ソーシャルレンディングとは?その意味やリスク、税金などの知識まとめ!事業者の比較もしてみる

こんにちは。タクスズキです。いま100万円近く投資しているソーシャルレンディングについて色々わかってきたので、知識をまとめてみます。

これからソーシャルレンディングを始めようと思っている方は参考にしてみてください。

ソーシャルレンディングとは?

まず、「ソーシャルレンディングって何?」と思っている方のために基礎を説明します。

これは、お金を借りたい人と貸して利息でお金を増やしたい人を結びつけるサービスです。

ここの「お金を借りたい人」というのは、だいたいのサービスで「会社、事業者」です。

銀行からお金を借りるのは難しい

では、なぜ会社がソーシャルレンディングを通じてお金を借りるかというと、銀行からお金を借りるのは難しいからです。

というのも、銀行から融資を受ける際の審査というのが厳しいらしいんんですよ。これは、ソーシャルレンディングサービス「クラウドバンク」のセミナーで語られたこと。

銀行は「儲からない」という理由で、細やかな融資を行わないそうです。また、いいサービスを作っているけど「創業間もなく信用がない」という理由でお金を借りられない会社もあります。

こういった会社がソーシャルレンディングによってお金を集めて、事業資金にするんですね。

不動産など事業の分野は幅広い

あと、クラウドバンクには不動産投資ファンドがあります。内容は「安い物件をリノベーション業者が買ってきてキレイにして売却する」というもの。

こうした案件でも、銀行の審査が通過しないケースがあるため、ソーシャルレンディングを介してお金を集めるのです。

なお、銀行の審査が通らない理由は「借入期間が短い(返済利子で銀行が設けられない)」、「借入金額が小さくて儲からない」といったもの。

こうした事情があって、お金を借りられない事業者にお金を貸し出すのがソーシャルレンディングなのです。

参照:融資型クラウドファンディング「クラウドバンク」のセミナーで気づいた重要事項

投資家は返済利息の一部を受け取る

では、お金を貸す側、つまり投資家側からもソーシャルレンディングをみてみましょうか。

ボランティアや寄付ではありませんから、投資する側にメリットがないと誰も投資しないわけです。
では、そのメリットが何かと言うと「元本に足される利息」なのです。

以下のようにして利息が投資家に分配されるのです。

ソーシャルレンディングの仕組み

銀行預金よりずっと高い利回り

上の図を見てわかるように、ソーシャルレンディングの利息(利回り)は銀行預金と比べてかなり高いです。

いまだと、銀行に預けていてもお金がほぼ増えませんが、ソーシャルレンディングであれば利回り5〜10%なので、1年ほど預けるだけで4000円くらい増えることがあるのです。

これが投資家にとっての魅力なわけですね。

日本のソーシャルレンディング市場の規模は156億円

そして、こうした魅力があるため、日本のソーシャルレンディングの市場は意外と大きくなっているんですね。

なお、世界で見るともっと大きくて、その規模は1兆円を超えています。

分配金には税金がかかる

なお、投資家に分配されるお金には税金がかかります。これは、ソーシャルレンディングのサイトのシミュレータで確認できます。

分配金にかかる税金

この税金について、クラウドバンクは以下のように説明しています。

クラウドバンクで発生する分配金収入に対し20%の所得税(2013年1月1日から2037年12月31日までの25年間は2.1%の復興特別所得税が課税されるため計20.42%)が源泉課税されます。

分配金は、雑所得として総合課税され、他の所得と合算して通常の所得税率により課税されます。

20%以上って結構高いですよねw

源泉徴収についても理解しておこう

あと、源泉徴収についての説明もわかりやすいので、載せておきます。(よくわかってなかったのですが、この説明でだいたいわかりました)

源泉税とは、源泉徴収制度に基づき国に納付される税金のことをいいます。

源泉徴収制度とは、①給与や利子・配当などの所得を支払う者が②その所得を支払う際に所定の方法により所得税額を計算し、③支払金額からその所得税額を差し引いて国に納付する制度です。

弊社は、借手より返済があった場合、お客様の分配用口座に出資金の返還と利益の分配を行います

この配当金については源泉税がかかるため、配当より源泉税を控除した額をお客様のクラウドファンディング口座に支払っております

その後弊社では、お客様の配当金から控除した源泉税を、税務署に支払っております
なお、弊社の匿名組合の配当金にかかる源泉税率は、復興特別所得税を含む20.42%です。

