くりっく株365とは?使える証券会社とそれぞれの特徴を比較し、おすすめも紹介【株価指数CFD】

どうも。1000万円以上を資産運用に回しているタクスズキです。

株価指数CFDの「くりっく株365」を始めたので、その説明やメリットを書いておきます。

>>「株価指数CFDとは?日経225以外の指数は何がある?デメリットは?」に答えてみる

というわけで、まずは「くりっく株365」の用語説明をしていきます。

スクリーンショット 2017 12 01 13 37 48
(右肩上がりにユーザーが増えてます)

くりっく株365とは?

スクリーンショット 2017 12 01 13 38 04

「くりっく株365」は、多様な取引を扱う「東京金融取引所」というところが提供しているもの。

かつて紹介したような「株価指数」にレバレッジをかけて投資できます。

これを使えば、少ない資金でも多くの利益を出せる可能性があるのです。(逆に、損する場合もあり)

スクリーンショット 2017 12 01 13 21 56
(以降、画像はSBI証券のサイトから)

いろんな証券会社を介して使える

「くりっく株365」自体は、SBI証券、インヴァスト証券などいろんな証券会社で口座を作っていれば、使えます。(どの証券会社も口座開設、無料です)

スクリーンショット 2017 12 01 13 38 17

SBIだと、こんな感じで総合証券口座の1つのタブからアクセスできます。(別途で申し込みが必要ですが、速攻で開設できます)

スクリーンショット 2017 12 01 18 48 34

「くりっく株365」のメリット

では、次にメリットを紹介していきます。以下5つ。

・ETFと日経先物のいいとこ取りをしている

・放置でも配当収入が得られる

・株価指数が1ポイント動くと、100円の損益

・キャピタルゲインとインカムゲインの両方を得られる

・為替リスクなし

メリット1「ETFと日経先物のいいとこ取りをしている」

株価指数を扱った投資商品だと、ETFや日経平均先物がありますが、「くりっく株365」はそれらのいいとこ取りをしています。

スクリーンショット 2017 12 01 13 38 33

ちなみに、日経先物も株価指数に少ない資金で投資できて、その値上がり、値下がりの差で利益を出すものです。

ETFについては以下の記事をどうぞ。

>>【感想】トライオートETF(自動売買)のデメリットも知った上でおすすめかを検証!(運用実績あり)

>>【ETF】TOPIX連動型上場投資信託はおすすめなのか、信託報酬などを比較して検証してみた(運用実績あり)

>>評判通り?ウェルスナビの実績を公開してみる。まずは100万円と毎月積み立てでスタート

では、メリットの紹介の続きを書きます。

配当を得られて変動差で利益も得られる

以下の表をみてください。

スクリーンショット 2017 12 01 13 39 04

株価指数(インデックス)に連動するよう運用されるETFは株の個別銘柄のように買えて配当を得られます。

また、買ってからの売却期限が決まっていないので長期保有に向いています。

それをやっているのがロボアドバイザーですね。

長期投資は退屈

ただ、ETFは低リスクで運用できる反面、仮想通貨などのように短期で利益を得られるわけではないので、退屈です。

>>投資信託のブログを書く初心者として「積立投資のメリット・デメリット」や「おすすめできる理由」を書いとく

一方、「退屈」の逆で「短期で利益を得られる」のが、日経225先物のようなレバレッジをかけれる投資法なのです。

ただ、こちらは「配当がなく、長期保有にも向かない」というデメリットがあります。

そんな中、この2つの長所を採用したのが、「くりっく株365」なのです。

スクリーンショット 2017 12 01 13 39 04

メリット2:放置でも配当収入が得られる

では、配当の仕組みについて説明します。

「くりっく株365」では、買いポジションの場合、配当相当額がもらえます。

これは、株式の「配当金」のようなものです。

スクリーンショット 2017 12 01 13 36 25

日経225は3月あたりに配当金が増える

上の例は、ダウ平均を1枚保有している場合の配当。半年で2.2万円ですから、1年保有すれば、4万円ほどもらえる計算ですね。

単純に考えたら、3.3万円の投資金(証拠金)で保有するだけで年間4万円も配当を受け取れるわけです。(もっと、余剰資金が必要だけど)

