>20万円もらう方法やオススメ投資を知る>

FXのデモトレードにおすすめな口座を厳選!デモが意味ないかも解説

この記事では、FXのデモトレードができるおすすめサイト(アプリ)や「デモトレは意味がない?」について解説します。

「FXに挑戦したいけど、損したくない方」「デモトレードからやれるサイトを探してる方」は参考にしてください

結論、デモトレードはスプレッドなどの条件が本番環境と違うので、あまり意味がないです。

レートや手数料などが異なり、トレードでの緊張感も別物だからです

デモトレードは、操作に慣れるための練習と捉えるのがいいです。

始めるなら、デモと本番環境が似ているサイトがオススメで、みんなのFXが該当します。

当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえてお得なので、公式ページをチェックしましょう!

デモトレードは意味がない!本番と違う

デモトレードと本番口座での取引は緊張感などが全然違います。

デモトレードだと自分のお金でなく、擬似的なお金なので、損する怖さがなく、簡単に注文してしまいます

Smartphone nekorogaru man 2

その際はリスクなど考えず、適当に注文してしまいます。

適当にやると、リスク管理などを学べない

こうしてゲーム感覚で注文してしまうと、本番の注文で大事な「リスク管理や資金管理」などを学べません

FXではこれらを知らないと損してしまうので、習得できないのはデメリットです。

擬似取引では運用スキルがつかない

デモトレードだと、証拠金維持率も適当に考えてしまい、運用で大事なことを学べません。

たまたまデモで儲かって、スキルのないまま本番トレードをすると、ほぼ間違いなく失敗します

デモトレードの成績は目安で、「あくまでゲーム内のもの」と思った方がいいです。

デモトレードは本番の予行演習で使う

ただ、デモトレードは不要ではなく、本番の注文でミスしないために予習・練習で使うのはありです。

Ok woman

デモトレードは操作方法に慣れるためのものと考えましょう。

デモトレード口座の選び方

デモトレードで使う口座は以下の基準で選びましょう。

・チャートがリアルタイムで更新されているか
・スマホからでも取引ができるか
・長期間利用できるか

それぞれ解説します。

チャートがリアルタイムで更新されているか

チャートが本番口座通りにリアルタイムで更新されていることが大切です。

ぴたコインの評判

10分以上も遅れていると、本番と違った環境でやることになり、いいトレードとは言えません

実際の為替レートとほぼ同じ環境でやれる会社(サイト)を使いましょう。

スマホからでも取引ができるか

パソコンからですと高機能なツールを使えますが、ほとんどの人にとって、スマホでの取引が現実的と思います。

職場や通勤中などで気軽に始められますからね。

なので、スマホアプリでも簡単にトレードできる口座を選ぶようにしましょう。

ぴたコインの評判

長期間利用できるか

デモ口座によっては1週間のみの体験となっている場合もあり、じっくり練習したい方に向きません。

なるべく長く、1ヶ月以上は練習できる会社を選びましょう

Ok woman

1週間で勝てるレベルになるのは難しいので、長期的に練習していくことが必要です。

上達するために長期間でデモ取引ができる会社が必要です。

資金量も枯渇しませんから、好きなタイミングで取引できます。

おすすめ会社のデモトレード口座

デモトレードから始めるなら、環境が本番と似ており、スマホアプリからも簡単にやれる「みんなのFX」がおすすめです。

取扱通貨ペアも29と多く、ツールも使いやすく、利用期間の制限もないです。

当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえてお得なので、公式ページをチェックしましょう!

他のおすすめデモトレード口座

他には、以下のサイトのデモトレードがおすすめです。(どれもスマホから始められます)

評価 利用期間 ツール
みんなのFX A 無制限
GMOクリック証券 A 1ヶ月
JFX B 3ヶ月
FXプライム by GMO A 3ヶ月
FXブロードネット A 無制限
実際の取引で使うことも想定すると、みんなのFXトラッキングトレードFXプライム by GMOがおすすめです。

みんなのFXでは、当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえてお得で初心者の方にもおすすめなので、チェックしましょう!