会社員としての給料と同様に税金が差し引かれてお金が口座に支払われるわけですね。

このように、ソーシャルレンディングの分配金には税金がかかることを理解しておきましょう。

レンディングの意味

補足ですが、レンディング(Lending)とは「lend(貸す、貸し出す)」という意味です。

つまり、薄く広くお金を集めてまとまったお金を貸し出すというわけですね。この辺は、語源を辿るとより一層サービス自体の意味がわかるようになるので、覚えておきましょう。

ソーシャルレンディングのメリット

ということで、概要がわかったところでソーシャルレンディングのメリットを紹介していきます。

メリット1「お金を増やせる」

これまで書いてきたように、ソーシャルレンディングはお金を貸し出し、その返済利息によってお金を増やすことができます。

先ほどのシミュレーションだと、10万円を投資して1年ほどの運用が終わると、4000円ほど増えていましたよね。一方、定期預金だと24円しか増えておらず、その差は200倍ほどです。

このように、預金よりずっとお金を増やしやすいのです。

メリット2「投資の知識ほぼ不要」

これは、クラウドバンクのセミナーで語られたメリット。

そこにはソーシャルレンディングに関する本を書いているサラリーマンの中田さんが登壇されたのですが、「株などと違って知識がなくてもOKなのがありがたい」と語られていました。

ちなみに、中田さんは以前、株やFXなどで投資していたようですが、リーマンショックを機に資産が減ってしまったそうです。

メリット3「日々の値動きに振り回されなくていい」

また、サラリーマンということもあり、日々の値動きに振り回されてしまう生活も大変だったとのこと。

そこで、そういったことを気にせず、知識があまりなくても始められる投資が無いか探したところ、見つけたのがソーシャルレンディング。

そして、今はかなりの額をソーシャルレンディングで投資いていると語られていました。

メリット4「少額から始められる(1万円から)」

クラウドバンクの場合、1万円から投資できるのも大きいですね。maneoだと、「6万円から」などのファンドがありますが、こういった少しのお金で運用できるのもありがたいですね。

これなら、多くの人が気軽に投資できると思います。

ただ、ここで気をつけたいことがあります。それは、手数料と増えるお金をしっかり調べておくことです。

手数料と運用益のプラスマイナスを把握する

クラウドバンクなどでは、口座にお金を入れるときに手数料がかかります。

僕の場合、千葉銀行からクラウドバンクなどのソーシャルレンディングで用意された銀行口座に入金したんですが、その時は432円ずつ手数料がかかりました。

つまり、入金しただけでは432円のマイナスになるわけですね。なので、これ以上の利益を運用で出さなければいけないのです。

なので、こういった手数料と運用益の関係性は理解しておきましょう。

メリット5「毎月、金利収入が得られる」

これもクラウドバンクのセミナーで語られたこと。

1万円なり、2万円なり。不動産の家賃収入みたいに入ってくる。

メリット6「ほったらかしでいい」

株やFXと違い、適正なタイミングで売買する必要がないのもソーシャルレンディングのいいところ。ああいうのは、常に値動きに注目していないといけないので疲れますよね。

また、投資信託などの資産運用のようにリバランス(資産配分の調整。買い足したり、売ったり)なども必要ありません。

投資したら、あとは運用が終わるまで放置でいいのです。これは、かなり楽。(特に副業としてソーシャルレンディングを始めたい人にとってありがたいですね)

メリット7「社会貢献ができる」

ソーシャルレンディングを「これから伸びそうなサービス、事業を営む人を応援する」という観点で見ると、立派な社会貢献と言えます。

クラウドバンクだと、クリーンエネルギー事業を営む会社に融資するファンドがあったり、新興国の事業者に融資するファンドがあったりと誰かの成長に投資することができるのです。

また、オーナーズブックでは不動産事業者、クラウドクレジットは東欧のいけてるFinTech系企業を投資で応援することができます。

このように、誰かの成長を支援できるのもメリットだと思っています。

ソーシャルレンディングのデメリット(リスク、問題点)

と、いいところばかり書いてきましたが、もちろんデメリットもあります。ということで、それらを紹介していきます。

デメリット1「リスクがある」

ソーシャルレンディングを始める前に絶対に知っておきたいのが「元本割れの可能性あり」などのリスク。

これまた、クラウドバンクのセミナーでは以下のリスクが指摘されていました。

①デフォルト(貸し倒れ)リスク

貸し倒れ発生時、サービス会社自身が返済を肩代わりすることは無い。貸し倒れのリスクは全面的に貸し手である投資家が負う。

②サービス会社破綻のリスク(事業者リスク)

