>1,000円もらう方法やオススメ投資を知る>

ループ株365の評判と実績!FTSEで必要な目安資金、損切り設定まとめ

ひまわり証券で株の自動売買「ループ株365」を始めたので、そのやり方、実績などを書いていきます。

ひまわり証券のループ株365

株のほったらかし投資で利益を出したい方は参考にしてください。(評判もまとめます)

結論、ループ株365はリスクの高い自動売買なので、やめて別の自動売買・トライオートFXで利益を出しています

トライオートFXでは米国株や日経ETF、中国株、先進国株、新興国のインデックス投資もできます。

トライオートFXは上場企業によって運営されており、当サイト限定のキャンペーンもお得なのでチェックしましょう!

【大事】FTSE配当生活の運用成績

最新の実績と推移は以下の通り。

・2019年2月25日:FTSE100を1枚だけ買って運用開始(必要資金3万円ほど

・3月18日:配当収入と取引損益の合計が2200円ほどで運用終了

スクリーンショット 2019 03 18 17 47 30

こんな感じで、ループ株365での運用は1ヶ月以内にやめることにしました。(理由は以下の記事で書いた通り)

ループ株365とは?必要資金と仕組みを知ろう

「ループ株365」は「くりっく株365」の自動売買バージョンです。

自動売買のループ株365

※株を自動で取引してもらえるので、ほったらかし投資ができます(▼自動売買の仕組みは動画で解説してます▼

感想&評価:自動売買を使わず配当で稼ぐのもあり

ループ株を使ってみてわかったのは、「ぼくのように中期〜長期でまったりやりたい人には向かない」ということ。

そもそも「ループ株365」は短期売買用に作られています。

ハイリターンを得られる可能性もありますが、ハイリスクでもあります。(資金が10万円以下だと、ロスカットになる可能性も高いです)

買った瞬間の含み損がかなり大きくて不安

実際、運用中は1つのポジションで含み損が1万円くらいまでいってヒヤヒヤしてました

ループ株365を始めて5日くらい

こういったヒヤヒヤが嫌な方には、値動きで損しないクラウドバンクがおすすめです。

運営8年で投資家の損失ゼロという実績あるサービスなので、手堅く資産を増やしたい方はチェックしましょう。

\ 毎月分配で高利回り /

少額資金で年間5万円の配当収入を狙える

ループ株でぼくは3週間ほどで手動決済してしまいましたが、

自動売買で利益が出るレートまでは1ヶ月以上待つ必要があり、せっかちな人だと微妙に思えるはずです。

Ai computer sousa robot

スプレッドが広いこともあり、利益が出るレートまでFTSEは上がらないんですよ。

安心!低リスクで配当を得られる投資

もっと精神にゆとりを持ってやりたい人には「値動きなしで配当だけを狙う運用」がおすすめです。

ファンズでそれが可能で、1円から投資でき、ぼくは毎月3万円ほどの利益を得られています

数年の運営で損失ゼロであり、お得な優待ももらえるので興味がある方はチェックしましょう。

\ 最新実績を知る /

株で自動取引するまでの流れ

ちなみに、株の自動売買(ループ株365)でやることは以下の通り。

取引までの流れ
サイトで口座開設し入金

銘柄、値幅、買い・売り、取引枚数、ポジション数を決める

・実際に運用(ほったらかしつつ損益をチェック)

では、それぞれについて方法を紹介していきます。

クイック入金が便利です

資金はクイック入金だと早くて便利なので、こちらをおすすめします。(ぼくは50万円いれました)

スクリーンショット 2019 02 25 15 19 10

他に銀行振込(コンビニや自分の口座などから)がありますが、時間がかかります。

スクリーンショット 2019 02 25 15 19 20

なので、こちらでぜひ。(クイック入金はメジャーなネット銀行が対応してます)

