>20万円もらう方法やオススメ投資を知る>

億り人がMT5を解説!メリット・デメリットやダウンロード方法、使い方

この記事では、MT4のバージョンアップ版であるMT5について解説します。

メリット・デメリットや使い方、MT4との違いなどをまとめていきます。

MT5がおすすめな人の特徴を知りたい方、MT4とどっちを使うべきか知りたい方は参考にしてください。

記事の要点まとめ
・MT5はMT4より処理速度が速く、サクサク動く

MT4のインジケータやEAはMT5で動かず、デメリットが多い

結論、MT5は現時点あまりおすすめではありません。

MT5に対応している国内のFX会社もほぼないので、現状はMT4を使うのがおすすめです。

MT4を使うならFOREX.comがおすすめで、今ならキャンペーンで10万円のキャッシュバックがありお得です。

スクリーンショット 2022 07 14 18 01 14

まずは無料で口座を作っておきましょう!

\ 限定!10万円もらう /

MT5(メタトレーダー5)とは

MT5とは、Meta Quotes社が開発した、世界で人気の取引ツールです。

MetaQuotes社の取引ツールにはMT4もあり、MT5はMT4を進化させたツールです。

MT4とは似た点が多く、操作方法も同じですが、処理速度などが違っています

というわけで次に、MT5の特徴を詳しく説明していきます。

MT5の特徴

MT5はMT4と同様に、世界中の取引所の為替レートなどがリアルタイムで更新され、その更新スピードがMT4より早いのが特徴です。

取引できるのは、FXの通貨や金・銀、株式指数などのCFDに加えて、個別株や債券、仮想通貨。

取引ツール、チャートがMT4から進化した上に取引できる銘柄も増えています

MT4のEAなどはMT5で使えない

mt5のデメリットと特徴
ただし、MT4で使えていたインジケータや自動売買のEAはMT5で使えません。

MT4とMT5ではプログラミングの開発言語が異なり、それぞれの言語で作られたインジケータなどは互換性がありません

MT4のインジケータやEAがMT5で使えないのはデメリットです。

MT4との違い

MT4とMT5の大きな違いは、ツールの動作スピードです。

MT5の起動時や操作した時のスピードがMT4より速いです。

他には時間足の種類が違い、MT4は9種類で、MT5は21種類の時間足を表示できます。

多くの時間足を表示できることで、より高度なテクニカル分析ができます。

▼MT4とMT5の違いについては以下の記事をご参考ください。

MT5のメリット

次に、MT5のメリットを紹介します。

以下のメリットをチェックしましょう。

メリット
・動作が速く、ツールも進化している

板情報を見られる

それぞれ解説します。

動作が速く、ツールも進化している

MT5のメリット

MT5は動作がMT4より速く、処理スピードデメリットがあります。

ツールの立ち上げや、レートの更新、チャートやインジケーターの表示時、取引時に快適に使えます。

32bit版に加えて64bit版にも対応しており、サクサク動きます

また、時間足もMT4より多く、チャートや取引ツールも進化しており、より高機能です。

板情報を見られる

a

MT5では通貨ごとに板情報を見られて、いろんな人の注文内容がわかります。

板とは以下のような情報で、株の取引でもチェックできる便利なものです。

板を見ることで、買い・売りポジションのどちらが多いかがわかり、新規注文や利確・損切りのタイミングも判断できます

板をチェックできるFX会社はあまりないので、これも大きなメリットです。

板の使い方などは、以下の動画でも解説してるので、チェックしましょう!

MT5のデメリット

次に、MT5のデメリットを紹介します。

以下のデメリットがあります。

デメリット
MT5で使えるインジケーターが少ない

・使えるEA(自動売買システム)も少ない

MT5に対応しているFX会社が少ない

それぞれ解説します。

MT5で使えるインジケーターが少ない

mt5のデメリット

MT5のデメリットは、使えるインジケータが少ないことです。

MT4用のインジケータは多いのですが、MT5に対応しているインジケータはまだ出回っていません

MT4とMT5では互換性がなく、MT4で使えるインジケータはMT5で使えません。

インジケータでは高度なテクニカル分析ができますが、こういった便利ツールをMT5では利用できません。

使えるEA(自動売買システム)も少ない

mt5のデメリットと特徴

インジケータ同様、自動売買システムのEAもMT5で使えるものが少ないです。

EAもMT4対応のものは多いですが、それらはMT5で動かせません

MT4のEA、MT5のEAはそれぞれ別の言語で開発されており、互換性がありません。

いろんな便利ツールを利用できないという点でMT5にデメリットがあります。

MT5に対応しているFX会社が少ない

a

MT5については、対応しているFX会社が少ないというデメリットもあります。

MT5を使えるFX会社はOANDA JapanとAVA TRADE、外為ファイネストの3社のみ。

それ以外のFX会社ではMT5が使えません

MT5で使えるインジケータ

次に、MT5で使えるインジケータを紹介します。

トレンド系などいろんなものがあるので、それぞれ見ていきます。

トレンド系

トレンド系で標準搭載されているインジケータは、単純移動平均線など。

ボリンジャーバンドや一目均衡表、エンベロープ、パラボリック(SAR)など13種類があります

これだけインジケータがあれば、トレンド・相場の方向性も判断できます。

オシレーター系

rsi.png

MT5では、買われ過ぎ、売られ過ぎなどを示し、逆張りトレードで活用できるオシレーター系インジケーターも使えます。

RSIやMACD、ストキャスティクスなどメジャーな15種類が標準搭載されています

必要なものはだいたいそろっています。

ボリューム系など

fxのおすすめ無料インジケータ

MT5では他にボリューム系のインジケータも表示できます。(Volumesなど)