なお、ダウはバランス良く配当金が出ていますが、日経225は3月(四半期末)に配当が増えるそうです。

その理由は、期末決算の会社が多いから。

また、イギリスの株式指数「FTSE100」は必要証拠金が1万円ほどにもかかわらず、配当金がけっこうもらえるので、配当狙いで買っている人もいます。

メリット3:株価指数が1ポイント動くと、100円の損益

次のメリットは、短期で利益が出やすいということ。

株価指数CFDでは以下のように、指数が1ポイントあがると100円の利益になります

Img03  1

なので、指数ダウを17,000ポイントのタイミングで1枚買い、18,000ポイントの時に売ると(1,000 x 10)の10万円の利益を得られるのです。

スクリーンショット 2017 12 01 13 34 54

この時の証拠金(必要投資額)は4万円ほどなので、250%の成績ということになります。

メリット4「為替リスクなし」

また、為替を気にしなくていいように商品設計されていることも大きなメリット

スクリーンショット 2017 12 01 13 32 52

通常、海外の商品を売買するときは、「商品の値上がり」と「有利なレートで取引すること」を考えなければなりません。

理由は、たとえ「買ったアメリカの商品」が値上がりしても、「円<>ドル」のレートが不利なら、成績がマイナスになってしまうこともあるからです。

>>外貨預金や外国債券はおすすめなのか?為替リスクやおすすめの投資信託についても考えてみる

初心者なら為替ヘッジがあった方が安心

以下が、為替の影響でマイナスになってしまった場合の例です。

スクリーンショット 2017 12 01 13 33 37

ただ、これはレートが有利な時に外貨交換していたら、為替の部分でも利益を出せるとも言えます。

なので、有利なレートでトレードすることに自信のある人にとって、「くりっく株365」の為替ヘッジはメリットではありませんが、

ぼく(素人)はそういった自信がないので、メリットになると思っています

「くりっく株365」のデメリット

では次にデメリットの紹介です。

ハイリスク(ハイリターンではあるけども)

これが一番ですね。

先ほど、指数1ポイント上昇で、100円の利益と書きましたが、逆に1ポイント落ちて100円の損失になることもあるわけです。

つまり、指数が下降し続けたら損失を出す可能性があるのです。

ロスカットへの備え(十分な資金)も必要

また、先ほど紹介したように、レバレッジ20〜50倍の取引も可能であるため、ロスカットのリスクも高まります。

この辺の対策は以降で書きますが、1枚買うための証拠金以外に「余剰資金」が多めに必要ということです。

なので、CFDを始めるなら、この辺もしっかり理解しておきましょう。

1枚の値段(ダウなら3万円くらい)で投資を始めるのは危険すぎるので、絶対やめてください。

【実例から】多めに資金があれば低レバレッジで運用できる

とういわけで、僕の事例から低レバレッジで取引する方法、ロスカットについて書いておきます。(SBI証券にて

まず、NYダウを1枚、成り行きで買い注文しました。(口座には63万円入金

スクリーンショット 2017 12 01 15 29 38

この時の注文必要証拠金は37,190円。(63万円からひかれます)

注文が通った瞬間は含み損が出る(これは気にしなくていい)

約定価格(売り板から買った時の指数のポイント)は、24905。評価価格は24826で約定したばかりだと、含み損益は「-7900円」。

スクリーンショット 2017 12 01 15 30 46

評価価格とは、この時点で売れる価格です。(売り板の最小値)

説明した通り、指数1ポイントの値動きで100円の損益が出ますから、

-7900 = (24826 ー 24905) x 100

で計算できます。

「スプレッド=実質的なコスト」と、ここで初めて理解

そして、ここで含み損がでて、初めて「スプレッド=実質的なコスト」と言われる理由がわかりました。

手数料がかかってるわけではないですが、約定時に「売り板」と「買い板」に価格差があると、一時的に含み損が出るわけですね。

今回の場合だと、79円の差があり、CFDのルールで計算すると7900円の含み損があったわけです。

これ、1つの板の差、つまりスプレッドがもっと狭ければ、含み損も小さくなるんですね。

長期視点で考えれば気にしなくていいが

僕のように、「数ヶ月、1年で売り板の最小値も上がっていくでしょ」と長期視点で考えてれば、スプレッドはあまり気にしなくていいのですが、

短期売買をする際は、スプレッドがかなり損益に影響を及ぼしてきます。

なので、約定時の含み損を最小限にするためにも、スプレッドは気にすべきと痛感したのでした。

他の証券会社とスプレッドを比較

なお、CFDだと、1ポイントで100円も損益が変わるわけですから、スプレッドは気にしたいところ。

ということで、インヴァスト証券とSBIの「くりっく株365」でその差を調べてみました。

結果、以下のようになりました。(ほぼ同時点、ダウ平均を比較)