資金を入れないと自動売買の仮設定などもできないので、入れておきましょう。

ドイツとイギリス銘柄の取引時間に注意

イギリスとドイツは以下の時間からしか取引できないので、注意です。

・イギリス(FTSE100):17時、ドイツ(DAX):16時

スクリーンショット 2019 02 25 15 22 59

日本(日経225)とアメリカ銘柄(NYダウ)はほぼ24時間取引できます。

スクリーンショット 2019 02 25 15 23 06

銘柄はFTSE100がおすすめ

投資する銘柄はイギリスのFTSE100にしました。理由は以下の通り。

・必要資金が1番少ない(3万円弱からでOK)
・配当収入を狙える
(長期で見れば上がる可能性が高いのでキャピタルゲインも狙える)

※コロナショック後の今は、「長期でも上がる保証はない」とわかったので、微妙な戦略だったと思っています

おすすめ銘柄の買い方(設定方法)

購入方法はカンタン。価格情報(ボックス)から買っていけばOK。

スクリーンショット 2019 02 25 18 41 48

ぼくはB50(買いの50pips幅)を数量1枚買って、ポジション数は2にしました。(まずはお試し)

スクリーンショット 2019 02 25 18 04 26

※FTSEは、B50、B100、B150があります(売り・Sも同じ)

必要資金は購入後の含み損をチェック

このように注文設定すると必要資金などが表示されるので、OKであれば確定します。

スクリーンショット 2019 02 25 18 04 39

すると約定し、評価損益が表示されます。

スクリーンショット 2019 02 25 18 05 21

さっきの売買画面でわかる通り、買った直後4000円ほどの含み損が発生しますw

これはスプレッドが広いからですね。(くりっく株365で共通なのでしょうがないです。ひまわり証券のせいじゃない)

なので、イギリス株が上がるのを待つしかないです。(以下、維持率など。ロスカットレートに注意)

スクリーンショット 2019 02 25 18 05 27

ポジションから注文変更できる

なお、ポジション一覧はこの通り。(買いの1本だけです)

スクリーンショット 2019 02 25 18 05 42

青い部分をクリックすると、詳細を見れます。

スクリーンショット 2019 02 25 18 06 01

許容スリップなどを設定しつつ、利益が出そうなレートになったら、水色の「売り」を押して手動決済もできます。

スクリーンショット 2019 02 25 18 06 10

注文中画面から取り消しもできる

以下、これからされる予定の注文一覧。

スクリーンショット 2019 02 25 18 06 29

すでに取っているポジションの決済注文はこんな感じ。

スクリーンショット 2019 02 25 18 09 21

損切り、利益確定のレートを変更することも可能です。

トリガー、トレール注文について

なお、この2つの注文の意味は以下の通り。

トリガー注文の意味「逆指値注文」

通常の指値注文とは反対に買い注文の場合、

指定した価格以上になれば買う」「売り注文の場合「指定した価格以下になれば売る」という注文方法です。

損失を一定限度内に抑えたり、一定幅の利益を確保する注文として利用できます

トレール注文は追尾して注文する機能

トレール注文は逆指値注文を出す際に設定できる機能です。

トレール値幅を設定することにより、レートに合わせて一定の値幅で逆指値の指定価格が変動します

レートが上昇(下落)すると、トレール幅を保ちながら、逆指値の値も合わせて上昇(下落)します

※トレールはIf Done注文、If Done + OCO注文で設定可能です。OCO注文では設定できません

まだ約定してない新規ポジションを取り消しできる

以下、今後約定する予定の決済注文。

スクリーンショット 2019 02 25 18 10 38

1本あたりの利益は5000円で、損切りは1万円(のマイナス)で設定されてます。

スクリーンショット 2019 02 25 18 11 11

建玉の損切り設定を変更する方法(右ほど古い注文)

なお、損切り設定が条件厳しめだと思ったので、もっと下の値段に設定することにしました。

ただ、ループ株(イフダン)が稼働してる間は値を変更できないので、停止することに

スクリーンショット 2019 02 25 19 11 47

※つまり、稼働前と稼働中は損切り設定を変更できない(この仕様は微妙ですよね)