ボリューム系では出来高がわかり、相場の勢いや売買の活発さも判断できます

他に、ビル・ウィリアムズ系、カスタム系などマニアックなインジケータも使えて、多様なトレードができます。

MT5を使うのがおすすめな人

おすすめな人の特徴.png

次に、MT5がおすすめな人の特徴も紹介します。

以下の人にMT5はおすすめです。

おすすめな人
裁量トレードをしたい人

・多くの銘柄で取引したい人

それぞれ解説します。

裁量トレードをしたい人

mt5がおすすめな人

MT5はそのスペックから裁量トレードに向いています。

データ処理能力が高いので、MT4に比べて動作が速く、レート配信も正確です。

レートが止まることもなく、チャートにリアルタイムに価格が表示され、取引のチャンスを逃しません。

スペックの高いツールで正確に取引した人におすすめです。

多くの銘柄で取引したい人

mt5が向いてる人

MT5ではFXの通貨だけでなく、株や債券、金などのコモディティ、ビットコインなどの暗号資産も取引できます。

FXで値動きのないときでも株や仮想通貨で利益を狙えてチャンスが増えます

また、複数の資産にも分散投資でき、リスクヘッジも可能です。

いろんな銘柄に投資したい人にMT5は向いています。

MT5を使うのがおすすめできない人

一方、以下の人にはMT5をおすすめしません。

おすすめしない
自動売買を使いたい人

・国内FX会社を使いたい人

それぞれ解説します。

自動売買を使いたい人

mt5のデメリットと特徴

MT5で使える自動売買のEAは少ないのが現状です。

多くのEAがMT4のみの対応となっており、有料で購入していても、MT5では動かせません

MT5で自動売買をやるのは現時点、現実的ではありません

自動売買であれば、他のサービスを使うのがおすすめです。

▼おすすめのFX自動売買については以下の記事をご参考ください。

国内FX会社を使いたい人

国内FX会社でトレードしたい人にもMT5はおすすめしません。

なぜなら、国内FXではMT5を扱っている会社がほぼないからです。

なので、高度なトレードをするなたMT4を使うのがおすすめで、MT4であれば多くの会社で扱いがあります。

mac(マック)対応のmt4

MT4を使うなら、FOREX.comがおすすめで、パソコンからスマホアプリでもMT4の分析・取引ができます。

スプレッドやスワップポイントの条件も良く、今ならキャンペーンで10万円以上のキャッシュバックがありお得です。

スクリーンショット 2022 07 14 18 01 14

まずは無料で口座を作っておきましょう!

\ 限定!10万円もらう /

▼FOREX.comの詳細については以下の記事をご参考ください。

MT5のダウンロード方法

mt5のダウンロード方法

MT5は各FX会社の公式サイトか、開発元であるMeta Quotes社の公式サイトからダウンロードできます。

インストール方法はMT4と同じです。

スマホやタブレット版のアプリもあり、パソコンでもデスクトップ型をインストールできます。

▼MT4のダウンロード方法については以下の記事をご参考ください

MT5の使い方

次に、MT5の使い方を説明します。

MT5の使い方は、MT4とほとんど変わりません。

では、具体的な操作方法を説明します。

通貨ペアの表示方法

mt5の使い方

MT5の取引通貨ペアの表示は、上部メニューバーの「表示」をクリックします。

表示できる通貨ペア一覧が出るので、好きな通貨ペアを表示させましょう。

注文・取引方法

mt5の使い方・取引方法

注文方法も簡単で、メニューバー上部の新規取引から発注できます。

成行、指値、逆指値注文から選択が可能です。

チャート画面左上の発注ボタンでは、ワンクリックで成行注文を出せます。

ツールボックスの表示

mt5ツールボックスの表示方法

ツールボックスは、MT4における「ターミナル」で、名前は違いますが、機能は一緒です。

資金の残高や保有ポジション、取引履歴などを確認できます

上部メニューの「表示タブ」からツールボックスを表示できます。

ショートカットキーだと、キーボードのCtrl+Tで表示が可能です。

【まとめ】MT5対応のFX会社・業者は?

a

最後に大事な点をまとめます。

記事の要点
・MT5はMT4をバージョンアップさせたもの

・MT4よりも処理スピードが速く、スペックも高い

MT4対応のEAやインジケータはMT5に対応しておらず、自動売買などができない

国内のFX会社ではMT5を使えない

現状、国内FX会社ではMT5を使いづらいので、MT4を使うのがおすすめです。

MT4はFOREX.comで使えて、スプレッドやスワップポイントなどの条件がいいです。

今ならお得なキャンペーンで10万円以上のキャッシュバックがあるので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

スクリーンショット 2022 07 14 18 01 14

\ 限定!10万円もらう /

▼おすすめのMT4は以下の記事で詳しく紹介しています

関連記事