クラウドバンク自体、上場企業というわけではない。破綻のリスクもある。

事業者リスクに関してですが、投資家の資金は会社の資産とは別の口座で管理されています。

ただし、これをやっているからといって、預けているお金が全額保証されているわけではありません。なので、こういったリスクがあることも理解しておきましょう。

③途中売却・解約できないリスク(流動性リスク)

期間中は現金化できない。

以上、ソーシャルレンディングのリスクでした。

デメリット2「事業者としての問題がたまに起きる」

例えば、最近だと「みんなのクレジット」というサービスに1ヶ月間の業務停止命令を含む行政処分が下されました。

このサービスでは、誤ったファンド情報を表記していたようです。(本来とは違う事業者に貸し出していたり、担保の有無が誤情報であったり)

他だと、クラウドバンクを運営する日本クラウド証券株式会社は2015年6月に行政処分を受けています。

処分の内容は、以下の通り。

● 業務停止命令

1. 平成27年7月10日から平成27年10月9日までの間、匿名組合の出資持分の募集の取扱い業務のうち、新規の勧誘を伴う業務を停止すること。

2. 平成27年8月10日から平成27年10月9日までの間、グリーンシート銘柄の売買等業務のうち、新規の勧誘を伴う業務を停止すること。

また、maneoは問題を起こしたわけではありませんが、行政機関からの指導により1ファンド内で複数の案件を扱うようになりました。

このように、新しいサービスであるため、法整備や行政のチェックが追いついておらず、ちょこちょこ指導が入っているんですね。(これは新しいサービスとして避けられないでしょう)

【随時更新】ソーシャルレンディング事業者の比較

と、メリットとデメリットを理解したところで、実際にどのサービスを使って投資を始めればいいか?ということをまとめておきます。

ソーシャルレンディングの比較表
(ソーシャルレンディングの特徴を比較した表です)

maneo(マネオ)

maneoは運営歴が他と比べて長く、成立ローン総額693億4,320万円、ユーザー数45,015人と圧倒的な実績があります。

特徴は、実績があり安心して投資できることと、ファンドの投資(運用)期間が長いものがあること、投資が数万円からであることですね。

他だと、運用期間が数ヶ月でOKのところがあるんですが、maneoには2年単位のファンドもあります。

また、他のソーシャルレンディングだと1万円からの投資でOKのところもあるんですが、maneoの場合は3万円からなど、他より投資のハードルがちょい高いです。

ちなみに、maneoには10万円投資しています。

記事一覧:maneo(マネオ)

>>【maneo(マネオ)】のサイト

クラウドバンク

先ほどから何度か言及しているクラウドバンク。セミナーに参加し、情が湧いたので他より多めに50万円投資しています。

ここの特徴は、1万円から投資できる気軽さと、3ヶ月など運用期間短めのファンドがあることです。これにより、「まずはどんな感じか試したい」という人でも投資しやすくなるわけですね。

あとは、バイオマス、風力など社会貢献性の高いファンドもあるので、僕は気に入っております。

記事一覧:クラウドバンク

>>【クラウドバンク】のサイト

クラウドクレジット

東欧、アフリカなど海外向けのファンドが多いのがクラウドクレジットの特徴。ローン総額は24億円です。

ファンド一覧では、「過去に償還済み(ローン返済済みという意味)」の表記がされていて、ある程度信頼できるファンドを見つけることができます。

クラウドクレジットのファンド一覧

こちらも10万円投資しています。

記事一覧:クラウドクレジット

>>【クラウドクレジット】のサイト

OwnersBook(オーナーズブック)

こちらは不動産事業者に投資するソーシャルレンディング。10万円投資しています。

ファンド画面にて、リスクをわかりやすく表記してくれています。あと、人気がすごくて18時募集開始のファンドは5分ほどサイトが繋がりにくくなりました。

なんとか投資できましたが、すぐに金額が集まり、募集が終わってしまいました。なので、投資する際は時間を把握して画面の前で身構えておくといいですよ。

記事一覧:OwnersBook(オーナーズブック)

>>【OwnersBook】のサイト

【追記】セミナーに参加してわかったこと

セミナーでわかったことは以下。(概要です。詳しくはリンク先の記事でどうぞ)

・不動産投資のプロが開発したサービス
・中の人はかなり健全に運営している

・運営会社のロードキャピタル株式会社はソーシャルレンディング以外に自己資金による不動産投資事業も行っている
・そこで培ったネットワーク、ノウハウを生かし返済能力のある事業者を見つけている

