>20万円もらう方法やオススメ投資を知る>

億り人が秒速スキャルピングを解説!トレード手法とメリット・デメリット

この記事では、秒速スキャルピングの詳細とメリット・デメリットなどを解説します。

スキャルピングの中でも、超短期でトレードする手法が気になっている方は参考にしてください。

この記事を読むとわかること
・秒速スキャルピングとは何か、具体的な手法

秒速スキャルピングで利益を出すコツ

・秒速スキャルピングのメリット、デメリット

秒速スキャルピングは超短期トレードなので、利益を狙うにはスプレッドが大事になります

スプレッド最狭水準の会社がおすすめで、みんなのFXが該当します。

当サイト限定のキャンペーンで55,000円もらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

トレイダーズ証券 みんなのFX

\ 限定!55,000円もらう /

秒速スキャルピングとは

秒速スキャルピングとは?

まず、スキャルピングについて簡単に説明します。

スキャルピングとは、数秒〜数分レベルで新規注文をして決済(利確か、損切り)までを行う手法です。

▼スキャルピングについては以下の動画をご参考ください

その中でも秒速スキャルピングは、数秒レベルで新規注文から決済注文を行います

超超短期トレードで最近話題になっています。

秒速スキャルのトレード手法

次に、秒速スキャルピングの具体的なトレード手法を解説します。

以下の特徴・手法をチェックしましょう!

秒スキャの特徴
時間足は1分足で見る

・取引する通貨ペアを絞る

強いトレンドを狙い順張り

・逆張りでトレンド転換も狙う

それぞれ解説します。

時間足は1分足で見る

秒速スキャルピングのトレード手法

秒速スキャルピングは、1分以内の超短期トレードなので、チャートは1番短い足でみます

ほとんどのFX会社で、1番短いローソク足は1分足です。

秒単位のチャートがあれば最高ですが、なかなかないので、必ず1分足で分析などを行いましょう

秒単位の短い値動きでエントリータイミングを狙っていきます。

取引する通貨ペアを絞る

トライオートFXで儲からない

秒速スキャルピングでは、通貨ペア選びも大事です。

秒単位での値動きを予測するため、デイトレードやスイングトレード以上に短期での正確な判断が必要です。

そのため、10個も分析をしようとすると、1つ1つの通貨ペアの分析に時間を割けず、精度も荒くなります

しっかりと分析し正確な判断をするためにも、通貨ペアは1つか2つに絞りましょう。

値動きが安定のメジャー通貨で取引

メジャー通貨ペア.png

秒速スキャルで取引するなら、値動きの安定しているメジャーな通貨ペア「ドル円」などがおすすめです。

値動きが安定していると、数秒単位でも変な方向に飛んだりせず、損失も防ぎやすいです。

トルコリラ円などマイナー通貨ペアで秒スキャをやると、荒い値動きで想定外の損をすることがあります。

分析を生かし理想のトレードをするためにも、通貨ペアはユーロ/ドルなどの取引量の多いペアがおすすめです。

強いトレンドを狙い順張り

次に、秒速スキャルピングで利益をだす2つの戦略を紹介していきます。

まず、1つめの戦略は強いトレンドを追いかける順張りです。

順張りでトレンド.png

強いトレンドが発生すれば、その後も継続しやすく、トレンドに従った注文で利益を狙いやすくなります

強い上昇トレンドが発生すれば、買い注文をして秒速スキャルピングで利益を狙えます。

順張り.png

順張りで利益を取るために、テクニカル分析でトレンドの強さをチェックしましょう。

トレンド転換も狙う【逆張り】

レンジ、トレンド転換.png

2つ目の秒速スキャルピングの戦略は、トレンド転換を狙うことです。

強いトレンドもいつかは終わりがきます。

FXでは通貨がずっと上がり続けることはほぼなく、強いトレンド相場でも終わりがきます

そして、そのトレンドの終わりを見定めることで、大きな利益を狙いやすくなります。

トレンド転換で注文すれば大底、天井がとれる

たとえば、上昇トレンドの転換点を狙い、天井で売り注文ができれば、その後の下落トレンドで大きな利益を狙えます

秒速スキャルピングのやり方

逆に、下落トレンドの転換点を狙い、大底で買い注文ができれば、その後の上昇で利益を狙えます。

これは逆張りという手法で、テクニカル分析をすることで大底や天井をとれます

こちらも秒速スキャの戦略で、稼ぎ方は特別レポートでも解説してるので、トライオートFXで口座を作りましょう!