デモトレードで確認すること

デモトレードをする際は、以下のことを確認しておきましょう。

・注文方法
・チャートの見方、分析方法
・通貨ペアごとの特徴
・スマホでの取引方法

それぞれ解説します。

注文方法

FXには、すぐ注文できる成行注文など、いろんな注文方法があります

他には、値段を指定できる指値注文、逆指値注文、IFD(イフダン)、OCO注文などがあります。

トラッキングトレードの指値

これらは使い分けが必要であり、特徴を知らないと損するので、デモトレードでそれぞれの意味を把握しておきましょう。

チャートの見方、分析方法

注文するにはチャートの見方を知る必要があります。

南アフリカランドのチャート

ロウソクなど見るべき箇所がたくさんあるので、それぞれの意味も理解しておきましょう。

今後上がるか下がるかを予想・分析するために、テクニカル指標の見方もチェックしておいてください

指標であれば、移動平均線とボリンジャーバンドを理解していれば、分析はできるので覚えておきましょう。

dmmのテクニカル設定

通貨ペアごとの特徴

デモトレードでは、通貨ペアごとの値動きの違いも理解しておきましょう。

米ドル円、ユーロ円、トルコリラ円などいろいろあり、それぞれで違った値動きをします

ドル円のチャート

特徴があり、値動きの大きさも違うので、自分のスタイルに合う通貨ペアを見つけておきましょう

スマホでの取引方法

ほとんどの方がスマホで取引すると思いますので、スマホでの注文方法や画面の見方を覚えましょう。

line fxで含み損

スマホアプリもあり、通知などアプリ独自の機能もあるので、確認し便利に使えるようになっておきましょう

レート通知、重要ニュースの通知、注文が通った約定通知なども確認しておくといいです。

指値で決済注文

ハイレバレッジで取引してみる

デモトレードでは、いくら損してもダメージがないので、ハイレバレッジな取引もして、危険さを理解しておきましょう

デモトレードの擬似資金でロスカットなどを経験しておくことで、資金管理のたいせつさもわかります

ビットコインで儲からない人

少額からハイリターンを狙えるというメリットもわかるので、こちらもぜひ。

やりたい手法も試しておく

デモトレードでは、FXの本などで知った手法を試せます。

いいと思った方法でも、いきなり本番でやって損するのは嫌ですよね

デモトレードで検証して、利益が出たら本番でも試しましょう

資金も1000万円ぐらい用意されており、何度失敗しても大丈夫です。

Money okanemochi

【始め方】デモトレードの口座開設方法

デモトレードは、メールアドレスとパスワードを登録するだけですぐ始められます

ツールをダウンロードすることなく、ブラウザだけでもやれますし、スマホアプリからも始められます。

dmm fxデモで賞金

必要なものは、スマホなどの取引する端末とインターネット環境です。

本番口座のように、口座開設のための本人確認書類などはいりません。

SBIでは3円から本番環境で取引できる

デモトレードと本番口座には、手数料などの差があるので、初めから本番で少額取引したいなら、SBI FXトレードがおすすめです。

こちらでは、本番口座でも3円から取引でき、緊張感をもってFXを体験できます。

お得なキャンペーンもあり、AIの為替予想などもあるので、サイトを見ておきましょう!

【まとめ】登録不要で土日も無料で練習できる

デモトレードは、操作に慣れるための練習と捉えるのがいいです。

始めるなら、デモと本番環境が似ているサイトがオススメで、みんなのFXが該当します。

当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえてお得なので、公式ページをチェックしましょう!

ネット証券会社の楽天でもバーチャルトレードできるので、信頼できるところでやりたい人はぜひ。(MT4もデモ口座でやれる)

関連記事