>20万円もらう方法やオススメ投資を知る>

最狭はどこ?MT4対応FX会社のスプレッド比較!安い業者ランキング

この記事では、MT4が使える国内FX会社をスプレッドで比較していきます。

MT4対応でおすすめの会社を知りたい方、スプレッドの狭い会社を知りたい方は参考にしてください。

FXでお得に取引するために大事な「会社の選び方」も紹介していきます。

記事の要点まとめ
スプレッドは狭いほど手数料が安くなる

・スプレッドが狭く、原則固定の会社がおすすめ

・スプレッドに加えて、約定力の高さも大事

結論、スプレッドが狭く、有利にMT4でトレードできるFX会社はFOREX.comです。

限定キャンペーンで10万円以上もらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

スクリーンショット 2022 07 14 18 01 14

\ 限定!10万円もらう /

MT4については、以下の動画で詳しく解説しているので、チェックしてください。

MT4対応FX業者のスプレッド比較一覧

そもそも、MT4対応の会社では、スプレッドが「原則固定のところ」と「変動制のところ」があります。

それぞれで特徴が大きく違うので、これから分けて紹介していきます。

MT4が使える!原則固定のFX会社

MT4対応FX会社のスプレッド比較

MT4が使えて、スプレッドが原則固定のFX会社は以下の通り。

・FOREX.com、ヒロセ通商、FXTF

原則固定の会社であれば、事前にスプレッド、つまり実質的な手数料がわかり、コストも計算しやすいです。

基本的には、スプレッドが原則固定のFX会社をおすすめします

MT4が使える!変動制のFX会社

mt4が使える国内fx会社のスプレッド比較

MT4が使えて、スプレッドが変動制のFX会社は以下の通り。

会社一覧
・楽天証券、OANDA JAPAN、外為ファイネスト

・FOREX EXCHANGE、JFX、EZインベスト証券

スプレッドが変動制だと、事前にコストを読みづらく、不利なレートで約定することもあります

実質的な手数料が増えて損をすることも多いので、なるべくスプレッドは原則固定の会社を使いましょう

MT4対応FX業者の比較&ランキング

次に、MT4に対応している国内FX会社の比較をしていきます。

以下の、ドル円スプレッドランキングをチェックしてください。

FX会社 スプレッド
FOREX.com 0.3銭
FXTF 0.3銭
ヒロセ通商 0.4銭
JFX 0.4銭
OANDA JAPAN 0.4銭

スプレッドが狭い順でそれぞれのFX会社について詳しくみていきます。

1位:FOREX.com

スクリーンショット 2022 07 14 18 01 14

おすすめ度 ★★★★★
使いやすさ A+
約定力 A+
通貨ペア 30種類
ドル円 0.3銭
ユーロ円 0.5銭
ポンド円 1.0銭
豪ドル円 0.7銭

MT4を利用するならスプレッドが狭く、コスト最安のFOREX.comがおすすめです。

ここは約定力も高く、有利なレートでトレードができます

fxの約定力

スプレッドは原則固定であり、サーバーも安定しているので、相場急変時のシステム障害なども起きづらいです。

MT4では、EAを使った自動売買もでき、いろんなやり方で利益を狙えます

限定キャンペーンで10万円もらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

スクリーンショット 2022 07 14 18 01 14

\ 限定!10万円もらう /

▼FOREX.comの評判については以下の記事をご参考ください

FXTF

ゴールデンウェイ・ジャパン

おすすめ度 ★★★★
使いやすさ A
約定力 A
通貨ペア 24種類
ドル円 0.3銭
ユーロ円 0.6銭
ポンド円 1.0銭
豪ドル円 0.7銭

FXTF(ゴールデンウェイジャパン)は、独自のインジケータが特徴です。

fxのおすすめ無料インジケータ

数十種類もの無料インジケータを取り揃えており、高度なテクニカル分析ができます。

MT4でしか使えない貴重なものもあり、他の分析ツールではできない高度な予想もできます

こちらでは当サイト限定のキャンペーンで20.3万円もらえるので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

\ 限定!20.3万円もらう /

▼FXTFの評判については以下の記事をご参考ください

ヒロセ通商

スクリーンショット 2021 10 22 9 52 06

おすすめ度 ★★★★
使いやすさ A
約定力 A
通貨ペア 50種類
ドル円 0.4銭
ユーロ円 0.6銭
ポンド円 1.0銭
豪ドル円 0.7銭

ヒロセ通商でもMT4を扱っており、スプレッドも原則固定です。

約定力に定評があり、スキャルピングも公認で、短期トレードにも向いています

スキャルピング用のEAで自動売買もでき、放置でも利益を狙えます。

こちらでは10万円のキャッシュバックに加え、食品のプレゼントキャンペーンも開催中です。

スクリーンショット 2021 07 24 8 36 35

ぜひ今すぐ無料で口座を作っておきましょう!

