>1,000円もらう方法やオススメ投資を知る>

ソーシャルレンディング業者を格付け!少額OK、安全性などで比較

どうも。5000万円以上をソーシャルレンディングで投資してるタクスズキです。

この記事では、ソーシャルレンディング事業者の格付け(ランキング)を紹介します

安全でしっかりお金を増やせるサービスを知りたい人は参考にしてください。(仕組みは以下の記事でチェックしてください)

※中には1円からOKで手堅く増やせてるサービスもあります

格付けの基準は始めやすさ、安全性など

なお、格付けは以下の基準をもとに作成します。

安全性、事業者の信頼度、始めやすさ(必要資金が少なくてOK)

過去の実績(貸し倒れゼロ、運用が成功した件数)、サイトの使いやすさ

そして、この基準で算出されたTOP2は以下のサービス。(格付けは、Sが一番上。S、A、B、C、Dの順)

1位:クラウドバンク
・格付け:S、安全性:◎、事業者の信頼度:◎(第一種の証券会社)、始めやすさ:○(1万円から)

・過去の実績:◎(8年の運用で貸し倒れ・損失0)、サイトの使いやすさ:◎

以下、クラウドバンクでの分配金実績。(月14万円ほどもらえてます

クラウドバンク21年2月の分配金

\ 最新実績を知る /
同率1位:ファンズ
・格付け:S、安全性:◎、事業者の信頼度:○(伊藤忠、三菱UFJ系のVCが株主)、始めやすさ:◎(1円から

・過去の実績:○(2年の運用で貸し倒れ・損失0)、サイトの使いやすさ:◎

優待付きファンドもあり、お得感があります

\ 優待や利回りを見てみる /

上場企業が運営するサービスもおすすめ

上場企業などが運営する以下のサービスもおすすめです。

3位:オーナーズブック
・格付け:A、安全性:◎、事業者の信頼度:◎(上場企業が運営)、始めやすさ:○(1万円から)

・過去の実績:◎(7年の運用で貸し倒れ・損失0)、サイトの使いやすさ:○

\ 損失ゼロの実績を知る /
4位:クリアル
・格付け:A、安全性:◎、事業者の信頼度:◎(300億円ほどの不動産を運用)、始めやすさ:○(1万円から)

・過去の実績:○(2年の運用で貸し倒れ・損失0)、サイトの使いやすさ:◎

\ キャンペーンを見てみる /

投資の際はリスク・デメリットも知りましょう

投資する際は以下のことも知っておきましょう。

下の画像はクラウドバンクのこれまでの実績。

クラウドバンクの運営実績

投資家への分配金も右肩上がりで伸びています。(2021年も)

クラウドバンクでの分配金

これから「格付けS~Aのサービス」の詳細を紹介していきます

格付けS:クラウドバンク(感想あり)

以下、クラウドバンクのデータと実績。

・運営会社:日本クラウド証券。資本金1億円。2019年3月期の純利益は5億円(証券会社)

・運営メンバー:ゴールドマンサックスなど有名金融機関で活躍した人たちが在籍

・実績(特徴):累計応募金額は563.8億円、分配金の総額は14.1億円

運営会社の日本クラウド証券は第1種の金融事業者であり、第1種の登録を受けるのは第二種より難しいです。

他のソーシャルレンディング事業者は、だいたいが第二種なので、信頼度で他より優れています

それを示すように、運営8年で投資家の損失ゼロであり、人気のサービスです。

クラウドバンク21年2月の分配金

\ 他のユーザーの感想も知る /

格付けS:ファンズ(資金1円からOK)


以下、ファンズのデータ。

・運営会社:ファンズ(旧社名:クラウドポート)

・メンバー:有名webサービスを創業し「大手への売却」で成功させた起業家が運営(業界でも評判の高い人たち)

・実績(特徴):上場企業に投資できるファンドなどで、1分で1億円の資金を集めた(優待もあり

※ぼくは信用してるので、1600万円ほどを投資してます

\ 優待や利回りを見てみる /

格付けA:オーナーズブック(上場企業が運営)

以下、オーナーズブックのデータ。

・運営会社:ロードスターキャピタル(上場企業です)

・運営メンバー:230億円もの不動産を運用するプロ集団

・実績(特徴):累計投資額が121億円を突破

運営会社の倒産が心配な人には、オーナーズブックがおすすめです。

\ 人気の案件を見てみる /

格付けA:クリアル(不動産のプロに運用してもらえる)

クリアルの実績やデータは以下の通り。

・運営会社:ブリッジ・シー・キャピタル(300億円で不動産を運用するプロ集団

・メンバー:大手金融機関で大ヒットした金融商品を作った人などが運営(そのノウハウをクリアルで活用)