SBIのスプレッドは、70円ほど

スクリーンショット 2017 12 01 16 55 29

インヴァスト証券のスプレッドは90円ほどでした

スクリーンショット 2017 12 01 16 55 23

SBIの方が条件がいいわけですね。

【追記】証券会社でスプレッドに差はないらしい

この記事を書いた後、SBI証券に問い合わせたら、「スプレッド差はない」と教えられました

CFD(くりっく株365)取引は、東京金融取引所に上場する株価指数・証拠金取引です。

したがいまして、他社証券会社と当社でスプレッドに差異はございません。何とぞご安心ください。

ですが、実際確認した時、スプレッド差はあったわけですよね。

この辺は謎ですが、中の人が言うのなら嘘ではないのかな?

というわけで、「スプレッド差はない」という認識で証券会社を選びましょう

証拠金維持率をチェクして、ロスカットを防ぐ

話が逸れてしまいましたね。

では、本題へ。ロスカット防止策、そのためにはどれくらいの資金を入れておけばいいか、について書いていきます。

スクリーンショット 2017 12 01 15 27 28
(こちら、ダウを1枚買う前の証拠金)

以下、「くりっく株365」でダウを1枚買った後の証拠金。

スクリーンショット 2017 12 01 15 29 55

詳細はこちら。(CFDページの「証拠金状況」から見れます)

スクリーンショット 2017 12 01 15 31 48
(年間損益[参考]の153円は、1枚の売買手数料)

各証拠金などの計算方法

受け入れ証拠金は、最初に入金した63万円から「売買手数料」と、「ダウ平均のポイントから算出した含み損益」を引いたもの。

CFD取扱余力(証拠金余力)は、受け入れ証拠金から、ダウを1枚買った時に消費した「注文証拠金」を引いたもの。

あと、ダウなどの指数をあと何枚買えるか、余力を示すものと理解しておきましょう。

ロスカットを防ぐために見るべきは、証拠金維持率

重要な「証拠金維持率」の計算方法は以下。

証拠金維持率 = (受け入れ証拠金 / 維持証拠金) x 100

これが、70%以下だとロスカットになってしまいます

これが120%を下回った場合はプレアラート、100%を下回った場合には、アラートメールが登録アドレスに通知されるそうです。

ぼくの維持率は1673%なので、まだ大丈夫ですね。

証拠金余力がどこまで減ってOKか確認しておく

証拠金状況からは、ロスカットになる時の「証拠金余力」もわかります。(ロスカット基準額と書かれてますが、意味はそういうこと)

スクリーンショット 2017 12 01 15 31 48

その時の、値段は2万6033円。

現在の余力が、58万5257円ですから、56万円ほど証拠金が減ったタイミングでロスカットになるわけです。

いくらまでダウが下がれば平気かも理解しておく

そして、「56万円」からどれだけダウ平均が下がった時にロスカットになるかもわかります。

1ポイントで100円変動するわけですから、100で割って5600

つまり、ダウ平均が 24905 から 5600 ポイント減った、「19305」になったタイミングでロスカットになるわけです。

ちなみに、ここ5年での最大の値下がり幅は2200ポイントだそうなので、ロスカットになる可能性は低いと思っています。

証拠金状況からレバレッジもわかる

スクリーンショット 2017 12 01 15 31 48

なお、この状態でのレバレッジは4倍。

「くりっく株365」では、レバレッジを設定して投資できませんが、

事前に「①株価指数 x 100」がわかっていて、「②証拠金(入金額)」を自分で決められるので、投資前に計算してから、入金できます

定められている「ダウの必要証拠金」通り入金するなら3万7190円で、①が2,490,500だったので、レバレッジは66.9倍。

この場合、レバレッジを6.69倍にしたいなら、証拠金として3万7190円の10倍である、37万1900円を入金すればいいわけですね。

と、こんな感じで実際に入金し1枚買ってみて、レバレッジ、ロストカットの理解ができました。

【追記】証拠金を+12万円して、75万円に増やしました

運用数日で、一時的に3万円ほどの含み損が出たので、証拠金を増やし、ロスカット対策しました。

スクリーンショット 2017 12 03 7 34 51

これにより、証拠金維持率は1900%ほどになり、より一層余裕が持てました。

スクリーンショット 2017 12 03 7 35 30

資金があるなら、こういった対策をぜひやっておきたいですね。(1ヶ月は運用したいと思います。配当金について知りたいので)