トライオートFXタイアップ

\ 限定!5.3万円とレポートもらう /

秒速スキャルで利益をあげるポイント

次に、秒速スキャルピングで利益を取るためのコツを2つ紹介します。

ポイント
テクニカル分析を行う

・必ず損切りする

それぞれ解説するので、ぜひコツを理解しましょう。

テクニカル分析を行う

しっかり分析する.png

秒速スキャルピングでは、テクニカル分析がとても大事で、この精度で成績が変わります

先ほど、2つの戦略「順張りと逆張り」を説明しました。

この2つでは、テクニカル分析が必須であり、チャートや指標を使って正しく分析できれば、利益を狙えます

テクニカル分析については、以下の動画で詳しく解説しているので、チェックしてください。

必ず損切りする

損切りで損失を小さく.png

秒速スキャルピングでは、損切りも必須です。

この手法では1分以内に取引を終わらせ、細かい利益を積み重ねていきます

予想においては、「1分後」といった感じで、とても短い期間で未来の値動きを予測していきます。

ですので、少しでも予想と違う動きをしたら、すぐ損切りして、また超短期の予想をする必要があります

損切りでトータル.png

秒スキャでは特に切り替えが必要

コロコロと想定されるシナリオを変えていかないと利益は狙いづらいので、秒スキャではすぐに損切りする必要があります

損切りで損をしても、仕切り直して資金を守り、その後の取引で利益を出せればOKです。

損切りで.png

損切りで損を小さくしながら、コツコツ利益をとり大きく稼いでいくのが秒速スキャルピングです。

秒速スキャルピングのメリット

次に、秒速スキャルピングのメリット2つを紹介します。

メリット
・利益がすぐでて、大損しづらい

・ポジションを持ちこさなくてよい

それぞれ解説します。

利益がすぐでて、大損しづらい

秒速スキャルピングのメリット

秒速スキャルピングでは、新規注文から決済までの期間がとても短いので、すぐ利益を狙えます

また、予想と違う方向に動いた場合もすぐ損切りするので、1回の取引での損も小さいです。

大損することなく、すぐ切り替えて、次の利益を狙えます

すぐ結果を出し、サクサクトレードしたい人に秒速スキャルピングは向いています。

ポジションを持ちこさなくてよい

売りでのマイナススワップポイントを防ぐ

秒速スキャルピングでは、新規エントリー後にすぐ決済するため、ポジションを翌日に持ち越す必要がありません。

いわゆる「寝ポジ」がなく、寝ている間に相場が大きく動いても損をすることがありません

FX相場は、日本時間の夜〜深夜に動くことが多く、ポジションを持ち越してしまうとロスカットされるリスクもあります。

秒速スキャルピングでは、そういったリスクを回避し、安心して眠れます。

秒速スキャルピングは、スプレッド最狭水準のみんなのFXで有利にやれるので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

トレイダーズ証券 みんなのFX

\ 限定!55,000円もらう /

秒速スキャルピングのデメリット

次に、秒速スキャルピングのデメリット2つを紹介します。

デメリット
・1回で大きな利益を狙えない

・取引回数が多く、心理的に疲れる

それぞれ解説します。

1回で大きな利益を狙えない

トラリピは大損する

秒速スキャルピングでは、新規注文してから1分以内に決済することが多く、大きなな幅をとれません

なので、1回あたりの注文で大きな利益は狙いづらいです。

数pipsの幅で利益確定していき、小さな利益を積み重ねていきます

スイングトレードのように、1回の注文で大儲けはしづらいです。

取引回数が多く、心理的に疲れる

秒速スキャルピングのデメリット

秒速スキャルピングでは、1回あたりの利益が小さいため、何度も取引して利益を積み重ねていきます。

デイトレードやスイングトレードよりも、取引回数がずっと多くメンタルコントロールも大変です。

分析回数も多くなり、精神的な負担も増えがちです。

取引回数をなるべく増やしたくないなら、強いトレンドで大きく動く時を狙うのがおすすめです。

秒速スキャルピングにおすすめの取引時間

次に、秒速スキャルピングに狙い目の取引時間をまとめます。

狙い目の取引時間というのは、「一般的に」価格変動が大きい時間帯のことです。

狙い目の取引時間
・日本時間9時~10時

・日本時間16時~24時

それぞれ解説します。

日本時間9時~10時

秒速スキャルピングのおすすめ取引時間

まず、日本時間9時~10時に大きく動きやすいです。

この時間帯では日本の株式市場が動きだし、銀行などの金融機関が取引を始めるため、為替の取引も活発化します。

9:55は銀行がその日に取引する為替価格を決める時間で、その時間帯に向け、取引が活発化しやすくなります

特に5日と10日はドルへの需要が高くなるので、ドル円が動きやすくなります

日本時間16時~24時

秒速スキャルピングのおすすめの時間帯

16時〜24時も大きく動きやすく、利益を狙えます。

16時〜24時は世界の大きな市場が動く時間帯。

世界一の金融市場であるロンドンと、世界一の株式市場であるニューヨークが同時に開いています

取引量がかなり増えて、特にユーロドル、ドル円の取引は活発化します。

このような時間帯であれば、大きく動きやすく、秒速スキャルピングでも利益を狙いやすいです。

秒速スキャルピングにおすすめのFX会社

秒速スキャルピングにおすすめのFX会社は、みんなのFXです。

トレイダーズ証券 みんなのFX

おすすめ度 ★★★★★
使いやすさ A+
安全性 A+
スワップポイント
ドル円
60円
スプレッド
ドル円
0.2銭
キャッシュバック 55,000円
当サイト限定

みんなのFXではスプレッド最狭水準で、スワップポイントの条件も最高クラスで有利にトレードできます。

スキャルピングに重要な取引ツールのスピードも十分で、高速注文できます

約定率も99.9%、スリッページゼロとスキャルピングに向いています。

当サイト限定のキャンペーンで55,000円もらえてお得なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

\ 限定!55,000円もらう /

▼みんなのFXの評判については以下の記事をご参考ください

【まとめ】超短期売買ですべらない会社を使おう

秒速スキャルピングとは?

最後に大事な点をまとめます。

記事の要点まとめ
・秒速スキャルでは、新規発注から決済まで1分以内で行う

通貨ペアを絞り、順張りと逆張りで利益を狙う

・テクニカル分析を行い、必ず損切りする

日本時間9時~10時、16時~24時が狙い目

スキャルピングはスプレッド最狭水準のSBI FXトレードでも有利にやれます。

こちらではAIによる相場予想などもあり、今後の動きを分析するのに便利です。

お得な5万円キャッシュバックも開催中なので、まずは無料で口座を作っておきましょう!

スクリーンショット 2021 06 27 10 02 34

\ 限定!5万円もらう /
関連記事