・クリアル(CREAL)の実績:数分で1億円ほどの資金を集めている

ひんぱんにキャンペーンをやっており、お得なので活用しましょう。

\ キャンペーンを見てみる /

他の事業者(会社)の格付け

他の事業者の格付けは以下の通り。

5位:LENDEX(レンデックス)
・格付け:A、安全性:○、事業者の信頼度:○、始めやすさ:○(2万円から)

・過去の実績:○(3年半の運用で貸し倒れ・損失0)、サイトの使いやすさ:○

レンデックスでは+13%の利回りも狙えますが、担保なしの案件はリスクが高いので、あまり無理をしない方がよさそうです。

公正証書など、レンデックスを使う上での必須知識もまとめてるので、以下の記事も読んでください。

担保に東急リバブルの査定結果を利用しており、融資額は担保評価額の80%以下にして、もしもへの備えもあります

\ 高利回りな案件を見てみる /

実現利回り+19%の事業者あり

6位:クラウドクレジット
・格付け:B、安全性:△、事業者の信頼度:○(大手商社などが株主)、始めやすさ:○(1万円から)

・過去の実績:△(遅延や元本割れあり)、サイトの使いやすさ:○

クラウドクレジットは、外貨建てのファンドで元本割れがありますが、+19%の実現利益を出せた実績もあります

ハイリスクハイリターンな投資がいい人におすすめです。(円建てであれば、これまで損失ゼロ)

キャンペーンもひんぱんにやってるので、チェックしてみましょう。

\ キャンペーンを見てみる /

格付けB:クラウドクレジットの補足情報(高利回り)

クラウドクレジットに関する情報は以下の通り。

・運営会社:クラウドクレジット(伊藤忠、第一生命、LINEのVCなどが株主)

・メンバー:東大卒で大和証券SMBCに入社し、日本代表および運用責任者として活躍した人が創業

・実績(特徴)は以下の通り。

クラウドクレジットの損益

ファンズなどと違ってリスクを取ってでもハイリターンを狙いたい人向けのサービスなので、

1円からの低リスク投資をしたいなら、ファンズをどうぞ。

\ 最新ファンドを知る /

投資のしやすさ(ファンド数)でも評価

ファンド数だと「クラウドバンク」、「クラウドクレジット」が多く、投資しやすいです

クラウドバンクの投資額
(クラウドバンクでの投資額)

資金を効率的に増やしたい人はこの2つを使ってみてください

投資するためのサイト登録は無料ですぐやれます

\ 無料登録しておく /
\ キャンペーンを見てみる /

大手でも損失と遅延ありで危険なところも

7位:SBIソーシャルレンディング
・格付け:C、安全性:△、事業者の信頼度:○(上場企業のSBIグループ)、始めやすさ:○(1万円から)

・過去の実績:△(2年の運用で貸し倒れ・損失0)、サイトの使いやすさ:△

SBIソーシャルレンディングは個人向けの無担保ローンやカンボジアファンドで遅延とデフォルトを起こしています。

2021年も融資先に重大な問題があるということで、調査委員会を開き、投資家を不安にさせました。

現時点、投資するのが怖い事業者ですが、不動産担保ローン事業者ファンドは貸し倒れゼロ。

sbiソシャレンの融資額

格付けC以下の事業者(企業)

以下、格付けCなので、あまり資金を入れてないソーシャルレンディング。(格付けがイマイチな理由はリスクの高さです)

個人的にはハイリスク・ハイリターンより、ローリスク・ローリターンの方が安心でき、ありがたいです

地方創生ファンドで毎月配当も

ポケットファンディングは、ファンド数が少ないので、評価は高くないですが、元本割れゼロ。

大損を回避する方法も知ろう

投資の際は、以下のことも把握しておきましょう。

危険で投資をやめた貸付(融資)サイト

※マネオやラッキーバンクのように、ファンド情報に嘘・改ざんがあった事業者は使わないようにしてます。

怖いのでスルーしてる事業者

以下の事業者も怖いので、投資してないです。

格付けD以下の事業者
TATERU Funding(タテルファンディング)、アップルバンク、Crowd Lease(クラウドリース)、LCレンディング。

SMART EQUITY(スマートエクイティ)、AQUSH、みんなのクレジット、トラストレンディング。

【まとめ】ソーシャルレンディング業者を格付け

最後に要点をまとめます。

おすすめの事業者(損失ゼロ)
運営8年で投資家の損失ゼロの「クラウドバンク

1円から投資できるファンズ

・上場企業が運営する「オーナーズブック

特にクラウドバンクは月14万円ほどの分配金がもらえており、毎月分配でオススメです。

クラウドバンク21年2月の分配金

\ 最新案件を見てみる /

人気の太陽光ファンドや担保についても取材し解説してるので、記事をチェックしてください。

優待ありのファンドがある1円投資の「ファンズ」もおすすめです。

\ 優待や利回りを見てみる /

上場企業が運営し、数億円の募集額もすぐ集まるオーナーズブックもチェックしておきましょう。

\ 損失ゼロの実績を知る /
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です