高知で仕事してくれた人に「イケハヤトークン」で給料払って、それを使ってスタバで決済できるようになる時代がくる by「ブロックチェーン講座」

どうも。1000万円以上を資産運用に回しているタクスズキです。

イケダハヤトさんがブロックチェーンの解説をしてくれてました。

>>イケハヤブロックチェーン講座

これが面白かったので、メモを残しておきます。(ONEれいほくのメンバーもいらっしゃった)

なお、途中から参加したので、意訳もあります。(純粋な書き起こしではないです)

イーサリアム

イーサはコンピュータ(インフラのようなものという例えかな?)。

Erc20トークン、この規格に準拠したトークンを誰でも発行できる。

今年の焦点は、daaps。イーサリアムの技術を使ってアプリを作る。

例えば、ストレージサービス

今は、dropbox。グーグルのを使ってるが、これ中央集権。

Dappsは分散型で、サーバー落ちた時に困らない。データを盗まれないなどのメリット。

アプリの例

保険とかもある。

ゲームも面白い。猫を育てるゲーム。めっちゃ使われている。10億円くらい。ざっくりいうと、育成型のカードゲーム。本格的でないが。

運営が不正できない。今までのオンラインゲームと違う。

仮想通貨MANA(Decentraland):ゲームで使われるマナートークン

VRのゲーム。イーサベース。セカンドライフ的な。

ゲーム中のアセットがブロックチェーンで管理できる。不正しにくい。

イーサは、ビットコインと比べると目指す世界観が違う

イーサはこう言った状況なので、伸びていくはず。

イーサの課題は、コインが並列で走ってしまっていて、それぞれの交換が難しいこと。つまり、コインの流動性が低い。

Erc20規格に準拠して「れいほくコイン」を作る場合。そんなに売買されない。流動性低い。使い物にならないイメージ。地域通貨。

使える場所が限られる。

Nem,waves。イーサを使ってコインを使っている。乱立して使い道がなくなっている。今のブロックチェーンの課題。

それを解決するプロジェクト

今年、面白そう。流動性の問題解決。

マニアックだが、プレイヤーがいる

Bancorというプロジェクト。かなりお金集めた。

参照:【解説】Bancorとは何か?できるだけわかりやすく説明。

イーサ上のトークンの分散を解決。もう利用できる。仮想通貨に慣れてきた人は、感動する。

流動性を解決

トークンを発行するのに、準備金を用意させる。

Bancorプロトコルにのったコインを作るなら、まずお金を用意。

れいほくコインを売る場合、準備金があるので、そこのお金交換できる。

準備金がなくなっていく心配はない。アルゴリズムでコントロールされている。

マイナーなトークンが買いやすくなる。いつでも売れる。資本金みたいなもん。

バスケットというものも

1つのバスケットにいろんなトークンを「まとめることができる。

大川村コイン、本山町コインなどをまとめて、「れいほくコイン」にするイメージ。

まとめれば、土佐町、本山町など各地で使える。

自分の考え

この話を聞いて、インデックス投資的な感じかなと思いました。要は、パッケージですね。

コメントには、商店街の商品券システム?といったものも。

これで、瞬時にトークンを交換できるように。

あと、トークンリレーについても説明されたのですが、うまくメモれなかったので、この記事をどうぞ。

関連記事:アトミックスワップ搭載DEX!「altcoin.io」の事前登録が始まってるよ!

コメントからすると、これはCOMSAでも実現するらしいです。

ちなみに、ERC20トークンが入ったウォレットで決済すると、自動でれいほくコインでの決済になるとのこと。(バックグラウンドで処理してくれる)

地域をまたいで独自通貨を払える

例えば、れいほくでの薪割り。沖縄で独自トークンとつなげる。

報酬をれいほくコインで払って相手は沖縄の独自トークンで受け取れるイメージ。

bancorは手数料かからない。

Bancorの収益性は謎。BNTを発行。これが利益?

苓北で仕事して手伝ってくれた人に「イケハヤトークン」払って、スタバで決済できるように。

0xもある

準備金のない形。dex。分散型の取引所。

あと、0xの話も出たんですfが、メモが甘かったので、イケダさんの解説記事をどうぞ。

みんな、まだよくわかってない

新しい社会はどうなる?

池田さんの妄想。

Jpyをでセントラルさせる。djpy

森永先生。とんちんかん。仮想通貨、つぶれるという意見。ありえない。

Jpy/ethがめんどう。未成年だと、親の承認とか。

だが、djpyで簡単にeth買えるようになる。

Djpyは日本円と同じ価値。日本円と違うのは、分散型のブロックチェーン状に乗っていて、ethと変えられる。

Usdt:ブロックチェーン状にのった法定通貨。ドル

実際、「米国ドル版暗号通貨」ともいえる「Tether(USDT)」はかなり使われてますね。

参照:森永卓郎さん。日銀が仮想通貨出したら、ビットコインはさらに飛躍しますよ。

具体例

1000万JPYを会社の口座に持ってる。djpyに変えられる。

そこでいろんなトークンで払える。送金手数料が安い、早い。日本円と等価。

そうすると、新しい経済圏ができている。

Btcの問題「ボラリティが激しく、換算しにくい」を解決する。

未来の銀行が生まれる?

日本円自体が、吸い取られていく。マネーサプライはどうなる?