アメリカ株の一時的な暴落前に売りたい

なお、AIではあと1年ほどでダウ平均が暴落すると予想されており、ぼくはその前に売る予定です。

スクリーンショット 2017 12 01 15 50 57

的中するかわかりませんが、2017年12月からダウでCFDを始めたい方はこちらも念のため、頭に入れておきましょう。

【比較】証券会社ごとの違いは取引手数料

では、「くりっく株365」の概要がわかったところで、事業者の比較をしていきます。

証券会社は違っても、根本のくりっく株365自体の機能は同じなので、違いが出るとしたら、サイトの使いやすさと手数料です。

というわけで、まず始めに手数料の違いをまとめておきます。

証券会社 売買手数料(片道)
インヴァスト証券 216円
SBI証券 153円
カブドットコム証券 153円
マネックス証券 152円
岡三オンライン証券 153円

1円ながらもマネックスが手数料最安です。

ただ、1円しか違わないので、ぼくはサイトが使いやすい「SBI証券」で取引してます

インヴァストだと、ロスカットは有効比率100%以下で発生

SBIは70%でしたが、インヴァスト証券は有効比率100%でロスカットです

この辺の違いも理解しておいてください。

※SBI同様、ロスカット前にアラートを飛ばせる機能があります。

必要証拠金は1週間ごとに値段が見直される

なお、CFD取引「NYダウ」などの必要証拠金は、1週間ごとに見直され、東京金融取引所WEBサイトで発表されます。

翌週の証拠金基準額は土曜日のメンテナンス後から適用されます。

【比較】証券会社ごとのサイトの使いやすさ

では次に、各証券会社の「くりっく株365」の使いやすさについて書きます。

インヴァスト証券の特徴

まず、インヴァスト証券。

ここはサイト(売買画面)が使いづらすぎてやめました。

スクリーンショット 2017 11 30 10 48 22

ちなみに、すでに口座開設していたインヴァスト証券では、「くりっく株365」の口座申し込みから1日ほどで開設完了しました

>>【評判】「マネーハッチ」はクレカのポイントを積立投資に回せる!リスク、手数料などと共に評価してみる

>>【感想】トライオートETF(自動売買)のデメリットも知った上でおすすめかを検証!

トライオートETFなどからの振替も可能

なお、「口座開設完了」を告げるメールが来るよりも前にログインできました。

その際は、初期ID、初期パスワードが表示されて、それをつかってログインしましたね。

あと、関連サービスのトライオートETFなどからも資金の振替ができるようです。

>>「クレカのポイントで資産運用できる」&「FX取引でたまるポイントをNPO寄付に回せて税制優遇も」←インヴァスト証券がおもしろい

SBI証券の特徴(使いやすさ)

SBIは、インヴァスト証券より圧倒的に使いやすいですねw

スクリーンショット 2017 11 30 10 40 00

あと、SBI証券からの口座振替もスムーズなので、使い勝手はいいですね。(ネット銀行との連携も便利)