・「オーナーズブック」では不動産を担保にして、万が一の時はそれを売れば投資家にお金が返ってくるようにしている
・不動産が毀損、(事故などで)なくなった時のリスク回避もしっかりしている

とこんな感じで、信頼できるサービスだなと僕は思いましたね。

参照:オーナーズブックは怪しいの?口コミや評判を見た上でセミナーに参加したら意外なことがわかったよ

SBIソーシャルレンディング

SBIもmaneo同様、ソーシャルレンディングの大手。こちらも10万円投資しています。

特徴は、他のソーシャルレンディングより低リスクなファンドがあること。僕が投資しているのは、証券担保ローンファンドで予定運用利回りは2%です。(投資機関は1年)

他にも、担保ありで4%台のファンドがあるなど、あまりリスクをとらず堅実に投資したい方向けのファンドがあります。

あと、悪い点として、サイトがかなり使いにくいというものがあります。ファンドを探しづらい、入金申請をどこからしたらいいかわからないなど、他と比べて一番UI、UXが悪いです。

運営会社がちゃんとしているのだから、もっとサイトにお金をかけた方がいいよなと思いました。

記事一覧:SBIソーシャルレンディング

ラッキーバンク

こちらは、不動産に特化したソーシャルレンディングサービス。全案件、不動産担保を設定しているのが特徴。累計調達額は、89億円(2017年4月30日時点)です。

投資利回り年6%〜10%(税引前)を目指しており、収益は毎月分配されるそうです。

ファンドを見た感じ、数ヶ月から数年の投資機関で、最低投資金額は数万円から(最低6万円が多かった)。

サービス自体、有名ではありませんが、サイトがちゃんとしていてUX的にはSBIよりも上ですね。

参照:ラッキーバンク

トラストレンディング

こちら、使おうと思ったんですが、サイトがあまりにも使いづらく、セキュリティなど不安な点があったので、登録するのをやめました。

投資自体、詳しくないのでソーシャルレンディングを決める際は「商品」というよりは、「ユーザーの使い心地を求めているか」、「サイトの安全性」を大事にしています。

なので、トラストレンディングはサイトの改善があるまで使わない予定です。

ということで、これからも投資するサービスやファンドが増えたら追記していきます。

FUNDINNO(ファンディーノ)

こちらは、日本初の株式投資型クラウドファンディングサービス。イケてるベンチャーに対して、小口投資家が投資するサービス。

このサービスでは、上場前の会社の株を買います。

株を買うソーシャルレンディング

そして、上場してから株の値上がりで儲ける感じですね。

事業者の顔が見れていい

最近だと、以下のようなファンドがありました。紙を電子化して業務効率化を目指す事業を行う会社への投資です。

株式投資型ソーシャルレンディング「ファンディーノ」

ファンディーノは、投資先の事業者の顔が見えて、TwitterやFacebookのソーシャルリンクをたどれるのがいいですね。

事業者の顔がわかる

クラウドバンクなどは規約上、投資先の事業者がわかりませんが、こっちの方がやはり投資の際、信用材料になります。

他と比べてリスクが高い

ただし、投資先の会社が上場しなければ、投資したお金は返ってきません。さらに、上場までは時間がかかりますから、クラウドバンクなどのように数ヶ月で元本以上のリターンを得ることは稀です。

なので、そういったリスクを踏まえて投資したいところ。

なお、サービスが始まったばかりということで、ファンドはかなり少ないです。

>>FUNDINNO(ファンディーノ)

みんなのクレジット

個人的に使うことはないだろうな〜と思っているのは、「みんなのクレジット」です。以下のように深刻な問題を起こしてしまっているんですよ。

3月24日、証券取引等監視委員会はみんなのクレジット(以下「みんクレ」)に行政処分を行うよう、金融庁に勧告した。

これを受け、関東財務局は3月30日、4月29日までの1カ月のすべての業務停止命令を発表した。顧客に対して速やかに適切な説明を行うことや、業務運営を直ちに是正すること、今後の資金繰り計画の策定などの業務改善命令も出した。

しかも、謝罪のプレスリリースはサイト上に画像で出していました。これは、テキストでネット上に問題の痕跡を出さないためと思われます。

あと、以下のような問題もあり、こういうところにお金を預けるのは危険かなと思っています。

不動産や中小企業に融資しているはずなのに、実際は不動産や中小企業に融資せずに自社グループ企業に貸し付けていた。

そのグループ企業はファンドから借りた金を別のファンドへの償還金に充てていた。つまりは「自転車操業の状態」(監視委員会)だったのである。

参照:みんなのクレジット、自転車操業の驚愕実態:年利14.5%の利回りをうたい、資金を集めた

なので、利用する際はよくファンドの情報を確認しましょう。

AQUSH

aqush
参照:ソーシャルレンディングAQUSH|魅力的な利回りで新しいカタチの資産運用

AQUSHはクラウドバンク同様、海外、クリーンエネルギー、中小企業向けなど手広くいろんなジャンルのファンドがありますね。(クラウドバンクよりファンド少なめという印象)

