲かる額を見てみる /
関連記事