ループ株を止めても決済はされない

ループ株は「照会」のタブから行い、照会画面で止めたいプランを選択します。

スクリーンショット 2019 02 25 19 03 09

現在の損益情報が表示されるので、STOPを押し自動取引の稼働を止めます。

※この際、建玉は強制決済されないのでご安心を(あとで手動決済します

自動売買の停止後、損切りレートを変更できる

そして、稼働を停止すると以下のように「注文中明細」が2つだけになっています。

スクリーンショット 2019 02 25 19 14 47

あとは、損切りのレートを好みに設定するだけ。

スクリーンショット 2019 02 25 19 15 44

下の方に「訂正確認」ボタンがあるので、確認。

スクリーンショット 2019 02 25 19 11 03

これでOKなら、決済するレートを決定します。

そして、あとは損切りか利確のレートになるまで待つだけです。

というわけで、以上がループ株365の注文方法、設定方法です。

\ 他の人の実績を知る /

ループ株365の感想(ぶっちゃけ評価)

ひまわり証券のループ株は株の自動売買ができ、配当収入も得られてコンセプトはいいです。

ただ、以下2点が残念です。

・損切りのあり・なしを自分で選べない(強制的にありになってる)
・損切りレートを自分で決められない
(変更する際は、ループの稼働を止めないといけない)

正直、デフォルトの損切りレートだとちょっと不安で、長期運用したいぼくとしては「もっと下げてよ」と思いました

短期売買(デイトレ)ならメリット、長期ならデメリット

ただ、短期売買で資金効率高めでトレードしたい人にとって、この損切りは当たり前なのかもしれません。

なので、これを考えると、ループ株365は短期でバシバシ利益を得たい人が使うといいと感じました。

※長期運用でも、リーマン級の暴落がない限り気にしなくていい損切りレートだと思いますが

損切り設定を自分で決めて中期運用ならGMOのCFDも

GMOクリック証券の独自CFDなら、損切り設定も自分で決められて中期〜長期で安心して利益を出せます

2日で1.4万円稼げたので、ループ株365が微妙と思った方はこちらをどうぞ。

コロナショック後もしっかり儲かってます

\ キャンペーンなどを知る /

ロスカットの基準(証拠金に注意)

あとこれも覚えておきましょう。ロスカットの基準は、下記の2点。

1.取引口座内の有効証拠金が、ロスカット値(取引証拠金)を下回った場合

2.口座維持率が100%を下回った場合

なので、損失確定させないように資金は余裕を持って。

ループ株365のログイン方法、口座開設

なお、この辺は他の投資サービスと同じなので、はしょります。

※口座申し込みから取引開始までかかる日数は3日〜1週間くらいです

CFD口座では審査基準もありますが、そんなに厳しくないので安心してください。

ループ株365の評判、口コミ

ネットにあった評価は以下の通り。

ループ株365(クリック株)の配当利回り・年利

ぼくの3週間の実績は3万円の資金で+2441円、年換算すると5万円の配当が狙えて、年利+160%となります

ただ、株は値動きが大きいので、システムトレードでナンピンするのはFXよりリスクが高いです。

投資の上級者がやるべき投資かなと思いました。(GMOのCFDには、イギリス100があり、これがFTSEに該当します)

※初心者の方であれば、100円からイギリス株の投資信託もありかなと思います

sbi証券での積立額
(ぼくの購入額)

【まとめ】ループ株365の評判と実績

ループ株365は手数料が高く、値動きも大きくハイリスクです。

もっと低コストで安定した値動きでやりたい方には、トライオートFXをおすすめします。

※こちらでは、米国株や日本株ETF、先進国株などでも自動売買ができます

仕組み、やり方、稼ぐコツなどは特別レポートでまとめているので、口座を作りもらってください。

当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえてお得なので、公式ページをチェックしておきましょう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です