特徴的なのは、個人にお金を貸し出すファンドがあることですね。他のソーシャルレンディングだと、基本的に企業向けにお金を貸し出しますが、AQUSHは個人向けなのです。

なお、以下のような審査基準があるそうです。

AQUSHの借り手は、借入資格を満たし、審査で承認を受けた個人です。それぞれの信用度合いに応じて、信用力の客観的な指標であるAQUSHグレードが付与されています。

借入資格を満たしていること

– 本人確認が取れること
– 300万円以上(目安)の年収があること
– 20歳以上70歳以下
– 借入過多でないこと
– 2年以上の信用履歴があること
– 過去5年以内に債務不履行していないこと
– ローンやクレジットカード等の取引実績があること

そして、投資家は自分でリスク許容度を決めて、それに見合った利回りのファンドを選べるみたいですね。

aqushのローンファンド

個人的にはリスキーと思いますが、こういったソーシャルレンディングがあることも理解しておきましょう。

SMART EQUITY(スマートエクイティ)

10万円投資のスマートエクイティ
参照:スマートエクイティ

こちらは証券会社が運営するソーシャルレンディング。(投資金額は10万円からだそうです)

スマートエクイティは第一種金融商品取引業者(証券会社)である、AIP証券がサービスを提供しています。

当社は、証券会社であり、金融機関として金融商品取引法によって定められている厳しいコンプライアンス体制や財務基準をクリアしている為、安心してお取引頂けます。

他と違うのは、「社債」という言葉を使っていること。(やってることは、他サービスの「中小企業ローン」とかと同じ)

スマートエクイティのファンド「社債」

例えば、「サプリ生活ボンド(債券)第7回債」といったもの。以下のように説明されています。

・償還期間は12ヶ月、クーポンは年率8%の利付債です。
・償還時に元本とクーポン(利息)を一括でお支払い致します。
・小幡社長の個人保証付(連帯保証)です。

あとは、トランクルームのファンド、スリランカ預金のファンドがあり、運用期間は1年以上と長めのものが多いですね。

LCレンディング

株式会社LCレンディングが運営する「LCレンディング」。ここは「少額から始められる不動産投資」と銘打ち、運用利回り5.0~10.0%(年率・税引前)ほど。

各地にある中小規模の商業施設が主な投資対象です。山形にもよくあるんですが、スーパー、ドラッグストア、ホームセンターなどが密集しているあれですね。

ちなみに、山形だとヨークタウン、イオンタウン、嶋地区あたりがそれにあたるのでしょう。

そして、そういった事業者に投資家から集めたお金を貸し出して、利息と一緒にお金を返してもらい、一部を投資家に分配するわけですね。

投資は2万円からでOKのファンドが多く、投資までのハードルは低そうです。

ちなみに、株式会社LCレンディング は、LCホールディングス株式会社(JASDAQに上場してる)の100%子会社。信頼度はそこそこありそうですね。

Crowd Lease(クラウドリース)

こちら、ファンド一覧、詳細ページや管理画面がmaneoと似てると思ったら、maneoマーケット株式会社と株式会社Crowd Leaseが一緒に運営してるサービスなんですね。

ちなみに、株式会社Crowd Leaseの操業は2015年10月とかなり若いです。

ファンドを見てみると、最低投資金額は2万円から、期間は1ヶ月からのものもあり、試しに投資してみたい人にとってはよさそうなサービスです。

投資利回りは5~10%という感じ。

maneoマーケットが関わるサービスが多い

同じ事業者に貸し出しているのに、別でファンドを作っていて、謎なんですが、これは意味があるのでしょうか。運用期間だけが違うようですが、結構謎なサイトですね。

「Crowd Lease(クラウドリース)」

ちなみに、クラウドリースのようにmaneoマーケットと一緒に運営されているソーシャルレンディングがいくつかあり、それらはおそらくmaneoにあるものを売っているだけなのかなと思いました。

なので、この辺の疑問が解決し次第、追記します。

20代で始めた資産運用

20代で始めた資産運用
>>詳しく知る

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