\ 限定!10万円もらう /

▼ヒロセ通商の評判については以下の記事をご参考ください

JFX

おすすめ度 ★★★★
使いやすさ B+
約定力 A
通貨ペア 40種類
ドル円 0.4銭
ユーロ円 0.6銭
ポンド円 1.1銭
豪ドル円 0.8銭

JFXもMT4対応であり、MT5も利用できますが、スプレッドが広く、変動制である点がデメリットです。

また、相場の急変時は特に広がりやすい問題があり、不利なトレードになりがちです。

急変時は約定しづらい.png

また、ストップ狩りの噂もあり、早朝などは特に取引するのが怖いです。

▼JFXの評判については以下の記事をご参考ください

MT4対応FX業者のスプレッドを比較する時のポイント

次に、MT4が使える会社のスプレッドを比較するときのポイントも紹介します。

以下の3つに注目しましょう。

大事なポイント
スプレッドの安定した狭さ

・スプレッドが広がりにくいこと

約定力の高さ

それぞれ解説します。

スプレッドの安定した狭さ

mt4とmt5の違いを比較

まず、比較する際はスプレッドが安定して狭いかチェックしましょう!

スプレッドが広いと実質的な手数料が高くなり、不利なトレードになります。

スプレッドはキャンペーンで一時的に狭い会社でなく、常に狭いかをチェックしてください

スプレッドが広がりにくいこと

mt4対応でスプレッドが一番安いfx会社

FX会社を比較する際は、スプレッドの広がりにくさもチェックしましょう!

スプレッドが原則固定であっても、早朝や相場の急変時などに広がりやすい会社もあります。

この辺は過去の実績を見るとわかるので、雇用統計など重要な経済指標の発表時の過去のスプレッド実績を口コミなどで見ておくといいです。

「発表時や早朝に広がりやすい」という感想などがあったら注意です。

約定力の高さ

スキャルピング公認のおすすめFX会社

約定力が高いとスプレッドが狭いのと同じ効果で、有利にトレードできるので、これも重視しましょう!

なお、約定とは、FXの取引で売り買いの注文が成立することです。

fxの約定

つまり、FXの約定力とは希望の価格で注文を成立させる力のこと。

fxの約定力

約定力が低いと、指定したレートで注文が通らず、不利な取引となります

違うレートで約定し不利.png

たとえば、1ドル100円で買いたいのに101円で約定すれば、高い値段で買うことになり、不利になります

こうなると損をしやすくなり、スプレッドが広いのと同じ効果にもなります

取引で損をしないためにも、約定力の高さはとても大事です

\ 限定!10万円もらう /

MT4のスプレッド比較に関するQ&A

次に、MT4のスプレッド比較でよくある疑問に回答します。

ここで、疑問を解決しましょう。

スプレッドは原則固定と変動制どっちがおすすめ?

固定制.png

この2つであれば、スプレッド原則固定の会社の方がおすすめです。

なぜなら、事前に手数料を把握でき、低コストで有利にトレードできるからです。

変動制はどうしても不利になるので、控えた方がいいです。

MT4と普通のFX取引ではスプレッドが違う?

mt4対応fx会社のスプレッドランキング

一般的にMT4を使ったトレードでは、MT4を使わない一般的なFXよりスプレッドが広くなります。

MT4ではEAなどの自動売買をやりますから、その手間賃が少しスプレッドに上乗せされています。

シンプルに、より低コストでFXをやるなら、MT4を使わないトレードの方がいいかもしれません

【まとめ】MT4でのおすすめFX口座

mt4対応でスプレッドが一番安いfx会社

最後に大事な点をまとめます。

記事の要点まとめ
・MT4対応のFX会社ごとにスプレッドは異なる

スプレッドが狭く、約定力の高い会社がおすすめ

・経済指標の発表時でも、スプレッドが広がりにくい会社がおすすめ

スプレッドが狭く、おすすめのFX会社はFOREX.comです。

ここでは1000通貨から少額取引でき、ノックアウトオプションなどでも大きな利益を狙えます。

限定キャンペーンで10万円以上もらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

スクリーンショット 2022 07 14 18 01 14

\ 限定!10万円もらう /

▼MT4対応業者のおすすめランキングについては以下の記事をご参考ください

関連記事