Djpyは錬金術。等価なら、投資ですらない。イーサリアムを1000万買うのは怖いが、

銀行同様、20%くらいおいておけばいい。80%くらいは他で使える。一定の準備金を残す。他の投資に回すなど。

未来の銀行。個人が法定通貨のようなコインを発行。個人銀行。(コメントで「バンクエラ、これ?」というものも)

管理者が存在しない。止めようがない。国が止められない。

ここからは雑なメモ

トークン同士の価値を保つにはどうすれば?という課題も。

Djpyが47都道府県ごとのコインのバスケットに。

Ajpyがでてくる可能性もある。

ブロックチェーンで価値とは何かを考えるように

物の価値の統一性。

ブロックチェーンが面白いのは、価値ってなんなんだろう?

円とは何か?

コミュニティによって価値基準が異なる。

アマゾン川のひとからしたら、高知の「あかうし」は幻の肉。

aragon。分散型の組織ツール

意思決定の在り方も分散型に。

>>分散型組織の構築〜Aragon〜

国ってなんだろう?

日銀がデジタル通貨を発行したら

純粋に便利。銀行が潰れる。預金する必要がなくなる。ブロックチェーンのウォレットにいれたらいい。ブロックチェーン状に企画どおりに。

日銀が発行する頃には、うにバーサルにトラストレスになる。銀行口座教えて、でなく、ウォレットアドレス教えてになる。

銀行の存在意義がなくなる。銀行の人たちは気づいてない。送金速度も安いし、早いし。

特定のコミュニティがコインを発行していく

仮想通貨なら、銀行口座にお金預けなくていい。atm使わなくていい。

ウォレットで管理してしまえばいい。

日銀のブロックチェーンに通貨乗せたら、銀行は反対するだろう。

その間に、勝手に特定のコミュニティが通貨を発行するだろう。

俺(タクスズキ)の考え

A8トークンでの支払い、afibトークンでの支払いがあって、それも同じ価値としてウォレットで管理できる。

A8トークンをいっぱいもっていたら、配当が入る。つまり、めっちゃ稼いでるアフィリエイターがさらに富を得る構造に。

ブロックチェーンは完璧ではない

リップルは、発行者、管理者がいる通貨。

「落とした時、クレカ止めないと勝手に使われる」みたいなリスクはある?

2段階認証でしか守れない、結局googleの認証アプリに頼っている。

まだ完璧ではない。ブロックチェーンの方が優れているが、自己責任感。

スケーラビリティの問題

スケールする際の問題。ビットコインは送金遅い。手数料高い。

ライトニングネットワーク。期待してる。送金早い。これにも課題ある。脆弱性もあるかも

ビットコインキャッシュとの戦い。ライトニングネットワークが来たら、ビットコインが便利になる(bch派から怒られるけど)

ビットバンクがいち早くサポート予定。

イーサリアムのスケーラビリティの改善

以下、雑なメモ。

参照:グーグルの検索結果

らいでん、プラズマ。pos。これで送金も早くなるかも。キャスパーというアップデート。

>>イーサリアムのPOS”CASPER”が解決するPOWの問題

Goネットワーク、今度icoするらしい。イーサリアム系。

送金早いのは、計算が雑になる。脆弱性に問題ある。めちゃくちゃ早くて、セキュリティちゃんとしてるのもある。

Xp早い。それだけ脆弱性もある。

ブロックチェーンの課題

イーサ、nem、qtumなどいっぱいあり、全部ブロックチェーン。今年は互換性がテーマ。

アプリをイーサで作るか、nemか、qtumか。

チェーンに互換性がないのでnem状で作られたものがqtumなどで交換しにくい。トラストレスでない。

Iosアプリとandorodアプリみたいな感じ。(windows、mac、linuxなど)

いろんなチェーンが並列してしまっている。

その解決策が、クロスチェーン:互換性を発揮できるように。コスモス。iota

今の仮想通貨は使い物になってない

2020年がブロックチェーン当たり前に。仮想通貨投資してる人は、ここを理解してない。実用化してると思ってる人たち。

取引所からウォレットへ

Goxリスクあるし、送金で手数料かかるし、取引所の取り分がのるし、この流れはあるだろう。

Nemは自分のウォレットに入れておくと増える。ハーベスティング。

ウォレットから直接トレードできるdex.

いま言っていたのは、ホームページの作り方を話していた感じ。

で、実際にやりましょうよ、と。

というわけで以上です。(筆者:https://twitter.com/TwinTKchan

仮想通貨の記事

>>仮想通貨「 $XP 」をライトコインで買う方法!購入できる取引所、注意点も紹介

>>【仮想通貨】おすすめはしないけど、有望と思い投資してる草コインの一覧を載せときます

>>投資はガチホが最強(仮想通貨と積立投信などに1000万円以上投資してみて感じたこと)

ほったらかし投資でお金を増やすなら


>>1番実績の出ているサービスを知る

1日33円からのビットコイン積立ができる取引所

ぼくは、取引所「Zaif(ザイフ)」の積立で利益を出しています。仮想通貨の買い時がわからない人にオススメの投資方法です。(口座開設無料です) ビットコイン、XEM、イーサリアムの積立が可能です。

フォローを押して最新情報を受け取ろう!

Twitterはこちら>>https://twitter.com/TwinTKchan
サブコンテンツ