さらに、すでにSBI証券で口座を持っていれば、申し込んですぐに「CFD」用の口座開設が完了するのも便利でした。

総合口座から振り返る方法

証券総合口座から、CFD口座に振り替える際は「入出金・振替>振替」を選択します。

スクリーンショット 2017 12 01 13 50 06

なお、僕が平日の14時くらいに振り替え処理をしたときは、1時間後くらいにCFD口座に反映されてました

スクリーンショット 2017 12 01 15 27 28

振り替える際に知っておきたいこと

※証券総合口座からCFD(くりっく株365)口座への振替は、毎営業日14:30までの振替分が翌営業日に資金計上。

CFD口座から証券総合口座への振替は、CFD口座に資金が計上された後から振替可能。

CFD口座から証券総合口座への振替は、CFD取引サイトから振替指示する必要あり。

岡三証券の特徴、他との違い

岡三証券の場合、口座を作ってから、「くりっく株365」の口座を申し込むには、翌日以降でなければなりません。

また、「くりっく株365」を申し込んでもSBIのように、すぐ申し込み完了するわけではないです。

「自由業」と登録すると、事業内容を聞かれる

あと、他の証券会社ではなかった作業も求められました。

職業で「自営業」という項目がなかったので、「自由業」を選んだら以下のメールが届きました。

お客様のご登録情報に関して、ご職業(自由業)の業種、業務内容
および職務内容について詳細を確認させていただけますでしょうか

というわけで、自営業に該当する方はこれを把握しておきましょう。

【まとめ】SBIで「くりっく株365」を始めるのがおすすめ

なお、3つの証券会社で「くりっく株365」の口座開設し使ってみて、やはり「SBI証券」が一番だなと思いました。

画面が使いやすいし、資金移動がなめらかでスピーディーで一番ストレスないです。

あと、SBI証券の口座があるので、投資信託も買えるし、節税メリットのある確定拠出年金も始められます

他だと、つみたてNISAも始められるので、投資、資産運用に興味ある方は口座を作っておくといいですよ。

無料で口座開設>>SBI証券のサイト(無料で口座開設できます)

他にSBIでできること

>>自動で定期購入できる!積立FXのメリット・デメリットまとめ(運用実績、評価あり)

>>【1020万円投資中】20代から始めた資産運用と知っておきたい知識まとめ(30代になる前に)

【補足】買いポジションの場合、金利相当額を支払う必要あり

残念なことに、20017年12月18日取引日終了以降、保有するポジション数量に応じて毎日「金利相当額」の受払いが行われるようになりました。

買いの場合は支払い、売り建玉の場合は受取りです。

2016年3月以降は、買いポジションでも金利相当額の支払いは0円だったのですが、18日からはコストが発生してしまうわけです。

ちなみに、今まで0円だったのは、マイナス金利の影響だそうです。

金利相当額の計算方法

「毎取引日終了後に、金利相当額の受払い」ですから、買いポジションの場合は、月のコストがだいたい「102 x 22 = 2244円」になります。

※1日のコストの計算方法は以下の通り。

例)NYダウ証拠金取引の買いポジション1枚保有の場合

1枚 × 金利相当額102円(1日分)=102円の支払い

なお、102円の支払いにより、有効比率が低下するので、ロスカットなどに注意が必要です。

配当収入の旨みが減る

この発表を口座開設後に知って、ショックを受けました。

配当収入を楽しみに、口座開設したのにこれでは旨味が減ってしまいます。

昨年は、ダウの配当40,322円あったわけですが、今後かかるコストを引くと、1万4000円ほどに配当が減ってしまいます。

投資信託を買った方がいいかも(予想でしかないけど)

現時点では、配当は過去の実績ベース、増える予定のコストは予想ベースなので、どうなるかわかりませんが、

63万円預けて1.4万円の利益(利回り2.2%)はそんなにおいしくないですね。

これなら、投資信託を買った方がいいわけですから。

>>【実績】資産運用の初心者としておすすめされてる投資信託(銘柄)が本当にいいのか検証してみる

他の株価指数の金利相当額

なお、FTSE証拠金取引の場合、1枚の枚数で1日ごとに約10円のコストがかかるようになります。

ただ、DAX証拠金取引の場合は0円です。

配当金の実績

なお、配当金の実績は以下の記事にまとめているので、そちらをどうぞ。

>>「株価指数CFDとは?日経225以外の指数は何がある?デメリットは?」に答えてみる

日経225だと、3万円くらい。

NYダウ、2016年は2.4万円、2017年は4万円ほどの配当金。

DAX(ドイツ)は過去の数年で、配当なし。

FTSE100(イギリスの株価指数)だと、2.5万円ほどの配当。

ほったらかし投資でお金を増やすなら


>>1番実績の出ているサービスを知る

+161%の好成績!ビットコイン積立ができる取引所

ぼくは積み立てで利益を出しています。仮想通貨の買い時がわからない人にオススメの投資方法です。 (+161%は、2017年11月22時点の成績)

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